« 旧・国鉄時代の特急『やまびこ』『つばさ』『あさま』&『あおば』 | トップページ | スライドにしてみました »

2011年4月29日 (金)

世界の絵葉書 その9 ロイヤル・ウエディング記念

 今日はイギリス王室のウイリアム王子とケイト妃結婚式ですね。
この日にピッタリ(?)の絵葉書がちょうどありましたので、紹介します。

Img015
故・ダイアナ妃。日本でもダイアナブームが起こりましたね。

ダイアナ妃と言えば、もちろんウイリアム王子の母親ですね。最期は交通事故で亡くなられましたが、モナコ王妃だったグレース・ケリーも交通事故で亡くなりましたよね。
なぜに美し過ぎる王妃は、交通事故で命を落とすのでしょう?

この絵葉書の差出人は、すっすり海外にハマったGさんからです。1987年夏に届きました。ということは、ダイアナブームはそれ以前のことですから、ずいぶん時が流れたのですネ!王子が結婚する年齢ですから、それも当り前ですね。

Gさんは、ロンドンからジュネーブへと旅していたようです。葉書には『ヨーロッパの風景、すっかりカルチャーショックにかかっている・・・』とありました。

|

« 旧・国鉄時代の特急『やまびこ』『つばさ』『あさま』&『あおば』 | トップページ | スライドにしてみました »

コメント

私ロンドンは好きなところの一つです。ジプシーに財布すられても好きです。でも、ご飯はあまり美味しくなかった。中華街の飲茶がまあまあでした。なぜ好きなのかはわかりません。
スイスはどこも綺麗でしたがまとまり過ぎて冷たい感じでした。
もちろんユングフラウは美しいけれど、高山病にかかったし。
ちなみにロンドンは給食もまずかったけれど、スイスの学校の給食はおいしかった。二つとも研修旅行で行きました。ロンドンは他に2回行っています。


agewisdomさんへ

アハッ!思い出しました (^o^)!そう言えば以前、ロンドンでジプシーの子供に財布をすられ、警察に行ったらその警察官がすごくカッコ良かったとか・・・?!
ロンドンの食事、やはりマズイ!ですか?!今年からブログ仲間になりましたhanano様が今、初めての海外旅行でロンドンを訪れたときのことを書かれています。何年か前のことのようですが、やはり食事は・・・「おそろしく、マズイ!」と書いていました。
スイスは、私はちょうど花の季節だったこともあり、景色はとても満足、食事も満足でしたが、やはり物価が高かったですネェ (^_^;;!

投稿: agewisdom | 2011年4月29日 (金) 23時17分

え~とダイアナさん私はあまり関心なかったのですが、「女王と私」という本を読んだら、なんか皇室の人々が戯画化されていて最高。それから少し好きになりました。


agewisdomさんへ

私もあまり関心なかったです。今回のロイヤルウエディングも、新聞の番組欄を見るとTVではずいぶん報道されているみたいですが、式前の夕方5~6時台のニュースでしかその様子は知りません。
日本国内の皇室ロイヤルウエディングは、紀子様の時はもちろん、雅子さまの時も関心を持って見ていました。

投稿: agewisdom | 2011年4月29日 (金) 23時21分

古くはデイケンズ、コナン・ドイル、H.G.ウェルズ、ベアトリックス・ポターなどのロンドン文学、
新しくは林望、木村治美、マークス寿子などのロンドンにまつわるエッセイなど大好きです。
あるいはラブ・アクチュアリー、ノッティング・ヒル、スライディング・ドアなどのロンドン映画も大好き。
一昨年、ロンドンに行ってきましたがとても足りなくて
また行きたいと思っています。

ロイヤル・ウエディングの様子、テレビでチラリと見ました。
ケイトさんお綺麗だけど、やっぱりダイアナの方が華がありましたね。
それにしても古い絵葉書をよく取っていらっしゃいますね…


zooeyさんへ

コナン・ドイルは何となく覚えていますが他は・・・? (^_^;;アセアセ!何しろ大した学歴ではありませんので、ブログでお付き合いしてくださっている方々とは、かなりの差があります。
ロイヤルウエディング、TVでも放送されていたようですが、その時間私は日ごろの運動不足を解消すべく、『走れるときは走る』でジョギングしていました。ゆえに、その前の時間帯のニュースでしか見ていません。ベッカムやイアン・ソープ、Mrビーンも招かれていたそうで・・・!
ダイアナ妃のほうが華がありましたか?!だとすると今回は”二番煎じ”だったかもしれませんネ!
絵葉書は、毎年正月に集金に来る新聞屋さんから頂く”年賀状ホルダー”に保管してあります。今もごく稀に届くことがありますので、いつでも取り出せるようにしてあるのです。

投稿: zooey | 2011年4月30日 (土) 00時04分

 おはようございます(^^♪
ダイアナ妃が今の皇太子の案内で修学院離宮を見て回られた時の事を思いだします。
白地に大きな赤い水玉模様のワンビース姿が印象的でした。
日本の国旗を?と聞いたような記憶が有ります。
映像で見るダイアナ妃は若々しくてとても綺麗な方でした。
そして気さくな方の感じを受けました。
 あれからどれ位経ったのか、世界も日本も変わりましたね。


コスモスさんへ

あぁ~!思い出しました。あのワンピース、水玉模様にしてはすごく大きかったですし、明らかに日本の国旗をイメージされたことは一目瞭然でしたよネ!
日本だけでなく世界が”ダイアナ・フィーバー”に沸いていましたね。あれから20数年・・・、ほんの昨日のことのように感じますが、日本も世界も大きく変わりましたね。

