« (再掲)カルカッタ盗難事件 その2 | トップページ | 世界の絵葉書 その28 奇跡の再会の人から »

2012年2月 2日 (木)

(再掲)カルカッタ盗難事件 その3

4.事件発生

 いくら待っても2人は戻ってこない。「まさか・・・ coldsweats02 」の不安を感じた時、動物園の出口へ向かい、急いでタクシー car を拾ってハウラ駅へと向かった。そしてクロークルームへ。預かり証を差し出すと、係員は怪訝な顔つき think で「これは違うよ」と言う。しかし、確かに俺の名前も、パスポートナンバーも書かれている。窓口でもめていると、別の係員が

「あなたの荷物は、あなたと一緒に来た男が、1時間ほど前に取りに来たじゃないか gawk 。だからもう、ここにはないよ」と言う。

「なんだって wobbly !じゃあ、この紙は何なんだ angry ?」

「それは我々が発行している預かり証ではない pout

彼らに本物の預かり証を見せてもらい、さらに念のために、クロークルームを奥まで捜させてくれと頼み、捜してみたが、やはり、ない shock

かようにして事件は起こった。いや、起こしてしまった、と言ったほうが、今となってはいいのかもしれない。モダンロッジの人たちから、あれほど注意するよう言われていたのに・・・ crying 。自業自得、と言ってしまえば、全くその通りである。

5.野宿

 起きてしまった、いや、起こしてしまったと言ったほうが正解かもしれないが、とにかく動くしかない run 。何から始めていいのか分からないが、まず、自分が荷物の盗難に遭ったということを、あちこちで話し始めた。駅構内のブッキング・オフィスやポリスボックス(だと思う)に掛け合ってみたが、「あっちだ、そっちだ」とタライ回しにされ、いい加減、頭に来たが angry 、ポリスボックスと思っていたところは、鉄道公安所か、それとも別の組織だったらしい coldsweats02

夕方5時過ぎに、やっと警察へたどり着いたのだが、詳しい話も何も聞かず、ただ「日本領事館へ行け gawk 」と言うだけである。まったく、取り合ってくれる雰囲気ではない sad 。しかし、俺も必死だ。「領事館の場所も知らないし、第一、金がない。どうしたらいいんだ pout ?」と、真剣に訴えた。一人のポリスマンが、わずかばかりのお金 moneybag を俺に渡し、バスへと案内し、車掌に何か話している。俺はそのバス bus に乗り、車掌に言われたところで降り、日本領事館へ着くことができた confident

しかしすでに、6時を過ぎているし、プジャの祭りでこの日まで領事館は休館だったそうだ。それでも4人ほどインド人の領事館員(?)がいて、必死で説明をする。俺はもう、半ば開き直りかけていた coldsweats01 。彼らにも「金がないから何も食べられない。でも腹が減った。今夜は泊るところもないから、ここで寝かせてくれ」と、彼らにとっては理不尽で無茶苦茶な要求。しかし、言ってみるもので、近くでジュースとビスケット、夕食も頂いた happy02

さらに、領事館近くのお寺がある広場へと案内され、簡易ベッドとシーツを持ってきてくれて、俺はこの晩、ここで野宿した coldsweats01 。周りを見ると”宿無し”のインド人たちが大勢いる。彼らはいつも、ここでこんな風に寝ているのだろうか?俺は、これ以上取られるものはない、と言ってもパスポートだけは身につけていたので、これだけは絶対に盗られまいと、注意を払った。

|

« (再掲)カルカッタ盗難事件 その2 | トップページ | 世界の絵葉書 その28 奇跡の再会の人から »

コメント

慕辺未行さんへ
お早うございます
臨場感溢れる筆致で素敵です
と言うの大変申し訳け無いですが
緊迫感があり一気に読ませて頂きました
ブログの記事でこんなに迫力ある文章ってない
のではないでしょうか
しかしその後はどうされたのか大変に気懸かりです


古都人さんへ

お褒め頂き大変恐縮です (^_^;;アセッ!
もうずい分古い話ですし、今では私自身も笑って振り返られる出来事でした。そりゃ当時は笑って済まされることではなかったですけど (^_^)!
その時の体験を覚えている限り忠実に書き残してありましたので、ブログで紹介する際も多少の補足はあるものの、当時の日記から帰国後まとめた旅日記をそのまま引用しています。
緊迫感が感じられるのも、今思い出して書いたものではなく、当時の日記そのものだからかもしれないですね。
続きはまた来週、火・水・木曜0:00の予約投稿です。

