« 生まれた年の記念切手 | トップページ | 大井川鉄道の昔 Ⅱ »

2011年9月11日 (日)

頑張ろう!南紀

 東日本大震災から半年。あれから『頑張ろう!日本』とか『頑張ろう!東北』という応援のスローガンをよく耳にします。阪神大震災の後にも『頑張ろう!神戸』と言う言葉、何度も耳にしましたね。
そして、つい先日の台風12号による被害。とくに、紀伊半島中部から南部の被害は甚大で、またしても自然の猛威を目にすることになりました。

今回の台風で被災された地方は、私も何度か訪れたことがある”旅先”です。自然豊かなところが土砂と濁流に破壊されている姿、見ていてとても辛くなりました。
十津川村、那智大社・・・ニュース映像を見るたびに、気になっていました。しかしいつか、元の美しい姿に戻るはず!そんな祈りを込めて、かつて訪れた思い出の景色、紹介します。
名付けて、『頑張ろう!南紀』

Img376
十津川村の紅葉。この景色も土砂崩れに遭ってしまったのでしょうか・・・?

Img377
十津川村にある『日本一の吊り橋・谷瀬の吊り橋』。全長297,7m高さ50mです。

Img378
瀞峡、ライオン岩。川の色も美しく、まさに”清流”ですね。

Img379
穏やかな流れの中、瀞峡巡りを楽しみました。

Img380
那智大滝。ここにある世界遺産・那智大社の本殿も、土砂の被害に遭ったそうです。

私が最も気になったのが、谷瀬の吊り橋でした。が、ニュース映像の中でチラリと映っているのが見え、吊り橋自体はどうやら大丈夫だったようです。
しかし、そのほかのところはどうでしょう?瀞峡の清流は今、濁流が流れ込んでしまっているのでしょうか?那智大社も裏山の土砂が流れ込んできたと聞きました。

東北地方も含め、日本のあちこちで自然の痛手を被っています。そして少しずつでも前進していこうと、皆、懸命に頑張っています。
私には何の力もありませんが、南紀も再び、この美しい自然を取り戻せると信じています。だから、「頑張ろう!南紀」

今回の台風により亡くなられた方々のご冥福、そして被災された人々へ心よりお見舞い申し上げます。

そしてあの、『9.11アメリカ同時多発テロ』からちょうど10年。時がたつのは早いものと感じつつ、あのテロによって亡くなられた方々へも、ご冥福をお祈りいたします。

|

« 生まれた年の記念切手 | トップページ | 大井川鉄道の昔 Ⅱ »

コメント

私も那智の滝は行ったことがあります。ここも大分崩落したようですね。なんか悪意を感じるほどの天災が降りかかってきますね。負けずに頑張ってほしいですけれど。


agewisdomさんへ

那智の滝は高校時代に訪れたときをはじめ、何度か訪れています。
今回の台風で、滝のすぐそばにある大社にまで土砂が流れ、『世界遺産』が悲惨な状態になっています。
どうやら日本は『試練の年』を迎えているようですね。軟弱化(?)した日本人の底力を試すかのように・・・!

投稿: agewisdom | 2011年9月11日 (日) 22時24分

緑と水が豊かで、荘厳な雰囲気のある山々も印象的・・・
ほんとにそんなすばらしい所で何がどうなってしまっているのかさえ、まだよく全貌がわかっていない状況で、心が痛みます
行方不明の方もまだいらっしゃいますし、土砂で川がせき止められている箇所も、予断を許さない状態とも聞きます
自然の持つあまりの力に、人の無力さも感じますが、これまでも人はいつも立ち向かってきたんですよね
私にも何の力もありませんが・・・一緒にがんばりたいです


きゃぶさんへ

東日本大震災もそうですが、過疎に近い地域ほどこのような災害に見舞われ、「地球の、何と意地悪なことか!」と思わずにはいられません (>_<)!
復旧に向けてのボランティアも時期的に集まりにくいようで、ニュースを見るたびに、その被害状況に心を痛め、何もできない自分がもどかしく思います。
しかし、元はと言えばすべて人間によって引き起こされたものなのでしょうね。生活するために山を切り拓き、居住地を造り田畑を開墾し・・・。
近年では、急激な環境変化で温暖化が進み、世界中で未曽有の自然災害が起こっています。
これらの災害の引き金を引いたのは、人間。そしてそれに立ち向かうのも、人間。一人一人は何の力がなくても、皆が力を合わせれば・・・きっと頑張れる!と思います。

