« 『春こいフェア』のその他のお花 in 木曽三川公園 | トップページ | 世界の絵葉書 その10 敬虔な仏教国から »

2011年5月10日 (火)

ばあちゃんからもらったお金

 カテゴリーをまた一つ新設しました。『日本&世界の切手・コイン』です。

子供のころ、切手集めが趣味でした。あの頃はみんな、こぞって切手を集めていました。しかしその趣味はいつしか遠くへ置き去りにしてしまいましたが、収集した切手は今もなお残っています。
切手に関しては、まだ何一つPCに取り込んでいないので、私自身もどうなるのか、どんな記事を書くのか、全く分からない手探りの状態です。
コインは、それほどたくさんあるわけでもなく、記事としては3回ぐらいで終わるでしょう。

今回は昭和初期のコインやお札を少しだけ紹介しようと思います。。母方のおばあちゃんから子供のころ頂いたものです。

421
上左から『一銭、五銭硬貨』、その下すべて十銭硬貨。発行された年は、それぞれ順番に・・、昭和18年、16年、15年、21年、19年とありました。ということは、ほとんどが戦時中に発行されています。
そして・・・、十銭札です。平和の象徴・ハトと、八紘一宇の塔でしょうか?!
富士や稲、菊花のご紋・・・、時代の象徴だったのでしょうか・・・?


 これらの古銭・札は、子供のころ切手や古銭に興味があった私に、ばあちゃんがニコニコしながら「昔のお金、まだどっかにあったで、やるわ!」とわざわざ探して、喜んで与えてくれたものです。私が大人になり社会人になっても、私のことを「坊っ!」と呼んでいたばあちゃん・・・、ばあちゃんから貰った大切な歴史の生き証人のお金、今も大切にしているからネェ (^o^)/!

皆様の中には「懐かしい!」と思われる方もいらっしゃいますか?「初めて見る」という方もいらっしゃるかな?ただし『古銭』は、これだけしかありません。
このカテゴリー、作ったはいいけど、果たして続くのか (^_^;;(笑)!

*『お花』というカテゴリーもすでに開設しました。こちらは、『日記・コラム・つぶやき』や『旅行・地域』に掲載した記事で、お花をメインに扱ったものを、”複数カテゴリー”として登録しなおしました。すでに紹介したブログ記事ですが、お花満載のカテゴリー、ふと気が向いたときにでも覗いてみてください。

|

« 『春こいフェア』のその他のお花 in 木曽三川公園 | トップページ | 世界の絵葉書 その10 敬虔な仏教国から »

コメント

こんばんは。
昔のお金はまったくもって持っていないです。
せいぜい2世代前の千円札があるくらいですね。

切手は小学生のころに少し集めてました。
今でも記念切手は販売されていますけれど、
ほとんど興味を持たなくなってしまいましたね。
切手を買いに郵便局へ行って、記念切手を
売っていたら、普通の切手を買う代わりに
記念切手を買うっていう程度になりました。
ですのでそのまま使ってしまいます。


Junjiroさんへ

私が物心ついたとき、単位が『銭』のお金は、もうすでにありませんでした。それだけに、これらのお金が物珍しかったものです。
2世代前の千円札って、『伊藤博文』さんのですよネ?!1984年秋にお札が世代交代(?)しましたから、あれからずいぶん経ったものです。その頃のお札も近日、記事にするつもりです。でも、文章が思いつかない・・・(^_^;;アセアセ!
携帯やPCが普及し、手紙の代わりにメールが主流となった今、切手の需要はかなり減少しているでしょうね。
しかしそれでも、記念切手は発売されるもので、私もごく稀に切手を買うと、記念切手だったことがありました。その場合、せっかくですから1枚だけ残し、あとは使ってしまいます。
それでも切手から多くのことを学びました。新幹線や高速道路が開通した年、国を挙げてのイベント、例えば東京オリンピックや大阪万博など近年、歴史に残る出来事が起こった年は切手から学んだようなものです。他にも”国立公園”や”国定公園”などのシリーズの切手から、地理や観光地を知りました。言い出せばキリがないです。
少しずつPCに取り込んで、拙い文章を添えながら紹介しようと思います。

