« (再掲)初めてのフライト その3 | トップページ | (再掲)カルカッタ盗難事件 その1 »

2012年1月29日 (日)

伊勢海老が・・・この値段???

 皆様、おはこんにちばんは happy01

ネタが乏しくなった私はついに、かつて紹介したブログ記事を再掲載するという暴挙(?)を敢行してしまいました (^_^;;アセッ!
しかし皆様から心温まるコメントを戴き、「ホッ!」と一安心です (*^-^)!

さて・・・、先日掲載しましたブログ記事『激安弁当』には、本当にたくさんのコメントを戴き、ビックリしてしまいました (゚m゚*)!
『旅日記』がメインの私のブログですが、まさかこの記事にこれほどの反応があるとは・・・(゚o゚)ナニッ?!
ココログ開設以来、コメント人数・総数ともに、たぶん”新記録 lovely ”だと思います。

で、今日のタイトルに戻りましょう (^_^)/!
あの『激安弁当』を買ったスーパーで先週、「ウソだろ (゚o゚)ナニッ?!」と声にするほど、とある高級食材が売られていました。
しかも、”信じられない”値段で (≧∇≦)!

では、ご覧ください。

554
それほど大きくはありませんが、体長15cmほどの『伊勢海老』です。

553
これが何と・・・、たったの”380円(税込399円)” happy01 !(写真はあえて順序を逆にしました)

555 
わさびがついていましたが、あえて”焼いて”戴きました。

(^_^;;ヘヘッ!実に香ばしくて、すっごく美味しかったです delicious
貧乏人の一小市民のささやかな”ぜいたく”でした bleah

このスーパーの『お刺身コーナー』で1パックだけ残っていました。たぶん・・・”最後の1つ”をゲット!したのでしょう。ラッキー!でした。
何はともあれ、この値段で”伊勢海老”を食べることができました。小市民にとって、最高のご馳走になりました。
でも・・・、これ・・・、本物の”伊勢海老”だったのかな?

バブル経済の頃、個人だけの軽トラの運送業を営んでいました。確か一度、当時の名古屋国際空港から『活ロブ(活きロブスター)』を志摩半島の、とある水産業者へ運んだことがあります。
ですから、この伊勢海老・・・、本物かどうか私自身は・・・ちょっと・・・「???」なのです。
でも・・・、『三重県産』とありますし・・・(-_-)ウーン?!

皆様は、いかが思われますか?(愚問かな (^_^;;?)

|

« (再掲)初めてのフライト その3 | トップページ | (再掲)カルカッタ盗難事件 その1 »

コメント

先日の激安弁当も驚きでしたが、
こちらはさらにビックリ!!のお値段ですねhappy02
そのスーパー、私も一度行ってみたいです!
本物の〝伊勢海老〟だったかどうか・・・?
牛肉なんかは、輸入されてから数か月、日本国内で
飼育されていれば〝国産牛〟といわれるそうですけど、
海老はどうなんでしょうね~??
ともあれ、味はgoodで、気持ちも贅沢に・・・となれば、
よしとしましょうかwink


hananoさんへ

最近はこの地方のTV番組でも取り上げられるほど、安いことで有名になってしまいました。
しかしまさか、伊勢海老が売られていたのはビックリしました。私の記憶では、このスーパーで伊勢海老を見たのは、たぶん初めてです。
サイズ的にも値段的にも、本物かどうかどうしても疑わしいのですが、この値段で美味しく味わえましたし、何年振りかでしたから、良しとしなければ!ですね。

投稿: hanano | 2012年1月29日 (日) 13時55分

伊勢海老が399円!?
確かにびっくりなお値段ですね。
あまり大きくないとはいえ、お店で食べたら
何千円もするんじゃないでしょうか。
安いのはいいですけど、ここまで安いと
たしかに”ほんもの?”って疑ってしまいますね。
でも高いお金を出してニセモノを食べさせられる
わけではないし、おいしいのであればそれだけで
十分ですね。


Junjiroさんへ

伊勢海老の本場で買ったとしても、この値段はあり得ないですよね。一体どのような流通経路をたどってきたのか?
安過ぎますし、サイズ的にもやはり輸入物のロブスターでは?と疑ってしまうのですヨ!
お店で食べたら・・・いくらほど取られることか・・・(-_-)?
志摩半島で、伊勢海老が半身入った”伊勢海老ラーメン”を食べたことがありますが、いくらだったかな?1000円しなかったような・・・?
たしかに、本物と信じて高い値段で偽物を買わされるよりは、はるかに良いですよね。

投稿: Junjiro | 2012年1月29日 (日) 16時51分

慕辺未行さん
ナマステ!(^^)!
私も吃驚です
伊勢海老が398円(@_@)
こんなに安い本物の伊勢海老なら
いいえ、そうで無くても好いです
近くなら是非買いたいです。
もしかしたら安く仕入れられるルートをお持ちなのかも知れませんね。
大きな海老は忘れる程私の口には、入っていません
 これで幸せ気分が味わえるなら
美味しく戴けるのなら
大賛成です( ^)o(^ )
激安弁当より私には魅力的です


