« 世界の絵葉書 その3 ありし日の香港&中国から | トップページ | 4月3日のノースポール »

2011年3月31日 (木)

SL”C62 2”、『つばめ』号

九州新幹線が全通する前、新八代~鹿児島中央間を新幹線『つばめ』が走っていたのは知っています。そして先日、博多からも開通し、新たに『さくら』『みずほ』が登場したことは、すでに先日紹介しました。とはいえ、かつてのブルートレインの写真ですが・・・(^_^;;!

そして今さら遅ればせながら・・・、往年の名特急『つばめ』号をけん引していたSL”C62 2”の雄姿を紹介します。

私が高校生のころ、京都・梅小路蒸気機関車館で撮影した写真です。SL撮影だけに、あえて白黒フィルムを使ったノスタルジックな写真です。
現役引退後、ここ梅小路で余生を過ごしているSL”C62 2”。車体横の”つばめ”のマークが誇らしげです。晩年は、函館本線の”ニセコ”号としても活躍していました。

Img332
デモンストレーションでしょうか?実際に動かし、転車台に!

Img337
転車台が回ります。『つばめ』のマークが誇らしげです。

Img342
方向転換し、汽笛一声噴煙をあげて・・・!

↑の 3枚の写真、ネガを見ると10枚以上にわたり、動いている様子が撮影されていました。それらをスライドにしようと考えたのですが、時間がなく・・・(^_^;;!
もう1枚、高校時代の同級生撮影の電車特急『つばめ』の写真、紹介いたします。

Img184_2
こちらは、その後の特急『つばめ』号。

|

« 世界の絵葉書 その3 ありし日の香港&中国から | トップページ | 4月3日のノースポール »

コメント

さて乗ったことがある様な気もしますが…?
何てったって、窓を開けてそのままトンネルにでも入ろうものなら花の穴まで真っ黒になりました。なんともいえぬ油煙のにおい。すべて旅をしているという実感をいやがうえにも盛り上げてくれましたっけ。なつかしいなあ。


agewisdomさんへ

この”C62 2”号でなくても、SLには思い出があることでしょうね。
20年ほど前でしょうか、両親を連れて静岡県の大井川鉄道を走るSLに乗り、寸又峡温泉へ行ったことがあります。その時母も、SLの中で↑のようなことを言っていました。
大井川鉄道のSLが牽引する客車も、どこか懐かしい木の香りと油の香り(?)・・・レールに敷かれた枕木のような香りと言ったらいいのかなぁ・・・がしていました。

投稿: agewisdom | 2011年3月31日 (木) 23時30分

おはようございます(^^♪
慕辺未行さん
 ”つばめ”は、梅小路蒸気機関車館で、静かに余生を過ごしています。とても綺麗な姿ですよ。
但し煙ははいていません。
 梅小路蒸気機関車館へ行くのが大好きです。
子供も大勢来ていますが、現役でSLの雄姿を見ていた私たちには感慨が有りますね。
ボンヤリ眺めているだけですが、とても懐かしさと、親しみを感じます。
 SLが子供達を乗せて、ぼ~~~と汽笛を鳴らしながら短い時間ですが、走る姿を見ていると、タイムスリップしたような感慨を覚えます。
 遠足でトンネルに差し掛かると「窓を締めて」と言われたのも
懐かしい思い出ですね。

 
コスモスさんへ

”C62 2”号と言えば、”つばめ”ですよね。100km/h を超す速さで走っていたと聞きました。まさに時代の”超特急”だったことでしょう。
私が頻繁に訪れた頃も、小さな子供から大人まで、たくさん来ていました。
幼いころ、当時住んでいたところから1km 以上離れたところを関西線が走っていました。SLの汽笛の音が聞こえると、いつもそちらのほうを眺めていたそうです。
私自身、物心ついたころにはこの近辺ではSLはほぼ姿を消していました。ですからリアルタイムで乗ったことはないのですが、それでもどこか懐かしさを感じます。それに、何と言っても、カッコイイ!です。

