« 楽しそうだネ (^_^)! | トップページ | 母73才、初めての海外へ 初日その4 『エルマー&アンジュラに再会』 »

2010年10月 3日 (日)

♪ 99 Luftballons ♪ ~ドイツ統一20周年です~

ドイツの旅日記を書き始めましたので、ドイツ語の歌としては日本で最大のヒット曲、Nenaの「99 Luftballons」を紹介します。日本では『ロックバルーンは99』と訳されました。実はこの歌、『戦争なんてくだらないことよ』というメッセージが込められた歌なのです。売野雅勇氏の訳詞も書き添えました。ご存知の方もそうでない方も、英語とは違うドイツ語の響き、訳を見ながらお楽しみ下さい (^_^)!

        ロックバルーンは99

ヒマだったら歌ってあげる
99のルフトバルーン
100個に1個足りない風船の歌よ
地平線の向こうで
あなたは今頃 私のこと考えているかな
ヒマだったら歌ってあげる
99のルフトバルーン
下らないことは、下らないことから生まれるのね
そういうことは、つまり、そういうこと、ってね

99個の風船が 地平線に浮かんで
誰かがUFOだって言ったら
兵隊のボスは警告するために 兵隊を送り込んだんだ
まるでホントのUFOのように
でも地平線には 99個の風船だけ

99の戦闘機が イカシたパイロットを乗せて
カーク船長気取りで突撃したけど
花火があがったよ みんなワケがわからず
攻撃されたと勘違い
地上からも同じことね 99の風船めがけて発砲、発砲よ

99人の国防大臣たち マッチ棒とガソリン缶をちらつかせ
頭がいいつもり
大量の獲物をかぎつけ
戦え!と叫んで権力を追っかけた
誰もこんなこと、思ってもみなかった 99個の風船くらいで こんなことになるなんて
99個の風船くらいで こんなことになるなんて

99の戦争
勝ったって国はなくなるし、国防大臣たちももういない
ジェット戦闘機の影もない
私はいつもの道を行く ガレキの街の片隅に
風船を1個、見つけたよ
あなたのことを思いながら空へ
飛ばしたよ

いかがでしたかぁ (^_^)?!この歌の意味を知って、「ヘェーッ!」とか「うーむ!」と思われたでしょうか?

ところで今日10月3日は、東西に分かれていたドイツが統一されて20周年になります。
1989年、世界中を「アッ!」と言わせた『ベルリンの壁』崩壊、そして翌1990年のこの日、東西が統一されました。この歌がヒットしたのは、そのほんの数年前でした。何か時代の流れがあったのかナァ?と思いました。

|

« 楽しそうだネ (^_^)! | トップページ | 母73才、初めての海外へ 初日その4 『エルマー&アンジュラに再会』 »

コメント

強烈に皮肉を込めた歌なんですね。戦争なんてこんなばか騒ぎから生まれているようなもの。そして何も生み出さない。
国が変るというのはこうした国民の内部に意識が形作られてくるからなんですね。コミニストの国ではそういう意識を生まれらさせないためにマインドコントロールしようとしている。だけど、ベルリンの壁のように成熟した国民によって洗脳された意識が崩壊させられることを祈りたいです。ルーマニアの独裁が崩壊したのもこのころでしたね。


hannaさんへ

本当は、訳を載せるつもりはなかったのです。記事中にはあえて書かなかったのですが、尖閣諸島での中国との問題や北朝鮮との関係、まかり間違えばこの詞のように、勘違いや誤解から戦争に発展する可能性だって、ないとは言えません。だからこそ、訳詞を載せ戦いやいがみ合いの下らなさを書かざるを得ませんでした。
hannaさんがおっしゃる「マインドコントロール」された国、それがどの国かは私には当然解かります。一族による独裁国家や一党独裁国家、世界中の真実が知らされない国民、都合の良いことだけを報道し、臭いものには蓋をするように指導する権力階級、いつか必ずや滅びます。民衆の怒りによって!ソビエトが崩壊し、東欧諸国も世界地図を大きく変えました。アジアにもその風が吹くのは、そう遠くはないと思います。

投稿: hanna | 2010年10月 3日 (日) 23時37分

この曲知ってますよー(゚▽゚*) 
動画では見た事なかったけど、ドイツ語だったんですね。
ドイツは水曜どうでしょうの北欧編を観た時に出てきたロマンティック街道に行ってみたくなりました。


ウンディーネさんへ

オォッ (゚o゚)!ご存知でしたかぁ (^_^)?!もう20年以上前の曲ですから、まさかウンディーネさんがご存じとは・・・!その頃、おいくつでした (^_^;;?
本当は他の動画で紹介したかったのですが、『埋め込み不可』で・・・。ステージで歌っている動画より、もっとリアルに解かる動画があるのです。ちなみに”英語バージョン”で似た動画、観られます。
あのぅ~ (^_^;;ヘヘッ、まだ良く解からないのですが・・・?『水曜日どうでしょう』って・・・?
ずっとブログの更新がないから、メールしようとしてたけど、文章がまとまらなかった・・・(^_^;;アセアセ!元気なら、ひと安心 (^_^)!
この先のドイツの旅日記でも、ロマンティック街道が出てきますヨォ (^o^)!まずは私のブログでバーチャル旅行!楽しんでくださぁい (^o^)/

投稿: ウンディーネ | 2010年10月 3日 (日) 23時51分

慕辺未行さん
 おはようございます(^^♪
まず↓のコメントのお返事です
舞妓さんの「おおきに」は女性の私でも
ドキッとしました。
 舞妓さんが海外に出られる絶好のチャンスです
どうぞどうぞお友達に送ってくださいね。

ベルリンの壁が崩壊される様子はテレビで見て、
感動をした事を覚えています。
ドイツの方達の歓喜のようすも。
この歌はその数年前にヒット
確かに時代の流れが有った気がしますね
そしてあれから20年も経つのですね
感慨があります。
 
最初に音楽を聴いて「煩い曲やなあ
私の好みとは違う・・・」
そして「戦争なんてくだらないよ」のメッセージとの
慕辺未行さんの説明を読んで
もう一度歌を聴きながら歌詞を読みました。
最初聴いた時と何故か違う歌に聞こえました。
勿論言葉の意味は解らないですが。
 強烈な皮肉をこめた歌だったのですね。
戦争で生み出すものは何も無い。
 日本でも極一部の人を除いて
全ての国民にとって戦争は苦難の始まりでしたね


コスモスさんへ

ありがとうございます。舞妓さんの写真、後ほどダウンロードさせて頂きますネ (^_^)/!
もう20年以上前ですが、ベルリンの壁崩壊の映像、私もはっきりと覚えています。大きなハンマーを叩きつけ歓喜の雄たけびを上げる人々、ものすごい騒ぎでしたね。そのニュースを聴いたとき、私自身も最初は信じられないほどでした。
この曲は日本でもかなり流行った曲なのですが、しかし歌詞の意味を知っている人はどれほどいるかナァ・・・?実はこのような反戦のメッセージ、それも皮肉のこもった内容にして!この曲の最初と最後、『下らない理由で戦争が始まり、たとえ勝っても何も残らない、国さえも亡くなる、あるのはガレキの山だけ!』、戦争の愚かさを簡単に表しているように思います。
機会あれば、ドイツのしっとりとした曲、紹介しますネ。

ブログへのコメントです
『北野天満宮「ずいき祭」神幸祭アラカルト』
かの道真公は、ここから太宰府へと左遷され、懐かしんだ梅が一夜のうちに飛んで行ったのが太宰府天満宮の『飛梅』ですネ!
しかし、さすが由緒高き天神様、お神輿が時代を語っているように思います。こんな小さなうちから、子供たちは京都の伝統文化に触れ、いつの間にか生活の一部になって受け継がれていくのでしょうね。京都の奥深さ、こんなところにも垣間見えます。
子供たちの恰好を見ると、巫女さんもいれば公家方もいて、このような役柄はどのようにして決まるのかナァ?とふと思いました。でも子供たちの『平安絵巻』、素敵ですネ!最後の4枚の上段の写真、私は『紫式部』と『清少納言』かと思いました (^o^)/!みんな、カワイイ (^_^)!

投稿: コスモス | 2010年10月 4日 (月) 07時16分

ドイツは統一され、EU諸国の通貨も統一され歴史は少しずつ変わっていますね~そのうちもとより住みやすくなるのですかね~
ドイツ統一後しばらくは旧東ドイツでは職も給与も随分厳しい状況と新聞で見ましたが、今はどうなのでしょうかね!?


青龍○段さんへ

20世紀晩年からヨーロッパは劇的に変わりつつありますネ!ソ連の崩壊、東西ドイツの統一、東欧諸国もずいぶん変わりましたね。
統一直後は、経済格差もひどかったでしょうが、あれから20年、今日の新聞によると解消されてきているようですが、それでもまだ残っているとのことです。それと、移民問題もあるようです。そういえば以前訪れたとき、エルマーの父がおっしゃっていました。「東(東欧)からの移民が増え、治安が悪くなった」と。

投稿: 青龍○段 | 2010年10月 4日 (月) 08時59分

政治と宗教、この二つは取り扱い注意dangerなので、そ~っと
世界中の戦争がなくなりますようにconfident
とっても簡単なことなのに
とっても難しいことなのはどうしてなんでしょうねdespair
みんながより多くの幸せを求め過ぎ?
ちょこっとずつ譲り合って、みんなが幸せになれると良いですねclover


きゃぶさんへ

ブログ上で政治や宗教のことを扱うのは、たしかに勇気がいりますよネ!ホント、取扱注意!です (^_^;;!私の場合、あまり大げさに扱いはしませんので (^_^)!それと、スポーツ(特に野球)の話題も、堂々と書くのはコ・ワ・イです(笑)。
今もこの地球のどこかで、無意味な戦いや弾圧が繰り広げられています。私は某国の民族弾圧がとても許せません!あれも一つの『国内紛争』つまり『戦争』と同じだと思います。民族に優越なんて無いのに・・・!

投稿: きゃぶ | 2010年10月 4日 (月) 21時22分

最近は昔の曲のカバーなんかが流行ってますからね。
ロマンティック街道も行ったんですね。
写真早く見たいですぅ~happy01


ウンディーネさんへ

ホエッ (゚o゚? 誰がこの曲、カバーして歌ってるのですか?まさか・・・?英語バージョンもありますから、不思議はないか・・・!
ロマンティック街道、行ったと言っても、ほんの少しだけですヨ (^_^;;!ツアー会社のパンフに必ず載ってる、超有名なところだけです。母にとってのせっかくのドイツ、そういうところも連れて行かないと・・・ネ!

投稿: ウンディーネ | 2010年10月 4日 (月) 23時03分

 おはようございます~♪
慕辺未行さん
お疲れは取れましたか?
戴きましたコメントのお返事です。
 私もずいき祭は特に「八乙女さん」やお稚児さんに惹かれて毎年見ています。
子供たちは小さいのに長い道のりを、しかもお日さまの下を歩くのです。
昨日、偶然還幸祭を上七軒の前で見たのですが
やはり感動しました。
役柄はどのようにして決まるのでしょうね!(^^)!
昨年と同じ子供もいましたし・・・

京都は一年中何処かで行事が有って愉しめます。
慕辺未行さん、京都に来られる時は何かの行事が
有る時がより愉しめると思います。
 是非、是非一度京都へおこしやす(^。^)y-.。o○
ただし、観光シーズン中はマイカー禁止の場所が多くなりますよ。
 それからドイツのしっとりした曲をお願いしますね。
私は安らぎの音楽が大好きで!(^^)!
 これはコメントのお返事ですから
勿論sign03お返事は結構ですねgood


コスモスさんへ

いつもありがとうございますm(。_。)m
(^_^)/ハイ!ではコメレスはなし、ということで・・・
んっ?あ、あのぅ、京都の観光シーズン中って、1年中観光シーズンのような気が・・・(^_^;;?
 

投稿: コスモス | 2010年10月 5日 (火) 07時17分

ドイツの新しい曲は初めて聞きました。
私の知っているのは古すぎの野ばらと菩提樹くらいです。
野ばらと菩提樹はドイツ語の先生に授業中習いました。
18歳で覚えたものは少し記憶しています。歌だけは忘れないのですが、ドイツ語文法は忘れました。
これからでは遅すぎです。


matsubaraさんへ

この曲、新しいと言っても20数年前ですから (^_^;;!機会あれば、もう少し新しい曲を載せます。ドイツ語の曲でもう一つ有名なのは、1970年代後半ディスコブームのころ流行った曲で『ジンギスカン』があります。これも、機会あれば紹介してみます。
ドイツ語は文法よりも、名詞の性がややこしいです (^_^;;!文法は、基本的に動詞が2番目で、後は言葉を並べるだけでもかなり通じます。←ムチャクチャですが、ホントかなり通じました(笑)!

投稿: matsubara | 2010年10月 5日 (火) 08時47分

カバーと言っても日本人ではなくて外国の若いグループが歌ってるんですわ。
他のグループでABBAのカバーを歌ってるスウェーデンのグループのA☆Teensとかいますけど、ABBAよりそっちの方が聴きやすい・・・・・。←凄い控えめに言ってるww(゚m゚*)


ウンディーネさんへ

やっぱ、そうですネェ―!ABBAのカバーを歌っているグループもいるのですか?!でもって・・・、そちらのほうが聴きやすい (゚o゚)?私は聞いたことがないので、何も言えませんが、でも今まで数々聴いたカバー曲でオリジナル以上のものはない!のが私の見解なのですヨ (^_^;;!あっ、だから『凄い控えめに言ってるww(゚m゚*)』のですネ (^_^)!
ABBAといえば、♪ダンシング・クイーン♪が真っ先に浮かびます。それから・・・♪ママミア♪、♪ロック・ミー♪かなぁ?なんか懐かしい (^_^)!テープがあったような・・・!

投稿: ウンディーネ | 2010年10月 5日 (火) 23時05分

そうなのよ
ジンさんはそう言うと思って、すごーく控えめに言ったのっ!笑

o(*^▽^*)o

何回もコメすんません リアクションが面白すぎて・・happy01

(・∀・)


ウンディーネさんへ

よ・読まれてる・・・(^_^;;!ったく、もう!
リアクション面白すぎ・・・ですか?私ゃ普通にコメレスしてるんですが(笑)!そんなに面白いかナァ (・_・?

投稿: ウンディーネ | 2010年10月 6日 (水) 01時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 楽しそうだネ (^_^)! | トップページ | 母73才、初めての海外へ 初日その4 『エルマー&アンジュラに再会』 »