« (再掲)初めての海外へ 準備編 | トップページ | (再掲)初めてのフライト その2 »

2012年1月24日 (火)

(再掲)初めてのフライト その1

1.旅立ち

 1984年9月29日正午、俺は新東京国際空港ロビーにいた。フライトまで、まだ4時間ある。オーバーオールにサンダル、そして無精髭と、一見”慣れた風”を装っていたが、しかしこれが初めてのフライトだった coldsweats01

2日前、「タフになって帰ってくるよ bleah 」と、言葉を言い残し家を出て、東京の友人宅に2泊お世話になった。トラベルエージェント(池袋)、検疫所(品川)、インド大使館(九段)と、1日使って回り、いよいよ出発の日が来た。

すでに海外を体験している人なら分かるでしょうが、初めて日本を飛び立つということは、不安と期待が複雑に入り交ざった、一種独特の緊張感に襲われる。まだ見ぬ世界、何が待っているのか分からない『荒野』を目指す気分だ think 。リラックスしようと思っても『フリ』だけで、ロビーをあちこちと落ち着かなかった。

午後2時過ぎにチェックイン。荷物を預けチケット確認、搭乗券 ticket を手にする。3時過ぎ、出国審査を経て間もなく搭乗だ。アナウンスがあり、持ち込み手荷物とボディチェック。俺の人相が悪いのか sad 、ポケットいっぱいのオーバーオールがまずかったのか、かなりしつこくチェックされ coldsweats02 、他の乗客はスッと通るのにイライラしてきた angry 。チェックも終わり、搭乗待合室で待つ。パキスタン航空(PK)763便カラチ行き airplane 。ついに搭乗だ happy02

俺の初めての飛行機 airplane は、定刻である16:00、滑走し始めた。高度がグンと上がって、やがて雲 cloud の上となった。雲海に陽 sun が射す。初めて見た雲の上の世界だ happy01 。どんどん南下していくのだろう。安定飛行になり、機内食 restaurant が運ばれてくる。日本風に、そうめんやのり巻きがあった。が、お世辞にも「美味しい」と言えるものではなかった gawk 。まあそれは、「格安チケットだし・・・」などと思って妥協 bleah

最初の経由地はマニラ(フィリピン)だ。現地時間で19:00(時差-1時間)到着。外は雨 rain だ。スチュワーデスに促され、トランジットで空港ロビーにいったん降りる。南国フィリピン、さすがに暑い sweat01 !ヨーロッパへ向かうという日本人数名と雑談する happy01 。皆、初めての海外だと言う wink 。思い思いに期待や不安、どこへ行くかを話し合っていた heart02 happy02 。この時期に行く人は、やはりフリーの人が多く、予定もさほど立てていない bleah 。ただ一人、試験休みを利用して3週間旅行するという東大生は、一応、予定をまとめていた。

再度搭乗し、マニラの夜景 night を眼下に、飛行機 airplane はバンコク(タイ)へと向かった。2度目の機内食 restaurant が運ばれる。フィリピン料理のようだが、やはり美味しくない・・・ ng 。半分ほど残して、サイダーをもらった。

現地時間で22:30過ぎ、バンコク到着。日本との時差は-2時間(24:30)である。降りる時に、マニラで話をしていた人たちが、シートまで見送りに来て「良い旅を」と言ってくれた。嬉しかった happy01 。初めて踏む海外の土、そこは、どしゃ降りの雨 rain だった。

|

« (再掲)初めての海外へ 準備編 | トップページ | (再掲)初めてのフライト その2 »