« 世界の絵葉書 その7 $1,000,000の夜景in香港 | トップページ | 旧・国鉄時代の特急『やまびこ』『つばさ』『あさま』&『あおば』 »

2011年4月23日 (土)

世界の絵葉書 その8 グランドキャニオン

 初めての海外はハワイから始まったGさん、香港へも行き、3回目の海外はいよいよアメリカ本土上陸です。グランドキャニオンの雄大な景色、ご覧ください。

Img010
岩山に雪、そして樹氷・・・太古の昔から変わらぬ姿・・・なのでしょうね。

『この雄大な景色を見ていると日本なんていかにちっぽけなもの・・・』とあります。彼自身、この景色を前にして実感したのでしょう。

ブログ仲間の方にも、私が知っている限りお二人、グランドキャニオンを訪れた方がいます。いかがでしたでしょうか?似たような感想を持たれたでしょうか?

|

« 世界の絵葉書 その7 $1,000,000の夜景in香港 | トップページ | 旧・国鉄時代の特急『やまびこ』『つばさ』『あさま』&『あおば』 »

コメント

行きました。
私のいるところからdschingさんの所までず~っと峡谷が続いていると思ってください。200kmです。
なんか「人間てなんて小さいんだろう」って思います。
このイメージを描いた油絵が手元に残っていたんだけど、今事務所に飾ってあります。友達と行ったのに妙な孤独感を感じたのでそれをラバと組み合わせて表現したものでした。機会があったらお見せしますね。


agewisdomさんへ

ですよネェ~!行かれていますよネェ (^_^)!
hannaさんの街から我が街まで、ずっとこの光景が続いているのですか?!って、そちらへ訪れたことがあるわけではないのですが…、東京からの距離を考えてみます (^_^;;!
やはり『人間なんて小さい』と感じられましたか?!これだけの大自然ですから、そう感じるでしょうね。
油絵?そう言えば先日、絵も嗜まれていらっしゃること初めて伺いましたが、ぜひ拝見したいです。マイルームにはコスモス様から頂いた水彩画が飾ってありますヨ (^o^)/!

投稿: agewisdom | 2011年4月23日 (土) 22時10分

Gさんハワイ、香港、アメリカですか・・・
海外旅行の楽しさ、素晴らしさに
魅せれてしまわれた様ですね。
グランドキャニオンはテレビでしか見た事がありません。
その雄大な光景を見ての感想は
分かるような気がします。
見てみたいとは思いますが、その願いは
叶えられそうも有りません。


すみれさんへ

海外へ行く前は「海外は嫌い。だって英語できないから。」とか言っていたはずですがネェ (-_-)ウーン!
今後もGさんから届いた絵葉書、頻繁に出てきます(笑)!
私もTVでしか見たことがありませんが、あの雄大さには圧倒されそうです。実現できるかどうかは別にして、グランドキャニオンとオーストラリアのエアーズロックは見てみたいと思います。
グランドキャニオンは、出来ることならキャンピングカーを借りて何日かかけてドライブしながら、その広大さを感じ取ってみたいです。

投稿: すみれ | 2011年4月23日 (土) 23時15分

 おはようございます(^^♪
慕辺未行さん、実は今英語教室の授業は、世界遺産シリーズです。
そして、先週はグランドキャニオンでした。
興味深く学んだのですが、写真を拝見して素晴らしい光景を実感しています。
確かに雄大な景色を眺めていると、自分の悩みなんて「チッポケなものやなあ」と思いますね。
 実際にご覧になられた方達の人生観は変わったかも知れませんね。


コスモスさんへ

水彩画だけでなく英語教室にも通われ、そのうえ京都市内だけでなくあちこち歩かれ、ブログに紹介され・・・、とても活動的ですね。素晴らしいです。
日本にも大自然はありますが、これほどの規模のところはありませんから、実際に行かれた人々は圧倒されたでしょうね。
『人間なんて小さいものだなぁ!』は私も、ヒマラヤを目の当たりにして感じました。雄大な景色は、人を謙虚にさせますネ。

