« 冬花火! | トップページ | 母73才、初めての海外へ 10日目その1 『マルクトへ』 »

2011年2月 6日 (日)

カマキリ拳法?!

 久々に、決定的瞬間をとらえた『衝撃!笑劇!写真館』に、一枚コレクションします。

Photo
カマキリが精一杯、自分の体を大きく見せています。

思い切り『威嚇』のポーズをとっています。それとも『お手上げ』なのかも?カンフー映画に出てきそうな、『カマキリ拳』のようにも見えます。
背中や尻尾に、あんなに大きな羽のようなものがあるとは、知りませんでした。顔は、『仮面ライダー』をイメージさせます。

ところで私は、本物のカマキリは苦手です。蛇とカマキリだけは、背筋が凍るほど苦手です。皆様は、いかがですか?

|

« 冬花火! | トップページ | 母73才、初めての海外へ 10日目その1 『マルクトへ』 »

コメント

全身を使ってガンバってますね~
私は虫は全般的にダメ(子どものころは全部平気だったのに・・・田舎から都会(?)に移り住んだせいかもしれません)ですが、カマキリは大丈夫ですrock
カマキリって確か、メスがオスを食べちゃうんですよねrestaurant
だからお嫌いなんでしょうかwink


きゃぶさんへ

カマキリが苦手なのは・・・、カマキリ同士争っている姿、そして負けた方が食べられてしまう姿を目の当たりにした時のショック!幼少時代の経験、それがトラウマになっています。
カマキリ以外の昆虫は、大体平気ですが、カマキリだけは鳥肌!です (^_^;;
これは写真ですから、大丈夫ですけどネ (^_^)/!

投稿: きゃぶ | 2011年2月 6日 (日) 23時01分

蟷螂の斧という表現がぴったり。叶わなくったって向かって行く気満々ですね。私も好きじゃないけれど、虫愛ずるお兄ちゃんといるとたいていのものには驚かなくなります。トカゲを捕まえたくて追いかけたり。勘弁してよって思いますが、興味あるものはいいかと。
カマキリの卵事件もありましたしね。鍛えられます。


hannaさんへ

これほど好戦的な昆虫も、そうはいないでしょうね。これはまだ写真ですから、決して鳥肌が立ったり、背筋が凍る、ということはありませんが、もしリアルだったら・・・(^_^;;(^_^;;
幼少の頃に見た、カマキリが共食いしている姿、それ以来まったくダメです。蛇に至っては、子供のころ飼っていた十姉妹を丸呑みしたうえ、巣の中でとぐろを巻いて寝ていて・・・(;_;)(;_;)
苦手になったのには、このような理由があるのです。

投稿: hanna | 2011年2月 6日 (日) 23時19分

慕辺未行さん
 おはようございます~♪
コメントのお返事です
好かった。洋ラン展をこんなに喜んで戴けるとは
思ってもいませんでした。
花の展示会を室内で撮るのは難しいですね
背景がゴチャゴチャ映り込んでしまって。
未だ、在庫?が有るので是非ご覧くださいね。
ラン達が喜ぶと思います。
 節分は京都では吉田さんが有名です。
ブログのお仲間もお参りされていたと思います。
本当は夜が愉しいのですが・・
目に自信が有りません(+o+)
 お寺での節分は「節分会」、
神社の節分は「節分社」と言うそうです。
来年は千本釈迦堂の伝統的でユニークな節分の様子をご紹介するつもりです。
 来年の事を言ったら「鬼」に叱られますね(--〆)
さて、
私も蛇、ミミズ、・・・「大嫌い」です。ぞっとします。
カマキリはまだ上の二つに比べたら許せますね。
 このカマキリの姿は大したものですね
まるでバレリーナー
ポーズが決まりましたね。
涙ぐましいような・・・・
ここで観客から拍手喝さいです。
勿論私も拍手を惜しみませんね。
こうしてカマキリの全身を拝見すると
今まで知らなかった羽のようなカラフルなものも有って、綺麗ですね。
:カマキリを見直しました。
決して「惚れ直し」はしていませんが・・・


コスモスさんへ

昨年春以降、ブログ仲間の方が増え、おかげ様であちこちの節分を楽しませていただくことができました。
例えば、京都の祇園の節分祭りを紹介され方もいらっしゃいましたし、奈良の節分会の荒行の様子を紹介してくださった方もいらっしゃいました。
出かけずとも楽しめる、ブログの醍醐味かもしれませんネ (^_^)!
バレリーナ・・・ですか?私にはとてもとても・・・(^_^;;!幼少の頃に見たカマキリ同士の争い、そして負けた方が喰われ・・・、以来ダメです。背筋がぞっとします。これをリアルで見たら・・・、やはり背筋が凍るでしょう!
これを撮ったカメラマンに脱帽です。

ブログへのコメントです (^o^)/

『センチュリーホテルでランチを戴きました』
良いですネェ~!もう何年何十年も、このような料理、戴いたことがありません。柄じゃないですし、それに服装も野暮ったいファッションのものしか持っていないので、恥ずかしくてとても行けません。
金時豆のポタージュスープ、珍しいですね。なんかとても美味しそうなイメージです。地元の京野菜や西京味噌を使うなど、さすが!ですよね。
ロビーのティーコーナーを見ても、私が行くには”場違い”なところですヨ (^_^;;!

