« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月31日 (日)

体力維持と節電対策の一環!

 大地震が起こったり、大雨・洪水の被害が起こったり、何かと天災が起こる我が国・日本ですね。東日本大震災の被災地の方々はもちろん、ここ最近の大雨の被災地の方々にも、心からお見舞い申し上げます。

 大震災以後、福島第一原発の問題や中部電力管内の浜岡原発の稼働停止など、とにかくこの夏は例年にないほど節電が叫ばれています。もちろん私も、少しでも電力消費を抑えようと、マイルームのエアコンはこの夏まだ一度も稼働させていません。その秘訣は・・・?

453
つい先日壊れたステッパーに代わり、新たに買ったシーソー型ステッパーです。

454
横から見ると、こんな感じです。

455 
この日は250cal、運動しました。

456
時間にすれば、たった30分ほどでした。

もちろん、ずっと連続して続けていたわけではなく、何回か休憩をはさみました。それでないと続きません (>_<)!想像以上に太腿に負担がかかっています。

汗ビッショリ!かきました。たぶん、表示されているカロリー以上消費したと思います。
そしてさらに腹筋などをします。最近はそれほどひどく暑くはないものの、これだけ汗をかくと、部屋の温度も幾分和らいで感じます。そして風呂へと向かいます。

お風呂では当然”水シャワー”と”水風呂”です。もちろん先にしっかりと体を洗いますヨ (^_^)!運動することによって気温以上に上がった体温、それを冷ますべく水風呂!
それで私の体は、毎晩エアコン要らずの涼しい身体になるのです。

でも本格的な猛暑が来たら・・・、無理な我慢はせず素直にエアコンつけると思います。寝不足や熱中症になる前に・・・ね!

明日から8月ですね。いつまでエアコンつけずにいられるか、つけた時が本当の猛暑日・熱帯夜でしょう。

| | コメント (11)

2011年7月30日 (土)

「おまえ誰?」

 今回もドイツの我が親友であり心の友でもある、エルマー&アンジュラ夫妻から届いたメールの添付写真 ”One Shot in a Million” から、素晴らしい写真を紹介します。

03
これは”ハクトウワシ(白頭鷲)”でしょうか?それとも・・・?

水面に映った自分の姿を見てどう思っているのでしょうか?
「おまえ、誰だ?!どうして水の中にいるのだ?」とでも言っているように見えませんか?!
それとも自分の姿だと認識しているのでしょうか?

| | コメント (12)

2011年7月28日 (木)

ネパール・コイン

 前回のこのカテゴリー『日本&世界の切手・コイン』で、”ネパール王国時代のお札”を紹介しました。
今回はコインを紹介します。慣れないとどれがいくらのコインなのか、さっぱり分からない個性的なコインです。

428
これらがネパールのコインの一部です。現在も流通しているのかどうか・・・?

それぞれを紹介する前に、まずネパールの通貨単位を説明しなければなりません。
ルピーとパイサがあります。1ルピー=100パイサです。日本の昔の円と銭と関係と同じですね。銭という単位が消えたように、ネパールでもパイサという単位が残っているのかどうか・・・(-_-)ウーン?!

コインは、左上१0、右上२५、2列目左५0、という数字が描かれています。順番に10パイサ、25パイサ、50パイサコインです。その右は、裏のデザインです。
これらの数字は”デヴァナガリ文字”の数字です。世界中で通用する算用数字は一切描かれていませんから、慣れないと使いこなせません。
せっかくですから、デヴァナガリ文字の1から9まで紹介します。

”१ २ ३ ४ ५ ६ ७ ८ ९ ”。
これがデヴァナガリ文字の数字、1~9です。インドやバングラデシュでも通用すると思います。ちなみに読み方は『エク、ドゥイ、ティン、チャール、パーンチ、ツェ、サート、アート、ノウ、ダス(10)』です。(←今も30までは、そらで言えますヨォ!)

