« ネパール再会の旅 69 『日英ネ言語学校で』 | トップページ | 盆が来ると思いだす・・・ »

2010年8月13日 (金)

ネパール再会の旅 70 『ワォ!ネパール語が読めた!』

5月20日(金)晴れ
カトマンドゥ 

 9時20分過ぎ起床。蚊がうるさくて今一つよく眠れずに、とりあえずシャワーを浴びることにする。10時にダルバール広場(旧王宮前広場)の方へ行き、多少の日本食と日本の新聞が置いてあるメギー・レストランにてブランチは、おじや(30ルピー)とグリーンティーとする。久々に日本の新聞を読む。昨日帰国された牧原さんと降矢さんからも聞いていた通り、4月下旬の名古屋空港での中華航空機墜落事故、F1レーサー・セナの死など、それらを報じる記事を読んでいた。プロ野球は、中日は2位と健闘しているようだ。

食後、ポストオフィスへ行き、ゲストハウスへ戻る。体を休めていると2時ごろパブラムから電話があり、月曜日に再び食事に招いてくれるそうだ。少し小腹が空いて、クリシュナ・モモ・レストランへ行き、チョウミンを食べる。そして本屋へ立ち寄り、ネパール民話の本(英語版)を買い、ネパリーズキッチンでコーヒーブレイク。

ゲストハウスへ戻り、ウマとアンジュが「日本語を教えて」と言う。どんな言葉を知りたいか尋ねると、ウマが紙に書き始めた。しかしそれがすべてネパール語。

「No,no ! I can't read !」
「No problem !」
「・・・、(読めるわけないじゃん)」

書かれた言葉を見てみると、「キナ タパイィ ・・・チュロット カヌ ツァ?」と読めてしまった!「キナ タパイィ チュロット カヌ ツァ? Why do you smoke? (どうしてあなたはタバコを吸うのですか?)」と言うと、ウマもアンジュもうなずきながら大笑い。いかにも「ほら、読めたでしょ!」と言いたげである。

でも、一番驚いているのは、当の俺自身だ。まさか、読めるだけでなく意味も理解できたのだから!知らず知らずのうちに、けっこう身についてしまっているようだ。ウマとアンジュは「日本語を教えて」というより、このような質問で、俺をからかいながら遊んでいるようにも思うのだけどなぁ。それだけ親しみがある、ということか。

明後日の日曜日は、再びアンジュのお姉さんの家へ行くことになり、月曜日はパブラムの招待、火曜日はアンジュと日本大使館へ行く予定だ。何だかんだ言いつつも、予定が入って来て、いつになったら日本へ帰るのやら・・・。

夕食は、7時ごろヤク・レストランにて、エッグカリーにナン、ラッシーとする。すると食事中に停電。ろうそくの灯りの中で食べる。でも、だいたい1日おきに、この時間になると停電するので、もう慣れっこになってしまった。

ゲストハウスへ戻り、ククリラムのコーラ割りを飲む。しかし、最近飲み過ぎなのか、胃の調子がやや悪い。少し量を控えめにして、今日は早めに休もう。

カトマンドゥ、マナスル・ゲストハウスにて

|

« ネパール再会の旅 69 『日英ネ言語学校で』 | トップページ | 盆が来ると思いだす・・・ »

コメント

「習うより慣れろ」経験に勝るものなし。実践で覚えて強さですね。
皆さんの人気者で楽しすぎて浦島太郎になるところだったのでは?玉手箱はあけないようにね。


hannaさんへ

ネパール語を日本で覚えようとしても、遅々としてなかなか進まなかったと思います。現地だからこそ、必要だとか、使える言葉を覚え実践したからこその成果、それに尽きます。ホント『習うより慣れろ』でした。
あの頃は確かに「帰りたくないなぁ!」という思いもありましたが、 同居していた両親のこともありましたし、とりあえずは帰国を優先するしかありませんでした。滞在ビザも最長で3カ月でしたし。
浦島太郎・・・、ヒ・ヒエェ~!明日のブログ、それらしき方の思い出を書こうとしていたのですヨォー (^_^;;アセアセ!

投稿: hanna | 2010年8月13日 (金) 23時13分

あの複雑な文字が読めたとはすごいです。
説明を聞いたら一応法則性はあるようですが
すっかり忘れています。
ナマステとダンナバードだけではどうにもなりません。

神話のページも古事記を思い出しながら読ませて頂きました。
有名な短歌も挙げておられますし・・・


matsubara(मातुबाऱा)さんへ

ナマステ!いつもコメント、ダンニャバード!
ネパール語(デバナガリ文字)でお名前書いてみました (^_^)/ 。tsu の文字だけは、合ってるかどうか自信がないのですが、他は大丈夫だと思います。
神話の旅も、お読みいただいたのですネ w(^o^)w!ありがとうございます。東海地方にはヤマトタケルノミコトゆかりの地がたくさんありますから、ひと頃はかなりハマっていました。出雲地方へも3回ほど行きました。神話の匂いがプンプンしてくるところですネ!