コスモスさんへ

実はこのスーパーで伊勢海老を見たのは、たぶん初めて!なのです。それにしても「まさか?」の値段です。
値段とサイズからして、どうしても疑いが残るのですが、仮に輸入物のロブスターだったとしても、この値段なら満足です。
しかし一体、どのような流通ルートを経てきたのか、あまりにも『あり得ない』値段に、ただただ驚くばかりです。
アッという間にお腹の中に消えてしまいましたが、たかだか400円ぐらいのものでプチ贅沢、幸せを感じる私は、やはり貧乏な小市民です(笑)!
今度は「カニがもっと安くならないかなぁ?」と密かに願っています。

ブログへのコメントです (^o^)/
『西陣「千両ヶ辻」をセピア色に染めて』
このような街並みにはセピア色が良く似合います。昔の写真は放っておいても、このような色合いになってしまいますが、今はデジカメそのものでもパソコンでもこのように加工できますから、いろいろ楽しめますネ!

『京都・神光院をお訪ねしました』
初めて聞く名の古刹です。(-_-)ウーン...京都はまだまだ奥が深い・・・。
「京都三弘法」も初めて知りました。
茶室の前の樹に咲いているピンク色の小さな花(?)や池の上の赤い花(?)は、梅でしょうか?
>京都太秦での時代劇の撮影が無くなり・・・
エッ!太秦ではもう時代劇の撮影はないのですか?それともその二つの時代劇だけ?でしょうか。

投稿: コスモス | 2012年1月29日 (日) 18時30分

慕辺未行さんへ
こんばんわ
私も詳しくは無いですが 1枚目の写真を見る限り「伊勢海老」だと思いました それにしても安過ぎますね どうしたのでしょう?
食べて味が美味しければ良いのではないでしょうか
要はお味でしょう 食材は・・・
中身を食べた後は味噌汁にすると美味しいですよ
何とも言えない良いお味ですね


古都人さんへ

伊勢海老とロブスター、見た目は全然変わらないので、何とも言えないのですヨ!
かつて運搬した輸入物のロブスターが、これぐらいの大きさだったので、どうしても疑わしくなるのですよ。
まして、この値段!「あり得ない!」ですよね。
まあでも、美味しく頂きましたから、仰る通りそれで充分ですよね。
身を取り出す際、殻が硬くて、とても味噌汁に入れられる状態ではありませんでした (^_^;;!
伊勢海老の美味しいダシが出たのでしょうけど、残念です。

投稿: 古都人 | 2012年1月29日 (日) 19時17分

うわ~ほんとにまたまた激安ですねっdollar
しかも、わさびが付いてるってことは「新鮮」ってことですもん
お買い得で、リッチな気分が味わえちゃいましたね~shine
大きすぎないほうが味もしっかりしてそうdelicious


きゃぶさんへ

でしょう?この値段「あり得ない!」ですよね。
お刺身コーナーにありましたし、ワサビもついていますから”刺身”で食べられたのかもしれませんが、しかし一抹の不安を感じ、焼いて戴きました。
本物の伊勢海老だったかどうかは別にして、一小市民のささやかな贅沢です。ちゃんと甘味もあって、美味しく頂きました。

投稿: きゃぶ | 2012年1月29日 (日) 20時34分

私多分伊勢海老なんて何年か前に買ったことがあるだけで普段の、普通の値段さえ分かりません。確かにお安いのは分かりますが…。伊勢海老っていつ食べたかしら?なんか心細いですねえ。今度探してみて399円がいかに安いかの実感をしなければなりませんね。困ったものですね。


agewisdomさんへ

我が家も伊勢海老なんて買ったのは、ずいぶん久しぶりです。お伊勢さんの”おかげ横丁”でも、こんな値段ではとても買えません。
伊勢海老を食べる機会といえば、旅先でのホテルや旅館、あとは結婚式の披露宴ぐらいかな?
数年前、志摩半島の旅館で夕食に伊勢海老が3尾ついて、1泊9000円ほどだったことがあります。会席料理に舟盛りもあってこの料金、ここも激安でした。

投稿: agewisdom | 2012年1月29日 (日) 22時25分

前回の激安弁当は私も経験がありますが
伊勢海老がこの値段とは・・・
いつも一桁多いので誰が買うのかしらと
横目で見るだけです。
それにしても先着順と思いますが
よくゲット出来ましたね。


matsubaraさんへ

最近は牛丼もかなり安い時がありますから、250円弁当もだんだん珍しくなくなってきているかもしれないです。
しかし伊勢海老がこの値段はさすがにちょっと・・・(-_-)!
確かに1尾数千円の伊勢海老や1杯数千円のカニなど、なかなか買えないですよね。
どれほど扱っていたのか分かりませんが、最後の1つでしたので、とにもかくにもラッキーでした。

