« かつての名古屋発・特急『しなの』三態! | トップページ | リニア鉄道館 その4 懐かしの在来線 »

2011年6月 9日 (木)

世界の絵葉書 その13 万里の長城

 はてさて・・・、今日は中国が誇る、いや世界が、この星・地球が誇る建築物、『万里の長城』の絵葉書です。

Img019
キラキラと光沢のある、ちょっと変わった絵葉書で、やや見にくいかも・・・?

送り主は、このカテゴリー”世界・絵葉書の旅”で何度も出てくるGさん。
『万里の長城はやたらと歩かされたけれどきれいだったヨ。最高 !! 』とありました。

いつだったか、TVのドキュメンタリー番組で、この『万里の長城』の始まりから終わりまで見たことがありますが、この長城の西の果ては、ただ単に土を盛り上げただけになっているそうです。

|

« かつての名古屋発・特急『しなの』三態! | トップページ | リニア鉄道館 その4 懐かしの在来線 »

コメント

さすが中国って感じの万里の長城。全部歩くのは大変でしょうね。大ぶん前のことですがこの辺でトイレに入るのが大変だったと聞きました。今は観光地として少しは整備されたのでしょうか。


agewisdomさんへ

コメントを読んで、「”万里の長城”を踏破したい!」と言う人が、世界中にきっとたくさんいるのでは(?)と思いました。
ヒマラヤ・トレッキングで宿泊場所に困ることがなかったように、長城沿いの町や村、それ以外の中間地点などでもいいですから、「”万里の長城・踏破!”を目的とする旅人のための安価なロッジやゲストハウスがあちこちにあれば・・・!」と思わずにいられません。
ただ、それによって余計な立て看板や案内板ができて、景観を損なうようでしたら、意味がありませんネ!

投稿: agewisdom | 2011年6月 9日 (木) 23時17分

「万里の長城」、一度訪れてみたいです。
ちょっとブルーがかったような絵葉書の写真、
なんだかエキゾチックな感じですてきですね。
中国は上海や杭州しか訪れたことがありませんが、
広い国土、場所によってずいぶん雰囲気も
違うのでしょうね。


hananoさんへ

TVのドキュメンタリー番組だったか、それとも俳優・関口知宏さんの”中国鉄道の旅”だったか、この『万里の長城』の海に迫り出した東端と、所々にある関所などを見たことがあります。はるか西の内陸部は、もはや土を盛り上げただけのものでした。
あれだけの国土ですから、いろんな民族がいてそれぞれの文化を育んでいることでしょうね。ある民族や地域に対する中国政府の弾圧が、とても許せない思いです。
それらの地域からの絵葉書、また後日の機会に紹介します。

投稿: hanano | 2011年6月10日 (金) 00時41分

慕辺未行さん:おはようございます。
バックの山は雪がかぶったヒマラヤでしょうか?
この全長は何キロだったか、全部踏破する方がおえあれるとは?
大部分が朽ちているらしいですね。


seiboさんへ

ヒマラヤはもっと南に位置しますので、ヒマラヤではないでしょう。
全長は6000kmとも8000kmとも言われています。東の端の始まりは明らかなのですが、西は奥へ行けば行くほど本来の長城とはかけ離れた土盛りだけのところもあるそうですから、どこが終わりなのかがはっきりしていないようです。
この長城に沿って旅ができたら、何日かかるか分かりませんが、きっと過酷な旅になるような気がします。

投稿: seibo | 2011年6月10日 (金) 05時39分

慕辺未行さん
 おはようございます(゜-゜)
万里の長城は世界遺産の文化遺産として登録されているのですね。
学生の頃、一度歩いてみたいと思った所です。
全部歩けたかどうか
若いだけでは無理だったでしょうね
中国も私にとっては未知の国ですが、外国へ行きたいとはあまり思わなかったのですが
ここだけは憧れでした。


コスモスさんへ

宇宙から確認できる唯一の建築物、それがこの『万里の長城』だそうです。歴史的にも古いですし、紀元前の大昔に、よくこれほどのものを!と思います。
かつては私も憧れていましたが、最近は中国という国が好きではないので、行きたいという気持ちも遥か昔に置き忘れてしまいました。

ブログへのコメントです (^o^)/

『洛中に唯一残る酒蔵”佐々木酒造”新酒?の誕生』
ノンアルコールの日本酒 (゚_。)エッ(。_゚)ナニ?ノンアルコールだから、清涼飲料水ですね。でも、お酒の風味がするのかな?
上の写真の杉玉と2枚目の写真の杉玉、色が違うように見えますが同じ杉玉でしょうか?新酒ができた時には真新しい杉玉を飾り、人々に知らせますよね?!
ノンアルコールですから、たとえ車で訪れていたとしても安心して頂くことができますネ (^_^)!

