« 勝って決められない・・・ | トップページ | 世界の絵葉書 その23 TENERIFEから »

2011年10月22日 (土)

オリンピック&万博の記念切手

 すでに、”海外の旅日記”を書き尽くし数カ月。むりやり新たなカテゴリーを作り、苦しまぎれのネタを探し書き綴っている私ですが、”日本の切手”がどうやら好評(?)のようです(←ホントか ( ゚д゚)ポカーン?自己満足なだけ ┐(´д`)┌ヤレヤレ!) coldsweats01

 今回は、戦後日本の復興の象徴とも言えるべき”国家的イベント”を記念し発行された切手を紹介しましょう。

人生の先輩の方々は、すべてリアルタイムで覚えておられる出来事でしょうし、若い方々は学校で学んだり親から聞かされたり・・・。
とにかく日本にとって”高度成長期”の中で行われた最大・最高のイベント、日本の底力を世界中に知らしめたイベント・・・だったと思います。

それらを記念して発行された切手、ご覧ください。

481
1964年発行、『第18回オリンピック競技大会記念』切手、つまり『東京オリンピック』です。聖火(5円)、たぶん・・・国立競技場(10円)、日本武道館(30円)、代々木体育館(40円か50円のどちらか)・・・(だと思う?)などがデザインされています。
デザインされているそれぞれの建物、皆様ご存知でしょうか?

483
1970年発行、『日本万国博覧会記念』切手。こちらは2度にわたり発行されました。
それぞれ”3枚1セット”のカバー付きのシートもあります。

484
1972年発行、『札幌オリンピック冬季大会記念』切手。上2枚と下3枚は、別々に発行されました。

東京オリンピックこそ、リアルタイムでの記憶はありませんが、大阪で行われた万博、札幌オリンピックは子供のころTVの前で見ていました。
”太陽の塔”や”月の石”、そして笠谷さんをはじめとする”日の丸飛行隊”はジャンプ競技で、金・銀・銅メダルを独占・獲得しましたよね。

そしてもう一つ、札幌オリンピックの切手から分かること。
その年(1972年)のうちに郵便料金が値上がりしたようです。額面が15円(+5円は寄付金)から20円に変わっています。こんな些細なことも、ふと気づかされました (^_^)!

|

« 勝って決められない・・・ | トップページ | 世界の絵葉書 その23 TENERIFEから »

コメント

生きている歴史じゃないんですが、初めの建物はオリンピックでは行かなかったけれど、みんな足を運んだことがあるし初めて3年担任で、新聞部の生徒と速報を作って職員室の壁に掲示しました。「1970年のこんにちは」これまた3年担任で修学旅行に連れていきました。というようにリアルタイムで知っていますが、郵便料金の方はさっぱり記憶がないです。


agewisdomさんへ

オリンピックの年は、生まれてはいたものの、まだ2才でした。その頃にはもう教師としてご活躍されていたのですね。
女子バレーボール”東洋の魔女”には、大騒ぎで速報を作られたのでは?!
修学旅行で万博、いいですネェ!我が家には大阪まで一家で遊びに行く経済的余裕はなく、指をくわえてTV画面を見ているだけでした。
郵便料金は私も記憶になく、2度に分けられて発行されていた切手を見て、気がつきました。

投稿: agewisdom | 2011年10月22日 (土) 22時05分

第18回オリンピック競技大会記念と
日本万国博覧会記念の切手はどちらも良く覚えていません。
綺麗な切手ですね。
デザインされている建物、日本武道館は
芸能ニュースで見かけるように思います。(違うかも・・・)
郵便料金は、 あまり手紙を書かず
切手を買い求める事も 少なく
今も思わず確かめてしまいます。


すみれさんへ

切手を収集していなければ、忘れてしまうでしょうね。何しろもう4~50年ほど昔の出来事ですから。
オリンピック開催に伴い、色々な建物ができたと思うのですが、東京在住の方なら全部分かるかもしれないですね。
最近では年賀状ぐらいしか手紙って出さなくなりましたよね。ですから切手を買い求めることもほとんどなくなりました。でも10年ほど前までは、ネパールやドイツの友達に手紙を書いたことが何度かありました。ネパールまでは90円、ドイツは110円だったと記憶しています。