ブログへのコメントです (^o^)/
『若狭鯖街道・熊川宿を歩く (その2)』
これだけ人がいなくて静かなのは、平日だからでしょうか?それとも、あまり観光に力を入れていないから?でも観光に力を入れて、あまり大勢の人々が訪れるのも、風情が壊れるでしょうし、住んでいらっしゃる人々には、迷惑になるのかもしれませんネ。
このような街並みを歩くときは、静かなたたずまいの方が絵になりますしね。

『京都市内・桜の花を訪ねて』
も、もうそんなに咲いているのですか (゚o゚)オォーッ!
私の周りでは、まだ咲き始め・・といった感じです。桜を見ると、ウキウキしてきますね。寒い冬が終わり、春が来たことを感じさせるからでしょうか?!
写真、綺麗に撮れていますヨ!桜も喜んでいるような、ちょっと恥ずかしがってるような、そんなふうに見えます。
今年は大震災もありましたし、ドンチャン騒ぎのお花見は自粛です。ごく普通に、桜の花を愛でに行きたいと思います。

『大津市・琵琶湖ホテルでバイキング』
素敵なホテルで、楽しいひととき、良かったですね。私の甥っ子・姪っ子はすでに独立している子がほとんどで、もうこのような機会はありそうもないです。
元気いっぱいの2人の甥っ子、コスモスさんには可愛くて仕方がない、といったところでしょうか (^_^)!

投稿: コスモス | 2011年4月 1日 (金) 06時26分

おはようございます。
素晴らしい雄姿に魅入っています。
機関車の袖板についたツバメのマークが良いですね。


seiboさんへ

SLと言えば、C62かD51ですよネェ (^o^)!
今見ても惚れ惚れしますよネ!
名古屋近郊では私が物心ついた時には、SLは廃止されていましたが、しかし亀山以西の関西線では70年代半ばまでD51が活躍していました。

投稿: seibo | 2011年4月 1日 (金) 08時05分

つばめではなかったと思いますが、東北本線のSLに乗って北海道に行ったことを思い出します。
昭和37年ころでした。
トンネルのたびに猛暑の中でも窓をしめて煙をしのぎました。
冷房もなくて・・・
大変でしたが懐かしい思い出です。


matsubaraさんへ

私が生まれた年ですヨォ (^_^;;!そういえば、映画『3丁目の夕日』で、東北地方からSLに牽引された客車に乗って、たくさんの若い中・高生が集団就職で東京にやってくるシーンがありましたね。
方向は逆ですが、あんな感じで北海道へ向かわれたのでしょうね。
古き良き昭和・・・その代表的な乗り物、それがSLなのかもしれませんね。

投稿: matsubara | 2011年4月 1日 (金) 08時31分

つばめ、乗ったような気もします。
SLは夢が有り素敵で、煙を吐いて動く様子は絵になりますね。
つばめのマークも素敵です。
列車にお詳しいのですね。
何も気に留めずに利用していて、C62 2号も
知りませんでした。


すみれさんへ

SL全盛期の”超特急”がこの”つばめ”号だったと聞いたことがあります。その後、時を経て”夢の超特急”新幹線が登場しました。しかし平成の今の世は、”超特急”という言葉さえもうすでに過去の言葉のように感じます。
でも、鉄道の原点はSLですし、その中でも最高時速 100km/h を超えるスピードで走ったこのC62は、スター中のスターだ!と、子供のころ聞かされました。

投稿: すみれ | 2011年4月 1日 (金) 11時01分

SLの雄姿、かっこいいですね
大井川鉄道で乗ってみたいと思いつつ、果たせていません
電車特急『つばめ』のフレーズで思い出しました・・・
「電車」と「列車」って違うんですよね~
前に鉄分の多い方に「名古屋から電車で熊野に行った」と言ったら、即ダメだしされました
「電車じゃない!!」って・・・デリケートな話題でした
たぶん、あえての使い分けをされてるんですよね


きゃぶさんへ

重厚な感じがとてもカッコイイです。力強さを感じます。
大井川鉄道は3回ぐらい乗ったことがあります。奥大井には有名な寸又峡温泉もありますし、接阻峡温泉というのもあります。
電車と列車・・・というより、汽車といった方がいいかもしれません。電車は電化されている区間を走ることができる列車、かたや汽車はいわゆるディーゼル列車です。こちらは電化区間も非電化区間も走ることができます。
とはいえ、ダメだしされるほどのことではないと思うのですが、よほど『鉄分』の多い人だったのですネ!

