« 世界の絵葉書 その24 クルーガー国立公園 | トップページ | 眠い!寝る!寝るなぁ! »

2011年11月15日 (火)

『くろしお』&『南紀』

 久々に懐かしい”国鉄時代”の特急を紹介します。

どちらも、”JR”になってからも引き続き運行されている特急ですが、走行区間が変わりました。
『くろしお』はかつて、大阪・天王寺から阪和線・紀勢本線を南紀方面へ走っていました。これは今でも変わっていません。ただ1往復だけ、紀伊半島を一周する『くろしお』がありました。
名古屋始発の紀勢本線への特急としては当時、この『くろしお』天王寺行きだけで他はすべて急行『紀州』が名古屋~新宮・紀伊勝浦・串本間を走っていたと思います。

紀伊半島一周する『くろしお』は1970年代後半(だと思います?)に廃止され、『くろしお』は天王寺から白浜や新宮方面までの特急電車だけ(たぶん、私の記憶が正しければ、”振り子電車”導入がきっかけ)となり、名古屋からは新たに、特急『南紀』が走ることになりました。

今回掲載する写真は、いずれも今から3~40年ほど前、私が「鉄ちゃん」だった中・高校生のころに撮影した写真です。
どうぞ、ご覧ください。

Img185_2
ボンネット型のディーゼル特急列車『くろしお』号。大阪・天王寺から紀伊半島を周り名古屋まで毎日1往復走っていました。

Img194_2
ボンネット型だったのは片側だけで、反対側の最後尾車両はこのようなごく普通のディーゼル特急列車でした。かなり色褪せた写真ですね (^_^;;エヘッ!一応、補正したのですが・・・、これが限界のようでした。
あらためて見てみますと、隣の客車がすごく気になります。この頃すでにSLはこの地から引退していましたから、ディーゼルか電気機関車が牽引していたのかな?

Img220
その当時、新たに走り始めた特急『南紀』号。名古屋市中川区内の関西本線を走っている写真です。
ヘッドマークがまだ図案(デザイン)化されていません。

Img239
名古屋駅に停車中の特急『南紀』。

名古屋から南紀方面へ走る急行列車には乗ったことがありますが、周遊券では当時、特急は乗れませんでしたから、どちらの列車も乗ったことはありません。
運転免許を取る以前、南紀へはいつも急行『紀州』号を利用していました。
それでもこれらの列車には、懐かしさを覚えます。それはたぶん・・・、関西本線が我が家から近いところを走っており、いつも身近に見ることができたからかもしれません。

『くろしお』と『南紀』、今はどのような列車なのでしょうか?
私自身で確かめて撮影して紹介できると良かったのですが、『くろしお』は仕方がなくても『南紀』の写真さえ撮りに行く時間が取れませんでした。
仕方なく、インターネットから画像を勝手に拝借します。(撮影された方、無断転載、申し訳ございません m(u_u)mスマヌ!)

Photo
『くろしお』。色は塗りかえられていますが、旧・国鉄時代と同じ形式の車両のようです。

Photo_2
『ワイドビュー南紀』だそうです。たしかに窓が大きいですね。
ヘッドマークのデザイン、かつては”くじら”だったと思うのですが・・・?!

Photo_3
こちらも『ワイドビュー南紀』。ヘッドマークが小さく目立たなくなったのですね。

今現在走っている電車、形や色こそ変わりましたが、どちらの特急も旧・国鉄時代を受け継いでいるように思いました。
掲載した古い列車とはずいぶん異なりますが、私が「鉄ちゃん」卒業後は、このような電車がすでに走っていたような記憶です。
新旧の『くろしお』と『南紀』、いかがでしたか?私は、時の流れを感じました。

|

« 世界の絵葉書 その24 クルーガー国立公園 | トップページ | 眠い!寝る!寝るなぁ! »