投稿: すみれ | 2011年10月22日 (土) 23時15分

慕辺未行さん
 こんばんは(*^。^*)
日本の記念切手、好評ですよ!(^^)!
確実に私はこのシリーズのファンです。
切手の写真、クリックして拝見していますが
東京オリンピックは胸をドキドキさせて
テレビにかじりついていました
建物は知っていますが
切手には覚えが無くて・・・
兄が切手収集家でしたから、多分、我が家にも有ったと思いますが。
 そして万博も日本中が沸きましたね。
私も何度か足を運んだ、パビリオンの前に並んだ一人です。
この50円切手には見覚えが有ります。
絵柄がとても綺麗で欲しかった切手です。
7円切手もそして15円切手もとても綺麗ですね。
 札幌オリンピックも懐かしいです。
こちらの切手は見覚えが有ります。
でも、1枚も持っていません。

本当ですね。
札幌オリンピックから郵便料金が値上がりしていますね
15円が20円に、5円が寄付金
慕辺未行さんが雑学に強くて、切手から学ばれることが
よ~く解りました。
学は目と心ですね。
感心しながら納得しています。
 これからも切手のご紹介、愉しみにしています(#^.^#)


コスモスさんへ

喜んでいただけて、とても嬉しく思います w(^o^)w!
ありがとうございます アリ(゚o゚)(。_。)ガト!
東京オリンピック、戦後初めての世界的一大イベントでしたでしょうから、誰もがTVにかじりつきながら一喜一憂していたのでしょうね。
万博もすごかったでしょうね。そちらからはとても近かったですから、何度も行くことができたのでしょうね。
安月給で6人家族の我が家では、大阪ははるか彼方でした。
万博のこの50円切手、確かに綺麗なデザインですよね。万博へは行けなかったのですが、この切手を手にして少しは満足していたのかもしれません。
郵便料金については、ブログにこの切手シリーズを書き始めてから気がつくようになりました。
葉書が5円、7円、10円、封書が10円、15円、20円と値上がりしてきたことが、これまで紹介した切手から分かります。と同時に、日本の経済成長も見えてくる気がします。

ブログへのコメントです (^o^)/
『京都府立植物園・観覧温室前の可憐な睡蓮たち』
オニバスは、反対側のトゲトゲ部分を見てみたいですね。
次の写真は・・・、まず真っ先に”ヤマタノオロチ”を連想しました。でも、見れば見るほど怪獣映画に出てきそうな宇宙生物のようにも・・・?!どちらも架空の生き物ですね。(笑)
睡蓮は、蓮の花よりも色の種類が多いですね。すでに咲いている花、これから咲く花、どれも目を楽しませてくれますネ。

『町家を優しく彩るお花や緑の葉っぱ』
この町家の佇まいと、いくつもの鉢植えが見事にマッチしていますね。
今は緑の葉っぱだけの鉢も、季節がくれば、それぞれの花を咲かせるのでしょうね。

『休日の午後・上七軒界隈を散策』
この街並みから電柱が消え、不粋なアスファルト道路から石畳の道へ、雰囲気がより一層”花街”らしくなるでしょうね。
町家の格子とフジバカマ、確かにとても似合いますネ。こういう街並み、のんびり散策してみたいです。

『奈良県・今井町を訪ねました スタート編』
いやいや、全く初めて聞きました。橿原神宮は知っていましたが、訪れたことはないように思います。さすがに幾年・十数年と訪れていない地域は、訪問先も曖昧な記憶になって来ました (^_^;;!
奈良といい京都といい、古都の奥深さが分かる気がします。

