« 手作り『鶏ハム』・・・マイブームです (^_^) | トップページ | (再掲)カトマンドゥへ戻る »

2012年4月18日 (水)

(再掲)ポカラへ戻って

11月19日、トレッキングを終え、ポカラへと帰って来た。すぐにスルジェハウスhotel へ行き、幸い空きベッドもあり、チェックイン。そして、オーナーの平尾さんに、手足の状態を見せ、医者 hospital を紹介していただき、すぐに行くことにする。地図を書いていただくと、歩いて shoe 30分ほどのところで、バスターミナルがある大きな交差点の角、”Dr.N.B.Gurung”という医者だ。

症状と、痛みがあることを訴え、患部に薬を塗ってもらう。そして4~5日ほど通院するよう、言い渡された despair 。しかし、この薬が驚くほどよく効いた coldsweats02 。3日目の朝、起きてみると、何の違和感もなく「エッ sign02 」と思っていると、化膿も治まり、痛みも感じなくなっていて、引きずっていた足も、普通に歩けるようになっていた happy01

その日も俺は医者へ行き、ドクターにその日の状態をジェスチャーをしながら説明した。ドクターも「そうだろう happy02 sign01 」と言うように、誇らしげだ。俺は彼に大いに感謝し confident 、「その薬を1瓶買いたい」と申しでると、快く売ってくれて happy01 、その後は通院することなく、自分で治療した。金井さんや岩田さんも、俺のあまりにも早い回復ぶりに、とても驚いていた。

 ポカラには、トレッキングの前後合わせて7日間滞在した。湖があって、静かでのんびりした、温暖な街だが、返ってのんびりし過ぎて、することもなく飽きてしまった wobbly 。また、観光客も多く、土産物屋や闇ドル、大麻売りのタチもカトマンドゥより悪いし、物価も高い bearing 。闇ドルのレートが低いうえ、物価が高いとあって、トレッキング後4日目にはカトマンドゥへ向かっていた。

でも、湖があり、マチャプチャレやアンナプルナ南峰が聳え立つ様は、やはり絵になる lovely 。レイクサイドやロッジの庭で、暖かい陽射しの中、本を読んだり昼寝をしたり、好きな人は何日でもいられそうな、のんびりした街だった。

*この旅日記は、1984年のものです。

|

« 手作り『鶏ハム』・・・マイブームです (^_^) | トップページ | (再掲)カトマンドゥへ戻る »