« 春日井市都市緑化植物園の秋 | トップページ | 母73才、初めての海外へ 6日目その3 『ホーエンシュヴァンガウ城へ』 »

2010年12月 5日 (日)

桜と紅葉のコラボレーション! 豊田市小原

 先週土曜日(11/27)、朝早く起床し香嵐渓で色鮮やかな紅葉を楽しみ、次にやって来たのが同じ豊田市内(旧・小原村)の小原ふれあい公園。四季桜と呼ばれる桜 cherryblossom と紅葉 maple が共演しています (^o^)!

今から10年ほど前でしょうか、それ以来2度目です。その時は、それほど人も多くなかったのですが、今回はものすごい人でした。道路渋滞こそありませんでしたが、駐車場へ入るのにかなり並びました。出店もたくさん、イベントもあって、”お祭り event ”ムード満開でした。

それでは、四季桜と紅葉のコラボレーション、ご覧ください。
*今回も先週の香嵐渓の写真同様、クリックすると大きく見られるようにしてあります。

Cimg1280


Cimg1281


Cimg1284


Cimg1294


Cimg1288


Cimg1290


ブログ仲間のSaas-Feeの風様も、この2日前に行かれたそうで、すでに先週ブログに公開していますので、そちらをご覧になられた方もいらっしゃると思います。風様の写真に比べて私のは・・・、ヘナチョコカメラマンの腕で撮った写真ですから、駄作のオンパレードですネ (^_^;;!

手に入れたパンフレットによりますと、この『小原ふれあい公園』には四季桜が300本に対し、この公園から4kmほど先の『川見(せんみ)四季桜の里』には、四季桜が1200本もあるようです。そちらへも行ってみれば良かった (-_-)ウーン!

日帰りドライブは、まだまだ続きます。その様子は、また後日 (^o^)/!

|

« 春日井市都市緑化植物園の秋 | トップページ | 母73才、初めての海外へ 6日目その3 『ホーエンシュヴァンガウ城へ』 »

コメント

素晴らしい景色ですよね。
風さんのお写真も拝見しました。こんなところに行くと日本の美しさをひしひしと感じられるでしょうね。これはどう見ても友禅の着物の裾模様です。
風さんのお写真は素人の域をはるかに超えていらっしゃるから別格です。でも、そこへ行ったという証拠に写真残しておくことはいい思い出ですから、せっせと撮りましょうよ。


hannaさんへ

風さんのブログを見て、この公園よりももっと綺麗なところがあったようで、ちょっと後悔しました。でも、なかなか見られない光景ですから、これでも”よし”としなければ!
この日も本当に天気が好くて、桜も紅葉も青空に映えました。構図を色々考えたのですが、やはりセンスが今一つないみたい・・・(^_^;;!
風さんに限らず、私の男性のブログ仲間の方々は皆、素敵な写真を撮っています。女性の方々も、素敵な写真撮られていますヨ!私なんてホント、写真に関しては劣等生です(笑)!

投稿: hanna | 2010年12月 5日 (日) 23時03分

紅葉の季節に桜も一緒に楽しめるとは
今まで知りませんでした。
お話だけお聞きしたら本当?と半信半疑かもしれませんね。
こうして皆さんの素敵なお写真拝見すると
その素晴らしさに感動し、見てみたいなぁ~と思います。
お写真素敵に撮れていますよ。
2枚目のお写真が特に素晴らしいです。
桜の木はこんなに白っぽいのですね。


すみれさんへ

ここ、豊田市小原地区(旧・小原村)の四季桜、私は2度目ですが、地元のTVニュースでも大々的に扱われたそうです。それだけ珍しく、人々の目を引き寄せるのでしょうネ!
でも私が知る限り、桜って秋に咲く花でもあるのですヨ (^_^)!かつて私が初めてネパールを訪れたとき(1984)、やはりこの時期に桜が咲いていました。
駄作の写真、お褒め頂きありがとうございます \(^o^)/ワーイ!でもさぁ、すみれさんのブログのお花の写真やスライド、そちらのほうがずっとステキで素晴らしいですヨォ (^o^)!