P.S… すみません・・・...もし、よろしければ・・・ほんの少し書き留めておいたコメント、古都人様にお伝えできれば・・・

古都人さんのブログへのコメントです (^o^)/
*とりあえず、少しだけでも・・・(^_^;;ヘヘッ

『京都・白川沿いに歩く (その9~10)』
 街の中を流れる白川の趣とはずいぶん変わりましたね。コスモスさんのブログで鴨川の上流に砂防ダムがあることを知りましたが、白川も上流はこのような段差があるのですね。
京都が盆地地形であること、川の様子からも分かる気がします。
『白河夜船』の話は、京都の街の中のこと、ということになりますネ。
 源流近くまで行かれたのですね。そしてそこには、かつてこの流れを利用した石臼の精米機があったようですね。だとしたらきっと、水車もあったことでしょう。
京都・白川には、色々な歴史が隠されていたのですね。

『亀岡コスモス園・ほのぼの案山子たち』
「ほのぼの」どころか、「ホッ!」と癒されました !
最初の写真は、”じいちゃん・ばあちゃんと可愛いお孫さんと、お子様夫婦”でしょうか?、近年、核家族化が進みこのような家庭はなかなかないでしょうが、これが本来の家族の理想的姿でしょうね。私のブログ仲間の agewisdom様が4世代同居のご家庭で、ブログからはこの写真のような雰囲気が伝わって来ます。
3枚目は明らかに”カールおじさん”ですね。お菓子の”カール”のキャラクターのおじさんです。♪それにつけても、おやつは”カール”♪です。
明るく楽しい案山子たち、背後で風に揺らぐコスモスたちも楽しんでいるように見えます (^_^)!

投稿: コスモス | 2011年10月22日 (土) 23時22分

こんにちは~note
慕辺未行さんの切手のご紹介記事で、
確かに私も、〝切手っておもしろいものだなぁ~〟と
興味を持ちましたよ!happy01
ましてや、古いものになると、
まさに歴史を感じるコレクションですね。
昭和30年代の終わりの高度成長期の頃の
日本の雰囲気、かなうものなら、
一度味わってみたいものです。


hananoさんへ

長い間、押し入れの奥深くに仕舞いこんであった切手を引っ張り出して、むりやり記事にしていますが、「おもしろい」と感じていただき興味を持たれたのでしたら、とても嬉しいです (^o^)!
切手収集は80年代前半で終わっていますので、紹介する切手もすべて昭和の時代のものばかりです。30年代から50年代までですね。
30年代の雰囲気・・・、映画『ALWAYS 3丁目の夕日』のような雰囲気でしょうね。

投稿: hanano | 2011年10月23日 (日) 11時55分

ほんとにたくさんお持ちなんですね~sign03
こんな風にジャンル別にしていただいていると、ますます拝見するのが楽しいですeye
時間が経ってもキレイな色がそのままって、印刷技術もスゴイですね
その時々の時事を反映させて発売されている様子が、よくわかります
手紙を書く機会はとっても減っていますが、切手はこれからも作り続けられて欲しいですconfidentloveletter


きゃぶさんへ

今思えば、当時のおこずかいのほとんどをつぎ込んでいたのでは?と思うほどです。
保管してあるストックブックには、発行された順に並んでいるのですが、ブログに紹介するとなりますと、発行された順番通りに1枚1枚すべてを紹介できないですし、何かテーマを探して紹介する方が書きやすいのです。皆様にも「なるほど!」と思っていただけるのでは?と感じます。
記念切手もあれば色々なシリーズの切手もあります。歴史や文化が見えてきます。
最近は全く切手を買うこともなくなりましたが、ときにはメールではなくアナログの手紙もいいものでしょうね。

投稿: きゃぶ | 2011年10月23日 (日) 17時33分

懐かしい記念切手と、その時代 子供から、大人の階段を、一歩一歩昇ってていました オリンピックは、家族でテレビに夢中
大阪万博は、ホテルの予約が取れず友達と、まさか!野宿まさか~親戚に~こんな時は、何処も満杯 勤め始めてまだ貯金も少なくボーナス溜めて~お笑いの青春時代、大人数で行動していましたね~偶然テレビに映る他グループの知人 ホテル取れたの~~~良かったね~切手の綺麗な色と同じく色褪せしない
若い頃の想い出 走馬灯がぐるぐる回っています。


