« ”おまえなんかに、負けるもんか!” | トップページ | 日本”三景”&”三名園”の切手 »

2011年9月27日 (火)

世界の絵葉書 その21 ストックホルムから

 海外を旅した旅仲間からの絵葉書、ずいぶん色んな国々から頂きましたが、まだまだほんのわずかに過ぎません (>_<)!
今回は北欧・スウェーデンから届いた絵葉書です。横長のパノラマ写真が3枚描かれています。

では、どうぞ (^o^)/!

Img034
ストックホルムの街です。歴史を感じさせる建物が並んでいるようです。(クリックすると大きくなります)

この絵葉書の送り主は、またしてもGさん。
「世界にはまだまだいろいろな国があるようです。北欧はやっぱりのんびりしている国のようです。日本の1.2倍ぐらいのところに東京都の人口ぐらいしか住んでいない人口密度のとっても低い国ならではなのかもしれませんが・・・こんなゆったりとしたペースで生活できれば幸せなのだろうネ・・・」
と書かれていました。

実際にGさんが見て感じた印象なのでしょう。このような国、何かとても憧れます。

|

« ”おまえなんかに、負けるもんか!” | トップページ | 日本”三景”&”三名園”の切手 »

コメント

ストックホルム、いいですね~憧れますぅlovely
北欧って響だけでも、なんか気持ちよくなってしまいます。
美しく、穏やかで、気候が静謐さを想像させます。
よいですね~happy01


と~まの夢さんへ

スウェーデンは訪れたことはありませんが、フィンランドなら一度訪れました。ヘルシンキの街の雰囲気と似ているような気もします。(『2004 オーロラ紀行』)
北欧は最近でこそ物騒な事件もありましたが、とても治安が良い国々というイメージですよね。福祉も発達していて!
その代わり物価や税金は高いので、旅行者にはその点では辛いところです。

投稿: と~まの夢 | 2011年9月27日 (火) 23時11分

とても綺麗でいいところです。
でもね、フェリーで多くの人がデンマークまでビールや食料を買いに来ます。すし詰めの3等に乗ってね。それほど消費税も、一般の税金も高いのです。もちろん揺り籠から墓場まで福祉は充実しています。日本人みたいに税金はいやだなどとはいっていなくても、少しでも安いものを買いたい思いは同じでしょう。自分の家の外側の歩道の草は綺麗にしておかなければ罰金をとられます。それは市民の務めです。行政でやってくれることは違うことです。公私の考え方もまったく違う国のようですね。デンマークも同じようですが、税金はスウェーデンよりは安いようです。
私はスウェーデンの考え方悪くないと思うのですが、日本にはなじまないのかなあ。


agewisdomさんへ

北欧の国々の物価や税金が高いことは、私もフィンランドで少し実感しました。
ストックホルムからコペンハーゲンまででしたら、それほど離れていないですから、フェリー代使ってでもまとめ買いすれば、スウェーデンで買うより安くなるのでしょうね。
この国で生まれ育てば、たとえ物価や税金が高くても、これほど福祉が充実していれば、かえって住みやすいでしょうね。
日本の消費税なんて、まだまだ安い方なのですが、国民性が出てしまいますね。
「消費税上げるな。福祉は発達させろ!」では、国の財源にも限度があるでしょうし、国民一人一人が真剣に考えるべきでしょうね。

投稿: agewisdom | 2011年9月27日 (火) 23時22分

スウェーデン、随分昔に小さな息子を連れて行きました。
ストックホルムの友人宅に泊めて貰い、あちこち寄りながら車でデンマークに向かい、コペンハーゲンの友人宅に泊めて貰い…
2カ国を半月ほどかけてゆっくり廻ったので
スウェーデンとデンマークの物価の違いも雰囲気の違いも
しっかり体感しました。
どちらも英語が通じやすいし、とても綺麗な国でした。
ストックホルムは森と湖と近代都市が入り混じった、独特の雰囲気がありましたね。


zooeyさんへ

ストックホルムにもコペンハーゲンにも御友人がいらっしゃって、泊めていただいたのですか?!いいですネェ!羨ましいです。
北欧は、フィンランドしか訪れていないのですが、それでも治安の良さ、物価や税金の高さは少しは実感しました。
フィンランドもそうでしたが、北欧はやはり”森と湖の国”というイメージが強いですね。飛行機から見ると、本当にその通りだと思いました。
私が訪れたのは真冬でしたから、湖は凍結し雪原になっていました。スノーモービルのシュプールがたくさん残っていました。

投稿: zooey | 2011年9月27日 (火) 23時47分

北欧に住むのはとても難しいと感じました。ベルイマンの映画を見るだけでもとてもその厳しさを感じます。キルケゴールや彼らのように自らに厳しい目を向けるだけのストイックさはありません。最初の旅行で中欧と北欧の大きな温度差を感じました。


pfaelzerweinさんへ

お久しぶりですね。
その映画は見ていないので、今一つピンとこないのですが・・・(^_^;;!
最初からその国に生まれ育てば、それが当たり前でしょうが、しかしそうでないとすると、気候もずいぶん違いますし、物価や税金の高さに閉口するかもしれませんね。
ドイツは暮らしやすいですか?日本の消費税に当たる税が19%だったと記憶していますが、実際に暮らしていると高く感じるものでしょうか?それとも当たり前に感じるものでしょうか?

