« ネパール再会の旅 73 『ウマは、”ネパールの妹?”』 | トップページ | ネパール再会の旅 75 『二日酔いの日のこと』 »

2010年8月25日 (水)

ネパール再会の旅 74 『5000ルピー?』

5月24日(火)曇りのち晴れ
カトマンドゥ

 昨夜、スタッフの好意で扇風機を借りて寝ていたのだが、途中で外枠が外れ、羽が折れるハプニングが起こった。結局、蚊に悩まされながら眠った。9時20分に一旦目覚め、扇風機のことを話し、再度眠り、12時に起きる。

重い腰を上げ12時20分、クリシュナ・モモ・レストランでチョウミンとモモを食べる。計25ルピーと相変わらず安い。ネパリーキッチンでコーヒーブレイクとする。明け方の天気は曇っていたが、昼は暑いほど陽が照っている。

ゲストハウスへ戻りシャワーを浴びていると、その間にパブラムから4回も電話があったらしい。何か急ぎの用事だろうかと考えていたら、再度電話がかかり、直後にゲストハウスまでやって来た。要件を尋ねると、どうしても5時までに5000ルピー必要らしい。しかし、彼の奥さんが鍵をかけたまま出掛けているらしく、家の中に入れない。だから、5000ルピー用意できなくて、貸してもらえないか、ということだ。事情に関わらず、貸してあげたかったが、さすがに5000ルピーもの大金は、手元になかった。

パブラムには、今月30日午後7時に彼の子供のバースデーパーティーが、ホテル・ウッドランド近くのレストランで開かれ、招待されている。何かプレゼントを持って駆けつけなければいかんな。

ゲストハウスでウマにネパール語(文字)を教えてもらい、アンジュにマッサージを施してもらう。しかし疲れがたまっているのか、足が重い。午後に色々間食をしたせいか、今一つお腹が減っていなくて、7時にヤク・レストランにてトマト・エッグスープとサラダのみの夕食とする。

カトマンドゥ、マナスル・ゲストハウスにて

|

« ネパール再会の旅 73 『ウマは、”ネパールの妹?”』 | トップページ | ネパール再会の旅 75 『二日酔いの日のこと』 »

コメント

貨幣価値がいまだに飲みこめていませんが食事代からすると、大金。ちょっと外国でお貸し出来ませんね。仕方がないでしょう。でも、ふつうしたしくても外国人には借りませんね。なんだったのでしょう。


hannaさんへ

ワワワッ (^_^;;アセアセ!す・すみませーん m(u_u)mゴメンナサイ!当時、1ルピー≒2円弱だったはず。ですから、5000ルピー≒1万円弱なのですが、ネパールの物価水準を考えると、少なくとも10倍上積みして考えなければなりません。つまり、日本でいえば「10万円貸して!」と言われたようなものです。実際に当時、私が借りていた部屋がシャワートイレ付きでバルコニーもあったシングルが1泊200ルピー(素泊まり)。25日分ですからネ!
彼としては、よほど切羽詰まっていたのか何かあったのでしょうが、私は今考えても、貸さなくて良かったと思っています。返してもらえるか解からなかったですし・・・。

投稿: hanna | 2010年8月25日 (水) 23時51分

そうですね。却って人間関係が悪くなって、いやな思い出が残ってしまいますから。賢明な選択ですね。


hannaんへ

かりに手許にあったとしても、貸すことはためらったと思います。お金の貸し借りで人間関係が壊れたこと、私も経験ありましたから。もちろん、借りたことはありませんヨ!貸したまま、返してもらえない・・・ことばかりでした。

投稿: hanna | 2010年8月26日 (木) 11時13分

お金の有無に関わらず貸さない方がよかったでしょうね。
癖になるとお互いによくないし・・・
けじめは大切ですものね。


matsubaraさんへ

↑のhanna様へのコメレスにも書きましたが、たとえ持っていたとしても、貸さなかったと思います。一線は引いたほうが良かっただろうと、今も思っています。もしかしたら、最後に嫌な思い出を残したことになったかもしれませんしネ!当時の5000ルピーは、今のネパールの人たちでも大金だと思います(たぶんですが・・・?)。

投稿: matsubara | 2010年8月26日 (木) 16時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ネパール再会の旅 73 『ウマは、”ネパールの妹?”』 | トップページ | ネパール再会の旅 75 『二日酔いの日のこと』 »