投稿: コスモス | 2011年2月 7日 (月) 07時26分

カマキリの決定的瞬間を捉えた写真ですね。
でも本物は苦手ですから逃げます。卵も不気味です。

昨夜、フカヒレスープを試みました。
本物より格段に味は下ですので見つけられても、
あまりおすすめしません。
それにしてもトマトスープが50円とは格安ですね。


matsubaraさんへ

決して私が撮ったものではありませんヨ (^_^)!私だったら、カメラを向けるどころじゃないです (^_^;;!
市販のふかひれスープでは、本物とは比べ物にならないでしょうね。でも私は、その本物を頂いたことがありません (^_^;;!
ですから”ふかひれスープもどき”という考えで頂こうかと思います。
母と2人暮らしなので、あれでも多いぐらいです。でも値段に惹かれて買ってしまいました。50円はお得ですよネェ!

投稿: matsubara | 2011年2月 7日 (月) 08時32分

カマキリ、ヘビ、トカゲなどなど大嫌いです。
このカマキリは頑張っていますね。
立ち上がると大きいのですね。
羽根がこんなに綺麗だとは知りませんでした。
時々草花の中で見かけますが、到底手ではつかめず
挟むもので、そっと摘まんで遠くに捨てます。


すみれさんへ

ホント、蛇とカマキリだけはダメ!です。こう言うと意地悪い人は『男のくせに…』と、軽蔑の眼を向ける人もいますが、誰だって苦手なものの一つや二つ、ありますよネェ!
撮影者はきっとプロのカメラマンでしょうから、大きなレンズを向けられ、「なんだ?!」と思わず戦闘の威嚇ポーズをとったのでしょう。最大限に大きく見せているのが分かります。
私も、あんな羽根があることは、初めて知りました。

投稿: すみれ | 2011年2月 7日 (月) 11時31分

慕辺未行さん
 こんばんは!(^^)!
コメントのお返事ですgood
私もホテルのレストランでランチをする時は
野暮ったい、普段着ですよ。
パンツとセーターにジャケット
勿論スニーカーです。
リュックを持っている事も有ります。
全然気取らなくても好いのですよ。
 お味は優しくて、京野菜の温野菜が嬉しいです。
お値段も決してお高くなくて・・
ランチは大体2000円止まりです。
 京都へ来られた時は是非
京都駅近くのホテルへお立ち寄りくださいねconfident
 読み捨てになさって下さいね。
 

コスモスさんへ

(^_^)/ハイ!いつも、ありがとうございます!
(-_-)ウーン・・・、それでもオイラきっと・・・入店拒否されそう!
では、失礼させていただきます。

投稿: コスモス | 2011年2月 7日 (月) 22時53分

ハハハ、なんとなく、エリマキトカゲのイメージですね。
カマキリは何度かSaas-Feeの風の写材になっていて
ブログで面白く話をつけていると好評だったのですよ。
見ていると面白く、なかなか愛嬌のある昆虫です。


Saas-Feeの風さんへ

エリマキトカゲ、懐かしいですネェ~(^o^)!その昔TVCMで登場し、一大ブームを巻き起こしましたよネェ!
でも、このカマキリ・・・襟巻きはないですが・・・(笑)!
『愛嬌のある昆虫』ですかぁ (@_@)?私には、『共食いするほど凶暴な昆虫』にしか見えないのです・・・(;_;)
このタイガーホース・・・もとい、トラウマは・・・、死ぬまで治らないでしょう!

投稿: Saas-Feeの風 | 2011年2月 7日 (月) 23時05分

ほんと、全身で威嚇していますね。
蛇は苦手ですが、カマキリは大丈夫です。
子供のころはよく捕まえたりしてたのを思い出しました。
ときどきカマに挟まれてたことも思い出しました(汗)


Junjiroさんへ

撮影したカメラマンのカメラが、よほど恐ろしいものに見えたのか、「かかって来るなら、かかって来い!」とばかりに、大きく見せて威嚇しているように見えますよネ!
Junjiroさんも、蛇は苦手ですか?!ホッ!(^_^)ヨカッタ!手も足もないのにニョロニョロと動く姿、”身の毛もよだつ”ほどです (^_^;;アセアセ!
でもカマキリは平気ですか?オイラもし、蛇とカマキリがそれぞれ100匹ずつ送られてきたら・・・?それだけで失神、いや、ショック死するかも・・・?(笑)です (^_^;;!

投稿: Junjiro | 2011年2月 7日 (月) 23時12分

こんにちは。
これは誠に面白いカマキリさんのポーズですね。
神社とお寺の節分の呼び方が違うのは初めて知りました。
ブログは物知りになりますね。


seiboさんへ

草花の中にいて、こちらの気配に気づき威嚇のポーズをとるところは私も見たことがありますが、このように道路上に立って威嚇する姿は、初めて見ました。
コスモス様が書かれていた節分社と節分会ですネ!私も初めて知りました。
私も皆様からいろんなこと、教わっています。

投稿: seibo | 2011年2月 8日 (火) 12時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 冬花火! | トップページ | 母73才、初めての海外へ 10日目その1 『マルクトへ』 »