コメント

一度職員旅行でどこかが普通になり、大阪経由で南紀にくたくたになって辿り着いたことがありましたっけ。でも、なぜそういうはめになったかはまったく覚えていません。帰りは大阪を回らず順調に近鉄だか何だかで帰ってきたような。先日水害にあった那智の滝とか回った旅行でした。懐かしいのですが、列車の名前なんかまったく覚えていません。


agewisdomさんへ

事故や悪天候などで不通になること、しばしばありますよね。自分自身が巻き込まれると、本当に大変ですし、疲れますよね。
東京方面から南紀へは、場所によっては大阪経由のほうが早いでしょう。
帰りが近鉄でしたら、伊勢方面へ出られたのでしょうか?
台風の被害にあった那智の滝近辺も、もうすでに観光客が戻って来ているようです。

投稿: agewisdom | 2011年11月15日 (火) 23時17分

慕辺未行さん
 おはようございます(^・^)
私の記憶に間違いが無ければ
くろしお号は何度か乗っています。
名前が変わってスーパーくろしおにも
オーシャンアロー(記憶違いもかも知れません(ー_ー)!!)
最初の頃は大阪の天王寺からでしたが途中からは京都から乗っています。
若い頃から南紀は大好きでした
暖かくて海が真っ青で空も真っ青
広々とした海岸べりの景色も好きでした
心が豊かになるような気がしました
温泉ととれとれ新鮮なお魚ヽ(^。^)ノ

来年(^_-)は個人旅行で兄と一緒に行くかも知れませんが
オーシャンアローに乗るのでしょうね?
どんな色なのか?今から楽しみです。


コスモスさんへ

ずっと↓のほうにありますJunjiro様のコメントにも、『スーパーくろしお』や『オーシャンアロー』が、さらに京都始発の『くろしお』もあると教えていただきました。
”鉄ちゃん”を卒業していかに長い年月が経ったか、鉄道をほとんど利用しなくなったかが、あらためて認識しました。
南紀は高校時代に2度、それ以降はかなり長い間訪れていませんでした。
紀伊勝浦や白浜など有名な温泉地もあり、魚介類が美味しくていいですよネ (^o^)!
潮岬は本州最南端で、南国の雰囲気がありますし、海も本当にキレイですよね。
来年、行かれるご予定なのですか?楽しみですね。

ブログへのコメントです (^o^)/
『四国の旅(讃岐うどん)』
これは・・・、”どんどん庵”と同じシステムだぁ (^o^)!薬味の天かすとネギ、鰹節はただですし、好きな天ぷらを選べるのも、セルフサービスなのも、同じです。
本場の讃岐うどんは、高校の修学旅行で、高松へ渡る連絡船の中で食べただけです。食べている写真が証拠として残っています (^_^)!
高松では悪天候に見舞われ、栗林公園も金毘羅さんも訪問中止になったような記憶が・・・。

『四国の旅 (アーケード街)』
アーケード街日本一が高松だとは、初めて知りました。
名古屋は地下街がとても発達しています。どちらも雨の日でも、傘をささずにゆっくり歩けるのが良いですね。
単なる”屋根”ではなく、デザインが凝っていて明るいイメージですね。シャッターが下りている店があったり、人通りが少ないのは、時間的なことでしょうか?
マンホールがデザイン化されているのは、時々見ますが、色が施されているのはあまり見たことはありません。屋島・・・、そうそう、修学旅行で泊まったホテルが屋島だったと思います。

『四国の旅(高松城跡)』
高松城は、天守閣はなく他の櫓などだけが残っているのですね。
海が目の前にあるというお城、珍しいのでは?と思いました。小高い山の上や、お濠に囲まれた平地にあることが多いですから!
海からの攻めにも対処できるように、敢えてギリギリに造ったのかもしれないですね。

『お墓参りの日の南禅寺・天授庵』
お墓参りとお聞きし、お盆以来お墓参りしていないことに気がつきました。祖父母のお墓参りは、もっと長い間行っていませんでした (^_^;;!仏壇や遺影には、お供えや花を飾ったりしているのですが・・・。
5色の幕、チベット仏教では”タルチョー”と呼ばれる”祈祷旗”ですが、それぞれの色にそれぞれの意味(自然)があります。どの色が何を意味するのかは・・・、もう忘れました (^_^;;!