その下の3つのコインは、確かいずれも1ルピーコインです。3列目右と一番下は同じコインの表裏です。左のコインの裏のデザインも、下のコインと同じです。
これらのコイン、数字が全く描かれていません。そして、パッと見ただけでは分からないほど微妙に大きい5ルピーコインもありました。デザインは、1ルピーコインと同じでした。
5ルピーコイン、あまり手にすることはなかったような記憶ですが、1ルピーコインとの違いがほとんどなく、少々手こずりました (^_^;;!
正直言って、ゲームセンターのコインのような感じでした。

ちなみに、その当時(1992、94年)のレートは1ルピー≒2円ほどでした。

| | コメント (10)

2011年7月26日 (火)

世界の絵葉書 その15 湖上ホテル & 今日のルナリア

 いきなりですが・・・問題です。
次の絵葉書のホテル、どの国にあるでしょうか?

Img021_2

湖に浮かぶ、白亜の大きなホテル。

このホテルに泊まった女性は、「ホテルの中は、○○○(国名)をあまり感じさせず、少しホッとしています。人、音、○○○の都市はすごいエネルギーで、私にはとってもhardです。日本の良さを体感します。・・・」と書いてありました。

旅行者にとっては、かなりhardな国であることは確かだと思います。ゆえに、行かれた人は、とりつかれたように「何度でも行きたい」人と、「2度と行きたくない」人に分かれることも多いです。

というわけで、どの国かお分かりになったでしょうか (^_^)?
分からない・・・?ではもう1枚、絵葉書を載せます。同じ国から届いたものです。

Img027_4
このような特徴の建物、その国のイメージ伝わりますか?

*先日のブログ記事、『まだ咲いていたルナリア』ですが、正確には「まだ咲いていた」のではなく「再び咲いた」ので、タイトルを『再び咲いたルナリア』に変更いたしました。

せっかくですから先ほど撮影したルナリア、ご覧ください。

Cimg23500726
一昨日よりたくさん咲いています (^o^)!

Cimg2351 
フェンスの向こうにまでおしろい花が咲いています。
ルナリアの向こうにある団扇のような形のもの、どうやらあれがルナリアの実のようです。

Cimg2352
下の方にも隠れて咲いていました。

ルナリアの実は、苗をくださいましたmatsubara様からもお聞きしているのですが、園芸植物図鑑によりますと『成熟した果実の外皮をはぐと、中に絹状光沢のある隔膜があって、これが大変美しく、乾燥させたものが装飾によく使われる。』とあります。
そちらも楽しみです (^_^)!

| | コメント (9)

2011年7月24日 (日)

再び咲いたルナリア

 ルナリアの花、もう咲き終わってあとは実がなるのを待つだけでしたが、その実がなかなか・・・(-_-)!それどころか、もうすでにすべて咲き終わったと思っていたら、ひょっこり咲いているではありませんか (゚o゚)オォーッ!
おしろい花が幅をきかせて成長し、その陰にすっかり隠れてしまっているルナリアですが、咲いている花を発見!葉の陰から探してみると、他にも咲いていました。
驚きました。本当に、よく頑張って咲いています。嬉しくて仕方がありません ;:゙;`(゚∀゚)`;:゙!

Cimg2345
おしろい花に隠れ、すっかり目立たなくなったルナリア。しかしわずかに咲いている花が!

Cimg2343
葉っぱをかき分け覗いてみると・・・、ここにも2輪 (゚▽゚*)!

Cimg2337
ベランダを圧倒的に占拠して咲き誇るおしろい花!