ブログへのコメントです (^o^)/
『奈良県・城下町「高取」町家(ひな巡り)最終回』
変わった造りですね。2枚目の写真の出窓のような造り、3枚目の写真の高い建物は櫓でしょうか?どちらも不思議な感じがします。
鬼瓦ならぬ恵比寿瓦ですか?!決して海が近いわけではないですし、これも不思議ですね。「うだつが上がらない」という言葉の語源のうだつ、こんなに凝ったうだつを上げられたのですから、かなり裕福な町屋だったことでしょうね。

『雨に咲く「雨宝院」の御衣黄たち』
桜の花びらが散った後の桜の絨毯、その上を踏まなければ通れない道もあるのですが、あれほど愛でていた桜を踏みつけるのが嫌だと感じることがあります。
御衣黄、綺麗ですネェ (^o^)!ピンクの桜とはまた一味違った雰囲気ですね。御衣黄はまだ見たことがありませんので、ぜひ一度見てみたいものです。

投稿: コスモス | 2011年4月24日 (日) 06時31分

行きました。
ラスベガスから20人乗り位の小さなセスナに乗って行ったのですが
それが大変なんですよ…
揺れる、揺れる!
嘔吐する人も何人かいました。
それだけの思いをして到達した現地は
それは素晴らしいものでしたが。


zooeyさんへ

zooeyさんも行かれたご経験がありますか!ラスベガスからの小型飛行機の話、他のプロガーの方もおっしゃっていました。しかし、嘔吐する人がいたほど揺れるとは、知らなかったです。でも、そうなると景色どころではなくなってしまいそう (^_^;; ですね。
私もネパールでヒマラヤのふもとの村へ、20人ほどしか乗れない飛行機を利用したことが数回あります。村の飛行場は当時舗装されてなく(現在は舗装されているようです)、山の斜面を利用して離着陸していました。「Oh My God !」という声がどこからともなく聞こえてきました(笑)!

投稿: zooey | 2011年4月24日 (日) 09時39分

まだ行っていません。
残念ながら夫は自分がもう行ったところは
計画を立てないのです。
スイスは私にせがまれて二度行きましたが・・・


matsubaraさんへ

ということは、ご主人様は行かれたことがあるのでしょうか?姪御さんのzooey様も行かれたことがあるそうですね。コメントを拝見して、agewisdom様やSaas-Feeの風様が『小さな飛行機に乗って行った』と仰っていたのを思い出しました。
スイスは2度行かれているのですか?!花の季節は特に素晴らしいですから、私もまた行きたくなります。ただ、物価が高いのが難点ですね。

投稿: matsubara | 2011年4月24日 (日) 18時41分

グランドキャニオンは絵葉書でもやはり
迫力がありますね。行ったことがないので、
テレビなどでしか見たことがありませんが、
雪の積もった風景って見たことがないような…。


Junjiroさんへ

私も写真やTVでしか見たことがないのですが、それでもあのスケールには圧倒されます。実際行かれた方は、それ以上に圧倒されたでしょうね。
確かに、雪が積もったグランドキャニオンの景色、あまり見たことがないですね。場所によっては寒暖差がかなり激しいということは、聞いたことがありますが・・・!

投稿: Junjiro | 2011年4月24日 (日) 22時02分

アメリカはあまり興味がなくて
実はまだ一度も行ったことがないのですが、
雄大な自然はぜひ実際に見てみたいです。
サハラ砂漠を訪れた時にも感じましたが、
圧倒されるような大自然の力が伝わってきますね。


hananoさんへ

私もアメリカは、グランドキャニオンとアラスカ以外はあまり興味がなくて、やはり一度も訪れたことがありません。
サハラ砂漠もすごそうですね。日本の国土以上に広がっているのですよね。
広大な・・・ではないですが、ヒマラヤでは私も圧倒されました。7~8000m級の峰々は、人間をちっぽけな存在にします。
大自然には敵いませんネ!