投稿: Junjiro | 2011年5月10日 (火) 23時08分

 おはようございます(^^♪
慕辺未行さん、カテゴリーが増えたのですね。
私の愉しみも増えました(^-^)
「お花」のカテゴリーも朝一番に覗かせて頂きましたよeye
 切手集めは兄も私もしていました。
二人で競争していました。
交換しあったりして。
 コインは父が収集していてジャラジャラ、親子で広げては愉しんでいました。
今では懐かしい貧しくても幸せな時代でした。
あのコイン達は今は何処へsign02
多分、甥が持っていると思います。
 おばあさまから戴かれたコイン。
そして拾銭札もどれも見覚えが有りますよ。
懐かしいですね。
 懐かしい年代・・・これは少し切ないです。
この中には残念ながら私の生まれ年は有りません。
確かに富士、稲、菊花のご紋は時代の象徴だったのかも知れませんね。
私は青々とした稲、黄金色の稲を見ると幸せをかんじたものです。
 貧しくても昔は好かったは
年寄りかなあcoldsweats02


コスモスさんへ

旅日記は、ほぼ書き尽くしましたので、ブログ更新のために苦しまぎれのカテゴリーを作って、文章をひねり出しています。
『お花』は『お花』でまとめたほうがよいかと、昨年分からこのカテゴリーにいくつか加えました。
私が小学校のころ、切手集めは大流行していました。古い切手は自分自身で少しずつ買い集めましたが、新たに発売される切手は親戚のお姉さん(はとこ)が「私も切手集めてるから、今度から送ってあげる」と、以降何年も送ってくれました。
そのお姉さんは、当時海外にもペンパルがいて外国の切手もたくさん譲ってくださり、それらすべて今でも残してあります。
ばあちゃんから貰った古いお金、今では『形見』のように感じます。もちろん私は使ったことがないお金ばかりですが、一銭玉やお札が小さいことも、時代を表しているなと感じました。
コスモスさんが子供のころ、これらのお金を持って駄菓子屋さんへ行かれたりしたのでしょうか?それとも、銭から円へと変わったころでしょうか?

ブログへのコメントです (^o^)/

『新緑を訪ねて北野天神さんと浄福寺』
5月、若葉や青葉が眩しい季節になりましたね。少し前までは、赤や白の花を楽しませてくれた梅の木も、生まれたばかりの若葉が鮮やかですネ (^o^)!
もうすでに紅葉している(?)もみじもあるのですネ (゚o゚)!もみじは紅葉の時しかあまり意識しないのですが、こうして見ると、新緑のもみじもなかなか良いですネェ (^_^)!

『「京朱雀市場・食彩市」 をご存知ですか?』
たまーにTV番組で東京・築地市場の様子を見たことがありますが、そんな感じの活気なのでしょうね。
卸売市場でこのようなイベントがあると、嬉しいですよね。売られているものは安全で安心ですし、何より新鮮で安い!でしょうからネ (^_^)!
”お造り定食”500円は安いですネ (^o^)!そう言えば、名古屋の卸売市場の食堂も、安くて美味しいと何かで見たような・・・?機会あれば行ってみたいです。

『京都・松尾大社の庭園と山吹の花』
松尾大社も初めて聞きましたが、お酒の神様が祀られているのですか (^o^)!「美味しいお酒が頂けますように m(u_u)m!」お願いしなければ(笑)!しかし、日本で”お酒の神様”というと、誰だろう・・・(-_-)ウーン?ギリシャ・ローマ神話でしたらすぐに、”デゥオニソス”またの名を”バッカス”と言いますが、思い出します。
新緑の若葉と山吹の色、好いですネ (^_^)!フレッシュな季節ですね。この山吹、まだ咲いたばかりのころでしょうか?とても明るい色をしていますネ!私の印象では山吹はもう少しくすんだ黄色のイメージなのです。
お庭も趣がありますね。私も難しい言葉は良く分かりません (>_<)!

