« 激安弁当 | トップページ | (再掲)初めての海外へ 準備編 »

2012年1月21日 (土)

東北・上越新幹線と青函トンネルの切手

 皆様、Hello!Namaste!Guten Tag!Bonjour!Ciao!Hola!o(*^▽^*)o

色々な国の言葉で「こんにちは!」と、御挨拶させていただきました (*^-^)!
それぞれどの国の言葉か、聡明な皆様ですからきっと想像つくでしょうね。
英語、ネパール語、ドイツ語、フランス語、イタリア語、スペイン語です。

・・・と、これはさておきまして・・・(^_^;;
今日は久々に『切手シリーズ』です。地下鉄と東北・上越新幹線、そしてすでに切手収集はしていなかった頃、思い入れがあって特別に買い求めた青函トンネルの切手、紹介いたします。

529
1977年発行”地下鉄50年記念”切手。ということは、日本初の地下鉄『上野~浅草』間の開通は1927年。つまり昭和2年のこと (゚o゚)スゲェ!
左は開通当時の地下鉄でしょうか?!右は当時の最新の地下鉄かな?
下は、1982年発行”東北新幹線”と”上越新幹線”の開通記念の切手です。どちらも東海道新幹線の初代0系と形はほぼ同じかな?
ミニSLはどうやら”善光号”のようです。電気機関車は・・・「???(ED11?)」です。
上越新幹線の切手のデザイン、愛称に因んでいるのでしょうか”朝日”と”朱鷺”が描かれています。開業当時は”あさひ”と”とき”が走っていました。今は”とき”と”谷川”ですよね。

530
1988年発行”青函トンネル開通記念”切手。
北海道へは十数回青函連絡船を利用して旅していたことがあり、私自身の「思い入れ」も強く、この切手だけは”シート”で買いました。

531
もちろん”シート”以外にも買っていたようです。たぶん・・・実際に使うためだったのでしょう。1枚だけ単独で残っていました。
描かれている機関車、ヘッドマークは近々廃止される寝台特急”日本海”のようです。

この『切手シリーズ』、今後もしばしば掲載していきます。何しろ私の”雑学”の基礎ですから!切手からどれほどの知識、雑学を覚えたことか?!です (^_^)!
楽しみにしてくださると、(≧∇≦)ウレシイ!のです。

|

« 激安弁当 | トップページ | (再掲)初めての海外へ 準備編 »

コメント

左の地下鉄はかなり後までつまり戦後の日本1948年ごろ私が歯列矯正に歯医者に通っていたとき乗った地下鉄と同じだと思います。渋谷から浅草橋だかそんなところまでのりました。帰りは終点までと思うと安心して眠りこんでいました。5年生から6年生まで通った歯も今はブリッジで自分の歯じゃありません。それから東横線にのって綱島までつまり往復4時間くらいかかって月1回くらいかな。よく一人で行きました。どこへ行くのも一人でも平気な時代でした。


agewisdomさんへ

やはり開業当時の頃の車両でしょうか?!
ずいぶん前、上野~浅草間の地下鉄に乗った時の車両も、かなり古いものでしたが、これと同じだったかどうか・・・?たしか途中で一瞬、車内の照明が消える車両だったと記憶しています。
でも浅草っていいですよネ!雷門に仲見世、浅草寺、そして六区。本当に楽しいところですよネ!
学生時代、菊名に友達が住んでいて何度か泊めてもらいました。いつも東横線を利用してあちこち出かけました。

投稿: agewisdom | 2012年1月21日 (土) 23時00分

左の地下鉄の絵は、今の銀座線(渋谷~浅草)をも彷彿とさせます。
今でもオレンジ色なのですよ。
大学に入って上京したばかりの頃、
渋谷のビルの3階に入って行く銀座線の姿を見て
びっくりしたものです。


zooeyさんへ

銀座線は私も上野~浅草間で利用しました。20数年前ですが、車内の照明が一瞬消えるポイントがあったと記憶しています。その列車にとても良く似ているような気が・・・?!
地下鉄なのにビルの3階に入って行くのは、初めて見た日には「何で・・・???」となりますよネェ(笑)!
私も友達に「あれは”地下鉄”とは言わんだろ?!」などと言ったような・・・(笑)