投稿: 古都人 | 2012年2月 2日 (木) 09時59分

慕辺末行さん、こんにちは。
なんとまぁ、はらはら、ドキドキの旅なんでしょう!
敵さんは巧妙ですね。
日本は一番安全な国と言われて来ました。
そんな国から一人の純粋な青年が向うのですから
危険がいっぱいですね。
その後、どうなるんでしょうか?
今健在ですので安心して次なる旅行記を楽しみにしています。


のこのこさんへ

ハラハラドキドキ・・・で結局、やられちゃいましたネェ (^_^;;
って、自分のことなのですが・・・(笑)
平和ボケした日本から、無知な若者の無謀な一人旅、トラブルが起こらないわけがないですよね。
あれから20数年、今、客観的に読んでみますと、ホントそう思います。
この後も相変わらずハラハラドキドキ(?)の展開が待ち受けています。
続きの話はまた来週火・水・木曜日の予約投稿です。
お楽しみに (^o^)/

投稿: のこのこ | 2012年2月 2日 (木) 12時46分

慕辺未行さん
ナマステ!(^^)!
私も↑の古都人さんと同じです
毎日お訪ねするのが愉しみです。
無責任な事を申しては叱られそうですが・・
凄い酷い経験をされたのですね
気の毒で可哀そうで、ひやひやドキドキの連続。
このような事が実際に・・とは私には考えられません。
 いつも思いますが
慕辺未行さんの生き生きした臨場感溢れる文章はもしかしたら
文筆家になられていたら
又、違った人生を送られたかも知れませんね
 
 続きが気掛りで心配しながらも
早く知りたいなあと野次馬です。
 続きも、単純に愉しみに拝見させて戴きますとは
申し上げにくい状況ですが・・・
怖いもの見たさだと許してくださいね
 支離滅裂なコメントでごめんなさい


コスモスさんへ

その当時はとにかく必死でしたし、とても笑いごとではなかったのですが、20数年過ぎた今、ハッキリ言って「笑える」出来事です (^_^)!
この時のインド・ネパールの旅は、とにかく色々なことがあり、改めて振り返りますと「こんな旅、よく出来たわ」と苦笑いしてしまいます。
現地で旅しながら書いていました日記やメモ、それらを帰国後さらに詳細にまとめた旅日記を元に、ここでは紹介しています。
現実に起こった出来事を体験した本人が出来る限り忠実に書いたものですから、お読みくださる皆様にもその時の緊迫感、臨場感が伝わるのかもしれませんネ。
そのように感じて戴けるだけでも、私にとっては最高の褒め言葉ですし、長い間眠っていた旅日記をブログで紹介した甲斐がありました。
旅行作家を志望する人は五万といますので、この程度ではとても文筆家なんて何万光年も先の夢です。
続き、どうぞ”愉しみ”にしていてください (^o^)/!
ハラハラドキドキはまだまだ続きますヨォ!

ブログへのコメントです (^o^)/
『”撮り鉄さん”を愉しみましたヽ(^o^)/』
ビックリしました。このドクターイエローは滅多に見られないそうで、見られた日には”超”がつくほどラッキーだとか・・・?!
それにしても本当にナイスタイミングでしたね。私は『リニア鉄道館』に展示されているドクターイエローしか見たことがありません。初代0系新幹線と同じ形でしたが、今のドクターイエローは、最近の新幹線のように鼻が長いのですね。

『ランチ 喫茶 配食の店”ハイ どうぞ”でランチを戴きました』
ネーミングがいいですネェ (^o^)!『ハイ どうぞ』と出ていたら、「ハイ、戴きます」と思いながら中に入りそうです (^_^;;
ランチはそれぞれ色んな食材が使われているようで、バランスが良さそうですね。
鶏肉は私も大好きなのですが、外はカリっ中はジューシーのようですね、美味しそう・・・(・_・)イイナァ!

