« 走る!走る!SLは走る! | トップページ | 世界の絵葉書 その21 ストックホルムから »

2011年9月25日 (日)

”おまえなんかに、負けるもんか!”

 と言いながら、戦いを挑んでいるようです。
でも、勝てるのかな?すでに尖った先端が突き刺さっているような・・・?

15
戦闘機(?)らしき飛行機に戦いを挑む(?)動物です。牛のようで牛でない、馬のようで馬でない・・・、その正体は・・・?誰か、教えてくださぁい (^o^)/!

勝てるはずがない戦いに挑んでいるような・・・。しかしこれは、自然の脅威に対して無力な人間の姿にも見てとれます。
今年、これまでに東日本大震災をはじめ、ここ最近の台風被害・・・、自然の脅威を嫌というほど感じた年です。それでも我々は、これらの自然と向き合わねばなりませんし、そうでなければ生きていけません!
大自然の脅威に対しては小さな存在の人類、でも、この動物のようにそれに立ち向かわねばならない時もあるでしょう。

今一度、”頑張ろう、日本!”

|

« 走る!走る!SLは走る! | トップページ | 世界の絵葉書 その21 ストックホルムから »

コメント

何とも言えず、野生の動物の可笑しみのある行動にも、何か深いものを見てしまうだなんて…慕辺未行さん感受性強いですぅhappy02すてきですね
本当に、また募金したり何か役に立つことを考えたいです
がんばりませうぅhappy01


と~まの夢さんへ

(^_^;;ヘヘッ!昔から感受性は強いと言われていました (^_^)/ハゥ!
でも、このタイトルもあくまで私の”第一印象”でつけただけに過ぎません。
直接ボランティアに出かけたりはできないのですが、間接的にでもできること、あると思います。
いつ襲ってくるか分からない自然の猛威の前には無力の人間でも、立ち向かわねばならないのですから、とにかく少しでも役に立てることしていきたいと思います。

投稿: と~まの夢 | 2011年9月25日 (日) 22時25分

戦闘機と馬(?)の組み合わせ、そもそも
なぜこの両者が同じ場所にいるんだ??
って疑問がわいてきます。

ほんと今年は日本にとって自然災害の
多い年です。あと3ヶ月ほどありますが、
災害が起きないことを祈ります。


Junjiroさんへ

(^o^)/ハイ!確かに仰る通り、「何故同じ場所にいるんだろう?」という疑問が湧きますよネ!
遠近法を利用したとはいえ、この場所にいるのは事実ですし、ホント不思議というか面白いですよネ!
動物は、どうやら雌のヘラジカと判明しました。
今年は本当に自然災害が多い年で、それに加えて『原発問題』もありますから、大変な年になっていると思います。
しかしこれらに決して負けたくないですネ!

投稿: Junjiro | 2011年9月25日 (日) 23時01分

こんな鉄の塊で戦争するからこんな世の中になっちゃうんですよ。私にまたがって槍でも持って戦ってごらんなさい。ずっと人間らしく生きられますよ。「ヤアヤア、遠からん者は音にも聞け、近くば寄って目にもの見せん。我こそは~」ってね。ひっひっひ。


agewisdomさんへ

つい100年ほど前までは、空を飛ぶ人工物はありませんでしたからネェ!それが文明や科学の発達によって、おかしな方向へと進んでしまいました。
もしかしたらこの動物は、こうした物騒な文明の武器を壊しに来たのでしょうか (^_^)!

投稿: agewisdom | 2011年9月25日 (日) 23時19分

>牛のようで牛でない、馬のようで馬でない

これ何でしょうね?
スウェーデンやカナダにいるムース(ヘラジカ)じゃないかな?
でも角がないし…
メスには角がないのかもしれませんが。


zooeyさんへ

ヘラジカの画像を調べてみました。角がない写真もありましたヨ (^_^)!どうやら、雌のヘラジカのようですネ!正体が分かって、スッキリしました (^o^)!
御指南、ありがとうございました m(u_u)mアリガト!
牛にも馬にも見えたのですが、よく見ると違うなぁ・・・(-_-)ウーン?と思っていましたので、これで他の皆様も「なるほど!」と納得でしょう。

投稿: zooey | 2011年9月26日 (月) 00時31分

慕辺未行さん
 おはようございます(^・^)
なんと!!いきなり写真にくぎ付けです。
この光景は何だ(@_@)
どうしてこのような場面が有るのか?
不思議発見ですね
 この動物は何なのでしょうね
”牛のようで牛でない 馬のようで馬でない”

勝てるはずの無い戦いに挑む
勇猛果敢な姿に惚れ惚れします

慕辺未行さんが仰るように
自然の驚異に無力な私たち
これからどのような自然災害が起こるのか
その時はやはりこの動物のように向き合わねばならないですね。
生き残ってゆくためには・・・


コスモスさんへ

私も最初にこの写真を見た時は「な・なんだ?」と思いました。どう見ても戦いを挑んでいるようにしか見えず、「”戦闘機 vs 野生動物”の異種格闘技戦だぁ!」と捉えました。
この動物は、↑のzooey様のご指摘通り、ヘラジカの雌のようです。雌なのに戦闘機に戦いを挑むとは?!ヘラジカ界の”ジャンヌ・ダルク”だ (゚o゚)オォーッ!
3.11に東北を襲った津波は”想定外”の大きさだったそうですが、それこそが自然の脅威なのでしょう!人間が勝手に”想定外”と枠を決めること自体、自然をなめていたのかもしれません。
台風12号で南紀は大きな被害を受けました。台風15号では名古屋市内でも川が氾濫するなどの被害がありました。
我々はまだまだ自然の前では、小っぽけな存在です。