4月1日のブログ記事、訳ありまして削除することにしました。コメントいただいていましたのに、申し訳ありません。

投稿: きゃぶ | 2011年4月 2日 (土) 12時06分

蒸気機関車の引っ張る特急で乗ったことがあるのは「かもめ」です。
「つばめ」には一度も乗ったことが無いし、見たことすら無いはずです。
子どもの頃の本には「つばめ」の展望車の絵がたびたび掲載されていて
乗りたいなあと憧れていました。
梅小路機関車館には行ってみたいと思っているのですが
なかなか実行できません。
名古屋の見本市会場(なんて云いましたっけ?)の横に
鉄道博物館のようなものができていますね。
先日、浜名湖に行ったとき伊勢湾岸自動車道から見えました。
5日に名古屋に出かけるので寄ってみようかなと思っています。


Saas-Feeの風さんへ

そういえば、かつての特急『つばめ』の最後尾の客車に、展望デッキがついていたと聞いたことがあります。お偉いさん達は、そこから見送りの人たちに手を振っていたとか・・・?!
何度も京都へ出かけられている風さんが、梅小路へはまだ一度も行かれたことがないとは、意外でした。京都駅から歩いてすぐですし、ぜひ訪れてみてください。
『リニア鉄道館』ですネ!先月14日オープンしました。なかなか評判良いようです。私もそのうちに訪れてみようと考えています。

投稿: Saas-Feeの風 | 2011年4月 2日 (土) 19時30分

梅小路蒸気機関車館へは昨年5月に行ってきました。
その前は、20年ほど前に親に連れて行ってもらった記憶が
あります。
そして特急「つばめ」。まさに国鉄の代表ともいえる存在で、
かつてのプロ野球チームの「国鉄スワローズ」という名前に
もswallowってついてますし、今でも、西日本JRバスや
JRバス関東などのJR系のバスの側面にはつばめが
描かれているところがありますね。
といいつつ僕は、JR九州の博多~西鹿児島を結んでいた
特急つばめと、新幹線になってからのつばめしか知りませ
んが…。

リニア館のお誘いありがとうございます。
一人で夢中になって見てまわったり、写真撮って
まわったりしてしまうかもしれませんが(汗)
それでよければ。
ただ、行けるのは6月後半以降になりそうです。


Junjiroさんへ

ご実家が京都ですから、訪れたことがあると思っていましたが、昨年の前は20年前・・・『灯台もと暗し』なのかもしれませんネ。
私も地元の観光施設ほど行ってなかったりします。例えば『名古屋港水族館』は一度も行ったことがありませんし、『東山動植物園』はたぶん小学生のころ以来行っていないと思います (^_^;;!
私ももちろんSLの「つばめ」号は実際見たことはなく、『伝説の超特急』なのですが、それだけに憧れがありました。
現在のプロ野球『東京ヤクルトスワローズ』も、『国鉄スワローズ』からの愛称ですしネ(ひところ、「ヤクルトアトムズ」という名でしたが、ご存知ですか?)。
JRバスの側面につばめマーク、確かにありましたありました (^_^)!もっとも私が利用した頃は、国鉄バスでしたが・・・(笑)!
『リニア鉄道館』、あるブログ仲間の方が今日行かれるかもしれません。その報告が楽しみです。
>一人で夢中になって見てまわったり・・・
いいですヨォ!私も昨年、初めてお会いしたブログ仲間の matsubara様とSaas-Feeの風様とご一緒のとき、皆それぞれ興味あるものに夢中になって見て周り、写真撮ってましたぁ (^_^;;!
来られるとき、ご一報いただければ、ご案内できるかも・・・?

投稿: Junjiro | 2011年4月 4日 (月) 23時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 世界の絵葉書 その3 ありし日の香港&中国から | トップページ | 4月3日のノースポール »