投稿: コスモス | 2012年2月 2日 (木) 12時53分

こんにちは  ハラハラしますね~
こうした経験が 今の慕辺未行さんを作る
栄養になったのですよね・・

日本人は人がいいから、と思っても
実際経験して初めて実感がわきますね
旅の始め頃の事件でしたから、
その後のために よい薬?となりましたね

毎日そちらも寒いですか~


bellaさんへ

当時は大変でしたが、この年になって客観的に読みますと、自分自身のことだからでしょうか実に「笑える」ようになりました。
皆様はハラハラドキドキでしょうが、私の場合はすべて分かっていることなので、「あんな”無謀”な旅、よくして来たわ」と呆れてしまいます。
この経験がその後、そして今の私に生かされているのかどうか、甚だ疑問ではありますが、振り返れば実に面白い体験でした。
ここ数日、朝の最低気温は氷点下です。今朝は何と積雪15cmだったそうです。

投稿: bella | 2012年2月 2日 (木) 13時42分

こんばんは!
そうそう、この事件、慕辺未行さんとお知り合いになった頃、
過去記事を拝見して、とっても印象的でした!
何度読んでも、ハラハラしますね~coldsweats01
きっと、慕辺未行さんの臨場感あふれる表現の
おかげなのでしょう。
それにしても、悪知恵を働かせる輩の手口は、
本当によく考えられていますよね~bearing


hananoさんへ

エッ?!一度お読み頂いてたのですか?ありがとうございます。
拙い文章ですが、皆様から「ハラハラドキドキさせられる」という言葉を戴くたび、本当に嬉しく思います。
事実に基づいて書き残した日記とメモ、帰国後それをもとにさらに詳細にわたって書き残した旅日記です。会話はもちろん英語でしたが、頭の中ではその場で日本語になっていましたから、感情がこもった表現になりました。
悪知恵の手口、国によっても様々あるそうです。タイだったと思いますが、『いかさまトランプ』と呼ばれる詐欺(?)があったそうです。

投稿: hanano | 2012年2月 2日 (木) 18時28分

多かれ少なかれ、さまざまな洗礼に出会うものですが、ちょっとひどかったですね。まあ最初がこれではあまり驚かなくなるでしょうが。
それにしてもオレオレ詐欺じゃないけれど、なかなか計画が行き届いていますねえ。大変でしたね。


agewisdomさんへ

初めて海外へ飛び出して、2泊3日かけて到着した街で、いきなりの洗礼!その時身に着けていたものとパスポート以外すべて失いましたからねぇ...確かにヒドイことをされましたね。って、自分のことなんですよネェ (^_^;;!
さすがに20数年もたちますと、この事件も自分がとった行動も、今では『笑い話』です!
この旅日記を最初に掲載していたころもお付き合いがあったのは、agewisdomさんと青龍さん、そしてbellaさんだけ。
2度もお読みいただき、その上コメントも頂き、本当に申し訳なく思います (^_^;;!

投稿: agewisdom | 2012年2月 2日 (木) 21時59分

あぁ、ドラマのような展開に、やっちまったなぁと思いつつ、
この後どないしたんやろ~とすんごく気になります。
野宿~怖かったですねcrying
信じたい気持ちもすんごくわかるし…
はぁぁ、そんな人ばかりじゃないとは思うけど…
いい経験とも嫌な経験ともなりましたねぇweep


と~まの夢さんへ

そうなんですヨォ!「やっちゃった」のですよネェ (^_^;;!
(「なぁにぃ~?やっちまったなぁ!」で売れたお笑い芸人、最近見ないですね。ふと、思い出しました。)
この後どうしたのでしょうねぇ・・・?!相変わらず”すったもんだ”し、ハラハラドキドキの展開がまだまだ続きます。
良い経験と言えば良い経験、嫌な経験と言えば嫌な経験、そして今は・・・我がことながら「笑える」経験です (^_^)!
だってインドで物乞いを生業とするような人々の中で野宿してしまったのですから!20数年経った今、ホント笑えます。

投稿: と~まの夢 | 2012年2月 2日 (木) 22時43分

旅の始まりから
大変な経験をされたのですね。
ハラハラドキドキで拝見させて頂きました。
悪い事をする人がいるものですね。
想定外の経験をされたのではと思います。
海外旅行で日本領事館へ
立ち寄ったことがありません。
この後如何されたのか凄く気になります。
もしもの時の良い勉強にもなりそうです。


すみれさんへ

これが当時22才の無知で無謀な私の旅の始まりです (^_^;;!到着していきなりですから、いかに無防備で甘ちゃんだったか、とても良く解かるかと・・・(笑)
お読みいただきながら「ハラハラドキドキ」させられた・・・、私には最高の褒め言葉です。それだけ皆様にその時のことが伝わっているのですから!
想定外?もちろんですヨォ!これが想定内だったら・・・誰もインドへは行かないですヨォ (^o^)!
続きも相変わらずハラハラドキドキ...の展開になります。
お楽しみにぃ (^o^)/!

