« ネパール再会の旅 61 『ブプサでの1日』 | トップページ | ちょっと贅沢な『ふりかけ』と『そうめん』 »

2010年7月29日 (木)

ネパール再会の旅 62 『ブプサの夜』

夕食は、ララ・ヌードルスープ。そしてポテトチップスをつまみにムスタンコーヒー。すると、チリのタブラ(日本の太鼓や鼓に似た打楽器)に合わせ、ダワが踊る。そして歌に合わせて、マヤとチリ、ダワの3人でシェルパダンス。ヤンジーは・・・、相変わらずお手伝いだ。

Img174
幼い弟のダワ。「どう?僕踊れるんだよ!」というような顔をしています。

Img175
チリのタブラに合わせて踊るダワ。

Img176_2
チリとダワ、マヤのシェルパダンス。

ムスタンコーヒーのグラスが空になると、「もう1杯飲みますか?」と母親のドマ。そしてにっこりしながらムスタンコーヒーを持って来てくれるヤンジー。昨夜も飲んでいたので、気がつくと1杯分ではなく、小さなお鍋にいっぱい作ってあった。きっと俺が何杯か飲むだろうことを予測していたのだろう。気配りを感じる。

ずいぶん夜も更けてきた頃、彼女らはこの日2回目の食事(ネパールでは食事は1日2回、午前10時ごろと午後8時か9時ごろに食べる)をとり始めた。今夜はシェルパシチューである。この家庭のシェルパシチューは、日本で言うならば、『おじや』と『おかゆ』と『雑炊』を足して3で割ったようなもの。以前、カリコーラで泊まった時に食べたことがある。野菜や卵が入っていて、とても美味しかったことを覚えている。すると母親のドマに「食べますか?」と訊かれ、どうしようかと思ったが、やはりもう一度食べたい。すぐに俺の分の茶碗とスプーンが用意され、ご馳走になる。やっぱりウマイ!「もう1杯食べますか?」と再び訊かれ、図々しくもおかわりしてしまった。それほど美味しいのだ。美味しそうに食べている俺を、家族の皆も嬉しそうに見ている。家族の夕食に俺も加わり、ますますこの一家の一員になったような気分だ。他のトレッカーは、もうとっくにベッドルームに戻っているのに、俺はいつまでもそこにいた。

やっと自分の時間が取れたヤンジーは、今度は勉強(宿題?)である。数学をやっているのを見ていると、ある公式の問題でヤンジーと俺の答えが合わない。俺が間違っているのかと思い再び頭の中で計算しても答えは・・・?
「・・・、ヤンジー、この問題の答え、間違ってるんじゃないかな?ほら・・・・・・でしょ?」
ヤンジーも間違いに気がついたようだ。両親がヤンジーに何か聞いている。ヤンジーが答えると両親は俺に「ダンニャバード(ありがとう)」と言った。きっとヤンジーは「間違っていた問題の答えを教えてくれたの」とでも話したのだろう。少しはヤンジーの ”兄”としての ”威厳(?)”を見せられたかな?

Img173

マヤとチリ、ヤンジーの3人は、昼間教えた『春が来た』『チューリップ』を覚えようと練習しています。

Img177

勉強(宿題?)中のヤンジー。この笑顔が堪りません。

10時をまわってベッドルームに戻り、寝支度をしていると、1階からヤンジー達の歌声が聞こえてきた。昼間に教えた『春が来た』と『チューリップ』、まだ練習している。忘れないようにしているのだろう。

この日、ここで過ごした時間、子供たちの遊んでいる姿、勉強している姿、お手伝いしている姿、すべてが微笑ましい。ここまで来て良かった。本当に良かった。とてもハッピーな気分で床に就いた。

ブプサ、ホテル・イエロートップにて

|

« ネパール再会の旅 61 『ブプサでの1日』 | トップページ | ちょっと贅沢な『ふりかけ』と『そうめん』 »

コメント

このおチビさんのダンス可愛いですね。ほっぺスリスリしてあげたいです。本当につぶらな瞳ですね。幸せそう。
ヤンジーの笑顔もとってもいいですね。ハッピーな気分伝わってきます。


hannaさんへ

おチビさん、ダワは確かまだ4つじゃなかったかナァ?hannaさん家のチビちゃんと同じぐらいです (^_^) 。彼はきっと両親に云われて踊ってくれたのだと思います。普段から踊りが好きで練習していて、その成果を披露してくれたのかもしれません。
最後の写真のヤンジーの笑顔、本当に素敵でしょ?!私が滞在中、ずっとこの笑顔でいてくれました (^o^)!最高の笑顔だと、今でも思っています。

投稿: hanna | 2010年7月29日 (木) 23時52分

 こんばんは~♪
慕辺未行さん
子供たちの様子は微笑ましいですね
この子たちが素直にすくすく育ってくれる事を願います。
ヤンジーさんのお兄さんとしての威厳を見せる事が出来たのでしょうかsign02
 ヤンジーさんの笑顔が本当に可愛いですねheart
「春が来た」「チューリップ」ですか?
日本の歌を覚えてくれてこんなに嬉しい事は有りませんねhappy01

 慕辺未行さんの「ここへ来て好かった」の気持解るような気がしますconfident
 元々、両手の人差し指の腱鞘炎で無理をすると再発して・・・
時々、コメント欄を閉じていますweep


コスモスさんへ

ヤンジーは初めて会った時も、ニコニコと楽しそうにロッジのお手伝いをしていました。当時、一緒に歩いていた仲間たちも、同じ感想を抱いていました。ホント可愛い子でしたヨ (^o^)!
私との出会いは、少なからず彼らの人生にも影響を与えたようです。ヤンジーはその後ナースになり、さらに上を目指すべく中国の大学で薬学を学んだようです。チリは、日本語を学び、日本へ留学しコンピューターの専門学校へ通っていました。ここ数年、音信不通になってしまっていることが、残念でなりません。
腱鞘炎だったのですか?お大事にしてください。ブログはもちろん、コメントも決してご無理のない程度に。
あの~、コスモスさんと平安人さんは同一人物なのでしょうか?それとも別人ですか?

投稿: コスモス | 2010年7月30日 (金) 18時58分

 解りましたかhappy01
平安人さんとコスモスは別人です
元々平安人さんのブログにコスモスが庇を借りました。
今では母屋を盗られたと言われています。
 軽~~い記事がコスモスで、しっかりした記事が平安人さんです。
そう言えばお解りですねhappy01


コスモスさんへ

コスモスさんのブログのコメントの返事や、matsubara様のブログへのコメントを拝見して、「・・・?」と思ったものでして・・・(^_^;;!
『近つ飛鳥・・・』の記事、拝見させていただきました。私も『古事記』が好きなので、ちょっと興味があります。継体天皇は『越の国』から大王(おおきみ)になられた方ですが、いきなり飛鳥へ入るのは危険と察知されたのでしたね。『難波津』『磐井の乱』など、「そういえば、古事記に出てきたなぁ」と思いながら読んでいました。
ちなみに私は『古事記』の中では『神代の巻』とでも言えば良いでしょうか、イザナギ・イザナミから、古代の英雄・ヤマトタケルノミコトまでの話が、特に大好きです。

投稿: コスモス | 2010年7月31日 (土) 09時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ネパール再会の旅 61 『ブプサでの1日』 | トップページ | ちょっと贅沢な『ふりかけ』と『そうめん』 »