Cimg2346
ベランダのフェンスの下の隙間から外へと咲いています。
この苗は、ルナリアと同じプランターから出て来たもので、当時ルナリアの大きな葉っぱに上への成長を阻まれ、フェンスの下の隙間から横へ伸びて成長したようです。

それにしても、ルナリアの生命力にはちょっと感動しました。おしろい花に隠れて気づかなかったのですが、まだ蕾があって人知れず成長していたのですね。
花期はもう終わったのだとばかり思い込んでいたら・・・、ルナリアはまだ諦めずに咲こうとしていたのです。
まるで”なでしこJAPAN”だ (゚o゚)オォーッ!

| | コメント (8)

2011年7月23日 (土)

アジサイ寺近所で見た花

 先月、愛知県稲沢市の性海寺(通称:アジサイ寺)へアジサイを見た際、駐車場までの道で、素敵なお花たちに出会いました。
名前が分かるものもあれば、「・・・(・_・???」というお花もあります (^_^;;!いつもの如く皆様のご教示、お待ちしております
m(u_u)mオネガイ!

Cimg2132
まずはこちらです。クチナシの花にちょっと似た花木です。

Cimg2133
近くで見ると、このようなお花です。キョウチクトウでしょうか?

Cimg2179
性海寺前の民家の庭先に咲いていた百合の花。見るからに綺麗でした (^o^)!

Cimg2181
これは、カサブランカのようで・・・?ちょっと違うような・・・(-_-)ウーン?

Cimg2182
北海道でよく見るクロユリとはまた別ですよね。

Cimg2183
カスミソウ・・・ですよね。地植えで咲いていました。

Cimg2184 
とても可愛らしいお花なのですが、お名前は・・・?早咲きのコスモスの仲間でしょうか?

Cimg2185
ルドベキアでしょうか?あちらこちらでよく見るお花ですよネ!

Cimg2190
これがまた「???」なのです。似ている花はたくさんあるのですが、微妙に違っていて・・・(-_-)ウーン?デージーでもなさそうだし、夏白菊でもない・・・?

花が好きでとても詳しい皆様のおかげで、色んなお花今まで覚えてきましたが、いざ外で見てみると、まだまだ知らない名前の花がたくさんあります。うろ覚えだったり、頭の中で花と名前がごちゃ混ぜになったり・・・(^_^;;!
そんな私ですが、懲りずにご教示くだされば、幸いに思います。
ヨロ(゚o゚)(。_。)シク!

| | コメント (8)

2011年7月21日 (木)

ウルトラスーパーハンター!

 先月、ドイツに住むヒマラヤ・エヴェレストトレッキング仲間のエルマー&アンジュラ夫妻から、メールとともにあるファイルが添付されていました。
ファイルを開くと・・・、久々に”カテゴリー『衝撃!笑劇!写真館』のネタになりそうな写真が (^o^)!

これらの写真を撮影したのは、彼らではありません。きっとどこかの国のプロのカメラマンが撮った写真でしょう。ファイル名は、”One Shot in a Million”とありました。
まさに、百万枚に一枚撮れるかどうかのワンショット!でしょう。

今日はその中から、以前も紹介したことがある写真と、さらに上を行く写真、紹介いたします。

01
こちらはかつて”電光石火のハンター”と題して、紹介した写真です。見事なハンターぶりですよネ (゚o゚)オォッ!(^o^)ワァーォ!
今回添付されていたファイルの中にも、この写真がありました。

02
そしてこちら・・・、”ウルトラスーパーハンター”です coldsweats02 sign03
な・な・なんと・・・アワ((゚゚дд゚゚ ))ワワ!!
両足に一匹ずつ獲物を捕らえています Σ(゚д゚;) good sign01

『一挙両得』とか『一石二鳥』という言葉は、このような姿にも当てはまるのでしょうか?
ひ弱な人間とは違い、厳しい大自然に生きる動物たちの凄過ぎる技!
このほんのわずかな一瞬を捉えたカメラマンも、”ウルトラスーパーハンター”ですよネ!

| | コメント (9)

2011年7月18日 (月)