『可憐な紫陽花は如何ですか』
生まれたての紫陽花、確かにひな鳥たちが口を開けて親鳥に餌をねだっているように見えますネ (^_^)!スズメかな?ツバメかな?コスモスさんの感性、ステキですネ (^o^)!
ピンクの紫陽花も、「あと少しで満開になりますよ」と言っているのかな (^_^)?!
お部屋にご自身が描かれた絵、いいですネェ!私の部屋にもコスモスさんから頂いた『碧雲荘』の絵、飾ってあります。花菖蒲の季節が終わったら、『桃とブドウ』の静物画と入れ替えようと思っています。

投稿: コスモス | 2011年6月10日 (金) 06時23分

万里の長城に行ったのはもう19年前ですが、スケールの大きさに息をのみました。東京にいたので成田から行きました。
21年前にも中国に行きましたが、その時は関西にいたので
伊丹空港からです。まだ関西空港は出来ていなかったのです。


matsubaraさんへ

19年前ですと1992年。私がエヴェレストを見に行った年です。その時私は夜行バスを利用して東京へ向かい、成田から飛び立ちました。
21年前は個人で運送業をしていましたが、その頃よく伊丹空港まで輸出貨物を届けたものです。伊丹空港自体は利用したことはありませんが、仕事で何度か航空貨物を届けました。
関空は一度だけ利用しました。

投稿: matsubara | 2011年6月10日 (金) 08時07分

変わった絵葉書ですね。
万里の長城、出かけて見たいと思った事は
有りますが、もう今では無理でしょうね。
慕辺未行さんがお出かけになって
その旅行記を楽しみにしたいものです。


すみれさんへ

キラキラと特殊印刷の絵葉書なので、ここでは見にくいですね。
私も「行ってみたい」と思ったことはありますが、昨今の中国がどうしても好きになれず、次第に興味も薄れてしまいました。
もし仮に私がかの地を訪れたら・・・、どんな旅になるのかナァ・・・(-_-)ウーン?!

投稿: すみれ | 2011年6月10日 (金) 12時03分

北京に行ったときにここまで行ってきました。
観光客がいっぱい。
砦をずうっと歩きますが人ひとヒト・・。
とても絵葉書のようにすっきりとした写真を撮れなかったのですよ。


Saas-Feeの風さんへ

そうでしょうねぇ~!土日や平日に関わらず、ここは人でいっぱいでしょうネ!この絵葉書のように、人が写っていない写真を撮ること自体、普通は無理かもしれませんネ!
中国国民でもこの『万里の長城』を実際に見たことがある人は少ないそうですから、見られただけでも、少しでも歩かれただけでも、素晴らしいことですヨ (^o^)!

投稿: Saas-Feeの風 | 2011年6月10日 (金) 23時32分

慕辺未行さん おはようございます(^・^)
 コメントのお返事ですgood
佐々木酒造さんの新酒は新聞によれば
アルコールが入っていないだけで全くのお酒とのことです。
お味も香りも。
杉玉ですが、同じ日に撮りましたが違うように見えましたか?
新酒が出来たことの知らせです。
以前、お店の方にお聞きして吊られた日に訪れましたが
とても綺麗な緑色でした。
 紫陽花は豪華な花より赤ちゃんが好きです。
可愛いでしょ(';')
撮っていてニッコリがええですね。
 下手でも自分の絵を飾る?は嬉しいです。
慕辺未行さんも飾っていただいて下さって、ありがとうございます。
『碧雲荘』の花菖蒲は雨上がり訪れようかと思っていますが、タイミングが難しいです。
読み捨てになさって下さいね


コスモスさんへ

ハイ、ありがとうございます。
では、失礼させていただきます。

投稿: コスモス | 2011年6月11日 (土) 06時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« かつての名古屋発・特急『しなの』三態! | トップページ | リニア鉄道館 その4 懐かしの在来線 »