投稿: すみれ | 2010年12月 5日 (日) 23時45分

慕辺未行さん
 おはようございます(^^♪
最近はどこも多くの人で賑やかになって
「前に来た時はこんな事無かった」と思いますね。
10年前と今とでは知名度もうんと違っている事だと思います。
 お写真を拝見して、↑のhananaさんやすみれさんさんと全く同じ気持ちで拝見しています。
本当!!「友禅染め」を思っています。
このような図柄?の着物は近くの西陣のお店でよく見ます。
お写真素晴らしいです。
 風さんの所でも拝見して感動しましたが、
慕辺未行さんのお写真にも、ご自分の想いが感動が表れていると思いました。
 このような風景が見らる場所が有るのは嬉しい事ですね。
もし、四季桜と言われなければ、雪のようにも見えますね。
 どれもクリックして拝見しましたが、私も特に二枚目にしばし足を?目を止めてしまいました。
一番下のマクロで撮られたのだと思いますが
クッキリ素敵に撮られましたね
1輪、一輪の桜がお日さまを受けて嬉しそうで
私も喜びを感じています。
 この続きも愉しみに拝見しま~すhappy01
 

コスモスさんへ

この後日、四季桜のことを話したら「夕方のニュースで見ました」という声。それでかもしれません。メディアの情報は大きいですから、たくさんの人が訪れるようになったようです。
この写真をご覧頂いて、友禅染めを連想されるなんて、皆さん美的センスが素晴らしいですネ (^o^)!
私も風さんに負けじと、少しでも美しく撮ろうとしましたが、所詮レベルが違います (^_^;;!私なりの貧弱なセンスで撮った写真で申し訳ありません。
桜の種類は違いますが、滋賀県のあるお寺でも紅葉の季節に咲く桜があったのを覚えています。どこだったかナァ?湖東三山のどこかだったと思うのですが・・・?
春の桜と違って全体的に白っぽいですから、雪のようにも見えますよネ。最後は、一つ一つの花が小さかったので、マクロで撮ってみました。

ブログへのコメントです (^o^)/
『京都北野天満宮「御茶壺奉献祭・口切式」』
京都は本当に歴史のある古式ゆかしいお祭りが目白押しですネ (^_^)!茶摘み姿の女性は別にして、他はやはり『平安絵巻』を思い浮かべます。平安時代から続く儀式ではないようですが、やはり京都で行われているお祭りだけあって、衣装もこのようなものになるのでしょうね。
茶摘み姿の女性を見て、今年5月参加した『野麦峠祭り』の工女役の女の子たちを思い出しました (*^o^*)!

投稿: コスモス | 2010年12月 6日 (月) 07時03分

風さまと比較すれば誰でもひるみますが、勇気を出してがんばりましょう。個性と思って撮ることにしています。内心は手本とする場合が多いのですが・・・

近いのにここへ行ったことがありませんがお二人の写真で想像しています。

スイス・ドイツはすでにこちらに紹介されているのですね。
私のドイツの記事を読んで下さったのに失礼していました。
これから拝見します。


matsubaraさんへ

風様と比較すること自体、恐れ多いですよネェ!私は私なりの写真で!と思いつつも、私も構図などの勉強をさせていただいています。
この小原地区と香嵐渓、比較的近いですから、ぜひ来年お出かけになってください。車でないと不便なところですから、よろしければお供しますヨォ!
アクセス解析を見て、ビックリしました (゚o゚)オォーッ!ドイツ・スイスの旅の記事、ずいぶん読んでくださったのですネ!もしかしたら全部・・・?ありがとうございます m(。_。)mアリガト!相変わらずダラダラとした文章なのに、申し訳なく思います。

投稿: matsubara | 2010年12月 6日 (月) 12時52分

サクラと紅葉、なんとも不思議な組み合わせですね。
でも、新鮮でいいですね。

昔はもっと人が少なかったのに…と思うことはちょくちょくあります。
人が多いと、ゆっくりと見て回ることができないですけど、
やはり賑やかなのはいいなとも思います。


Junjiroさんへ

このような光景、なかなか見られないので、お読みくださった皆様、楽しんでいただけて嬉しく思います (^_^) 。
TVニュースの中でも取り上げられたそうですから、たくさんの人が訪れるのも仕方がないですね。ゆっくり見て周れないと思う反面、賑やかでいいナァ!と私も思いますし・・・!どちらも一長一短ですネ (^_^;;!

投稿: Junjiro | 2010年12月 6日 (月) 20時53分

慕辺未行さん
 コメントのお返事ですgood
風さんのお写真には到底敵いませんが
私は被写体に愛情を感じて撮ると、何か写真から感じられるものが有ると思っています。
 すみれさんのお花の写真を拝見した時に、それを思います。
そして、「綺麗いやな、」「素敵やなあ」
愛しいなあ」と思う事が感性を豊かにしてくれるのかもと・・・。
 『京都北野天満宮「御茶壺奉献祭・口切式」』は
私も初めて見ました。
内容がもう一つ解らないままに写真を撮ってブログを作りました。
作った私がよく解らないのですから、ご覧戴く方はもっと解り辛いかったと思います。
唯、このような伝統行事が有る事を知って戴ければと思いました。
 『野麦峠祭り』覚えていますよ!(^^)!
時代背景は違いますが、似ていますね。


コスモスさんへ

私の下手くそな写真で、何かを感じていただけたら嬉しく思います。10~20代の頃は一眼レフと広角、標準、ズームレンズを持って色々な被写体を撮ったものですが、今はもう持っていません。

ブログへのコメントです (^o^)/
『京都・紅葉の「宝が池公園」を散策しました』
宝が池、はるか昔、私がまだ高校生だった頃、出町柳駅から乗った列車が「宝が池」という名の駅を通ったことは、記憶の彼方に残っています (^_^)!立ち寄ったことはありませんが、紅葉の季節は綺麗ですネ!白鳥も飛来するのですか?!きっと「雅な心」が分かる白鳥さんなのでしょうネ!
「いちご白書をもう一度」もとても懐かしいです。私も好きな歌でした。ばんばん、ばんばひろふみさんの名曲ですネ!

『近江八景を巡見しました (その1)』
「近江八景」、言葉では聞き覚えがあります。でも、久しぶりに聞きました。「あぁ、そういえば・・・」という感じです (^_^;;!でも言葉だけで、八景がどこなのかは全く知らないです。それでも石山寺はけっこう有名ですから、名前は知っていました。「月見台」、絵葉書で見たことがあります。
滋賀県ってとても近いのですが、こうして拝見させていただきますと、まだまだ知らないところばかりです (^_^;;アセアセ!

投稿: コスモス | 2010年12月 7日 (火) 06時26分

はい、大体そこは全部拝見して、初回のネパールもぼちぼち・・・
でも途中で笑いが止まらなくなって困りました。
すみません。
遠距離恋愛の彼女のことも気になりますし・・・
一人でここまで旅できたということは今後の自信に繋がりますね。
大韓航空は安いので利用することが多いです。というよりツアーに組み込まれていますし・・・ハングルも齧りましたので韓国料理を頼む時はその国の言葉にします。
あと、中国語とスペイン語をほんの少し・・・

香嵐渓とその小原地区、おりがありましたらよろしくね。


matsubaraさんへ

『2002 ドイツ・スイスの旅』、お読みいただいて嬉しく思います。また、ネパールの記事も少しお読みいただいたようで、ありがとうございます。ちなみに初めてネパールへ行ったのは、『1984 はじめての海外へ』の時で、まだ22歳の時のがむしゃらな海外一人旅でした。”若気の至り”ということもあったでしょうが、トラブルに次ぐトラブル・・・、こちらも笑えるかも・・・?いや、読まれた方々は「読んでいてこちらもハラハラしました」というコメントもありました。
ハングルに中国語、スペイン語も (゚o゚)?!英語にドイツ語、フランス語もでしょ!す・すごすぎ !!(゚ロ゚屮)屮

投稿: matsubara | 2010年12月 7日 (火) 08時53分

こんにちは。
素晴らしいコラボの光景ですね。
ここはテレビで拝見しましたので、是非一度行きたい場所です。
春にも咲くのでしょうか?でも紅葉とのコラボは秋ですね。


seiboさんへ

TVでご覧になられましたか?私はTVでは見ていないのですが、香嵐渓からそれほど遠くはないので、そちらへも足を延ばしてみました。想像以上の人出にホント驚きました。春は・・・どうなのでしょうネェ?紅葉とのコラボは、秋ですね (^_^)!来年はぜひ、お出かけください。

投稿: seibo | 2010年12月 7日 (火) 13時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 春日井市都市緑化植物園の秋 | トップページ | 母73才、初めての海外へ 6日目その3 『ホーエンシュヴァンガウ城へ』 »