ハスの花満開です

 ハスの花を紹介する前に・・・、

”なでしこJAPAN”やりましたネェ \(^o^)/バンザーイ!
ドイツで行われていた『女子サッカー・ワールドカップ』、見事に初優勝!先制点、勝ち越し点を取られながらも追いつき、最後はPK戦の上優勝を勝ち取りました。「最後まで絶対にあきらめない気持ち」が、世界一という栄冠を勝ち取ったのでしょう。
選手の皆さん、心から「ありがとう。お疲れ様でした」と伝えたいですね。
この優勝は、日本全体に元気をもたらしてくれるに違いないでしょう。
ドイツに住む友人からも、朝一番でメールが届いていました。内容はもちろん”なでしこJAPAN”の優勝を称えてくれるものでした。(実は彼らからのメールで初めて”なでしこJAPAN”の優勝を知りました。)

 今年も愛知県愛西市のハス田で、ハスの花が見ごろを迎えました。
先々週、先週そして今日で3回目ですが、今日は見事な咲きっぷりでした。

では、ハスの花ご覧ください。

Cimg2311
ちょうど見ごろを迎えたハスの花

Cimg2307
優しい色ですネ!

Cimg2309
大きく成長しました

Cimg2315
俯いていたのを起こして撮影。この色合いが可愛いですネ!

Cimg2319
どこを歩いても、こんな感じに見えます。

Cimg2325
やっぱりこの優しいピンクのハスがお気に入り (*^o^*)!

Cimg2333
こちらは花びらが小さいです。品種が違うのでしょうか?

ここまでが本日見てきましたハスの花です。
先週見に行ったときに、ちょっと面白いハスの花もありましたので、紹介します。

Cimg2297
葉っぱの上で寝そべっています (^_^)!夏バテしちゃったのでしょうか?

Cimg2298
勢い余って葉っぱを突き破って咲こうとしています。

おまけの写真です。

Cimg2303
近くを流れる川で、2匹のカメのランデブー!

Cimg2330
隣の『道の駅』ではイベントが開かれていました。愛西市のPR大使”あいさいさん”と浴衣美人です (^o^)!さすが、レンコンの産地です。レンコンを模った着ぐるみです。

| | コメント (11)

2011年7月17日 (日)

名古屋・東山動植物園 その10 閉園直前に見た動物たち

 はてさて・・・(^_^;;アセアセ!
この『東山動植物園』シリーズもやっと、最終回です。『リニア鉄道館』シリーズと言い、「もう少し簡潔にまとめられないのか?!」と、突っ込みを入れられても不思議ではないですネ(笑)!

平日の閉園間近の動物園内は、人影もまばら!動物たちもまばらで、ほとんどの動物たちは寝室(?)に戻り不在でした。
たった少しだけでも出会えた動物たち、紹介します。

Cimg2078
コアラ舎で厳重に管理・飼育されているコアラです。ストロボやフラッシュは一切厳禁で、警備員さんが常駐しています。それだけ大切な動物なのですネ!
バカチョンデシカメを最大限にズームして撮りましたが、どうしても多少ブレてしまいました (^_^;;スマヌ!

Cimg2084
こちらは暑さのせいか、寝室でだらしなく横たわるホッキョクグマです。でもホッキョクグマには、名古屋のこの日の暑さは”地獄”だったでしょう!

Cimg2085
フラミンゴたちは元気でした。池には他に、カモなどの水鳥もいました (^o^)!

Cimg2090
マレーバクです。バクは『夢を食べる』と言われますが・・・(-_-)ウーン?!
二色にはっきりと分かれた胴体が特徴です (^_^)!

Cimg2092
園舎の奥、寝室に引っ込んでいたピューマ。檻の向こうですが、その姿少しは感じていただけますか?

Cimg2093
オウサマペンギンが泳いでいました。コウテイペンギンよりは小さいのかな?

Cimg2094
フンボルトペンギンも暑い中、元気でした。

”動物園”と言えば、ゾウやキリン、ライオンに虎・・・ですが、彼らは皆不在で寝床へと帰ったようです。残念・・・(>_<)!
それでもこの『東山動物園』の目玉でもある”コアラ”の姿を初めて目にしましたので「ヨシッ!」とします (^_^;;!

