« この子たちの親は・・・? | トップページ | シンガポール、スイス&ユーロコイン »

2011年11月 5日 (土)

活けてみました!Ⅱ

 先週、生け花の知識も心得もないのに、セイタカアワダチソウをランタナと一緒に活けてみました。それが思いのほか好評(?)のようで、調子に乗って第2弾です (^_^;;ヘヘッ!

実は先日活けたもの、母にも好評で、それで先日散歩がてら外へ連れ出しセイタカアワダチソウとススキ、さらに南天(だと思う)とランタナも持ち帰りました。
あっ、決してよそ様の庭などから盗ってきたりはしていませんよ。国道の分離帯に生い茂っていたり、マイカーの駐車場の植え込みに咲いているものです。

それらを活けてみました。というより私の場合、”花瓶に入れてみました”ですね(笑)!
では、ド素人の下手くそな”生け花”、ご覧ください (^_^;;!

519_2
セイタカアワダチソウとランタナに、南天(?)も活けてみました。

520
ススキと一緒に、秋の風情を演出してみました。

セイタカアワダチソウとススキ、ランタナのコラボレーション、いかがでしょうか?ランタナはないほうが良かったかも・・・?でも下のほうでアクセントにはなってるかな (^_^)?!

珍しく母の体調も良いようで、買い物がてら先日訪れた近所の公園で散歩にと連れ出しました。寝てばかりでは、ますますボケる一方、老いていく一方ですので。

サルビア・コクネシアは相変わらず可愛いですし、大きなカンナの花も咲いていました。ふとそのとき、「こんにちは!もし良かったらこちらもご覧になってください。」との声。公園のお花を管理されている地域ボランティアの方でした。
するとそのおじさん、「”生け花”にするといいですよ」と”ふうせんとうわた”と”花なす”を、さらに葉っぱの模様が特徴的な”タカノハススキ”も「持って行きなさい」と、仰ってくれました。
それだけでなく、ビニールポットに入ったベゴニアの花も2つ、お土産に頂いてしまいました w(^o^)w!何ともありがたいことです。

自宅へ戻り、さっそく活けてみました。”ふうせんとうわた”と”タカノハススキ”、”花なす”は重さがありますので、貧弱な花瓶では倒れてしまいます。そこで亡き父の遺影の前に飾っている大きな花瓶に他の花と供に活けてみました。もとい、入れてみました (^_^;;

521
”ふうせんとうわた”と”タカノハススキ”。シンプルですが、秋の風情たっぷりです。お月見したくなってきました。タカノハススキは漢字で書きますと”鷹羽薄”となります。葉の模様が鷹に似ているからでしょうか?!

522 
緑や黄色、赤の”花なす”。セイタカアワダチソウやススキも入れてあります。これはただ「花瓶に入れているだけ」のもの。芸術的センスはゼロ!ですね(笑)!

523
ベゴニア。こちらも頂いたお花です。プランターに植えました。

ど素人が「飾ってみた」だけの”生け花”もどき、いかがでしょうか?”お花”を習ったことがある方から見れば、「これは”生け花”ではありません。」と思われるでしょうね (^_^;;!”花挿しごっこ”と言った方が正解かな(笑)!

ちなみに、”花なす”を入れた花瓶の中の菊の花以外すべて、お金はかかっていません。
それでもあちこち飾ってみると、とてもタダで手に入れたものに見えなくなります。部屋の中がずいぶん明るくなり、元気をもらいました。

|

« この子たちの親は・・・? | トップページ | シンガポール、スイス&ユーロコイン »

コメント

お花なんて好きなようにいければいいのではないかしら。母や娘は茶道華道を習いましたが、私は女一通りのこと習ったことないから、なんでも自己流です。
豪華なお花がいけられておうちも明るくなりますよ。素敵です。


agewisdomさんへ

(^o^)/ハイ!そう仰っていただいて、ずいぶん気が楽になりました (^_^)!
何しろ私のブログ仲間の方々、agewisdomさん含め皆様、才能ある素敵な方ばかりで、ド素人の私が活けたものなど、とても”生け花”と呼べるものではないと思っていましたから(笑)!
国道の分離帯や駐車場の植え込みから採って来たものがほとんどで、決して”豪華”と言うにはほど遠いのですが、貧しい我が家にはこれでも”豪華”なものです。
とくに、『”ふうせんとうわた”と”タカノハススキ”』は、秋の風情いっぱいで、お気に入りです (^_^)ニコニコ!「持って行きなさい」とプレゼントして下さったボランティアのおじさんに感謝!です。

投稿: agewisdom | 2011年11月 5日 (土) 22時48分

慕辺未行さん
 おはようございます(^・^)
そうですよ
前回の慕辺未行さんの”生け花”は、好評でしたよ♪
私は変に凝っていなくて自然体で好きでした。
しかもお花屋さんで買ってきた花では無くて
自然に咲いていたのが何より好いですね
さて、前置きはこれ位にして拝見しましょう

 南天の色、前のランタナ、そして、セイタカアワダチソウ
お互いに引き立てているように思います。
ド素人の思いですが・・・
 二枚目のススキとセイタカアワダチソウの足元に
ランタナが可愛いですね。
秋の風情が充分感じられますよ
花器も変えられて流石ですね(^_-)

 お母さまの体調、良い日が続くことを願っています。
お母さまの為にも慕辺未行さんの為にも。
若くても刺激を受ける機会が減ると呆けます。

 ボランティアのおじさんの優しさに心が暖かくなりますね。
”ふうせんとうわた”と”タカノハススキ”上品ですね
素朴な雰囲気が好きです。
 最後の花なすとお花たち
明るくて元気で嬉しくなりますね。
芸術的センスは解りませんが、お花には慰められますね。
お花の効力の凄さを感じました。
 ”生け花”に拘ることは無いですよね、皆、其々感性が違いますしね。
 ベゴニアの成長をご紹介してくださいね。
楽しみにしていますヽ(^o^)丿


コスモスさんへ

ちょっと調子に乗って (^_^;; またやってみました。
セイタカアワダチソウとススキにランタナも一緒に活けてみましたが、ランタナはここにはないほうが秋らしさがあるように思います。それでもワンポイント、アクセントにはなっていると思います。
セイタカアワダチソウもススキも、国道の分離帯に”これでもか”というほど咲いていますから、部屋のあちこちに活けられるようたくさん取って来ました。花瓶が足りなくて、造花を挿していた花瓶も使いました。
母の体調もその日だけでした。今日だって本当に・・・(-_-)!仕方がないですね。
ふうせんとうわたとタカノハススキ、どちらも初めての植物でしたが、ボランティアのおじさんから「生け花に使う人もいますよ」と教えていただいたのですが、私自身活けてみて納得です。私のような心得がない素人でさえも、花瓶に挿しただけのもので、こんなに風情があるのですから!”華”があるわけではありませんが、落ち着いた”渋さ”があります。
花なすも他の花に負けじと存在感がありますよね。もし菊の花が完全に枯れても、この花なすとススキ、セイタカアワダチソウだけで充分のように感じます。
ベゴニアはすでに咲いているものですし、今後どうなるでしょうか?

ブログへのコメントです (^o^)/
『京都「はんなり横丁」をご存知ですか』
「○○横丁」といえば、伊勢の「おかげ横丁」しか知らないです。んっ?「アメ横」も「アメヤ横丁」ですね。
「はんなり横丁」、京都らしいネーミングですネ (^_^)!ホーローの看板が懐かしいです (゚o゚)オォッ!すべてではありませんが、ほとんど見覚えがあります。「金鳥」「セカイチヨー靴」「フコク生命」...まさに”昭和”ですネ (^o^)!
これらの看板にしろ、白黒テレビや茶箪笥は昭和の中頃ですよね。3~40年代までかな?!映画”ALWAYS”がもっともピンと来ます。
つい先日ですが、名古屋城下に名古屋版「おかげ横丁」を作る計画があるそうです。

『コスモス揺~れて~~♪』
ネタに困ったら”京都府立植物園”ですね。リンクしている、あるブログ仲間の方もネタを探しに”名古屋市立東山動植物園”へ行かれるそうです。
コスモスの花、まだ咲いていますネ (^o^)!白やピンク、紅色...それぞれ美しさを競うように一緒に咲いていますね。青空を背景に誇らしげですネ!

『格子の灯り 町家の美』
格子からこぼれる仄かな灯り、これも日本文化の”美”ですね。玄関先の大きな鉢植えと行燈が、この仄かな灯りをさらに引き立てていますネ (^o^)!
最後の写真の白いお花、”朝顔”では・・・?と、お見受けしましたが・・・(-_-)ウーン?
先日訪れた公園にも、「もう終わり」と言いながら、朝顔が咲いていましたので!

投稿: コスモス | 2011年11月 6日 (日) 07時31分

お早うございます 良かったですね~まだ 季節が、散歩に調度いいですから お日さまをタップリ お母様に受けさせてあげて下さい 笑顔が増しますよ  それに、生け花 偉い (*^_^*)
花は皆、 可愛いし綺麗です タカノハススキ初めて見ました
お部屋に沢山お花がきましたね お声をかけて下さったのも、見る側から とても 温かい姿だったのですね 嬉しかったですね
季節ごとの山野草 お酒のぐい飲でも お菓子の器でも とても可愛いですよ 私の日常です。 


ばーぱんさんへ

ばーぱんさんのブログがきっかけです。
以前は毎週のように仏花と切り花を買っては飾っていた母ですが、このところずっと体調が悪く、花瓶の花も枯れたままでした。そこで私がセイタカアワダチソウやススキを代わりに飾ってみたのです。
タカノハススキ、普通のススキと違い、葉っぱの模様が変わっていて、活けてみると稲穂のようにも見えます。
買い物ついでにふらっと連れて行ったのですが、思わぬお土産に私も母も大満足でした。
ただ、母の体調はまた・・・(-_-)ウーン!そのくせ口だけは達者で、精神的に疲れます。だからこそ、お花に癒されます。

投稿: ばーぱん | 2011年11月 6日 (日) 08時39分

おはようございます
まさに「芸術の秋」を満喫していらっしゃいますね~っmaple
やっぱり植物があると、気分も癒されるんですね
ステキな感性を、私も見習わないといけませんconfident
公園での出会いも含め、温かい気持ちにさせていただきましたnotes


きゃぶさんへ

”芸術”と言えるかどうか・・・(^_^;;アセッ!
それでも『お金をかけずに』楽しめましたので、その点ものすごく得をしたような満足感はあります。
外へ出ればこの季節いくらでも目にするセイタカアワダチソウとススキ、雑草と言えば雑草なのでしょうが、先日のきゃぶさんのコメントにもありましたように、”観賞用”として持ち込まれた花ですから、本来こうあるべきなのかも、と思いました。
ボランティアのおじさんのおかげで、渋い生け花もできましたし、寂しかったベランダにベゴニアが加わりました。ホッ!と癒されています。

投稿: きゃぶ | 2011年11月 6日 (日) 09時03分

慕辺未行さんへ
お早うございます
よっー慕辺未行師匠! 続いて中々やりますね
第1弾が好評だったとのこと 私も同感でしたよ
どなたかが仰っていましたが 思ったように活ければいいと
私も聞きました
花が自然に向く形で活ければ自ずと形になるとか
私も頂いた花を一輪挿しなどに活けるではなく
差し込むときもその様に心掛けはしています
今回も生け花の背景が気になっています


古都人さんへ

師匠だなんて、冗談がきつ過ぎます (^_^;;アセアセ!
好評(?)だったのはきっと、セイタカアワダチソウを使ったからでしょうね。
ばーぱん様のブログでセイタカアワダチソウを生け花に使うアイデアに『目からウロコ』で、つい真似てみました。
思ったように活けてみれば・・・、しかしそれもまた難しいものです。
”ふうせんとうわた”と”タカノハススキ”は、花瓶に挿してみただけでもご覧の通りの風情で、これには私自身とても満足しています。
背景は、観光地のお土産屋でよく売られている”掛け軸”です。左は奈良の名所が、正面は七福神が描かれています。いずれも数百円から千円ぐらいのものでは?!

投稿: 古都人 | 2011年11月 6日 (日) 09時16分

お花を楽しむのもただ見るだけでなく
活けてみようとのお心が動くのは素敵な事だと思います。
買い求めたお花でなく自然を感じるお花だから
特別癒されるのかもしれませんね。
セイタカアワダチソウに南天とランタナ
南天は沢山の実がついていますね。
ふうせんとうわたとタカノハススキは秋の
風情があり素敵ですね。
お月見楽しめますね。
花なすはミニトマトみたいですね。
お部屋にお花が飾ってあるのは素敵ですね。
ベゴニアの成長楽しみにしています。


すみれさんへ

我が家は母が毎週のように近所の花屋さんで花を大量に買ってきては、部屋中あちこちに飾っていました。花だけで1ヶ月に1万円は使っているのでは?と思うほどでした。
しかしここ最近体調がすぐれないせいか、花瓶の花も枯れたまま・・・。そこで、ばーぱん様のブログ記事にヒントを得てセイタカアワダチソウを活けてみたのです。
ススキと合わせて秋の風情ですが、南天が千両や万両に似て、少し正月っぽい雰囲気すら感じられます。
公園でボランティアのおじさんから頂いた”ふうせんとうわた”と”タカノハススキ”、これは私は大満足です。花でもないし、とくに”華”があるわけではありませんが、秋の風情がとても感じられます。
花なすは見た感じ、確かにミニトマトみたいですね。食べることはできませんが、緑から黄色、赤へと色が変化するそうです。こちらもなかなか存在感があります。

投稿: すみれ | 2011年11月 6日 (日) 15時38分

ずっと前から生け花をよくupされていたので
感心していました。
夫は全くしませんので・・・
お母様の状態もよくてよろしいですね。

北欧紀行は明日で終わりまして、次に奈良
その次にセイダカアワダチソウの生け花の
あったお寺をupしますのでしばらくお待ち下さい。


matsubaraさんへ

以前に紹介していました部屋の中の花は、すべて母が活けたものです。
毎週のように花屋さんで仏花と一緒に切り花を買っては、部屋中あちこちに飾っていました。
しかしここ最近、母の体調のせいかそれらの花も枯れたままで、そこでばーぱん様のブログでセイタカアワダチソウのことを読み、まさに『目からウロコ』で枯れた花の代わりに活けてみることにしたのです。
北欧紀行、最後はヘルシンキでしょうか?私が訪れた時は真冬の本当に寒い季節で、あまりあちこち観光していませんので、楽しみにしています。

投稿: matsubara | 2011年11月 6日 (日) 22時20分

おはようございます(^・^)
 慕辺未行さん、ベゴニアの蕾は有りませんか?
今は未だ見えなくても、きっと咲くと思いますよ!(^^)!
それを待つのも愉しみですね。

 戴きましたコメントのお返事です。
いつも優しくご覧戴いてありがとうございます(*^。^*)
 はんなり横丁のお店に入りたいとは思うのですか、
夜に行くのはちょっと勇気がいります?
新聞に取り上げられてからは
若者も大勢来られているようです。
 ここの通りを歩くだけで昭和に戻れるそんな空間です。
私も伊勢の”おかげ横丁”は行ったことが有ります。
今は単独で商売をするのは難しい時代ですね。
皆で手を繋いで協力し合って・・が好いようですね。

 お花をご紹介するときはネタ切れ、息切れです(+_+)
お花は育てるのも勿論、生けるのも
写真を撮るのも癒されますね。
植物園を一巡して綺麗な空気を一杯吸って
お花達を愛でて
いつもリフレッシュさせて戴いています。
無料ですから、有り難い場所です。

 町家の格子からこぼれる灯りは癒されます。
一年に一度しか無い行事?なので
いつも大勢のカメラマンや、散策の方が来られています。
白い花は朝顔でしょうか?
むしろ、夕顔では?
夜に撮っているのですが・・・(^_-)

お母さまのお身体の調子が好いことを願っています。
読み捨てになさって下さいね


コスモスさんへ

ハイ、ありがとうございます。
では、失礼させていただきます。

投稿: コスモス | 2011年11月 7日 (月) 07時44分

慕辺未行さん:こんにちは。
これは素晴らしいお点前ですね。
ススキとセイタカアワダチソウのコラボが好きです。
やはり天性の才能では!!


seiboさんへ

ススキもセイタカアワダチソウも今の季節、どこにでも生えている”雑草”ですが、それでもこうして活けてみれば、それなりに見栄えがするものですね。
『花に優越はない』と思っていましたが、改めて実感しました。
>天性の才能
(^_^;; (^_^;;アセアセアセアセ!そんなものありませんヨ!皆様に至っては、これ以上のものができますよ。

投稿: seibo | 2011年11月 7日 (月) 10時38分

そろそろクリスマスやお正月のお花の時期ですね。
楽しみにしています。


Lisaさんへ

クリスマスやお正月の飾りつけもしたいのですが、それもままならず・・・。物忘れや物覚え、ボケが激しい母の世話と家事、その合間の時間で飾れたら!と思います。

投稿: Lisa | 2011年12月 5日 (月) 14時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« この子たちの親は・・・? | トップページ | シンガポール、スイス&ユーロコイン »