投稿: hanano | 2011年4月25日 (月) 00時57分

おはようございます(^^♪
 コメントのお返事ですgood
高取町は本当に魅力の有る城下町です。
どうしてもブログに載せようと思うと写真を・・
むしろ写真を整理していて、改めて経済的な豊かさ
暮らして居られる方達の心の豊かさ
伝統を守ってゆく心を感じました。
こんどはカメラを持たないで、じっくりゆっくり歩きたいと思った町の一つです。
 雨宝院の御衣黄は大木で、花は高い位置に咲きます。
写真の方が花姿はハッキリ解りますね。
今はあちらこちらで咲いているようですが
こちらの木のように古木は珍しいそうです。
桜の隠れ名所として、雑誌に紹介されいるようですが、
紹介されたら”隠れ”にはなりませんね(^u^)
 読み捨てになさって下さいね。


コスモスさんへ

ハイ、ありがとうございます。
では、失礼させていただきます。

投稿: コスモス | 2011年4月25日 (月) 07時25分

雪の景色がまたみたい~
次の冬は別のところを計画しよう。

青き空 残雪残るや 谷深し(青龍酔肴) 
イマイチ(ぷっ)


青龍○段さんへ

↑もとい・・・、青龍酔肴さんへ(笑)
もうすぐ5月ですが、立山連峰や北アルプスなどはまだ冬山の様相では?
(-_-)ウーン・・・青龍さん、ついに俳人になるか?!燃え尽きて灰人になったり、廃人にはならないように←ブホッ!冗談です (^_^;;!

投稿: 青龍○段 | 2011年4月25日 (月) 10時24分

1994年8月に行きましたよ。
ロサンゼルスからセスナよりちょっと大き目の飛行機で
グランドキャニオンの空港まで。
まあ、とてつもない光景です。
あれを見るとアメリカという国の巨大さがわかるというものです。

グローフェ作曲“大峡谷”(グランドキャニオン)を聴いてくださると
イメージが膨らむと思いますよ。

そのときにジープで峡谷を案内してくれた若い女性が
「私、吉本にいたんですよ」
さらに
「日焼けするので私は木陰にいます・・どうぞ廻ってきてください」

当時の写真を引っ張り出して見たら変色しています。
品質の悪い写真屋さんに当たった~。


Saas-Feeの風さんへ

以前にもお聞きしたことがあると思いますが、やはり20人ぐらいしか乗れない小さな飛行機だったのですよね。
agewisdom様も、そしてzooey様もそのようにおっしゃっていましたが、グランドキャニオンへの飛行機は、そのような小さな飛行機しか飛んでいないのでしょうか?
アメリカ、確かに広いでしょうね。自転車でアメリカ横断した人から話を聞いたことがあります。ずいぶん前のことなので、内容はもう覚えていないのですが、『9.11同時多発テロ』の後の地元紙の三面記事の中で、彼の談話が掲載されていて驚きました。
アメリカには多くの日本人もいるせいか、日本人ツアー客のガイドをして生計を立てている人もいるそうですね。その女性も、エンターテイメントの勉強でもしていたのかもしれませんネ。

投稿: Saas-Feeの風 | 2011年4月25日 (月) 16時47分

グランドキャニオンはヨセミテとペアで、計画してたことがある場所です
残念ながら、そのときは別の地になってしまい、未だ行けてません
旅をするときどうしても、自然が見たい~派なので、とっても興味あったんですよね
またいつか・・・は、たいてい果たせないのが悲しい現実です


きゃぶさんへ

計画倒れになってしまったのですか?!私も以前、タイ→ネパール→チベットと計画したことがありますが、実行できませんでした。
私もどちらかと言えば、自然派です。って、今さら言うまでもないか(笑)!
グランドキャニオンとエアーズロック、キリマンジャロ・・・、いつかは!と思って早や数十年・・・、きゃぶさん同様、果たせていないのが現実です (;_;)!

投稿: きゃぶ | 2011年4月25日 (月) 20時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 世界の絵葉書 その7 $1,000,000の夜景in香港 | トップページ | 旧・国鉄時代の特急『やまびこ』『つばさ』『あさま』&『あおば』 »