投稿: コスモス | 2011年11月16日 (水) 07時01分

列車、楽しく拝見させて頂いていますが、
「くろしお」と「南紀」どちらも利用したことがありません。
南紀の方は出かけたいと思いながら
出かけたことが有りません。
3番目のお写真、田園?を走る電車は絵になりますね。
電車を見て、車両形式など全く分かりませんが、
現在のお写真を拝見して
お洒落で素敵な電車に変わったなぁ~と感じています。
勿論乗り心地も良くなったのでしょうね。


すみれさんへ

私も写真だけで、どちらの特急にも乗ったことはないのですヨ (^_^;;!古い写真は高校時代に撮ったもので、あの頃は”憧れ”があったのでしょうね。
南紀は温泉が多く見どころもいっぱいで、楽しいですヨ!
田園地帯を走っていたその場所は、今は宅地化が進み線路も高架になりました。
今の列車は窓を広く、景色を堪能できるようになっているようですね。乗り心地もきっと良いでしょう!何しろもう何十年も鉄道での旅をしていませんので!

投稿: すみれ | 2011年11月16日 (水) 11時06分

多分くろしおは、老父母を連れて7人で南紀を旅をしたとき
乗ったと思います。
子供たちは小さいし、とても列車を撮影する余裕はなかったです。
いつも車なのに列車の旅ですから子供たちが大喜びでした。
関西からと岐阜からと白浜で合流したのです。


matsubaraさんへ

関西にお住まいだった頃でしょうか?ご家族での旅行でしたら、列車を撮影することは誰もしないと思います。
いつも車でお出かけで、趣向を変えて列車で!となりますと、小さな子供なら皆、大喜びで興奮するでしょうね。
皆揃っての白浜への旅、とても懐かしい思い出なのでしょうね。このブログの写真から、ふと思い出していただけたのなら、とても嬉しく思います。

投稿: matsubara | 2011年11月16日 (水) 16時14分

慕辺未行さんへ
こんばんわ
懐かしい列車の数々 楽しんで拝見しました
後ろから3枚目の写真は初めてでした この車体で紀伊半島以外で走っているのは見た様な記憶があります
最後の2枚目と最後の2枚はJR東海の独自の外観ですか
新大阪発の長野行きの特急(名前が思い出せませんが)と同じ配色と見ましたが・・・
慕辺未行さんの若かりし頃の「鉄っちゃん」ぶりが良く判りました


古都人さんへ

最近はすっかり鉄道への興味が薄れましたが、昔撮影した写真を見ると「懐かしいナァ!」と感じます。
新しい『くろしお』の列車、JR西日本管内を走る特急に利用されているかもしれないですね。
ワイドビュータイプがJR東海だけのものなのか、全く分かりません (^_^;;!国鉄時代にもあったような気がします。
大阪から長野まで走る特急はたぶん『しなの』だと思います。『しなの』は名古屋と松本・長野を結ぶ特急ですが、1往復だけ大阪まで走っていると思います。

投稿: 古都人 | 2011年11月16日 (水) 19時39分

南紀方面の特急の「くろしお」に「南紀」。
どちらも乗ったことはありますが、京都に
住んでいた関係で、くろしおの方がなじみがあります。
天王寺まで出て、くろしおに乗って白浜へ何度か行った
ことがあります。今では何往復かは京都まで乗り入れて
いるんで便利になってます。

ボンネット型ディーゼル特急は、写真でしか見たことが
ないです。今回も貴重な写真を拝見できて楽しませて
もらいました。

ちなみに今は「くろしお」だけでなく、「スーパーくろしお」や
「オーシャンアロー」など種類も増えて賑やかですよ。
近々新型車両が導入されるはずですよ。


Junjiroさんへ

さすが!Junjiroさんですね。どちらも乗ったことがあるとは!私が若かったころは、周遊券で特急に乗れない時代もあり、急行利用が多かったです。名古屋からの急行が『紀州』、天王寺からの急行は『きのくに』という愛称だったと記憶しています。
ふと思い出しました。天王寺発新宮行きの夜行各駅列車『はやたま』という列車がありました。1両だけB寝台車を連結していました。
『くろしお』が京都まで乗り入れているとは、初めて知りました。
『オーシャンアロー』という愛称の列車もあるのですか?!『くろしお』とどう違うのかな?