♪ホタルの光♪が園内に流れ出し、名残りおしつつも・・・、慌てて動物園をあとにし駐車場へと向かいました。

| | コメント (9)

2011年7月16日 (土)

名古屋・東山動植物園 その9 ニホンザル舎と小鳥とリスの森

 この『東山動植物園』シリーズ、今まで植物園を紹介してきましたが、閉園(17時)間近に少しだけでもと、動物園へも足を運びました。

植物園のバラ園のすぐ近くにありました”猿山”と”小鳥とリスの森”を紹介します (^_^)ニコニコ!

Cimg2061
こちらは名古屋をはじめ、東海地方にお住まいの方なら一度はニュースなどでご覧になられたことがあるのでは?!
この猿山が完成した直後、鉄塔から壁の上へと飛び移り脱走した猿がいましたよネ!

Cimg2062
時間が遅かったのか、お猿さんたち、ほとんどいなくて…ズームして何とかこの子を撮りました (^_^)!

Cimg2067
こんなフクロウもいましたヨォ w(^o^)w!

Cimg2071
”小鳥とリスの森”の中での1枚です。

 最後の写真、実はこのリスずいぶん”横着者”でした。私がリスの姿を捉えようとデジカメを構えていたら、後ろで母が突然叫び声を上げました。
振り返ると、母の胸元あたりに一匹のリスが (゚o゚)?!母が手にしていた色鮮やかなハンカチのデザインを”餌”と勘違いしたのか、飛びついたようです。
母が叫び声をあげた途端、すぐに逃げて行きましたが、↑の写真の通り、その直後に園内でしっかりと餌を食べていました。無邪気なものですネ (^_^)!
ビックリしながらも母は、思わぬふれあい(?)にその後喜んでいました!

| | コメント (4)

2011年7月14日 (木)

世界の絵葉書 その14 オーストラリアより

 今回は、本当の意味での”絵葉書”を2枚、そしてちょっと妖しげな”絵葉書”を1枚紹介します。
本当の意味での・・・と書いた理由は、こちらをご覧いただければ納得かと・・・!

では、どうぞ (^_^)/!

Img020
オーストラリアを代表する動物たち、勢揃いでしょうか?カンガルーにエミュー、エリマキトカゲ、コアラには見えないけど・・・たぶんコアラのつもり?!それとも他の動物?枝に止まっているのは、アホウドリ?

Img028
エミューのようです。

この2枚の絵葉書、本当の意味での”絵葉書”という意味、お解かりいただけましたか?そう、デザインが写真ではなく”絵”なのです。

最初の絵葉書は、学生時代所属していたサークルで、”高嶺の花”でもあり”アイドル”的存在でもあったMさんから。「エアーズロックでは星空がキレイで、ミルキーウェイ・サザンクロス・流れ星も見えたヨ。」と、日本では味わえない星空に感激したようです。

次の絵葉書は、このカテゴリー常連のGさんから。彼も「真っ赤なエアーズロックは本当にきれいだった。自然ってやっぱりすばらしい!!」と、エアーズロックでの大自然に感動していました。
ところで彼は、この1年前もオーストラリアを訪れていて、その時はこんな絵葉書を送って来ました。

Img024
グレートバリアリーフの絵葉書です。何故トップレスなのか・・・(-_-)ウーン?

「海がまっ青で本当にきれいだゼ!!」とあります。それはもう、この絵葉書を見れば、分かります。
その後Gさんと会ったときに聞いた話ですが、彼はこの時男宛てにはこの絵葉書を、女性には別の絵葉書を使ったと言っていたような・・・?

| | コメント (6)

2011年7月12日 (火)

ネパール王国時代のお札

 久しぶりに、”日本&世界の切手・コイン”を紹介します。
このシリーズ、今まで日本のコイン、紙幣を紹介してきました。
今回は海外のお札、ネパールのお札を紹介します。ただし、今もこのお札が使われているのかどうかは、私自身は全く知りません。