投稿: コスモス | 2011年5月11日 (水) 08時01分

珍しい思い出のお札ですね。
初めて拝見しました。
銭の単価は何時まで使用していたのでしょうね。
古い?お金は記念硬貨が発売されたのが少し有ります。
これは皆さんお持ちの物かも知れません。
切手は集めていた時期があります。
今はその切手を使用しています。
今の記念切手は綺麗ですね。


すみれさんへ

ある方のブログを拝見した時、ふと思い出し探してみました。と同時に、ばあちゃんから貰った時の記憶まで一緒に甦りました。
そうですねぇ・・・”銭”という通貨単位、いつごろまで使われていたのでしょうね。このカテゴリーの次回記事で、その後の昭和の硬貨を紹介するだろうと思いますので、そこにヒントがあるかもしれません。
記念硬貨はほとんど持っていませんでした。
収集した切手、1枚しかないものはさすがに使えなくて、今もコレクションした時と同じ状態です。

投稿: すみれ | 2011年5月11日 (水) 11時11分

昔のお金も今のお金もないなぁ~(笑)
記念切手は毎月発売されていますね、郵便局の発売カレンダーをてびっくり。収集していなくよかったと胸をなでおろしました(笑)


青龍○段さんへ

昔のお金は無くても、今のお金はたーくさん隠してるでしょ( ̄ー ̄)ニヤリ!
今は、というかかなり前から切手収集は止まりましたが、それでも国内外とも相当な数の切手が残っています。しかしその半分以上(と思うけど)は、やはり切手収集を趣味としていた親戚のお姉さんから頂いたものです。

投稿: 青龍○段 | 2011年5月11日 (水) 12時43分

慕辺未行さん:こんにちは。
切手収集は会社員のころまでしていましたが、現在は昔集めて
いた切手をゆうパックに貼って使っています。
記念硬貨は少しもっていましたが、黒ずんでしまっています。
カラーコインは全部オークションで処分しました。
アップ楽しみですね。


seiboさんへ

最近は滅多に郵便物を出すこともなく、ほとんどの切手が1枚ずつコレクションしているだけですから、とても使えないです。かといって、その切手にどれほど価値があるかと言えば、切手の額面通りの価値しかないでしょうし・・・(-_-)ウーン!
コインは、タイやネパールのコインがやたらとありますが、日本の記念硬貨といったものは、ほとんど持っていません。まして、カラーコインなんて (^_^;;!
あまりハードル上げないでくださいヨォ(笑)

投稿: seibo | 2011年5月11日 (水) 15時25分

我が家にも探せばありますよ。なんか懐かしいですね。私の子どもの頃には銭という単位がちゃんとありましたよ。1円なんてもらったらすごく嬉しかった。どんどん社会も貨幣価値も変わってしまいましたね。


agewisdomさんへ

agewisdomさんも、その頃のお金、残していましたか (^_^)?!ぜひ探して、お孫さん達に見せてあげたらいかがでしょう?ここに載せていないもの、お持ちでしたらブログにぜひアップしてください。
そうでしょうね、agewisdomさんが子供のころにこれらの古銭が流通していたのですよね。その当時の1円、今で言えばどれほどの価値なのでしょうか?
戦後の日本、高度成長期や2度にわたるオイルショック、バブル経済とその破たん、長引く不況・・・時の流れとともに貨幣価値も上がったり下がったり・・・と言ったところでしょうか?