ばーぱんさんへ

これらの切手が発行されたころはまだ、切手収集していたか記憶にないのですが、札幌オリンピックが開かれた1972年は収集し始めたころだと思います。
↑ のほうの”人生の先輩”方のコメントを拝見しますと、皆様それぞれに、オリンピックや万博に何かしら思い出があるようです。
ばーぱんさんもそのお一人ですね (^_^)!
たかが切手、されど・・・まさかブログのネタにして、これほど皆様が懐かしい記憶を呼び覚まし、喜んで戴けるとは?!私自身がビックリ!です (^_^;;!
今から40年ほど前、ばーぱんさんがお若くていらっしゃった頃の思い出、ホテルの予約も取らずに大阪万博へ?
その時最終的にどうしたのかナァ~?と、とても気になります (-_-)ウーン・・・?

投稿: ばーぱん | 2011年10月23日 (日) 23時30分

慕辺未行さん
 おはようございます(^・^)
戴きましたコメントのお返事ですgood
 ちまちま書いた数だけが多い私のブログ。
丁寧にご覧戴いてご迷惑をお掛けしていますね。
優しいコメント嬉しく拝見しました。

 オニバスの反対側も前に展示されていて
写真を撮ったのですが、どこへ・・・・(+_+)
 睡蓮は花色も花姿も微妙に違って
次から次へと開花して愉しませてくれます。
多くの方が池の前でパチリで、撮るつもりは無くても
思わず撮っています。

 町家を緑や小さなお花で彩る習慣は好いなあと思います。
町家は奥が深くて中庭や裏庭が有ります。
玄関前は極端に狭いです。
ですから皆さん、それぞれに工夫されていますね。
 
 上七軒界隈を散策する愉しみは、やはりこの町に住んでいる者の喜びです。
季節の装いに新鮮な感動と喜びを感じます。

 今井町は奈良県の中でも新町通と同じくらい歴史の町です。
これからが本番で何度かに分けてご紹介しますが
きっと、多分慕辺未行さんにも共感して頂ける
街並みだと思います。
 
 古都人さんのパソコンは25日の午後に修理が終わるそうです。
戴きましたコメントをご覧になられて
喜ばれると思います。
取りあえずメールでコメントをお送りしておきます。

 読み捨てになさって下さいね。


コスモスさんへ

ハイ、ありがとうございます。
では、失礼させていただきます。

投稿: コスモス | 2011年10月24日 (月) 07時42分

又、お邪魔します大阪万博、私と数人女の子は、親から許可が貰えず行かせてもらえませんでしたよ
盛り上がりで終わりでした  仲良しと、ヤッパリ出してもらえないと当たり前ですがその時は、淋しい気持ちでした。
テレビの中で他グループを見ました お土産で気分を、治しました。


ばーぱんさんへ

そうだったのですか。お友達何人かとご一緒に親戚の家に泊めていただいて、お出かけになられたのかと勘違いしていました。
当時私はまだ小学生で、行って来たという子が自慢げに話しているのを聞いているだけでした。
お土産とかも貰ったことはなく、この切手だけが私の唯一の大阪・万博です。

投稿: ばーぱん | 2011年10月24日 (月) 11時36分

慕辺未行さん、こんにちは~♪
懐かしい~楽しい記事ですね。
早速、息子が収集してた切手ブックを持ち出してみています。
万国博覧会記念切手だけは(中央)たくさんありました。
本人が行って買ったのだ(買って貰った)と思います(小学生)
東京オリンピックはリアルタイムでした。
新婚だったかな、年がばれますね。
代々木体育館は東京に住んでた頃スポーツ観戦(何を観戦したのか忘れましたが)遊びに行ってます。
もう建物も古くなってると思います、まだ健在でしょうか。
いろいろ思い出させて頂きました。ありがとう!