ブログへのコメントです (^o^)/
『散歩で見つけた可憐な花』
私もつい先日、初めて知った名前の花でした。
パッと見た感じは朝顔っぽく見えますが、花びらの形が全然違っていました (^_^;;!
あまり見たことはないような気がしますが、案外身近なところで咲いているかもしれないですね。
体調が良くなったら、のんびり散歩してみようと思います。

『京都・晴明神社「神輿巡幸」の子供たち』
”雨の晴明”ですか (^_^;;?名前は”晴明”と書きますのにネ(笑)!でも今年はお天気に恵まれたようで (^o^)!
このお祭りに参加している子供達は、このような衣装を身に纏って練り歩くのは、「当たり前のお祭り」と思っているでしょうが、このような機会、他ではなかなかないと思います。
千年の都・京都だからこその伝統的なお祭りでしょうし、そのお祭りに古式ゆかしい姿で参加できること、とても素晴らしいですね。
日常とはまったく異なる体験、付き添われている親御さんにとっても”晴れの一日”でしょうね。
私にもこんな思い出、欲しかったなぁ・・・(・_・)イイナァ!

投稿: コスモス | 2011年9月26日 (月) 07時10分

慕辺未行さんへ
こんにちわ
不思議な情景ですね
動物の名前は判りませんが
実際にジェット戦闘機と動物が接しているのでしょうか?
こんな場に何やら判らない動物がいることが理解できません
何かのショーの場面ですか?


古都人さんへ

見れば見るほど不思議と言いましょうか、色んなストーリーが考えられますネ。
動物は、ヘラジカの雌だと判明しました。しかし何故こんなところに・・・?ですよね。
遠近法で、このように見えるのでしょうが、これも撮影したカメラマンの腕でしょうね。
どういう場面なのか、私は一切知らないのです。ドイツの友人から送られてきたメールに添付されていたものですので!

投稿: 古都人 | 2011年9月26日 (月) 11時18分

又、珍しい写真でパイロットや、エンジニアの視線も アレッ  
これ何?馬牛も、背中の緊張が伝わって人間見てる暇ないし! この子にとっては、大変な出来事です。


ばーぱんさんへ

珍しいと言いますか、面白い写真ですよね。このようなところに、こんな動物がいることが、まず不思議です。
そしてどう見ても、戦いを挑んでいるようにしか見えない・・・!
雌のヘラジカのようですが、命がけの戦い・・・、ホント大変なことです。

投稿: ばーぱん | 2011年9月26日 (月) 20時13分

合成写真じゃないんですよね~
すっごく大きな動物に見えます・・・単なる遠近感ですか?
戦闘機に生身で戦いを挑むとは、ダイハードかミッションインポッシブル並み

風邪は大丈夫ですか?
季節の変わり目、くれぐれもお大事にしてくださいね~


きゃぶさんへ

遠近法を利用した秀逸な写真だと思います。
雌のヘラジカのようですが、とても大きいですね。雄ならば大きな角を持っているようですが・・・(-_-)ザンネン!
そういえば昔、『戦国自衛隊』という映画があったことを思い出しました。ご存知ですか?
何となくシチュエーションが似ているかも・・・?

風邪というより、持病のアレルギー性鼻炎がまた酷くなったようです。

投稿: きゃぶ | 2011年9月26日 (月) 21時10分

慕辺未行さん:こんばんは。
このアングルは面白いですね。しかし両者がどうして同じに撮影できたのか不思議ですね。
海外に沢山の友人がおられるのですね。尊敬しています。ヘラ鹿はカナダのお友達から提供でしょうか?


seiboさんへ

遠近法をうまく利用しての撮影だと思うのですが、それにしても面白い写真です。
いや、そのぅ・・・、これもドイツの友人のメールに添付されていた写真です。きっとインターネットで見つけたサイトをコピーして、送ってくれたものでは?と思います。
彼らもこのようなユニークな写真、面白おかしく見ているのでしょう。

投稿: seibo | 2011年9月27日 (火) 03時22分

ドイツから珍しい写真がよく送られてきて
国際的ですね。
次はどんな写真か楽しみです。いつも
非日常ばかりですから・・・


matsubaraさんへ

インターネットのあるページ(だと思います?)を、丸ごとコピーして送ってくれています。開いて見てみると、驚きの写真や笑える写真・・・、十数枚紹介されています。
かなり紹介しましたので、もうあと少ししか残っていないのですヨ (^_^;;!
再びネタに悩みそうです (-_-)ウーン...?

投稿: matsubara | 2011年9月27日 (火) 07時53分

慕辺未行さん
 体調が今一つなのですか?
季節の変わり目です、
夏のお疲れが出たのかも知れませんね。
ご自愛ください。

 戴きましたコメントのお返事ですgood
マンデビラは風さんのブログで名前を知りました。
初めて見た時、何と可愛い花やろと感動しました。
最近は時々見かけますね。
気付くか否か?かも知れませんね。

 晴明神社のお祭りは地域の祭りです。
京都のお祭りは殆どがそうです。
小さな供から大人まで男性も女性も、皆で盛り上げていると思います。
準備は大変だと聞いています。

私も子供の頃は、法被を着て、鉢巻を占め
小さなお神輿を担いだものです。
それも愉しみでした。
こちらの子供たちも「当たり前」と思っているでしょうね。
毎年の行事ですから。

読み捨てになさって下さいね

 
コスモスさんへ

ハイ、ありがとうございます。
では、失礼させていただきます。

投稿: コスモス | 2011年9月27日 (火) 13時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 走る!走る!SLは走る! | トップページ | 世界の絵葉書 その21 ストックホルムから »