タイトルに、『ネパール王国時代』としたのは、今ネパールが王国ではなく『ネパール連邦民主共和国』となったからです。

私がネパールを旅したのは、いずれも『ネパール王国』のころです。その当時流通していたお札で、今も手元に残っていたものを紹介します。

426
2ルピー札と5ルピー札。肖像画はビレンドラ国王。

427
裏のデザインです。2ルピー札にはユキヒョウ、5ルピー札にはヤクと背景にアマダブラムがそびえています。
表のデザインの上のほうに、ऩेपाल (最後の縦棒は表記されていません) と有るのが分かりますか?これで”ネパール”と読みます。

この2枚の紙幣だけ持ち帰ったのは、これがまだ真新しいピン札だったからです。ですから、折り目もシワもありません。

ネパールは2001年に王室内で王族殺害事件が起こり、初めは『ディペンドラ王太子による政変』と発表されましたが、その王太子も事件直後自殺したとされ、唯一生き残り無事だったビレンドラ国王の弟・ギャネンドラが国王に即位しました。
しかしこれに、ネパール国民は納得いかず、『ギャネンドラ国王の陰謀説』が取りざたされました。国民にとっては、自分ひとりだけが無傷で、真相も明らかにしないまま事件直後にすぐに即位したギャネンドラ国王に、疑いの目を向けるのは当然のことでした。

ギャネンドラ国王はその後、国王親政、絶対君主制を敷くなど『独裁主義』を強め、ますます国民の反感を買うことに。
2007年、国連安保理が介入し翌2008年、連邦民主共和制を宣言し、240年続いた王制が終わりました。ギャネンドラ前国王は王宮を退去し、王宮は現在、博物館として利用されているそうです。

| | コメント (8)

2011年7月10日 (日)

名古屋・東山動植物園 その8 バラ園3

 バラ園のバラの紹介、第3回目です。こう続きますと、ちょっと飽きるかな?コメントしづらくなりますね (^_^;;!まあその辺はあまり考えず、「きれいだなぁ~!」とか「このバラが好みかな?」などと思いながら見てくだされば幸いです (^_^)!

Cimg2038
ロサンゼルス・ビューティフル。このバラは昭和46年3月、名古屋の姉妹都市であるロサンゼルスより送られた品種で、日本国内ではここ東山植物園でしか見られない、珍しい品種のバラだそうです。
花弁の色は内側が黄色、外側は紅色になります。

Cimg2040
4つかたまって咲いていたロサンゼルス・ビューティフル。とても綺麗で思わず (*^o^*)ポッ!特に、一番手前の一輪はいくつも花びらを巻いているのが分かります。
色合いと言い形と言い、ほんと「めずらしい~!」バラの花です lovely w(*^o^*)w lovely

Cimg2041
アイスバーグ

Cimg2043   
はまみらい。横浜開港150周年を記念して選定された新しい品種のバラだそうです。
名前は一般公募から決められました。

Cimg2049
ダブルデライト

Cimg2052
ゾンマーアーベント

Cimg2054

Cimg2056   
きらり

Cimg2058
スーパーエクセルサ

いかがでしたか (^o^)?!ここでしか見られない品種のバラ、横浜開港150周年にちなんで名づけられたバラ・・・、どれも素敵でした。
アイスバーグは、たぶんドイツ語で間違いないと思いますが、直訳すると”氷山”。真っ白い氷山や雪を被ったアルプスの山々のイメージでつけられたのかもしれませんネ!
ゾンマーアーベントもドイツ語で、夏の夕方(夜)という意味になります。

この東山動植物園シリーズ、次回は閉園間際の時間にほんの少しだけ出会いました動物たちを紹介します (^o^)/!

| | コメント (10)

2011年7月 9日 (土)

