« (再掲)ムクチナート ~聖地への道~ その4 | トップページ | (再掲)ムクチナート ~聖地への道~ その6 »

2012年3月28日 (水)

(再掲)ムクチナート ~聖地への道~ その5

11月14日 ”またしても、道を間違える”

タトパニ7:10(徒歩)9:00ダナ9:10(徒歩)14:10ガサ

 ポカラを出発して10日目の朝を迎えた happy01 ワーイ ! 。初めはここで2泊するつもり(だって温泉があるし・・・)だったが、先に金井さんと岩田さん、辻さん(女性)が進んでいるので(彼らとの差は、2日から1日に短縮していた)、1泊で出ることにする angryガンバ ! 。

朝食にアップルパイ apple cake とカード(ヨーグルト)を食べる。アップルパイがあるなんて、スゴイワ happy02 sign01 外にあるお店で、ビスケットとミカンを4つ(たった1ルピー)を買い、温暖の地、タトパニを7:10出発。

ダナまでは緩やかな道だが、ダナを過ぎると徐々に登りになる。ツァーラに10時ごろ到着。大きな滝(ルクセツァーラの滝)があり、そのすぐそばのバッティで、リンゴ apple を一つ買って食べる。道は次第にきつくなり sweat01 、やっとコプチェパニ wobbly sweat02 。ビスケットを食べながら、ティー cafe を2杯飲む。

ガサまであと少し、と思い進む angryガンバ ! up 。途中、崖崩れでもあったのか、道が寸断されて wobbly 通れない。上 upwardright へ行く道があったから、そちらへと進む shoe 。しかし、これもあらぬ方向へと向かっている。そういえば、先ほどから人とおりもない despair 。元の方へ戻って行くと、下の方から鈴 bell の音が聞こえてくる notesear 。川沿いというか、川原をラバ horse の隊商やトレッカーが歩いている shoe

やれやれ、我ながら困ったもんだ think!またしても、道を間違えた wobbly 。今に始まったことじゃないけどナァ coldsweats01 sign03  結局、1時間もロスしてしまった bearing 。川沿いを行き、岩場(崖崩れの跡)を登り、そして平坦な道。吊り橋を渡って、ようやくガサ、14:10だ。

ロスさえなければ、もう少し先へ進めたし think 、できれば行きたかった angryガンバ ! のだが、体力と、まだあるこの先のことを考えて、この日はここで泊まろう bearing 。サムジャナホテルに決める。夕食まで部屋で休んだ sleepy 。風邪気味だったから wobbly 。ここはドミトリー(相部屋)はなく、すべてダブルルーム。1人で借りて、ブランケットは2枚借りた。

夕食は、薪ストーブのそばで、ベジタブル・チョウミン(野菜入り焼きそば)とポテトスープ。物足りなくて、チャパティを追加して食べる delicious 。それにしても、薪ストーブがあるとは驚きだ coldsweats02 。今までのところにはなかった。部屋代も、昨日に続いて3ルピー coldsweats02 。このチベット街道に来てから、1ルピー高くなっている sad 。やはり多少なりとも文明が入って来ているからかな?!とはいえ、相変わらず、電気 flair はない。

夜は、することがないせいか、7~8時にはいつも寝ている。たまには他のトレッカーたちと、簡単な会話ぐらいはするが・・・coldsweats01 、情報をもらったりして confident 。灯り flair は、灯油ランプかろうそくしかないので、ほとんどのトレッカーは夕食後しばらくして眠る。俺はこの日もブランケットを借りて暖かく、そしてぐっすり眠る sleepy ことにした。

ガサ、サムジャナホテルにて

*この旅日記は、1984年のものです。

|

« (再掲)ムクチナート ~聖地への道~ その4 | トップページ | (再掲)ムクチナート ~聖地への道~ その6 »