ブログへのコメントです (^o^)/
『京都西陣・浄福寺にひっそり咲いたシャクナゲの花』
もうシャクナゲが咲く季節なのですネ!淡いピンクが可愛らしいお花ですよね。若いもみじとのコントラストが良い感じです。何とも言えない風情ですね。
滋賀県の鎌掛渓(かいかけだに)が、シャクナゲで有名です。私は2回ほど訪れました。
赤く咲く西洋シャクナゲも好きです。私が過去3回訪れましたネパールの国の花は、ラリグラスと言ってやはりシャクナゲの仲間です。西洋シャクナゲのように、赤い花を咲かせます。

『可憐なチューリップは如何ですか(^-^)』
一面に植えられたチューリップを見ると、「いよいよ花の季節!」という気がします。桜とは感じかたがちょっと違うのですよね。
最初の黄緑のチューリップは珍しいですね。黄色は良く見ますが、緑色は・・・?あまり見かけないような・・・?
今年は桜の花見も、チューリップも見逃してしまいました。皆様のブログで楽しませて頂いてます。

投稿: コスモス | 2011年4月30日 (土) 05時40分

イギリスは食事が不味いと聞いています。
出かける事は無いとは思いますが、
やはり旅先での食事は美味しい方が楽しみが大きいです。

ロイヤル挙式、テレビ中継を見ていました。
キャサリンさんもお綺麗で素晴らしいですが、やはり
ダイアナ妃の結婚式の方が初々しくてお綺麗ですね。
ウィリアム王子はお母様に良く似ておいでですね。


すみれさんへ

フランス料理やイタリア料理は良く聞きますが、イギリス料理は聞いたことないですよね。今年からコメントしてくださるようになりましたブログ仲間のhanano様も、『おそろしくまずい』料理に遭遇してしまったそうです。
結婚式の様子、結局見ていないのですが、今日のニュースや新聞で、その様子を少しだけでも知ることができました。
ロイヤルウエディングにふさわしい華やかさだったようですね。

投稿: すみれ | 2011年4月30日 (土) 16時36分

ダイアナ妃、確かに華がありますね~
ウィリアム王子もかっこい~です
結婚式の前日に王子が、何時間も何日も待っている人々の前に突然現れたそうで、ステキな行動だなぁと思いました
当時は国民との間の敷居が高かった英国皇室は、ずいぶんと努力されて国民に近い存在となり、人気も上がったのだそうで
お祝いするたくさんの人々を見ても、ほんと二人は皆に愛されてるんですね~


きゃぶさんへ

日本でも”ダイアナブーム”が起こり、それを受けて”秋篠宮殿下妃紀子様”、”皇太子妃雅子様”の皇室ウエディングも、素晴らしいものでしたよね。
イギリス王室も、日本の皇室同様に一般からお妃を選ばれ、それがイギリス国民に『身近な王室』として広く受け入れられたのでしょうね。
イギリス王室、日本皇室・・・、似たような道を歩んでおられるように感じますね。願わくば、皇太子妃雅子様の御体調が良くなることをお祈りいたします。

投稿: きゃぶ | 2011年4月30日 (土) 21時47分

おはようございます(^^♪
 コメントのお返事ですgood
シャクナゲの花はもっと綺麗だったのですが
写真はイマイチでお花に申し訳ないと反省しています。
それならブログに・・なのですが、没にする勇気も無くて・・・coldsweats02
 滋賀県にも有名な場所が有るのですか?
全然知りませんでした。
 
チューリップは可愛いですね。
一番上のチューリップは私も初めて見ました。
それでトップを飾ったのですよconfident
そして春の訪れを感じさせてくれます。
幼稚園の時は花=チューリップでした。
今でも心が優しくなって、何となく微笑んでしまいます。
読み捨てになさって下さいね


コスモスさんへ

ハイ、ありがとうございます。
では、失礼させていただきます。

投稿: コスモス | 2011年5月 1日 (日) 06時16分

ロンドンは15年前に行っただけですが、大英博物館より
ビクトリア&アルバート美術館の方が好みでした。

ダイアナ妃は、妹の住まい近くの詩仙堂にお出かけのとき
妹は見たようです。

ダイアナ妃の方が品格がありますね。


matsubaraさんへ

大英博物館は、1日では見て回れないほど大きな博物館でしたよね。ビクトリア&アルバート美術館は初めて聞きました。
妹様、京都にお住まいですか?故・ダイアナ妃、直接拝見できたとは、思い出に残りますネ!
やはりダイアナ妃のほうが、品格を感じますね。

投稿: matsubara | 2011年5月 1日 (日) 08時45分

こんにちは♪
ダイアナ妃、ほんとうに綺麗な方でしたね。
来日されて京都にも来られた時、当時たしか
高校生だった夫は御所の近くに住んでいて、
白地に赤い大きな水玉の日の丸の柄のような
ワンピース姿のダイアナ妃を見かけたと言っていました。
お母様に生き写しのウィリアム王子、
ぜひ幸せになっていただきたいですね。


hananoさんへ

hananoさんのご主人さまも、故・ダイアナ妃ご覧になりましたか?!
↑のほうのコメントにもありますが、あの赤い大きな水玉模様のワンピース、インパクトありましたよネェ!言われてすぐに思い出しました。
ウィリアム王子とキャサリン妃には、ダイアナ妃の分までずっと末永く、幸せに暮らしてほしいですね。あのような出来事は、聞きたくないですからね。

投稿: hanano | 2011年5月 1日 (日) 12時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 旧・国鉄時代の特急『やまびこ』『つばさ』『あさま』&『あおば』 | トップページ | スライドにしてみました »