投稿: matsubara | 2010年8月14日 (土) 09時11分

こんにちは~♪
 慕辺未行さん
本当に「習うより慣れろ」なのですね
しかも一歳でも若い時・・・
何でも同じですね
最近少しだけhappy01歳を重ねてきて
そう思います
京都市の生涯学習のコーラス部に入っていますが
高齢の方の歌声の綺麗さ
この方たちも20年位歌っておられます

それにしても慕辺未行さんは人気者ですね(^^♪
ブログを拝見していてもコメントでも解る気がします


コスモスさんへ

最も長く学んだ英語が、あまり話せない理由が解かる気がします。学校教育の中の英語が、実践的ではなかったから。それに比べて、全く馴染みのないネパール語を短期間で、まだ片言レベルとはいえ知らず知らずのうちに身についているのですから、『習うより慣れろ』『好きこそものの上手なれ』ですネ (^_^)!
名古屋にも、『生涯学習センター』や『高年大学』があると思います。日本の経済成長を支えた方たちが、そのようなところを利用して楽しんでおられるようですネ!
人気者だなんて、全然ですヨー (^_^;;!『いい色』の方たちのコメント見ると、皆さんスゴイ!返事も大変だろうな~?と思います。『ココログ』は、コメントでのコミュニケーションが、他サイトに比べると少ないような気がします。

『♪雨に咲く花♪』へのコメントです。
もおぉぅ...(^o^)ニコニコ!しまくりでしたヨォ (^_^)!癒されますぅ!花は、やっぱりいいですネェ (^_^)/!このところの天候不順が気になりますが、花も大変でしょうネ!
雨に濡れた百日紅の花、ホント氷のお菓子のように見えます W(^O^)W!涼しげで、とても素敵な写真ですね。ありがとうございました。
 

投稿: コスモス | 2010年8月19日 (木) 11時36分

 コメントありがとうございます♪
嬉しく拝見しました。
 お花は本当に癒されますね。
撮っている時の幸せ感
どのように撮れば別嬪さんに撮れるか
お花に喜んでもらえるか
その時が一番嬉しいです。
 私はコメントは数名の方で充分だと思っています。
コメントのハシゴ?は何となく好きでは有りません。
人それぞれですが・・・
時間が勿体ない気がして
日常生活の中での知り合いとのコミュニケーションも有りますし・・・
本来のブログの目的はコメント交換なのでしょうね
 以前に申してました2人の方もココログですが、
お花を育てておられてその成長などを書いておられます。
訪問されている方もお返事もとても優しくて
読んでいても気持ちが好いですね。


コスモスさんへ

そうなんですよネェ~!花を撮るときって、ただ漠然と撮るのではなく、『どの角度から?』『どれぐらい近づくか?』等々・・・、考えますよネ (^_^)!花だって『見てもらいたい、”キレイ!”と褒めてもらいたい』と思って、一生懸命に美しく咲いているのでしょうから!やはり、よい写真を!と思いながら撮影しています。たとえそれが、バカチョン・デジカメでも・・・(笑)!
私のブログ仲間といえる方は、10人ちょっとです。でも、皆さん毎日ブログを更新されているわけでもないですし、このところ、コメント欄を閉じられている方も多くて・・・!
ただ一つ言えることは、こちらが興味・関心を持ってコメントしても、相手からは全くコメントがない場合、潔く身を引きます。現実社会でも、相手が関心を示さなければ決して親しくはなれません。それと同じだと思います。お互いに興味・関心を持つからこそ、親しくなれると思います。
ココログ内では、『ココログ広場』の『ブログ広場』のカテゴリーに参加してブログ仲間を探しています。同じ名古屋在住の方と親しくなれました\(^o^)/!

投稿: コスモス | 2010年8月20日 (金) 06時14分

慕辺未行さん
 お仲間がしかも同じ名古屋の方と親しくなれて好かったですねhappy01
不思議ですが、私も「京都の人」と解ると嬉しくなります。
外国で日本人にあったような気がして・・・(外国へは行ったことは有りませんがweep
 それと私は人間性に惹かれる事も有ります。
慕辺未行さんの場合がそうですね。
 (お返事は不要ですgood

他の方のコメントでも(お返事は不要です)と
書く場合が有ります。
必要が無いと思う時は。
 それも思いやりかな?と思っています。
独りよがりだったりして・・・


コスモスさんへ

(^o^)/ハーイ!お気遣い、ありがとうございます。
コメレスのコメレス・・・、キリがなくなりますから、これで失礼します (^_^)/!


投稿: コスモス | 2010年8月21日 (土) 06時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ネパール再会の旅 69 『日英ネ言語学校で』 | トップページ | 盆が来ると思いだす・・・ »