« ネパール再会の旅 59 『ヤンジーの自宅発見』 | トップページ | おしろい花は、おもしろい花? »

2010年7月24日 (土)

ネパール再会の旅 60 『ヤンジーと再会!』

6時ごろ、「ヤンジーがもうすぐ帰って来るぞ!」と、ここへ案内してくれた男が呼びに来た。外へ出てカリコーラへと続く道を眺めていると、3人の子供が歩いているのが見える。そこでヤンジーの帰りを待つ。ようやく顔がはっきり見えるところまで来たので、「ヤンジー!」と声をかけてみた。すると「ジャパニ・ダイ(日本のお兄さん)」と、ビックリした顔で言った。すぐに分かってくれたのが、何より嬉しい。

小さな村なので、『ヤンジーに会うために日本人が来ている』という噂がアッという間に広まったのか、たくさんの村人たちが見守る(冷やかす?)中、ヤンジーは嬉しいような恥ずかしいような、駆け足でロッジへと入って行った。俺もロッジへ戻ると、ヤンジーが母親に「いつ来たの?」と問いかけている。「今日よ。あなたに会うために来てくれたのよ」と答える母親。2年と2ヵ月ぶりに会うヤンジーは、背が高くなって大人びてきれいになっていた。そして相変わらず、素敵な笑顔をしている。

「いつまでいられるの?」と尋ねるヤンジーに、
「ヤンジーがカリコーラへ戻って行ったら、僕もカトマンドゥへ帰るよ。そのためだけに来たんだからネ」と答えた。
すごく嬉しそうな顔をしている。そしてヤンジーや家族の写真を撮る。ブプサ滞在中は、カメラが手放せないぐらいであろう。少しでも思い出を多く残しておきたいから。

Img163

2年ぶりに再会したヤンジー(ニマ・ヤンジー・シェルパ)と。

Img164

左から、従妹のパサン・マヤ、母アン・ドマと末っ子アン・ダワ、弟ミンマ・チリ、ヤンジー

Img165

中央はