« 紅白の彼岸花 | トップページ | 世界の絵葉書 その22 ASIAGOから »

2011年10月 5日 (水)

反抗犬?

 パッ!と見ただけでは、ごく普通のありふれた犬の写真です。
しかし、よーく見ると・・・この犬の意思というものを感じます。

 では、どうぞ (^o^)/!

19
シェパードが咥えているもの、『犬はダメ』という意味の立て札のようです。

さすが、頭の良いシェパードですね。それともグレてる?
「犬はダメ?フンッ...こんなもの、クソくらえ!」と思っているのかな?(笑)
でも尻尾が下に下がってるヨ!反抗しつつも、「いけないこと」と分かっているのかも?!

|

« 紅白の彼岸花 | トップページ | 世界の絵葉書 その22 ASIAGOから »

コメント

反省してま~す。今度もうこんなことしませんから、私を追い出さないで。


agewisdomさんへ

(^o^)アハッ!”犬の気持ち”と言いましょうか、むしろ”逆説”ですね。
「もう、いたずらしないから・・・こんな立札、もう立てないで!」と思っているのかな (^_^)?
いずれにしても、agewisdomさんにはこの犬の反省の心、伝わったみたいですネ!

投稿: agewisdom | 2011年10月 5日 (水) 22時37分

慕辺未行さん
 こんばんは(*^。^*)
この反抗犬?可哀そうな気がしますね。  
確かに犬の意志も感じますが
気弱さも感じられて。
頭を下げないで堂々としていれば
好いのに
そうはいかないのも犬の人生?
人間に養われている犬の社会かも知れませんね。


コスモスさんへ

そうなんですよネェ~ (-_-)ウーン!
この立札に反抗しつつも、でも本当は・・・?なんか泣けてきます・・・(;_;)グスン!
シェパードは、日本では昔から”警察犬”と言われるほど活躍しているのですから、もっと堂々としていても許されますよネ!
私もドイツを訪れた際、アンジュラの実家にいたシェパードのレックスと、とても仲良しになりました (^o^)/オォーッ!すっごく、頭が良いシェパードでした。何しろ私のことを、ちゃんと覚えていたのですから!

ブログへのコメントです (^o^)/
『京都・北野天満宮の「ずいき神輿」巡行』
さすが京都!としか言いようがありません。御神輿も、それを引く人々の衣装も、そして御所車・・・、伝統が息づいていますネ。
我が近所の秋祭りとは何もかもが違います (^_^;;!当たり前か(笑)!

『北野天神さん「還幸祭」の日の上七軒の舞妓さんたち』
↑ の記事から引き続き拝見しました (^_^)!
舞妓さんや芸妓さんの色々な表情、ごく自然な姿で撮られていますネ。笑顔が素敵です。
ふと気づいたのですが、舞妓さんたちだけ履物が違うのですね。

『昭和の京都の街を走っていた市電(最終回) 』
子供のころ、名古屋にも市電が走っていたのですが、すでに地下鉄が開通していて、バスと地下鉄ばかり利用し市電に乗る機会はありませんでした。
それでもこうしてお写真拝見しますと、京都の街の市電なのに何故か郷愁を感じます。乗った記憶はなくても(長崎や函館など、旅先で乗ったことはあります)、走っている姿を記憶しているのでしょうね。
新幹線が写っている写真の市バス、”ワンマンカー”と書かれているのが、いかにもその時代らしいですね。

投稿: コスモス | 2011年10月 5日 (水) 22時42分

勢いあまって引き抜いたものの、
いけないことをした…と反省してるのかも。
犬って分かりやすいですよねえ?
タロウも悪さをすると、すぐバレます。


zooeyさんへ

たぶん、そうでしょうね。頭が良いと言われるシェパード、心の中ではきっと葛藤があったのでは?!
我が家も以前の住まいで犬を飼っていたことがあります。時々なぜか首輪抜けして、放浪することもありました。するといつも近所の人たちが教えてくれたのですが、怒られることが分かっているのか、すぐに逃げます。でも最後はお腹が減ったのか、尻尾をダラリと下げ俯き加減に「ごめんなさい」と言いたげに帰って来ていました。

投稿: zooey | 2011年10月 6日 (木) 00時21分

これもドイツのお友達のエルマーくんからの
ものですか。
看板もなんかおしゃれだし・・・
シャッターチャンスもいいし・・・
犬を叱れないですね。
訴えてるようで。


matsubaraさんへ

ハイ、そうです (^_^)!彼らからのメールに添付されていたドキュメントの中の写真の一枚です。撮影者は不明です。
「犬はダメ」という看板を、こんな表情で引き抜いてこられたら・・・、
「分かった、分かった。特別に入れてあげるよ」と言いたくなりますよね。

投稿: matsubara | 2011年10月 6日 (木) 07時49分

慕辺未行さんへ
やらせ!と言ってしまうと実も蓋もありませんよね
素直に画面を楽しみましょう
犬の表情 姿 よく情景を表現しています
あれこれと想像して楽しませて頂きました


古都人さんへ

これまでに紹介した動物たちの決定的瞬間の写真と同じHPに紹介されていた写真のようです。
なので決して「やらせ」ということはないと思いますよ。
自分で引き抜いたのか、引き抜いてあったものを咥えてきたのか・・・、色々想像して楽しんでいただくのも、この写真を紹介した目的でもあるのです (^_^)!
皆様のコメント読みますと、ホント面白いです。

投稿: 古都人 | 2011年10月 6日 (木) 08時40分

久し振りにパソコンを開き、拝見させて頂きました。
楽しいコメントと犬の様子 笑っちゃいました 本当に尻尾を下げてますね~犬の気持ちは、どうして僕等が居てはいけないの?
何故こんな物立ててるの?我が家の犬族代表は、こんな表情した事ありませんよ 笑ったけれど、寂しい表情ですね 人の言葉を何でも理解しますから 立て札を、見ただけで理解できて…
とっても寂しい気持ちが、尻尾下げに現れたのでしょうね。
お~可哀想 良い子 良い子 頭 ナデ ナデ


ばーぱんさんへ

最初は”反抗犬!”というタイトルだったのですが、よく見たら尻尾が・・・(^_^;;!で、”!”を”?”に変えました。
それに表情が・・・ねぇ (^_^)!
このワンちゃんからすれば、「どうして僕たちは入ってはダメなの?」という思いなのでしょうね。人間と一緒に暮らしているのに差別されたようで、それがこの寂しげな表情になったのかもしれませんネ。
犬って、どんな国の言葉でも理解できますから、この絵の意味も理解してしまうぐらい容易いのかな?
頭ナデナデされて、今ごろ尻尾振ってますヨ (^o^)!

投稿: ばーぱん | 2011年10月 6日 (木) 20時55分

ごめ~ん、でもだって欲しかったんだも~ん
と勝手に注釈を入れて読んで、楽しみましたhappy01
かわゆいわんこで、飼い主さんも飽きないでしょうね~happy02


と~まの夢さんへ

そういう捉え方も”あり”ですね。私は私なりに感じたことを、ここに書きましたが、他の皆様も自分なりに想像したセリフ、コメントに書かれている方もいらっしゃいます。
たまにこのような、動物たちのユニークな写真を紹介していますが、皆様から戴く感想も、私にとってはとても楽しみなのです (^o^)!

投稿: と~まの夢 | 2011年10月 6日 (木) 21時12分

おはようございます(^・^)
 戴きましたコメントのお返事ですgood
慕辺未行さん、お疲れのところを3回分もご覧戴いて・・・
申し訳なくて・・・、優しいコメント嬉しく拝見しました。

 北野天満宮の”ずいき祭り”はとても立派です。
長い歴史と伝統を感じます。
何より、氏子さんの熱い思いが有るのでしょうね。
毎年見学していますが、やはり感動します。
特に子供たちの衣装も美しくて、真剣な表情にも・・

 還幸祭の日の舞妓さんたちは、今回初めて見ました。
一度にこれだけの舞妓さんたちを見る事は少ないですね。
舞妓さんの履物は「おこぼ」と言います。
「おこぼ」と「だらりの帯」が舞妓さんの特徴ですね。
日本髪をご自分の毛で結っておられるのも。

 市電のご紹介ははマニアックな記事なので 
作っていて悩みました。
でも、SLや市電のモノクロの写真に郷愁を感じて
自分の為に作りました。
 市電は私にとって特別な乗り物でした。
大好きな叔父さんの家に行くときと
高校入試の為に、模擬テストを受けに行ったときに
乗りました。
反対方向に乗らないように、
降りる駅を間違えないように・・・
少しドキドキしたものです。
そんな懐かしい乗り物です。

 慕辺未行さんにも郷愁を感じて戴いて
とても嬉しいです(*^。^*)
 私も市バスの”ワンマンカー”の文字に時代を感じました。
そして新幹線と市電が同一時期に走っていたのにも
驚きました。

読み捨てになさって下さいね。


コスモスさんへ

ハイ、ありがとうございます。
では、失礼させていただきます。

投稿: コスモス | 2011年10月 7日 (金) 07時40分

慕辺未行さん:おはようございます。
この構図はすごく絵になります。
タイトルも良いです!
コンテストに出しては如何でしょう!


seiboさんへ

いやいや・・・(^_^;;!
この写真、私が撮影したものではなく、見知らぬどこかの国の方が撮られた写真です。
8月に大垣で撮影したヒマワリの写真に、1輪だけ他の花に背を向けたヒマワリの写真、ブログに掲載しましたが、それとほぼ同じ写真が先日の中日新聞のコンテストで、4位入賞していました。応募された方は『へそ曲がり』というタイトルで応募していました。あれで4位入賞するなら、自分も応募すれば良かったかな?と思ったものです。

投稿: seibo | 2011年10月 8日 (土) 08時05分

おもしろい写真ですね~!

この立札、いったいどこから持ってきちゃったんでしょう(笑)
そして、このあとどこへ持っていくの??

楽しませてもらいました。


みーこさんへ

この背景にいったい何があったのかな?とにかく犬は入れないエリアがあったのでしょうね。
頭の良いシェパードですから、きちんとゴミ捨て場に持って行ったかも・・・?
一枚の写真で、皆様色々想像されて、私も楽しませていただきました (^_^)!

投稿: みーこ | 2011年10月10日 (月) 13時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 紅白の彼岸花 | トップページ | 世界の絵葉書 その22 ASIAGOから »