投稿: zooey | 2012年1月22日 (日) 00時04分

いろんな国の言葉でご挨拶は
お話しできなくともお聞きした事は有りますが
ネパール語とスペイン語はあまり聞く機会がありません。

記念切手からいろんな事を学べますね。
私の場合はこうして教えて頂いた事で学んでいますが・・・
日本初の地下鉄開通が1927年で上野~浅草も
知りませんでした。
東北新幹線と上越新幹線は乗車した事は無く
馴染みはありませんが、
デザインが素敵で綺麗な切手は、当時見かけたら
買い求めたのではと思います。
ミニSLと蒸気機関車が良いです。
1988年発行の青函トンネル開通記念、この年の
開通なのですね。
デザインも分かりやすくて良いですね。
これからも楽しみにしています。


すみれさんへ

色んな言葉での挨拶、ついちょっと書いてみました (^_^;;ヘヘッ!
その国の文字でなく”カタカナ”表記でよければ、例えばお隣の韓国や中国をはじめとした国の挨拶も、いつか書いてみたいと思います。
切手って本当に”雑学”の宝庫なのです。ブログネタに改めて切手を見ていますが、私も日本初の地下鉄開通が1927年だったとは、これを見て知りました。
東北・上越新幹線も開業当時は、もっとも馴染みのある顔 (・o・) の新幹線で、嬉しくなります。
そして青函トンネル!開通して来年でもう四半世紀!月日の流れは何と早いことでしょう?!

投稿: すみれ | 2012年1月22日 (日) 00時07分

全部の国の言葉は分かりました。
スペイン語はオーラと発音しますね。

この切手全部持っています。
たまには出して鑑賞するのもいいですが、
その暇もなくてこちらで懐かしんでいます。

↑私には五反田駅のビルの4階から池上線が
発車するのが???でした。
地下鉄ではないのですが・・・


matsubaraさんへ

この辺りの国の言葉は、自分自身訪れたことがない国でも、比較的よく知られているほうですよね。
切手シリーズも、いざ書こうとなると、なかなか難しいです。どのような切手を取り上げ、どのように話を進めるか・・・(-_-)ウーン?
久しぶりに引っ張り出して、「そういえばこんな切手もあったなぁ」と私も懐かしく思いながら見ています。
名古屋の東山線も一部、地上を走っていますが、ビルの中とかではないですからネェ!
東京は地下鉄も私鉄もゴチャゴチャし過ぎです (^_^;;!

投稿: matsubara | 2012年1月22日 (日) 07時51分

慕辺未行さん
では、私はネパール語で ナマステ!(^^)!

「切手シリーズ」毎回愉しみに拝見しています。
どの切手も初めて見るものばかりすが、私は下二枚が嬉しいですね
実際には見たことは有りませんが
ほのぼの懐かしさを感じます。
地下鉄の車両も随分変わりましたね
スマートになって
開業当時の車両も好きです。
やはり郷愁を感じるのかも知れませんね。

 60円切手が有ったのですね
80円に変わったのでしょうか?
 青函トンネルには思い入れの有る方が、多いと思います
当時、私も感動したのを覚えています
日本に明るい未来を感じて嬉しかったものです
 
”雑学”好いですね
私の甥の息子(小4)も雑学が大好きで、何でも好く知っています
学校の勉強より興味が有るようで、両親は心配していますが・・・!(^^)!
 これからも切手シリーズ、愉しみに拝見しますね(*^。^*)


コスモスさんへ

ナマステ (^_^)!
開通したばかりの新幹線と、それぞれの在来線で活躍した機関車でしょうか?!リニア鉄道館で、小さなSLや、このデザインに似た電気機関車を見ましたので、「こんな切手もあったんだ!」と改めて感心しています。
開業当時のものと思われる地下鉄、これも鉄道の歴史ですね。名古屋の古い地下鉄車両がブラジルのどこかの街で活躍していると聞いたことがあります。
切手の額面を見ますと、その時代の封書一通にかかる郵送料が分かります。
私が生まれてからは、10円→15円→20円、そして1976年に一気に50円と値上がっています。その後60円→62円→80円となりました。62円は消費税導入直後ですね。
こんなことも切手から分かります。
青函トンネルに思い入れがあるというより、青函連絡船に!といった方が正解でしょうね。トンネル開通を祝うより連絡船がなくなる寂しさ、それを記憶に残そうとしたのかもしれません。
学校の勉強って、将来役に立たないこともありますし、だからと言っておろそかにしてはいけませんが、雑学も知ってると面白いです。でも、知ってるからって「それが何なの?」と言われることもありますが・・・(^_^;;!