投稿: matsubara | 2012年1月30日 (月) 08時02分

まさか、巨大なアメリカザリガニ?(いえ、単にと~まが区別をつけられないだけですけど。ぷぷ)
この値段はおしょろしぃですね~bearing
贅沢&ラッキーと思うと幸せ~heart04と~まも何だかほくほくした気分♪


と~まの夢さんへ

アメリカザリガニだったら、鋏が”バルタン星人”なのです(笑)!それで区別がつけられるかと・・・(^_^;;!
この値段ですと、驚くというか今はもうただ「笑っちゃいます!」。
次に伊勢海老を食べられるのはいつだろう・・・?と思うと、本当にラッキーでした。

投稿: と~まの夢 | 2012年1月30日 (月) 20時14分

伊勢海老が398円とは本当に驚きです。
でも激安弁当のお店なら
きっと本物ではと思います。
本物かどうかは別として、美味しく頂けたのが一番ですね。
伊勢海老、いつ食べたかなぁ?と考えてしまいました。
刺身も良いですが、焼いて食べたら
美味しさを沢山頂けるような気がします。
羨ましいですね~
食べたいなぁ~と思ってもこちらでは
見るだけで我慢のお値段です。


すみれさんへ

ホント、あり得ない値段ですよね。それゆえ本物かどうか疑わしいのですが・・・。かつて輸入物のロブスターを運んだ経験もありますし・・・(-_-)ウーン?!
でも皆様も仰っていますように、美味しくいただけたのですから、本物かどうか追及すること自体、ナンセンスですよね。
私も食べながら「伊勢海老、いつ以来かナァ?」と考えていました。数年前、志摩半島の旅館で夕食に1人3尾(お造り、焼き、蒸し)と頂いて以来でした。
お刺身でも戴けたかもしれませんが、鮮度にこだわるとやはり焼いた方が無難のように思い、あえて焼いて戴きました。
たぶん2度とこの値段では食べられないだろうなぁ・・・?!

投稿: すみれ | 2012年1月31日 (火) 10時30分

慕辺未行さん
 ナマステ!(^^)!
盗難事件(その1)拝見しました。
子供たちの姿、日本でも戦後は
アメリカ兵に似たような事をしていたのかも知れませんね。
少し切なくなります。
 同宿の方が日本人は心強いですね
治安の悪さに少し落胆していますが
考えてみると日本はやはり好い国ですね
当時も今も。
 明日はネパールですね。
ここも未知の国、愉しみにしています(#^.^#)

 戴きましたコメントのお返事です 
今日も丁寧にご覧戴いてありがとうございます!(^^)!
 西陣は何処を歩いてもセピア色に染められます。
やはり町家が多いからでしょうね
京都では町家の再生に補助金が付けらけています
私の生まれた家も町家でしたが
当時は格子が鬱陶しくて通り庭が寒くて
冬は外も中も同じような服装をしていたものです。
 神光院は知る人ぞ知るの古刹です
時々歌を詠まれる方たちが訪れます。
こちらでも詠まれている姿を見る事が有ります。
小さな赤やピンクの花は早咲きの梅ですね。
 テレビの時代劇のシリーズものが全て終わりました。
やはり視聴率の低迷が原因です。
スポンサーが付かないのですね。
 寂しい限りです。
映画全盛期の頃が懐かしいです。
  読み捨てになさって下さいね


コスモスさんへ

ハイ、ありがとうございます。
再掲載の旅日記、コメント欄開いたり閉じたりですみません。返事に追われて皆様のブログへの訪問がおろそかになりそうで、このようにしています。
では、失礼させていただきます。

投稿: コスモス | 2012年1月31日 (火) 13時51分

こんばんわ
数日間、パソコンを開きませんでしたら伊勢海老様が、登場
田舎では、有り得ない事です羨ましい 良かったですね~~
焼かれたのは、正解でしたね香りまで美味しいじゃないですか(*^_^*) お正月が、終わったばかりなのに又、食べた~~い贅沢  贅沢 贅沢の元に出会えたなら キット 負けそうです。


ばーぱんさんへ

この値段の伊勢海老ですから、”様”ではなく”伊勢海老ちゃん”です (^_^;;!
たまたま見つけたとはいえ、最後の1つで、本当にラッキー!でした。
しかし伊勢海老よりももっと美味しい海老が九州南部のほうで獲れるとか聞いたことがあります。何て言う名前の海老だったかな?
他の料理を作っている間、ストーブの上で焼いていたのですが、その間ずっと香ばしい匂い、美味しそうな匂いがして来て堪りませんでした (^o^)!

投稿: ばーぱん | 2012年1月31日 (火) 19時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« (再掲)初めてのフライト その3 | トップページ | (再掲)カルカッタ盗難事件 その1 »