投稿: きゃぶ | 2011年9月11日 (日) 22時26分

東日本大震災の凄まじさは言うまでもなく、
南紀を襲った台風の威力も凄い。
そして9.11同時多発テロを起こした人間の悪意も凄い。
こういう大惨事を目前にすると
私たちは本当になすすべがないですね…


zooeyさんへ

40数億年という、気が遠くなるような地球の歴史に対して、我々人類はほんのわずか数千年の歴史でしかありません。
にも関わらず地球環境を大きく変貌させ、とくに近年は『近代化』という大義名分のもとに、地球環境をますます破壊しています。
”大惨事”に対して為すすべがない私たち、今一度、人間は『大自然への畏怖の念』を持つべきなのでしょうね。
『人間の悪意』、これもある意味『地球環境の破壊』でしょうね。何か人類自ら首を絞め、いずれ絶滅の道へと進んでいるような気がしてなりません。

投稿: zooey | 2011年9月12日 (月) 00時24分

慕辺未行さん
 おはようございます(^・^)
私も南紀は好きて何度か出かけました。
緑と自然の美しい風景は思い出すことが出来ます。
お写真を拝見しながら・・・・
どんな姿になったのか心が痛みます。

 十津川は憧れの地です。
近いのですが、車酔いが心配で躊躇していました。
日本一長い吊り橋はどうなったのか

 緑と水の豊かな自然がいっぱいの所が、自然災害の猛威に
遭って
その全貌がよく解らない状況なのですね。
亡くなられた方々、行方不明の方々

自然の前での人間の無力さを
つくづく感じます。
何もお力になれないですが、復旧を願って止みません。


コスモスさんへ

南紀へは高校1年と3年の時、鉄道やバスを利用しながら旅し、その後はマイカーで紀伊半島をぐるり一周するような形で白浜までドライブしたこともあります。
十津川へは2度行っていますし、那智大社は何度訪れたか自分でも分かりません(たぶん4~5回)。それだけに今回の被害、とても残念でなりません。
日本一のあの吊り橋は、ニュース映像の中でほんの一瞬映っていたのを見逃しませんでした。下を流れる川は濁流となっているものの、吊り橋は無事のようです。
しかし国道が寸断され、大きく迂回せねばならず、復旧作業がなかなか進まないようです。
土砂が崩れてしまった山の形、そして土砂によって川がせき止められできたダム湖・・・、自然の形まで今後変わったままになるのでしょうか。
日本にとって、自然の猛威をあらためて思い知らされました。そしてそれらに立ち向かうにはどうしたら良いか・・・、考えさせられました。

ブログへのコメントです (^o^)/
『ぶらり見~つけた京都(1)』
ここはごく普通の方がお住まいの民家なのですか?!だとしたらスゴイですね。玄関前に仁王様そして手水鉢・・・。なんだかお家の中も拝見したくなりますね。
仁王様に守られながら暮らしているご家庭、きっと幸せな日々でしょうね。

投稿: コスモス | 2011年9月12日 (月) 06時18分

と~まも子供が大きくなったら旅行に行きたい場所なので、復旧して欲しいですぅcrying
今、余りにも多くの災害のニュースを見るに付け、と~まが幼少期よく耳にした歌をつい口ずさんでしまいます
♪1人の小さな手~何も出来ないけどぉ、それでもみんなが集まれば何かできるぅ、何か出来る♪
一昨日も、近所の駅まで福島の高校生達が風評被害にあっている農作物(梨)をサンプリングして、一生懸命大丈夫を訴えていました。ひとふくろもらって募金してきましたが、これからは少々高くても東北エリアの食材を買おうと心に決めました。福島の農作物だけでなくって、さんまやお米や…いっぱいありますから。
そんなことを思っていたので、慕辺未行さんのこのブログには大共感ですぅcrying