のこのこさんへ

こんな苦しまぎれのネタの記事、喜んでいただきとても嬉しく思います。
万博の時に小学生だった息子さん、私と似たような年齢かもしれませんネ。それにその頃、”切手ブーム”でしたから。
東京オリンピックをリアルタイムでご存知ですか?私のブログを訪問し、コメントして下さる方の半数以上は、多少の年齢の差こそあっても、リアルタイムでご存知のようです。
代々木体育館は今もあるのでは?近年のバレーボールの試合のTV中継で、試合会場がたしか代々木体育館だったような記憶があります。

投稿: のこのこ | 2011年10月24日 (月) 12時26分

慕辺未行さんへ
お久し振りです やっとパソコンが直りましたので早速コメントさせて頂ました
私は3つともリアルタイムで体験しています
特に東京オリンピックは 私にとって忘れられない 日々目にしている状態です
と言いますのは当時田舎に住みささやかながら百姓をしていました 秋の穫り入れ時に誤って右手親指の先を機械に巻き込まれ落としてしまったのです
そのためにオリピックをテレビで殆ど見ました その指先は今も毎日目にしているからです
万博は2回見に行きましたが月の石などは並ぶのがいやで見ていません


古都人さんへ

お帰りなさい。PC退院されて、復活ですね。
『けがの功名』というのではないでしょうが(不適切な表現かもしれません)、それでずっとTVの前でオリンピックをご覧になられたわけですね。
そしてけがをされた親指を見ると、今もその頃のことが甦るのですね。
良いことなのかそうでないのか、私にはどちらとも言えませんし、そんな立場ではありません。ただ、オリンピックを見て一喜一憂された思い出、楽しく懐かしいと思い出していただけたなら、幸いに思います。
数年前、愛・地球博が行われ1回だけ行きましたが、私も並ぶのが嫌で、”目玉”であった『マンモスの化石』は見ませんでした。

投稿: 古都人 | 2011年10月25日 (火) 10時53分

慕辺未行さんへ
大事なことを書き忘れていて済みません
コメント欄を閉じていた間に頂いた記事にたいするコメント
有難うございました
白川遡上の記事 長く引っ張ってしまい申し訳けありませんでした 懲りずにご覧頂き有難うございました
白川夜船は いわゆる洛中に入ってからのことの様ですね
私もそう思いました
最近の案山子の作り様はリアルになっていますね
昔の様に一本足ではないですね


古都人さんへ

こちらこそ、勝手にコスモス様へのコメレスにコメントを寄せて、かえってお気を使わせてしまいました。
大津・坂本の記事は、『つれづれ日記』でも以前拝見したような記憶でしたので、今回はコメント割愛させていただきました。

投稿: 古都人 | 2011年10月25日 (火) 17時04分

昨日北欧から帰国しました。
コメント遅れてしまいましたが、
この切手は全部持っています。
万博は神戸にいましたのに一度しか
行っていません。次男が生まれた年
でしたので・・・
あ、これもうどこかで書きましたね。


matsubaraさんへ

お帰りなさい (^o^)/!
北欧の旅、いかがでしたでしょうか?ブログで紹介されるのを楽しみにしています。
もちろん全部お持ちだろうと思っていました。今後紹介する切手も、日本のものはきっとすべてお持ちのものばかりでしょうね。少しでも懐かしく思い出していただけたら幸いです。

投稿: matsubara | 2011年10月30日 (日) 12時25分

こんばんは。
お久しぶりです。
いや、ほんとお久しぶりになってしまい、申し訳ありません。

オリンピックに万博。
まさに日本の高度経済成長期を象徴するイベントですね。
先日、万博跡地の万博記念公園へ行ってきましたが、
今は静かでのんびりと過ごせる場所になっています。


Junjiroさんへ

(^o^)オォーッ!Junjiroさん、お久しぶりですね (^_^)/!
お若いJunjiroさんですから長期出張か、それともPC故障か?と思っていました。
お互い”サラリーマン”同士でしょうから、お気持ち理解できますよ。気になさらずに!
オリンピックは生まれていても覚えていないのです。万博は、やっと小学生!Junjiroさんが生まれる前のことでしょうね。
私が20才ぐらいのころ、万博記念公園を訪れたことがあります。

投稿: Junjiro | 2011年11月 4日 (金) 23時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 勝って決められない・・・ | トップページ | 世界の絵葉書 その23 TENERIFEから »