« リニア鉄道館 その8 歴史展示他 | トップページ | ネパール王国時代のお札 »

2011年7月10日 (日)

名古屋・東山動植物園 その8 バラ園3

 バラ園のバラの紹介、第3回目です。こう続きますと、ちょっと飽きるかな?コメントしづらくなりますね (^_^;;!まあその辺はあまり考えず、「きれいだなぁ~!」とか「このバラが好みかな?」などと思いながら見てくだされば幸いです (^_^)!

Cimg2038
ロサンゼルス・ビューティフル。このバラは昭和46年3月、名古屋の姉妹都市であるロサンゼルスより送られた品種で、日本国内ではここ東山植物園でしか見られない、珍しい品種のバラだそうです。
花弁の色は内側が黄色、外側は紅色になります。

Cimg2040
4つかたまって咲いていたロサンゼルス・ビューティフル。とても綺麗で思わず (*^o^*)ポッ!特に、一番手前の一輪はいくつも花びらを巻いているのが分かります。
色合いと言い形と言い、ほんと「めずらしい~!」バラの花です lovely w(*^o^*)w lovely

Cimg2041
アイスバーグ

Cimg2043   
はまみらい。横浜開港150周年を記念して選定された新しい品種のバラだそうです。
名前は一般公募から決められました。

Cimg2049
ダブルデライト

Cimg2052
ゾンマーアーベント

Cimg2054

Cimg2056   
きらり

Cimg2058
スーパーエクセルサ

いかがでしたか (^o^)?!ここでしか見られない品種のバラ、横浜開港150周年にちなんで名づけられたバラ・・・、どれも素敵でした。
アイスバーグは、たぶんドイツ語で間違いないと思いますが、直訳すると”氷山”。真っ白い氷山や雪を被ったアルプスの山々のイメージでつけられたのかもしれませんネ!
ゾンマーアーベントもドイツ語で、夏の夕方(夜)という意味になります。

この東山動植物園シリーズ、次回は閉園間際の時間にほんの少しだけ出会いました動物たちを紹介します (^o^)/!

|

« リニア鉄道館 その8 歴史展示他 | トップページ | ネパール王国時代のお札 »

コメント

ロサンゼルス・ビューティフル、いい色ですねえ。我が家の名もなきミニ薔薇は、スーパーエクセルサまがいですね。それにしてもやはり薔薇は豪華ですね。
朝晩水をやっても我が家の花はげんなりしています。日当たり良すぎるみたい。


agewisdomさんへ

ロサンゼルス・ビューティフル、本当にキレイでしょ (^_^)ニコニコ!
固まって咲いているところは、ホント (*^o^*)ポッ!となりました。他のバラの花、どれもこれも可憐で可愛く豪華でしょ!
バラの花って、他の花とは違う、何か違う感情が湧いてきますネ!
我が家のベランダも、ただでさえ暑く、その上コンクリートで固められたところですから、草花には地獄かもしれません (^_^;;!おしろい花の葉っぱを見ると、如何に元気がないかが分かります。毎朝ちゃんとお水あげているのですが、追いつかないみたいです (;_;)!

投稿: agewisdom | 2011年7月10日 (日) 22時43分

慕辺未行さん
 おはようございます
連日の猛暑日、ぐったりしています。
と言いながらも出かけていますよ!(^^)!

 いきなりクスクス
「・・・コメントしづらくなりますね・・・」
これは私も時々思います。
ブログにはどうしても作った人の思い入れが有りますよね。
「綺麗やなあ」「好きな佇まいやなあ」とか、
自分が感動したらどうしても皆にも見て欲しいと思います。
それで好いのではないでしょうか?
人の好みは様々ですし。

 その中でお花は特別ですよね。
花を見て不快に思う人は居られませんね。
 今、「可愛いなあ」、「綺麗やなあ」「豪華やなあ」
「どれが好きかなあ」と一つ一つ楽しみながら拝見しています。
 東山植物園でしか見られない「ロサンゼルス・ビューティフル」
流石にトップを飾られたことだけは有りますね。
素晴らしいです。
花色の内側も外側も素敵です。
それに元気ですね。
慕辺未行さんがポッ!とされた四人姉妹の長女でしょうか?
次女ですね。
花びらの数が幾つか分からないです。
本当に珍しくて素敵なバラですね。
 アイスバーグの白色も魅力的ですね。
直訳すると”氷山”心なしか涼しく感じます。
 下から二番目の「きらり」は花模様が椿のようですね。

今朝はお花たちのお出迎えを受けて、
好い日になりそうですヽ(^。^)ノ
 次回の動物たちも愉しみにしていますね(*^。^*)
 