リニア鉄道館 その8 歴史展示他

 リニア鉄道館訪問記も、やっと今回が最終回です (^_^;;ヘヘッ!
今日は歴史資料室の資料など、少しだけ紹介します。

Cimg1860
新幹線(N700系)シュミレーター。希望者は入館時に頂いたシュミレーター抽選券で応募します。こちらは1回15分で500円です。
他に在来線シュミレーター運転が1回10分100円、在来線シュミレーター車掌は1回15分500円で、やはりこれらも抽選です。

Cimg1861
歴史資料室に展示してあったパネルから、かつての名特急『はと』号。

Cimg1862
こちらは『へいわ』号。最後尾の展望デッキがいいですね。

Cimg1865
東海道新幹線開業時です。くす玉の「超特急ひかり号」が懐かしいです。謳い文句の『速い速い、夢の超特急!』が甦ります。

Cimg1871
国鉄バスの第1号車だそうです。ボンネット型のいかにもレトロなパスです。

Cimg1872
いよいよお弁当です (^_^)!私は『名駅まんぷく弁当』にしました。屋外に展示してある列車117系新快速の中で頂きました。兄は食べながら、「今にも動き出しそうな気がするなぁ!」と、駅弁食べながら列車の旅気分も味わっていました (^o^)!

Cimg1873
中身がこちらです。えびフライにチキンカツ、そして右上のあんかけ風パスタと小倉サンド風ドッグが、いかにも名古屋らしいです。
*この地方の喫茶店では、モーニングセットに小倉トーストが出てくるのはごく当たり前のようです。私は好きではありませんが・・・ (^_^;;!だって、甘い・・・!

ここに紹介した以外にも、在来線のシュミレーターや、歴史資料が数多く展示されています。リニアモーターカーが動く仕組みも模型で紹介されていました。車両展示室にも、列車の動力の仕組み、線路のポイントの切り替えの仕組みなどなど、メカニックについてもかなり分かりやすく紹介されています。

すべてを写真に収めるのは無理ですので、「これは!」と思ったものだけを撮って来ましたが、それでも全部で150枚以上撮っていました。

このリニア鉄道館シリーズをお読みくださいました皆様、ご興味・関心ありましたらぜひご自身の目で楽しんでみてはいかがでしょうか (^o^)!

| | コメント (9)

2011年7月 7日 (木)

名古屋・東山動植物園 その7 バラ園2

 先日に引き続き、名古屋・東山植物園のバラを紹介いたします。
訪問した日は先月8日ですので、もう1ヵ月近く経ちます。バラの季節は終わり、秋にまた美しい姿を見せてくれると思います。

では、先月見たバラの花の数々、どうぞご覧ください (*゚▽゚)ノ

Cimg2016
プリンセス・アイコ

Cimg2018
ハイネス雅

Cimg2020
トランペッター

Cimg2022
シャポー・ドゥ・ナポレオン

Cimg2026
ステファニー・ドゥ・モナコ

Cimg2032
アルフォンス・ドーデ

Cimg2035
カトリーヌ・ドゥヌーブ

どのバラも可憐で上品な雰囲気を漂わせていますよネ ;:゙;`(゚∀゚)`;:゙
名前を見てお気づきの方も多いでしょうが、高貴な身分や映画スターなどの名がつけられたバラが多いですよね。
その御方のイメージで作られたバラなのか、そのバラの雰囲気からつけられた名前なのか、どちらでしょうね?!
以前、”オードリー・ヘップバーン”という名のバラの花を見たことがあります。

バラ園のバラ、あと1回紹介いたします。

| | コメント (8)

2011年7月 5日 (火)

リニア鉄道館 その7 鉄道ジオラマ

 これまでリニア鉄道館内に展示されている車両を紹介してきました。
この鉄道館にはそのような車両展示だけではなく、在来線や新幹線のシュミレーター(別途有料、抽選)、体験学習などもできます。

巨大な鉄道ジオラマもあり、こちらも人気が高かったです。東京~大阪の1日24時間の鉄道の動きを紹介していました。
紹介する写真は、空いている隙を狙ってあちこち動き撮影した写真です。ですから時間設定は無視して、東京から大阪へと進みます。