投稿: pfaelzerwein | 2011年9月28日 (水) 04時49分

慕辺未行さん
 おはようございます(^・^)
お友達から送って頂かれたストックホルムの写真、画面いっぱいにして拝見しています。
 どの風景も素晴らしくて、
「外国に行けば人生観が変わる」と聞きますが、それを実感しています。
月並みな感じ方・言い方ですが、日本のどこを探しても
このような光景は見つからないでしょうね。

私も”北欧”の言葉には若い頃から、あこがれを抱いています。
そしてGさんの言葉に納得しています。


コスモスさんへ

この絵葉書を見て思うことは、どの建物もとても歴史があるのでは?ということです。
スウェーデンも戦争とは無縁ではない国のはずですが、こうして街の様子を見ますと、とても落ち着いたヨーロッパ独特の街のような感じがします。
日本では”老朽化”するとどんどん取り壊し、巨大な高層ビルが作られます。これにはもちろん”地震大国”なりの”耐震性”という理由もあるのでしょうが・・・!
私も北欧の国々へは、『北欧神話』を読んで以来、憧れがありました。神話とは別に、オーロラ目的で訪れましたが、ヘルシンキの街も北極圏で見たオーロラも、とても素晴らしいものでした。

ブログへのコメントです (^o^)/
『初秋の嵯峨野散歩』
初秋というより、一気に秋になりましたね。
嵯峨野の景色は、すっかり”秋色”一色ですね。稲刈りが終わり、道端のお花も、いかにも”秋”らしい色の花ですね。
もうしばらくしたら、向こうに見える山が紅葉で色づくのでしょうね。
児神社の石椅子は、古の人があのような形に削ったのかなぁ?元々あの形だったとは、考えにくいですね。

『ぶらり見~つけた京都(3)』
交響楽など、高尚な音楽には縁がない私です (^_^;;!でも、きっと素晴らしい演奏なのでしょうね。
ポスターにしても、人形にしろ、ちょっと人目を引く面白いアイデアですね。
災害対応型の自販機、”いざ”という時のためでしょうが、悪用されることがないか、そちらが心配です。

投稿: コスモス | 2011年9月28日 (水) 06時56分

まだないしょなのですが、
来月北欧に行く予定ですので
こんな景色がみられるのかと
思うと楽しみです。
でも老母が不調になれば
計画倒れかも・・・


matsubaraさんへ

(゚o゚)エッ?そうなのですか・・・(・_・)イイナァ!
私は北欧はフィンランドしか訪れたことはありませんが、首都・ヘルシンキもこのような落ち着いた雰囲気の街でした。
来月ですと、北欧はかなり寒くなっているでしょうね。雪が降っているかも・・・?
無事にご旅行に出発できることをお祈りいたします。向こうでは日本では決して食べられないトナカイやライチョウの料理、試されては?

投稿: matsubara | 2011年9月28日 (水) 08時28分

慕辺未行さんへ
お早うございます
ストックホルムの3枚のお写真 大きくしてじっくりと眺めさせて頂きました 歴史を感じさせる 立派な建物が並んでいますね

スウェーデンと言えば国の福祉が充実していると聞いていましたが今もその路線は引き継がれているのでしょうね

外国には憧れを持っていますが 特に北欧は魅力を感じています 多分これからも外国には行けないと思いますが
慕辺未行さんのお写真で 外国の旅を楽しませて頂きたいと思いますので宜しくお願い致します


古都人さんへ

ドイツを主に、ヨーロッパへは3度訪れています。そこで感じたことは、『古い建築物をとても大切に残している』ことです。それだけでなく、新しい建物を建てるにしても、その街の景観を損なう建物は造らせないし、色遣いにしても同じです。
日本は地震大国であり、”耐震性”ということを考えると、取り壊し→耐震性に優れた超高層ビル、へと生まれ変わるのがほとんどです。
もちろん、京都や奈良などの古都、他にも古く歴史ある建物を今も残している街はたくさんあります。出来る限り、残してほしいですね。
北欧の国々は、福祉が驚くほど発達しています。その代わり日々の生活に掛かる物価・税金がとても高いのですが・・・!考え方一つでしょうね。きっと北欧流のほうが、安心して暮らせると思います。
海外からの絵葉書、まだ半分も紹介していませんので、これからもお楽しみいただけたら嬉しく思います。