投稿: Junjiro | 2011年11月16日 (水) 21時41分

日本シリーズを食い入るように見てるところですcoldsweats01
慕辺未行さんも・・・見てますか?
別に熱狂的なファンではないのですが、今年ダメだとしばらくダメかなぁとか失礼なことを思っていますsmile
話が反れましたが、南紀は勝浦に行くとき、くろしおは白浜に行くときに乗ったことがありますが、やっぱり最近のこと
相変わらず貴重なお写真
鉄ちゃんはどうして卒業されてしまったのですか?もったいな~いのですtrain


きゃぶさんへ

日本シリーズ、途中から見ていたのですが、1点返した直後の”三振ゲッツー”で流れが「負けパターン」と読み、見る気なし。案の定、そのまま負けたようですね。
冷静な目で見れば、今年のソフトバンクの強さは半端ではないし、たぶんダメ!そして来年以降、監督が代わることによって、リーグ優勝さえできないような気がします。
きゃぶさんも、両方の特急に乗られたことがありますか?!最近、ということは、窓が広い列車だったのかな?
”鉄ちゃん”を卒業したのは・・・、自分でも「やめよう、卒業しよう」などという意識はなかったと思います。ただ何となく、気がついたら撮らなくなってただけ、だと思います。

投稿: きゃぶ | 2011年11月16日 (水) 22時15分

慕辺未行さん
 おはようございます(^・^)
コメント欄を閉じて我儘な事をお願いして申し訳ありません。
 戴きましたコメントのお返事です
何時も同じような事を言っていますが、沢山の記事に優しいコメントありがとうございます。
 
 讃岐うどんは週刊誌に載っていて、そこのお店を探して行きました。
野次馬ですね(^_-)
京都で戴く普通!?のおうどんと違って腰が有って、美味しいでした
変わらないかもしれませんが、先入観と満足感かも知れませんね。
高松では悪天候、旅先で雨に降られるのは辛いですね。
もしかしたら二度と訪れることは無いかも知れない旅先で

 こんなに長いアーケード街は初めてでした
全て歩いたわけでは有りませんが、お洒落な形やユニークな形に驚きました。
唯、アーケードにお客さんが集中して、そこ以外での場所で商売は?と思いました。
歩いたのは平日の2時頃ですから時間的なものかも・・
地下街は外が見えませんね
アーケードは冷暖房は効きませんが、空が見えるのが好いと思いました。
最近のマンホールも町のシンボル的な役割をしているようで
お洒落になりました。
 
 高松城には天守閣が残っていなくて寂しい気がしました。
訪れる方も少なく静まりかえっていました。
私も海が目の前のお城は初めて知りました。
多分、海からの攻めにも対処出来るようにでしょうね。
 
 天授庵に張られていた、五色の色には意味が有ったのですね。
父が亡くなって丸36年ですが、殆ど毎月お墓参りをしていますが、初めての光景に興奮?してしまいました。
お仏壇は兄の家に有りますから、お墓へお参りしています。
何となく心が安らぐ気がして・・・
 読み捨てになさって下さいねgood


コスモスさんへ

ハイ、ありがとうございます。
では、失礼させていただきます。

投稿: コスモス | 2011年11月18日 (金) 07時39分

こんにちは~ 慕辺未行さんも’男の子’ですね~
申し訳ないですが、 全然 トレインのことには
興味がなくて・・・・
息子が子供のころ、列車の名前に詳しかったり、
トーマス君を並べて喜んでいたことを思い出しました。
慕辺未行さんの’トーマス君’ですね、この本物の列車たちは!?


bellaさんへ

父が鉄道マンでしたし、高校一年の時、私以上の”鉄ちゃん”がいて、かなり影響されました。
さらに高校から大学時代は、周遊券を利用してよく旅をしていましたので、おのずと詳しくなりました。
機関車トーマスが流行った頃は、すでに大人でしたからトーマス自体はよく知りません。が、トーマスの声優(ナレーション?)をされていた俳優・森本レオさんは、高校の先輩に当たります。

投稿: bella | 2011年11月18日 (金) 16時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 世界の絵葉書 その24 クルーガー国立公園 | トップページ | 眠い!寝る!寝るなぁ! »