投稿: コスモス | 2012年1月22日 (日) 08時07分

慕辺未行さん
 「青函トンネルには思い入れの有る方が、多いと思います
当時、私も感動したのを覚えています」
の「青函トンネル」は開通した昭和63年の事です
言葉が足りませんでしたね。


コスモスさんへ

青函トンネル、通ったことはあるのですが、夜中だったので、いつトンネルに入りいつ出たのか「???」でした。
トンネルより連絡船のほうが、思い入れはずっと強い私です。

ブログへのコメントです (^o^)/
『冬の晴れ間・琵琶湖と瀬田川沿いを歩く』
近代的な橋もあれば古い橋もあり、流れ込む川ばかりの中唯一流れ出す川、そして昔から変わらないであろうのどかな光景・・・実に様々な顔がありますネ。
数字と名字が書かれたポートは、釣り船でしょうか?モーターがついてますね。漁師さんの船かな?
『急がば回れ瀬田の唐橋』ですね。擬宝珠がとても似合う橋ですね。

『宮川町の舞妓さんにお会いしました(#^.^#)(その1)』
寒い冬はお着物の上にショールをまとっているのですね。
さすがにコートを着るわけにはいかないでしょうから、舞妓さんたちも寒い季節は大変でしょうね。
お着物の色とショールの色がすごく合っていて、さすがに品の良さを感じます。
本物の舞妓さんと一度出会ってみたいです。

投稿: コスモス | 2012年1月22日 (日) 12時52分

慕辺未行さんへ
こんばんわ
遅くなってしまいました ご免なさいね
東京の地下鉄には思い出が沢山あります
特に銀座線は東京在勤中 渋谷から何時も乗っていました
途中で下車して築地に近い茅場町に通っていました
あの黄色の銀座線は忘れられません
青函トンネルは凄いですね 乗ったことはないのですが
北海道や東北に行った時にその出入り口の場所を見ました
上越新幹線 今は谷川と言う愛称の列車があるのですか
初めて知りました
切手は小さいながらも多くの情報が詰め込まれているのですね
粗末に扱ってはいけませんね


古都人さんへ

こちらこそ毎々コメントいただき、恐縮です。
東京の地下鉄は、ほとんど乗ったことがありません。上野~浅草間と友人宅へ泊めてもらった時に利用したぐらいです。路線図を見るだけで、もう何が何だか「???」です。
青函トンネル、一度だけ列車で通ったことはあるのですが、トンネル通過時は真夜中で、いつの間にか通り過ぎていました。
上越新幹線の”あさひ”は、長野新幹線が開業し”あさま”と名称が似ているとのことで、なくなったそうです。
”谷川”は、あの谷川岳からとられた愛称でしょうね。
色んなシリーズの切手があり、それらで覚えた知識もかなりあります。いつだったか、某クイズ番組で出演者の一人も「切手ですよ。・・・」と、切手から色んな事を学んだという発言をされていました。

投稿: 古都人 | 2012年1月22日 (日) 18時20分

日本海、無くなってしまうんですね~train
今ではもうまったく乗らなくなってしまいましたが、青森に住んでいた小さい頃によくお世話になっていたので、寂しい気分でいっぱいですthink
青函連絡船もそんなに回数は乗っていませんが、同じく思い出深~いのですship
数年前に青函トンネルで北海道に渡りましたが、便利になったんだなぁと思う反面、やっぱり寂しくなっちゃいましたdespair


きゃぶさんへ

そうなのですよネェ!”日本海”と”きたぐに”もいよいよ・・・です。
私はどちらも乗ったことはないのですが、それでもやはり寂しく思います。昔から知っている愛称の列車ですから、今も頑張って走っていること自体、嬉しく思っていたのに・・・!
北海道へは、ほとんど青函連絡船を利用していましたから、トンネルの開通=連絡船の廃止はとても寂しかったです。一度だけトンネルを通ったことがあるのですが、真夜中でしたので、いつの間にかトンネルに入り、いつの間にか青森へ着いていたような・・・、曖昧な記憶です (^_^;;!

投稿: きゃぶ | 2012年1月22日 (日) 21時41分

記念切手シリーズですね。
今までのものはテレビとかでしか知らなかった出来事ばかり
でしたが、青函トンネルは覚えています。
たしか実家に青函トンネルと瀬戸大橋開通記念の
銀貨だったかがあったような気がします。
青函トンネルは何度か通ったことがありますが、
トンネルを抜けると、車窓の雰囲気が変わって、
毎回「北海道にきた~」って気持ちになります。


Junjiroさんへ

1980年ごろまでの切手はわりとあるのですが、それ以降はほとんどなく、青函トンネル開通記念切手だけは、シートとバラで買い求めました。
北海道好きが嵩じてあえて買い求めたのだろうと思います。
その頃から北海道へ行くチャンスが減り、ここ10年ほど訪れていません。往復飛行機だったりフェリーだったりで、列車にも乗ってなかったりです。
青函トンネルはたぶん一度だけしか通ったことはなく、その時は真夜中だったため、ほとんど覚えていないのです (^_^;;!

投稿: Junjiro | 2012年1月23日 (月) 19時03分

懐かしい切手をたくさん大切に保管されてて感心してます。
こうしてみると乗り物がお好きだったことがよくわかります。
そこから世界へと夢が広がり海外旅行へと繋がったんですね。

東京は昔住んでましたから地下鉄よく利用しました。
切手を見せて頂くだけで懐かしいです
新幹線は東海道新幹線しか知りません。
しかも、子供にせがまれて下手な新幹線を書いてました。
良き時代だったような気がします。

初めての海外へ、、、楽しく読ませていただきました。
慕辺末行さんの若さ溢れる文章が痛快です。
続きが楽しみです♪


のこのこさんへ

子供のころ、切手から得た知識がその後大きな影響を与えたことは、間違いないです。
まだ紹介していませんが、例えば『国立公園』や『国定公園』シリーズの切手で日本各地の観光地を知りましたし、地理も得意になりました。
東京にお住まいだったのですか?!何度も利用された地下鉄、懐かしいでしょうね。
私も新幹線といえば開業当時の新幹線が大好きです。幼少のころ『速い、速い、夢の超特急』で育った時代です。この切手のデザインと同じ (・o・) の顔の0系新幹線、これこそが”新幹線”ですよネェ (^o^)!
再掲載の旅日記、さっそくのご訪問ありがとうございます。毎週火・水・木曜日の0:00予約更新します。コメント欄は木曜日の記事に開けています。よろしくお願いいたします。

投稿: のこのこ | 2012年1月23日 (月) 22時33分

慕辺未行さん
ナマステ!(^^)!
昨日(再掲)初めての海外へ 準備編」
”序の想い”から”いざ、出発”まで
心配したり、クスクスだったり、共感したりそして学ぶことも多かりきで、愉しく拝見しました。
二度も!(^^)!
 当時から慕辺未行さんは慕辺未行さんだったのですね。
正直で愉しくて巧みな話術に引き込まれてしまいました。

 戴きましたコメントのお返事です 
今日も丁寧にご覧戴いて、優しいコメント嬉しく拝見しています。
 ”琵琶湖と瀬田川沿いを歩く”のコメントを拝見して
慕辺未行さんに記事を書いて戴いたら好かったと思っています。
文才が有りますね。
今更でも無いですが・・・・。
 数字と名字がかかれたボートは釣り船ですね。
釣りを愉しんでおられる方だと思います。
 擬宝珠が似合いますが、橋は随分古く汚くなっていました。
不況の為に修理も出来ないのでしょうね。
 
 舞妓さんは寒くても暑くてもそのような素振りを
してはいけないそうです。
それも修行の一つなのでしょうね
 冬の嵐山の欄干でモデルになっておられる姿を見ますが
カメラマンはコート、舞妓さんは勿論コート無し。
大したものです
 四条通などでも舞妓さんを見かけますが
皆さん意外と知らん顔されています。
やはり、京都では出会う機会が多いからでしょうね
 
 送信してから”初めてのフライトその1”を拝見します!(^^)!
読み捨てになさって下さいね


コスモスさんへ

ハイ、ありがとうございます。
では、失礼させていただきます。

投稿: コスモス | 2012年1月24日 (火) 13時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 激安弁当 | トップページ | (再掲)初めての海外へ 準備編 »