コスモスさんへ

猛暑の中でのお出かけ、熱中症には気をつけてください。
帽子や日傘、こまめの水分補給・・・これだけでもずいぶん違います。
はてさて、バラ園も3回目、間に他のブログネタを入れて飽きさせないようにしてはいましたが、でもやはり書くことがなくなりますよね (^_^;;!
ロサンゼルス・ビューティフルは、本当に綺麗でした。もちろん他のバラも綺麗ですが、こちらは一段と豪華というか、見事でした。プロ級のカメラマンなら、もっときれいに撮るでしょうネ!
一言で”バラ”と言っても、これだけたくさん種類があるのですから、見ていて飽きることはありませんネ。
楽しんでいただけたようで、嬉しく思います。

ブログへのコメントです (^o^)/

『高瀬川一の船入り界隈を散策しました(その1~2)』
森鴎外の『高瀬舟』はここが舞台となった小説なのですね?!もっとも私は読んでいないのですが・・・(^_^;;ヘヘッ!
こんなに浅い川に船が往来出来たのかと、すごく疑問に思いますが、でもちゃんと行き来できたからこそ、その名が残っているのでしょうね。
清流が流れる木陰の散歩道、暑い夏でもそこだけは涼しさを運んでくれることでしょうネ (^_^)!
新撰組の扮装をして地域活動のボランティア、観光にも一役買っているのではないでしょうか w(^o^)w!歴史好きな女性が見たら、堪らないのでは?!
(その2)の街並み、TVや映画に出てきそうな街並みですね。落ち着いたたたずまいで、男性も女性も着物を着て歩いていそうな雰囲気です。
暑さ対策なのでしょうか、2階にかけられた暖簾がさらに味わい深いですね。
向こうに見えるビル、景観を損ないますネ!取り壊してほしい・・・(^_^;;ジョーダン(笑)

投稿: コスモス | 2011年7月11日 (月) 07時04分

ロサンゼルス・ビューティフル、圧巻ですね。
初めて知りました。

>このバラは昭和46年3月、名古屋の姉妹都市であるロサンゼルスより送られた品種で、日本国内ではここ東山植物園でしか見られない、珍しい品種のバラだそうです。

というのに驚きです。
品種改良や増殖が得意な日本人、
一本の元があれば、あちこちで栽培されてもよさそうなものなのに…


zooeyさんへ

私もこの”ロサンゼルス・ビューティフル”は初めて見ました。もっともここでしか見られないので、当たり前ですね。
国と国、都市と都市の友好で贈られたものだけに、たとえこの1本からでも、門外不出にしているのかもしれませんネ!
それにあちこちで見られるようでは、”友好”で贈られた意味が薄れてしまうでしょうから、この東山植物園だけで厳重に管理された上で育てているのでしょうね。

投稿: zooey | 2011年7月11日 (月) 07時51分

大抵英語か日本語の名前がついているのに
ドイツ語は初めてです。これも
イメージがぴったりですね。


matsubaraさんへ

今回、名札も撮って一つ一つのバラの名前を確認しましたが、初めに作られた方の出身地などによっても、いろんな国の言葉で名付けられているような気がします。
フランス語かスペイン語と思われる名前もありましたし、他にも明らかにドイツ語と分かる名前のバラもありました。
夜10時ごろまで明るいこの季節のドイツ、ゾンマーアーベント、まさにそんなイメージにピッタリのバラですよネ (^_^)!

投稿: matsubara | 2011年7月11日 (月) 09時05分

感無量です。
プロの、バラの手入れは、バッサリ枝を切られますよね挿し芽して誰にでも見せて頂きたいと思います 花後の手入れの時に行きたい気分ですよ しかし、門外不出で守られてますね。
私は、思うのです 種の保存の為、国土全体に パッと 広げる
そうして沢山の人に見て欲しいとバラが、言ってました(*^_^*)


ばーぱんさんへ

感無量だなんて・・・(^_^;;ハズイ!こんな拙いブログにもったいないお言葉です (^_^;;アセアセ!
姉妹都市という友好関係の名の下で贈られたバラ、厳重に管理され、門外不出で大切に育てられているようです。
あちこちに広がると、希少価値がなくなってしまうので、そのようにしているのかもしれませんが、ばーぱんさんの仰るように、「たくさんの人に見てほしい」という思いもあります。
このバラの花もそう思っているかもしれませんネ (^_^)!
とりあえず、私のブログを拝読してくださった方々だけでも、このバラをご覧いただいて嬉しく思います (^o^)!

投稿: ばーぱん | 2011年7月11日 (月) 16時18分

ロサンゼルス・ビューティフル
とても見事なグラデーションですね~
慕辺未行さんが一目惚れされたのも納得ですconfident
こんな風にたくさん写真を拝見すると、しみじみ
バラってほんとに色も形も多種多様・・・色んな種類がありますね
でもどれも艶やかで、さすがは薔薇って感じribbon
一度で良いから、囲まれてみたいものですwink


きゃぶさんへ

ロサンゼルス・ビューティフル、本当にキレイで可愛くて、セレブな感じでしょ (^o^)!
きゃぶさんも実際にご覧になったら、間違いなく「キャッ (*^o^*)!」と言うこと受け合いですヨ (^_^)!
バラの見頃は幸いにも年に2回ありますから、秋にでもぜひお出でください。
春日井の王子バラ園も、この秋は行きたいと思います。地面に落ちている花びらがあったら、拾って集めてお風呂に浮かせて”バラ風呂”も良いかも…!

投稿: きゃぶ | 2011年7月11日 (月) 22時15分

ほんと「バラ」といっても、ずいぶんとたくさんの種類が
あるんですね。前回、前々回のと合わせると、もう
写真と名前をみても頭がついていきませんsweat02

でもどのバラもきれいで魅力的ですね。


Junjiroさんへ

バラの花って、世界中に何万・何十万・・・、もしかしたら百万以上もの品種があるかも・・・?
名前は、覚えようとかではなく、心の中でイメージを思い浮かべていただけたら・・・、との考えで紹介しました。
きっと皆様も同じだと思いますヨ (^_^)!とても覚えられるものではないですから、その点はお気になさらずに!
これらのバラの花を見て、「キレイだナァ (^o^)!」って思っていただければ、私は満足です (^_^)!

投稿: Junjiro | 2011年7月11日 (月) 22時47分

いえいえ、きれいな花の姿は、いくら見ても飽きませんよ~happy01
どれが好きかなぁ~heart04・・・と考えながら
見たけれど、なかなか甲乙つけられませんね!
東山植物園でしか見られないロサンゼルス・ビューティフルも
拝見できてよかったし、ダブルデライトも美しい色合いですねnote
「夏の夕方(夜)」という意味のゾンマーアーベント、
素敵な名前ですね~shine


hananoさんへ

>いえいえ、きれいな花の姿は、いくら見ても飽きませんよ~
こう仰っていただけると、「くどくどと3回に分けて紹介しても良かったんだ」とホッとします。ありがとうございます。
どのバラもキレイで可愛くて、『どれが好み?』と言われてもなかなか選べないですよネェ!
バラの花、季節になるとあちこちで見られますが、忙しいとなかなか見ることもできませんよね。
私のこの拙いブログで少しでも楽しんでいただけたなら、私には最高の”褒め言葉”です w(^o^)w!

投稿: hanano | 2011年7月12日 (火) 00時22分

おはようございます
 戴きましたコメントのお返事ですgood

 森鴎外の”高瀬舟”は一口に言うと、高瀬舟に罪人を乗せて高瀬川を護送する同心の心情を綴っていましたね。
私も余りにも浅い川底に驚きました。
川風と木々は夏は特に有り難いです。
見ているだけでも涼しく感じますね。
最近の地域活性の催しの主人公は大学生です。
真剣な姿には頭が下がる思いです。

 「一之船入」の街並みは10軒ほどの家ですが
タイムスリップしたような気持ちになります。
簾は一年中かかっていますよ。
これも古くから使われている町家の大切な日よけと
目隠しですね
 ここは河原町通から数分入ったところです。
ビルは残念ながら・・・
写真を撮るときにいつも「ビルが無ければ」と思いますが。
 読み捨てになさって下さいね。 


コスモスさんへ

ハイ、ありがとうございます。
では、失礼させていただきます。

投稿: コスモス | 2011年7月12日 (火) 06時26分

バラって本当にたくさんの種類があるんですね~!

中でもロサンゼルス・ビューティフル、すてきです。
色合いといい、花びらの巻き具合(?)といい・・・。

たまには東山動植物園に行ってみたくなりました。


みーこさんへ

ロサンゼルス・ビューティフル、本当にキレイですよね。ここでしか見られないそうですから、ぜひご覧になってみてください。でも今はもう枯れちゃってるかな?
たくさんあるバラの中で、自分の一番のお気に入りが見つかると良いですね。
秋のバラの季節には、東山植物園や、春日井の王子バラ園でぜひ、色んなバラ楽しんでください。

投稿: みーこ | 2011年7月14日 (木) 16時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« リニア鉄道館 その8 歴史展示他 | トップページ | ネパール王国時代のお札 »