投稿: すみれ | 2012年2月 2日 (木) 22時56分

ともかくパスポートが無事だったのは何よりでしたね。
最初にパスパートを取られた知人がいます。
団体旅行中、動けず警察に留めかれたままで
何も見学しないで帰国したのです。
海外に行くといつもその人を教訓にして私も
パスポートだけは肌身離しません。
他の事は何とかなりますからね。


matsubaraさんへ

海外でパスポートを失くすと、再発行までに2~3週間かかると聞きました。でも警察に留められるとは知りませんでした。
以前のパスポートは、サイズが大きくて盗まれないように肌身離さず・・・、がとても厄介でしたよね。今のは他の国同様サイズも小さくなり、扱いやすくなりました。
私の知人で、南米ペルーに着いた途端体調を崩して現地で即入院、退院できた時には帰国の日だった人がいます。

投稿: matsubara | 2012年2月 3日 (金) 08時11分

慕辺未行さん
 ナマステ!(^^)!
ハラハラドキドキの旅の続き愉しみにしていますね(*^。^*)
 戴きましたコメントのお返事です 
今日も丁寧にご覧戴いてありがとうございます。
恥ずかしいのですが、ドクターイエローがそんなに
珍しいとは知らなかったのですよ
今年は超の付くラッキーな年になるかも知れませんね
もしかしたら3日の節分の日に可愛い舞妓さんや
艶やかな芸子さんにお会いしました。
それもラッキーの内かも!(^^)!
ドクターイエローの顔はどちらか言うと”ソース顔”かも知れませんね。
写真をパソコンに取り込んでから解ったのですか。
 ”ハイ どうぞ”は授産施設の方たちの手作りパンや
小物たちが沢山並べてありました。
調理は管理栄養士さんと調理師さん
洗い場やお店での応対は授産施設の方です。
ご自分たちが食べて美味しい、身体に好い
をモットーして献立を作られているそうです
値段も一般に比べてお安いと思いました。
鶏肉は本当に美味しくて機会が有れば、再度お訪ねしたいと思いました。
 読み捨てになさって下さいね 
 

コスモスさんへ

ハイ、ありがとうございます。
では、失礼させていただきます。

投稿: コスモス | 2012年2月 4日 (土) 12時25分

しょっぱなっから大変な旅になりましたね~wobbly
とっても巧妙な手口・・・きっとベテランさん(?)だったのですね
現地の方と触れ合える楽しみとトラブルの怖さ、個人旅行は楽しそうと思っても、勇気の無い私にはなかなか手を出せません
いろいろと手配をするのが大変って思っちゃうのもありますがcoldsweats01
若さと勇気で乗り切られたのでしょうかshine
続きがとっても楽しみなのですhappy01


きゃぶさんへ

しょっぱなからいきなり・・・です (^_^;;!いかに何も知らない若造だったことか、相手からすれば『アホ』だと思われていたでしょう(笑)!インドでは「騙すより騙されるほうが悪い」みたいな考えがありましたしね。
最初からこんな苦い体験をしてしまいましたが、でもやはり一人旅は面白いです。ネパールとドイツへは数回訪れたせいか、少しだけ言葉もできるようになり、旅がより楽しくなりました。
この続きは、若さと勇気・・・、いや開き直りです (^_^;;!だって、パスポートと命以外何もなかったものですから!

投稿: きゃぶ | 2012年2月 4日 (土) 16時25分

異国で道に迷うだけでも心細いものなのに
荷物全部盗られるなんて…
でも、特にインドでは
色々な旅行記を読む限り
「人を見たら泥棒と思え」が当てはまるようですね。
あっちに行け、こっちに行けというたらい回しは
私も2年前マドリードで財布を盗られた時に経験しました。
ヨーロッパでさえそうなのですから
インドではそりゃそうでしょうねえ。


zooeyさんへ

これが初めて海外へ一人で旅立った若造の現実でぇす (笑)!しかも事前にほとんど下調べもせず出発したのですから、「言わずもがな」ですよネェ (^_^;;!
確かにインドでは『人を見たら泥棒と思え』どころか、『騙すより、騙されるほうが悪い』が普通のようでしたから、邪険に扱われるはずです。
さらにたちが悪いのは、インドの人々は知らないことを尋ねられても「知らない」と言わず、あたかも知っているかのように適当に答えるのです。
そういったこともあり、あちこち走りまわされました。
zooeyさんもスペインで・・・?!
どの国も、面倒は避けたいのかナァ・・・(-_-)ウーン?!

投稿: zooey | 2012年2月 4日 (土) 21時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« (再掲)カルカッタ盗難事件 その2 | トップページ | 世界の絵葉書 その28 奇跡の再会の人から »