投稿: 古都人 | 2011年9月28日 (水) 09時47分

水の都ですね あまりに綺麗で夢に見そうです 。
この素晴しい北欧から、ワザワザ日本の田舎に来て大好物が、熱々炊き立て白ご飯に、焼き海苔 最高です!と、仰る知人
こんな綺麗な風景を、日常と受け入れて 外国に憧れて日本で暮らす…なんだか おかしい…でも、外国で暮らしを続ける 大した力だと思う 凄い事だと思う。


ばーぱんさんへ

ストックホルムもヴェネチアやアムステルダムなどと並び”水の都”と呼ばれていますネ。
北欧から来られて、日本のご飯や焼き海苔を大好きになってくれるとは、嬉しいことですね。
北欧の国々も北大西洋や北極海に面していますから、魚介類を食べる習慣はあります。ヘルシンキの街のデパートで、お寿司が売られていたほどです。
歴史も文化も言葉も異なる異国で生きる力、確かにスゴイことだと思います。私も異国で過ごしてみたい、と思うことがあります。

投稿: ばーぱん | 2011年9月28日 (水) 21時47分

おはようございます(^・^)
 戴きましたコメントのお返事ですgood
お身体の調子は如何ですか?
お疲れのところを丁寧にご覧戴いてありがとうございます。

 初秋の嵯峨野はええでしょ!(^^)!
風景が和らぐ春は心が浮き立ちますが
秋はしっとりしますね。
ここには日本の原風景が残っていますが
特に秋にそれを感じます。
 児神社の石椅子は不思議ですね。

私のお小遣いはコンサートと絵画教室の月謝や教材に使うのが
殆どです。
音楽は子供の頃から大好きで、何故かカラオケには行きません。
 ポスターも人形も誰が考えられるのか愉しいですね。
災害対応型の自販機を悪用する人は居ないと思いますよ。
慕辺未行さんは取りこし苦労される方ですか?
 読み捨てになさって下さいね


コスモスさんへ

ハイ、ありがとうございます。
では、失礼させていただきます。

投稿: コスモス | 2011年9月29日 (木) 06時27分

こんばんは~  素敵な絵はがきですね。
それにしても 慕辺未行さんのサイトは インテリばかり
でいらっしゃいますね~ 北欧といっただけで びっちり
中身の濃いコメントが返って来て、 
みなさま北欧にお詳しい!
やっぱり 慕辺未行さんのお友達ですね~

私はと言えば、日差しがそれ程強くないので、
日焼けしない出窓のカーテンが 
どの家も可愛いくて素敵だったことしか
思い出しませ~ん・・   ^&^

北欧への旅、実現するといいですね! 


bellaさんへ

私自身は生まれも育ちも平凡以下の貧しい暮らしで、学生時代は半ば”落ちこぼれ”、そして今も甲斐性のない人生を送っています。にも拘らず、とても素晴らしい人たちとブログを通じて知り合いました。これもネット社会だからこそ、の出会いでしょうね。
現実社会ではあまり話をする機会がない6~70代の方のほうが多いのも、私のブログコメントの特徴の一つです。
北欧へはフィンランドへオーロラを見に行ったときだけですが、夏の白夜の北欧も訪ねてみたいですね。冬の真っ白な世界から、森と湖の世界、思いっきりリフレッシュできそうです。

投稿: bella | 2011年9月29日 (木) 20時40分

キレイな街並みですねshine
色合いがとってもノスタルジックconfident
高層ビルが立ち並ぶ訳でもなく、横に長~い風景は、なんだか安心します
北欧も行ったこと無いんですよね~
オーロラにも温泉にも行ってみたいなぁ
しっかし、Gさんはほんとに色んな国を訪れていらっしゃるんですね、スゴいなぁ


きゃぶさんへ

キレイなだけでなく温かみを感じる街並みですよね。名古屋の駅前や栄、金山付近のビルが建ち並ぶ景色とは、ひと味もふた味も違いますよね。
落ち着いた雰囲気もあり、歴史も感じます。日本では見られない景色ですね。
真冬の北欧を訪れましたが、オーロラ、サウナ・・・良いですヨォ (^o^)!
Gさん、ひと頃年に2~3回は出かけていたんじゃないかな?そのせいか彼も未だ独身です(笑)!

投稿: きゃぶ | 2011年10月 1日 (土) 18時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ”おまえなんかに、負けるもんか!” | トップページ | 日本”三景”&”三名園”の切手 »