« リニア鉄道館 その5 超・レトロ列車 | トップページ | 名古屋・東山動植物園 その4 ケムリノキ&ブラシノキ »

2011年6月21日 (火)

名古屋・東山動植物園 その3 サボテン

 小学生のころ以来訪れた、東山動植物園。”灯台もと暗し”という言葉は、私のこのようなことにも当てはまるのでしょうか (^_^;;?!

さて今回は、温室内で見たサボテンを紹介します。

Cimg1921
弁慶柱(ベンケイチュウ)と呼ばれるサボテン。アメリカでは”サガァロ”という名だそうです。

Cimg1934
こちらもサボテン温室。これほど背が高く成長するものなのですね。

Cimg1935
『金鯱』という名の丸いサボテン。上に小さな花が咲いています。

Cimg1936
それが、こちらの花です。パッと見では『はげ山の花』にしか見えない・・・(^_^;;アセアセ(笑)

Cimg1938   
紫檀竜(シタンリュウ)という名のサボテン。名前がなんかスゴイ!ですね。

Cimg1940
真っ赤で可憐なお花を咲かせるサボテンのようです。

Cimg1956
これは・・・サボテンの仲間になるのでしょうか?はなきりんです。

Cimg1954
はなきりんの花。ピンクに黄色の可愛い花です。

東山動植物園、もうしばらく紹介しますので、よろしくお願いいたします m(u_u)mヨロシク!
『リニア鉄道館』もまだ、紹介しきれていません (>_<)!そちらともども、他のカテゴリーの記事を交えつつ、今後もブログを書き進めていこうと思います。

|

« リニア鉄道館 その5 超・レトロ列車 | トップページ | 名古屋・東山動植物園 その4 ケムリノキ&ブラシノキ »

コメント

サボテンと一口に言っても、本当に
種類もさまざまですね~eye
中南米的な雰囲気を感じて、
いろいろ眺めてると楽しいですねnote
小さい鉢植えのサボテンも部屋に欲しいな~
・・・なんて思ったり。
動植物園シリーズも楽しみです!


hananoさんへ

ゆ・夕べは読み逃げしてしまいました…m(u_u)mゴメンナサイ!何しろ眠かったので・・・!
我が家のベランダにも、アロエをはじめ、クジャクサボテンや名前を知らないサボテンがいくつかあるのですが、植物園で見たものとは雰囲気がまるで違います。
やはりこちらは、中南米的ですよネェ (^o^)!我が家のベランダのものは、やはり観賞用です (^_^;;アセ!
ここで紹介した”金鯱”、あるお店でたまたま見つけ、380円で売っていました。手の平に乗るぐらいの小さなサイズでした。買おうかどうか迷いましたが、トゲの部分が母にとって危なさそうで、買うのを止めました。
もうしばらく、この”東山動植物園”のブログ記事、続きます (^_^;;!どうぞ、楽しみにお付き合いください (^_^)!

投稿: hanano | 2011年6月21日 (火) 23時26分

ヒエ~これじゃメキシコですねえ。ソンブレロでもかぶっていなくちゃ合いませんよ。でもサボテンの花って綺麗ですね。


agewisdomさんへ

サボテン、しかもこれほど大きなサボテンですと、やはりメキシコをはじめとする中南米の国々を連想しますか (^o^)?
我が家のベランダで先日まで咲いていたクジャクサボテンの花も派手でしたが、紫檀竜の花もそれに劣らず派手ですネェ w(^o^)w!
おっしゃるように、サボテンの花がこんなに奇麗だとはビックリ (゚o゚) です。

投稿: agewisdom | 2011年6月21日 (火) 23時57分

慕辺未行さん
 おはようございます(^・^)
今朝?のサボテンのご紹介愉しく拝見しています。
京都の観覧温室にもサボテンのコーナーは有りますが、
こうしてブログで紹介されると
サボテンの種類の多さに改めて驚いています。
サボテンの花は小さい花が多いですが、可憐ですね。
私は撮ったことが有りませんが、可愛く撮られましたね。
はなきりんは初めて買ったサボテンです。
勿論小さな鉢植えです。
可愛い花姿とピンク色に惹かれて買いました。
長い間机の上で愉しんだのですが・・?
 東山動植物園これからも愉しみに拝見させて戴きます。
リニア鉄道館も(*^。^*)
 コメントのお返事が遅れるかも知れませんが・・


コスモスさんへ

温室内とはいえ、あまりに巨大なサボテンに圧倒されました。これほどのものは、なかなか見られないので、あえてサボテンだけの記事にしました。
『尾張名古屋は城で持つ』と言われますが、その名古屋城のシンボルが金の鯱鉾。だからこんな大きな金鯱を展示しているのかな?と思ってしまいました。そのワリに花は小さいですね。
はなきりんは、別のところにありましたので、サボテンの種類なのかどうか迷いました。可愛らしいお花についパチリ!
我が家にもいくつかサボテンがありますが、花が咲いているものはありません。クジャクサボテンの花も終わりました。
明日からお出かけでしたね。気をつけて行ってらっしゃい (^o^)/!

ブログへのコメントです (^o^)/

『”琵琶湖”湖岸沿いを散策しました』
琵琶湖って、名古屋から離れているようで意外と近いのですヨ!琵琶湖が近いと感じたのは、山歩きを楽しんでいたころ、鈴鹿山脈の鈴岳の頂上から琵琶湖を眺めることができた時でした。それに、関ヶ原や米原から湖東地方はすぐですしね。
京都へ行くときは、琵琶湖大橋を利用することが多いです。そして大原方面から京都市内へドライブします。ですから大津からの琵琶湖、瀬田の唐橋は全く馴染みがなく、コスモスさんのブログで楽しませて頂いています (^o^)/!
新たなブログ『京 歩き』、チラリと拝見しました。古都人さんって、平安人さんのことですか?碧雲荘と花菖蒲、以前頂いた絵と同じで、感激しました。

『少し珍しい?白いお花を集めてみました』
タイサンボク、やはりここ東山植物園にも咲いていました。上のほうで咲いていましたので、色白の”お尻”しか見えませんでしたが・・・(^_^;;!
混じり気のない純白の大きな花、良い香りが漂ってきそうです。
卯の花って、本当はこのような花だったのですネェ (゚o゚)ヘェーッ!山芙蓉は他の芙蓉の花と比べると、ずっと和風の花ですね。もともと日本に自生していた花木なのでしょうか?

投稿: コスモス | 2011年6月22日 (水) 06時09分

大きなサボテンですね~
刺は痛いですが、お花は小さくて可愛いですね。
紫檀竜の花、綺麗ですね。
以前サボテンを育てていて、軍手の上に
サボテン用の皮手袋をはめて手入れしていましたが
それでも痛いと思いました。
この中でハナキリンだけは育てています。
小さな鉢植えですが・・・


すみれさんへ

見上げるほどの大きさのサボテンに唖然でした。中南米にはこんなサボテンがぞろぞろあるのでしょうね。
この金鯱の大きさも半端なく大きかったです。周りに小さい金鯱がありますが、これくらいのものなら先日、380円で売っていました。母がトゲでけがをするといけないので、買わなかったですが・・・(^_^;;!
紫檀竜は名前も派手ですが、花も派手ですネ!はなきりん育てられているのですか?!お花は咲いているのでしょうか?この姿からは想像できない可愛いお花ですね。

投稿: すみれ | 2011年6月22日 (水) 14時11分

サボテンは刺が痛いから・・・
だけど可愛い花を咲かせてくれて良いですよね♪
ハナキリンはどこででも良く見かけますよね


あま・コスモスさんへ

姿・形のわりに可愛らしい花、ド派手な花を咲かせますネ!
花屋さんでも、小さなサボテンが売られていますが、母がうっかりトゲでけがをする可能性があるので、結局買うのは控えています。
はなきりん、そんなによく見かけるものなのですか (゚o゚)エッ!知らなかったです (^_^;;ハズイ!

投稿: あま・コスモス | 2011年6月22日 (水) 15時12分

サボテンマニアの人から金鯱を頂き20年くらい
育てていました。
でも遂に花は咲かなかったです。
ここでその花を初めて拝見しました。
咲くのですね。
私にくれた人も一度も咲かせられませんでした。
温室がないと無理なのでしょうね。


matsubaraさんへ

20年も育てると、どれほどの大きさに育ったのでしょうか?でもやはり、サボテンの花を咲かせるのは難しいのでしょうね。
我が家にもサボテンやその仲間の多肉植物、いくつかありますが、花を咲かせたことはほとんどありません。先日のクジャクサボテンは初めて見たのですヨ (^_^;;!
東山植物園のこの金鯱、直径30cmほど、いやもっと大きかったかも・・・?!ここまで成長しないと咲かないものなのでしょうかねぇ・・・(-_-)ウーン!

投稿: matsubara | 2011年6月22日 (水) 17時18分

慕辺未行さん
 おはようございます(^・^)
コメントのお返事です
 ”京 歩き”は平安人さんの記事が殆どで今は”つれづれ日記”から移動しています。
当分はこの形になると思います。
立ち上げた理由は”つれづれ日記”の残容量が残り少なくなり、苦肉の策?です。
碧雲荘の花菖蒲は今年の写真なのですが”つれづれ日記”では
upしていません。
花を添えた?つもりです!(^^)!

 琵琶湖を散策した時は今にも降りそうな曇天で
湖面の太陽に輝くキラキラした美しさが撮れなくて、
魚釣りの方ばかりになりました。
やはり太陽の力?は大したものですね。
瀬田の唐橋は、古い地元人たちは”しぇたのからはし”と言われています!(^^)!

 タイサンボクは東山植物園にも咲いていましたか。
やはり大きくて背の高い木でしたか?
純白の綺麗な花ですね。
香りが当たり一面に漂っていました。
  卯の花は初めて見ましたが、可憐な花でした。
背の高い木だったので、ピンボケでごめんなさい。
  山芙蓉は平野神社で植えられたもので
咲いていた場所からでは自生とは思えませんでした。
 平野神社は桜で有名ですが、四季折々にお花を愛でることが
出来るのですよ
読み捨てになさって下さいね
 では、行ってまいります♪


コスモスさんへ

ハイ、ありがとうございます。
では、失礼させていただきます。

投稿: コスモス | 2011年6月23日 (木) 06時00分

サボテンの立派な姿
どのくらいの高さかわかりませんが、温室の天井につきそうなくらいに見えますので、よっぽど高いんですね~up
金鯱サボテンはサボンのモデルなんですよね~
パオンとサボン、ご存知ですか?
とおっても可愛いんですよぉheart02


きゃぶさんへ

かなり大きかったですヨ (゚o゚)オォーッ!全体を撮ろうと、ずいぶん後ろに下がりましたからネェ!
この温室のものは最大で6mほどのようです。現地では10mほどのものもあるとか・・・!
パオンとサボン・・・(・_・???
すみません (^_^;;!まったく何のことやら・・・?!

投稿: きゃぶ | 2011年6月23日 (木) 20時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« リニア鉄道館 その5 超・レトロ列車 | トップページ | 名古屋・東山動植物園 その4 ケムリノキ&ブラシノキ »