Cimg1888
東京から始まります。東京タワーと完成後(?)のスカイツリーが見えます。

Cimg1886
静岡付近ですね。富士山が聳えています。

Cimg1892
間もなく名古屋です。駅前のJRツインタワーが見えます。

Cimg1894
深夜の名古屋駅という設定です。夜行寝台特急(たぶん”出雲”)が東京へ向かって走っていきます。

Cimg1884
名古屋城、名古屋市役所(分かりますか?)もあります。彼方には木曽御嶽山。手前の遊園地は、長島スパーランドでしょうか?

Cimg1882
京都、紅葉の清水寺ですね。

Cimg1881
間もなく大阪です。大阪城と造幣局が見えます。新幹線もヘッドライトを点けて走っています。

Cimg1878
大阪駅に到着。在来線の列車、新快速とディーゼル特急は『白鳥』でしょうか(現在でも走っていますか?)?!通天閣が立っています。

Cimg1879
大阪を出ると・・・、甲子園球場がありました。

東京から順を追って見るもよし、ある場所だけで1日の動きを追うのもよし、楽しみ方は色々です。たくさんの人が目の前で見ていますので、なかなか動きづらいですし、写真も撮りづらかったです。
しかし、東海道を鉄道で旅している気分にはなれるかも・・・?

| | コメント (6)

2011年7月 3日 (日)

名古屋・東山動植物園 その6 バラ園1

 東山動植物園を訪れてからもそろそろ1ヵ月近くが経とうとしています。今回から3回に分けて、バラ園のバラを紹介します。どれを紹介しようか考えだしたらキリがありませんので、撮って来たものはできる限り掲載いたします。
(正直言って花に優越はなく、自分ではとても選べませんでした (^_^;;!)

Cimg1992
ラ・セビリアーナ

Cimg1994
パルメンガルテン・フランクフルト

Cimg1998
スカーレット・メイディランド

Cimg2004
サマーモルゲン

Cimg2006
ダブルデライト

Cimg2008
パスカリ

Cimg2010
トゥモロー

Cimg2012
羽衣

Cimg2014
たそがれ

Cimg2028
ふれ太鼓

色々な名前のバラがありますネ (^o^)!名前も色々・・・。フランス語?ドイツ語?英語?サマーモルゲンはサマーは英語、モルゲンはドイツ語ですね (^_^;;!
最後の三つは和名ですね。

先月、6月としては異常なほど暑い日々が続きましたね。これらのバラ、今はどうなってしまっているのでしょうか?

*我が家のベランダのお花は・・・、

Cimg22580703
開花から半月、ルナリアの花はそろそろ終わりのようです。次は実をつけるのでしょうか?

Cimg2260
ミントに花が咲き始めました (^o^)!

Cimg2277   
夕方になると花開くおしろい花。今年はこの色しか咲いていません。

| | コメント (6)

2011年7月 2日 (土)

名古屋・東山動植物園 その5 日本庭園

 東山植物園も、くどくどと5回目の記事になります (^_^;;!
植物園ですから、お花畑はもちろんありました。そこから”万葉の散歩道”を通りビオトープから日本庭園、合掌造りの家を散歩しました。

Cimg1973
広いお花畑を散歩します。ところどころ、手入れしていました。

Cimg1983 
日本庭園に咲いていたアジサイ。

Cimg1985
合掌造りの家。飛騨・荘川村から移築したそうです。

Cimg1988
奥池から、合掌造りの家と水車小屋。

Cimg1986
池には綺麗な錦鯉が泳いでいます。

Cimg1990 
タイサンボクの花。どうしても下からしか撮れません。

お花畑の様子とか、日本庭園の写真、時間的に撮っている余裕がありませんでした。撮ろうとしたのですが、私のセンスが悪いのか、構図が下手くそでシャッターを切れませんでした (^_^;;!
この後急いで”バラ園”へ向かいました。

| | コメント (5)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »