« ネパール再会の旅 88 『帰国』 (最終回) | トップページ | ○○○三兄弟?! »

2010年9月19日 (日)

コスモス様、平安人様のブログへのコメントです。(その3)

これで3回目ですが、現在もご都合でコメント欄を閉じられてますコスモス様、平安人様の、京都を多彩に紹介するブログへのコメントを、ここでさせていただきます。
それぞれのタイトルをご覧になって、興味・関心を持たれた方、ぜひ覘いてみてください。

『京都市内に残るラジオ塔を訪ねて(その1)』
「ラジオ塔・・・???名古屋にテレビ塔はありますが・・・?どんなのだろう?」というのが、タイトルを見て思ったことです (^_^;;ヘヘッ!
名古屋のテレビ塔や東京タワーのような、タワーなのかな?と思った私は、ちょっとビックリ!『塔』というより『燈』ですネ (^_^)!昭和初期に全国各地に設置されたのですか?ならば、この地方・地域にあっても不思議はないですネ!でも、聞いたことがありません・・・。テレビが出た頃の『街頭テレビ』のようなものだったのでしょうか?(←これを書き続きを読み進めたら・・・、そう書いてありました(笑))
それにしても平安人様、猛暑の中11km、本当にお疲れさまでした。私の母と同い年とお聞きしていますが、ずっとお元気です!

『京都・伏見街道を伏見稲荷~深草まで歩く』
京都・伏見には若いころ旅先で知り合った旅仲間が住んでいて、泊めていただいたことがあります。1人は深草駅近く(?)、また別の人は丹波橋駅近くだった記憶しています。いずれも、夜遅くに着いて泊めていただいただけなので、その辺りの風景は全く見ていなくて・・・。
そのようなたたずまいの街だったのですネ!宿場町のようです。聖母女学院は、知りませんでした。いかにも『明治』の建物という雰囲気です。愛知県の明治村にある『旧・帝国ホテル』と良く似た感じです。

『9月2日の南禅寺塔頭「天授庵」のお庭』
最初の写真は、鯉も暑そうに見えますネ!あれだけ日が当っていると、たとえ水の中でも暑いかも・・・?でも、まだ残暑きびしかったころですから、コスモス様の『私は鯉になりたい』という気持ち、納得です (^_^)!竹林の笹がとても涼しげですネ!まだハスの花があったのですネ!

『束の間の涼しさに誘われて北嵯峨を歩く』
たしか台風一過の翌日は、こちらも涼しい一日でした (^_^)!が、おっしゃる通り『束の間』でしたネェ!広沢池、名前だけは聞き覚えがあります (^_^;;!あれっ?もしかして猿沢池と勘違いかも・・・(笑)!
でも、池の色がほど良いグリーンですネ!対岸の山里の景色も、古き時代の日本の原風景!って感じです。

『京都市内に残るラジオ塔を訪ねて(その2)』
この地方にもラジオ塔が残っていないか、ネットで検索してみましたが、未だ情報がつかめません。戦時中、空襲にも遭いましたし、残っていないかもしれません。
それにしても、形や大きさ、様々ですネ!拝見して「ヘェーッ!」と感嘆します。八坂神社は何度か訪れたことがあるはずなのに、気が付きませんでした。後ろに貼られた当時の写真、人々の麦わら帽子、カンカン帽が時代を物語っていますネ!
もしかしたら、玉音放送もここから流れ、これらのラジオ塔の周りで多くの人々が膝まずき、涙を流したのでしょうか?

『京都・富小路通を歩く』
最初の写真、私はつい『ツタの絡まるチャペルで・・・』と思い起こしたのですが・・・(^_^) 、コスモス様も同じ感覚の持ち主でしたネェ~(^o^)!読み進めて「やっぱりB型だぁ!」と感じましたヨォ~!
いつもいつも、風情ある京都を紹介して頂いて、すぐにでも行きたい気分になります。ランチに立ち寄られたビルも、明治か大正か?という雰囲気ですネ!
よろしければ、一度京都の街をご一緒させていただきたいと思う気持ちが、ますます強くなってきました (^_^;;ヘヘッ!

『ギャラリー笑栄堂”京町家でキルトとふれあう”』
こういうモノづくりが出来る人、とても羨ましいです。私はどうにも不器用で、子供の頃の図画工作や美術・技術などの科目はいつも・・・(^_^;;アセアセ!
それにしても、タペストリーにしたり、座布団にしたいようなデザインですネェ (^o^)!
「ボロ布として捨てるのもナァ・・・」と思って、夏の汗染みで汚れたネクタイが何本かあるのですが、誰か再利用してくれないかなぁ?!

『京都の秋・音楽祭が始まりました』
フル・オーケストラのクラシックコンサート、1時間半でたったの1000円ですか (・o・)?!スゴイ!安い、安過ぎるぅ~!
地下鉄駅通路に飾られたレリーフも、素敵な作品ばかりですネェ (^o^)!前記事のキルトもそうですが、このような作品を作ることが出来る人、本当に羨ましいです (・_・)イイナァ!
クラシックは滅多に聴かないのですが、100円ショップで買ったクラシックの名曲集のCD、何かのおまけで付いていたテープは、ひと頃ハマりました。目覚まし代わりにしていたころもありました (^_^;;ヘヘッ!

いかがですか?私の拙い感想よりもタイトル、とくに『ラジオ塔』に興味持たれる方もいらっしゃるのでは・・・?一見の価値ありですヨ (^o^)/!

|

« ネパール再会の旅 88 『帰国』 (最終回) | トップページ | ○○○三兄弟?! »

コメント

心ひかれる場所ですね。いくつかは訪れたことがあります。京都はいつ行ってもいいところですね。


hannaさんへ

毎回毎回律儀なhannaさんですネ (^_^)ニコ!
今、お二人のブログのコメント欄が閉じられているので、この場でまとめて書かせていただいているのですが、もし再びコメントできるようになりましたら、ぜひご訪問してみてください。風さんや、青龍さんもつい最近影響を受けてか、同じ場所を紹介していました (^_^) 。

投稿: hanna | 2010年9月19日 (日) 23時04分

おはようございます~♪
慕辺未行さん
 何時も丁寧な心優しいコメントありがとうございます(^。^)y-.。o○
そしてコメント欄を閉じている事に心苦しさを感じています。
ごめんなさい。
 「伏見街道」はお勧めです。今も昔が残る街道ですよ。
明治村に有る「旧・帝国ホテル」は以前に訪れて
感動しました。

「天授庵」のお庭は暑そうに見えましたか?
池の周りを散策していると、やはり木々の間から風が
そよそよでした。
私の写真の拙さですね
 
「富小路通」も初めてだったのですが、京都に生まれて云拾年の私ですが、まだまだ知らない葉所がいっぱい有って
歩くのが愉しみです。
 私はB型を絵に描いて写真に撮って、コピーした人間と言われています。
典型的なB型ですね。
平安人さんもB型ですが、全く違うように感じられます。
 京都大好きな方達とご一緒出来たら嬉しいですね(^。^)y-.。o○
もしかしたら、私より京都以外の方がご存じだったりして(泣く)

「キルト」は根気のいる手作業です。
作られているのを見学?しましたが、
私には無理なようです。
でも作品はどれも素敵で、欲しくなりました。

音楽は大好きで、コンサートにも時々行きますが、
普段はもっぱらCDを聴いています。
特に下手な絵を描く時は静かな曲を流しています。
何となく上手に描けそうで・・・・(^_-)-☆
 コスモスの記事に対してだけ!お返事させて戴きました。

 結びです(^_-)-☆
慕辺未行さんにこのようにご紹介して頂いて
これからも出来るだけ京都らしい町並みを探して、徘徊を続けますね(いいえ、そのつもりです)
ありがとうございました(●^o^●)


コスモスさんへ

私もよく言われましたヨ!「B型でしょ?」と。ただ最近は、かつての『変わり者』ぶりや『破天荒』さが、なりを潜めています。その分、『几帳面』さが顔を出しているかも・・・?
matsubara様やSaas-Feeの風様は、お二人のブログを読んでいらっしゃるので、この記事を読んでも決してチンプンカンプンではないでしょうが、他の方は・・・?でも、陰でこっそり読んでいる方も・・・?
そういえば風さんが、花街を紹介されていましたネ!あのようなところを全く歩いていないのですヨ!一度のんびり歩いてみたいです。
 
 

投稿: コスモス | 2010年9月20日 (月) 07時59分

お早うございます
コメント欄を閉じていて ご迷惑をお掛けしており申し訳けありません 3回目のコメント 有難うございます 丁寧にお読み頂き
かつ丁寧にコメントまで書いて頂き恐縮の限りです
ラジオ塔のその2の最後に挙げましたのは 八坂神社ではなく
その東に広がる円山公園内にあるラジオ塔です 八坂神社には比較的近い場所に建てられていますので念の為申し添えさせて頂きます


平安人さんへ

ここで記事にしてコメントさせていただいていますが、返ってご迷惑になっていないでしょうか?
ブログ仲間の青龍○段様が、芥川近辺を紹介されたことがありましたが、コメレスを読みましたら、Saas-Feeの風様のところから、お二人のブログへ、そしてすぐ近くだったので彼も訪れてみた、ということでした。
ラジオ塔は、本当に見てみたいと思います。名古屋にないかと調べていますが、未だ情報は・・・?八坂神社ではなく、円山公園内なのですネ!ずいぶん前、八坂神社のすぐそばのホテルに泊まったことがあるのに、観察眼が鈍い私です (^_^;;!

投稿: 平安人 | 2010年9月20日 (月) 08時07分

いつも見せていただくブログですので、すべて成程と思って読みました。丁寧に、というより誠実に述べられているのでお人柄を感じます。
私は何に対してもアバウトですのでとても真似が出来ません。


matsubaraさんへ

matsubaraさんもお二人からコメントを頂いた際、お返事にお二人のブログへのコメントも添えていらっしゃいますよね。最近はコスモス様からよくコメントいただいていましたから、私ももう一度そうしようかと思いましたが、やはり今回もまとめました。
誠実とおっしゃっていただけて、とても嬉しく思います。私は皆様より若輩者ですし、ほんの若造にすぎません。皆様から『学ばせて頂く』気持ちを持って、今後も接していきたいと思っています。

投稿: matsubara | 2010年9月20日 (月) 11時10分

慕辺未行さん
 平安人さんも私もとても嬉しく思っています。
コメントを閉じていますので
中々慕辺未行さんのようなコメントは戴けません。
本当に励みになっています。

 風さんが宮川町へ行かれましたね。
実は私も最近行きましたが、風さんのように風情の有る写真は撮れなくて(多分、何度も訪れているから感動が薄れているのですね。)反省しました。
数日後にupしますが、期待しないで下さいね(泣く)
  お返事は結構です。


コスモスさんへ

(^o^)/ハーイ!お返事の代わりに・・・、
『雨の日の午後、花街「上七軒」を歩く』へのコメント、させていただきまぁす (^_^)!
花街、京都には何ヵ所ほど、あるのでしょうか?この記事の上七軒、風さんが書かれている宮川町、まだまだありますよね?ふと、本棚に『京都市』の地図がありました。が、もう30年前のものでした。地図には、『花街』なんて表記はないし、場所もさっぱり分かりません(^_^;;アセアセ!
も・もう一度、勉強しなおしまぁす (^_^)!

投稿: コスモス | 2010年9月20日 (月) 18時41分

こんばんわ
私のコメントにお返事を頂きまして有難うございます
コメント欄を閉じている為に却ってお心遣いさせて申し訳けございません コメントを頂戴するのは大変嬉しいのですが どうぞ余りお気を遣われないでください 貴方様のご負担にならない程度でお願いしたいと思います 
根本は私共がやむを得ずコメント欄を閉じていることにありますので何卒お許しの程お願い致します


平安人さんへ

こちらこそ、2度もコメントいただいて、恐縮です。気遣い症は、私の性分です (^_^) 。でも、決して負担にはなっていませんから、その点はご安心ください。
せっかくですので、コスモス様が書かれた記事でしょうが、
『京都・花街「上七軒」を少し外れて』のコメントをさせていただきます。

あのような佇まいを残す街並み、私は大好きです。落ち着くというか、情緒たっぷりですし、たとえ近所にあったとしても『旅気分』を味わえますから。最近では・・・、5月に野麦峠祭りに参加した帰り、木曽・奈良井宿に立ち寄り、中山道の雰囲気を味わいました。
名古屋にも、かつて『遊郭』と呼ばれたところがありますが、このような情緒はもはや残っていません。
ビアガーデンもあるのですネ (・o・)!でも、カタカナ表記より、違った表現はないかナァ?『麦酒園』でもいいし・・・!なんてことを思いました。でも一度、そこで飲んでみたい!

投稿: 平安人 | 2010年9月20日 (月) 19時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ネパール再会の旅 88 『帰国』 (最終回) | トップページ | ○○○三兄弟?! »