と~まの夢さんへ

世界遺産・熊野古道がある、世界に誇る有数の観光地であるだけに、今回の台風被害には心が痛みます。まして何度も訪れたことがあるところだけに、なおさら早い復旧を願ってやみません。
今回の台風は、土砂崩れなどの被害だけでなく、海では養殖マグロや真鯛なども被害を受け、農作物もあふれ出た濁流に浸かってダメになってしまったものもかなりあるそうです。
自然の復旧だけでなく、こうした生活のための復旧も進めていかねばなりません。これは東日本大震災と同じですね。
直接は何の力になれなくても、間接的にほんの少しは役立てることがあると思います。コンビニの募金箱に釣銭の小銭を入れるとか、そんなことでも少しは役立てると思います。ちりも積もれば・・・ですから、ね。

投稿: と~まの夢 | 2011年9月12日 (月) 07時59分

瀞峡めぐりも那智の滝も25年くらい前に行き
記憶も薄れましたが、今回の大雨で心を
痛めています。

天竜下りも15年前に行きましたが
あの事故で当時の激流の凄さを思い出し
ました。ご冥福を祈りたいです。


matsubaraさんへ

南紀へはマイカーでは、十津川から瀞峡そして紀伊勝浦のホテルで泊まったり、勢和多気 I.Cから国道42号を白浜まで寄り道しながらドライブしたり・・・。高校時代にも鉄道やバスでかの地を訪れていましたので、今回の被害状況を見ると、本当に心が痛みます。
天竜下りは、飯田のほうでの天竜峡での川下り経験はありますが、先日事故があったところでは乗ったことがありません。
激流でスリルを味わいながら涼感も楽しむ、それはけっこうですが、あのような事故があっては「安全を軽視している」と言われても仕方がないですね。亡くなられた方のご冥福、お祈りいたします。

投稿: matsubara | 2011年9月12日 (月) 08時06分

慕辺未行さんへ
お早うございます
今回の台風12号の被害に遭われた方々にお悔やみとお見舞いを心から申し上げます
十津川村は私にとっては強い印象を持っている場所です
司馬遼太郎の「街道をゆく」の舞台でしたので是非とも行って見たいところでした 一度行った事がありますが 一度位では深く入り込めませんでした
大和八木からバスで新宮などに行くときには ここを通過します
途中 吊橋のある付近で休憩がありバスを降りてちょこっと観光が出来ます
明治の大災害で一部住民が北海道に移住されていますが残った方達との判断の差はどうだったのか関心がありますね
確か倍賞美津子などのドラマもありましたね
幕末は十津川郷士が勤皇の旗を掲げ倒幕戦に参加しています
温泉も源泉掛け流しで有名ですね
私の十津川の想いは深いものがあります
是非ゆっくりと行って見たいところです
一日も早い復旧・復興をお祈りします


古都人さんへ

私が十津川へ初めて行ったのは高校1年の夏、友達との旅でした。もう30年以上昔です。『日本一の吊り橋』があると知り計画の中に入れ、旅の最終日、新宮から国鉄バスに乗り十津川村へと向かい、谷瀬の吊り橋があるところで下車し、1時間ほど滞在して次のバスで五條へ向かいました。
当時のその国鉄バスには車掌も乗っており、明治の十津川の大氾濫によって多くの方が亡くなり、生き残った何人かの人々が北海道へ開拓民として入植したと聞いたような気がします。そして彼らは移住したその町に『新十津川町』と名付けたそうです。
あの辺りは温泉も多いですし、熊野古道が世界遺産に認定されてからは、訪れる人も多くなったでしょうから、1日も早い復旧が望まれますね。

投稿: 古都人 | 2011年9月12日 (月) 09時04分

東日本大震災から半年,、まだまだ復興は遠く
それなのに今回の台風の被害は
大きくて自然災害の恐ろしさを感じています。
沢山の方がお亡くなりになり、
行方不明の方も多く心が痛みます。
被災地へは出かけたことはありませんが、
十津川村、那智大社、那智大滝などなど有名で素晴らしく
沢山の観光客もお越しだったと思います。
みんなの力で一日も早い復興を願っています。
頑張ろう日本ですね。
全国民の力、一人一人の願いと祈りが被災地の復興に
つながりますように。


すみれさんへ

阪神大震災、東日本大震災と近年記憶に新しい自然の猛威を覚えているだけに、今回の大きな台風被害にも心痛みます。
日本は地震大国でもあり台風被害も多い国ですが、その都度復旧し復興させてきました。
今日の朝刊にも、土砂崩れにより道路が通行不能となって孤立した集落、住民は70歳以上のお年寄りばかりだそうですが、3日がかりで山道を造り沢には丸太で丈夫な橋を架け、そして食料など救援物資を村の若い人が運んだそうです。
このような記事を読むと『必ず復興できる』と明るい希望が湧いてきます。
一部で心ない発言を平気でする輩もいますが、そういう『上から目線』の人々よりも、一般国民の復旧にかける意気込みや底力を信じたいですね。

投稿: すみれ | 2011年9月13日 (火) 00時31分

おはようございます(^・^)
 戴きましたコメントのお返事ですgood
仁王様の居られるお宅は
普通の民家で、今は中年のご夫婦が暮らして居られます。
奥さまからお話を聞かせて頂きました。
ふっくらした方でお幸せが感じられました。
私もお家の中も興味が有ったのですが
厚かましい私ですがそればかりは・・・(^_-)
ここは飲み屋さんの多い繁華街です。
多分、一杯機嫌の方も仁王様に睨まれて
酔いが覚めた(';')かも知れませんね。

 追記:先日”京歩き”で
質問されていましたお店ですが、
今は”連獅士”に変わっていましたが
取材?してきて、今朝「つれづれ日記」で
ご紹介しています。
お時間が有るときに覗いてみてくださいね。
 読み捨てになさって下さいね
 

コスモスさんへ

ハイ、ありがとうございます。
では、失礼させていただきます。

投稿: コスモス | 2011年9月13日 (火) 06時16分

こんばんは~  那智は新婚旅行先でした。 
若くて’純真’でした!  
募辺未行さんは 今も純真のままですね~
熊野古道は一昨年、主人が行きましたが、TVによれば 何箇所かやられたみたいです。 
 募辺未行さんのサイト、熱心なFollowerがたくさんいらして、さすがお人柄の所以ですね。


bellaさんへ

そうだったのですか w(^o^)w?!新婚旅行で那智勝浦・・・、それもまた素敵な思い出ですネェ (^_^)!
’純真’ですか (^_^;;?たしかに「ガキの頃の心を・・・」と思いながら過ごしているのですが、中には「いい加減、現実を見ようね、もう50なんだし・・・」と言われたこともあります。
bellaさんが”いい色”で書いていたころ、知り合った当初はコメントして下さる方はごく数人でしたが、少しずつ増えました。皆様に「感謝!」です m(u_u)mアリガト!
でもアクセス数は1日あたり100あるかないかです (>_<)!
ですからアクセス人数に至っては・・・、2~30人しかいませんヨォ (;_;)グスン!

*あのぅ~・・・...、”慕辺未行”の”慕”が”募”になってるのです (;_;)!『未だ行かぬ辺境を慕う・・・慕辺未行』なので、ちょっとこだわりがあるんですぅ...ワァー…エラそうにゴメンナサーイ (。_。)ゴメンヨー!

投稿: bella | 2011年9月13日 (火) 22時10分

ご無沙汰ですが、とりあえず新しいブログを作ってみました。

http://outdoor575.exblog.jp です。

しばらくの間は、たまに写真を載せる程度ですけどね。

読み逃げにしてて下さいね~(笑)


青龍○段さんへ

御無沙汰です。やっと引っ越し先が決まり、落ち着きましたか?!
ココログにこれば良かったのにぃ~!

投稿: 青龍○段 | 2011年10月11日 (火) 09時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 生まれた年の記念切手 | トップページ | 大井川鉄道の昔 Ⅱ »