投稿: agewisdom | 2011年5月11日 (水) 17時22分

おばあさまとの思い出の品ですね~happy01
お金の切り替えといえば、500円札が500円硬貨になったとき
あとは、お札の大きさが小さくなったとき、かな
あ、忘れてならない2000円札
ん~久しくお目にかかっていません
日本には2進法はなじみが無いんですよね、きっと
親は切り替えの度にこまめに取っていましたが、まだちゃんとあるのかなぁ
今度、聞いてみます~


きゃぶさんへ

(^o^)/ハイ!その通りです。ばあちゃんとの思い出の品です。いや、今は亡きばあちゃんのことを思えば、たとえ子供の頃に頂いたものでも”形見”かもしれません。
100円札が姿を消したり、500円札より500円玉が主流になったり・・・。
お札の大きさが小さくなった時・・・ですか (^_^)?!この返事は、このカテゴリーでまたお話しします。
2000円札はもともと流通量も少なかったですし、使い勝手も今一つ良くなくて、いつの間にかほとんど見かけなくなりましたね。でも、流通していたことは事実ですし、どこへ消えたのだろう・・・(-_-)?
もしご両親がお持ちでしたら、譲ってもらったら?!

投稿: きゃぶ | 2011年5月11日 (水) 21時12分

おはようございます(^^♪
 コメントのお返事ですgood
私は銭とは無縁の世界ですぞpout
一円硬貨を持って駄菓子屋さんでした。

 私は特にお寺や神社の新緑が好きです、
何故か風情を感じます。
多分、神社仏閣の多い街に暮らしているから
新緑=お寺や神社なのでしょうね。
そして新緑の美しさを見られる期間も少ないです。
私の生まれた五月が一番綺麗なのですよconfident
 京都市中央卸売市場は普段は仲買さんやお店の方達が利用されています。
このお祭りに初めて参加して、来月も行こうと思いました。
確かに生鮮食品の新鮮でおいしい事
勿論、お祭りですからお値段も安いです。
唯、問題はこれから暑くなりますね。
市バスに乗って・・・待ち時間も入れると約30分。
お魚を持って帰るのが心配です。
喧騒の中にいると「平和」を感じました。
 松尾大社の山吹は有名で他府県の方達も来られます。
これは多分お酒の神さんとしても有名だからでしょうね。
山吹は花はほぼ黄色ですね。
光線のかげんによってオレンジ色にも見えますが。
新緑と山吹の色が好いなあと思ったのですが
頭で想像していたのと、写真をパソコンに取り込んで、
こんな筈では無かった。
色がイマイチでしたcoldsweats02
こんな事はショッチュウですが。

優しいコメント嬉しく拝見しました。
ありがとうございますhappy01
読み捨てになさって下さいね


コスモスさんへ

ハイ、ありがとうございます。
アッ!”銭”ではなく”円”の時代だったのですネ!申し訳ありません m(u_u)m ゴメンナサイ!
では、失礼させていただきます。

投稿: コスモス | 2011年5月12日 (木) 06時53分

古い硬貨とお札、どれも初めて見るものばかりですeye
見慣れないお金は、なんだか外国のもののように
見えてしまいますネ。
単なるコレクションではなくて、慕辺未行さんにとって
おばあちゃんとの大切な思い出がつまった
お金なんでしょうね・・・confident
なんだか心が温かくなりましたnote


hananoさんへ

私もばあちゃんから貰ったとに初めて見たお金でした。私が生まれる20年ほど前は、まだこのようなお金の時代だったんだと、実感しました。
コレクションと呼べるほど、コインやお札は持っていませんが、今思えば、ばあちゃんから貰ったもので今も残っているのは、これらの古銭だけかもしれません。言うなれば”形見”の品になってしまったのかもしれません。

投稿: hanano | 2011年5月12日 (木) 18時56分

お久しぶりです。
昨日帰宅しました。
この写真のお金は昔祖母から貰って
全部持っていたのに・・・
どこかへ紛失してしまいました。
残念です。
でも記憶しています。


matsubaraさんへ

お帰りなさい (^_^)/!
matsubaraさんもこれらのお金、見覚えはあるのですネ。実際にこれを使ったことは・・・?さすがにないでしょうか?
もしかしたら、探せば見つかるのでは?matsubara様邸なら、きっとあるような気がするのですが・・・?!
見つかったら、長屋門の展示室へぜひ!

投稿: matsubara | 2011年5月15日 (日) 10時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『春こいフェア』のその他のお花 in 木曽三川公園 | トップページ | 世界の絵葉書 その10 敬虔な仏教国から »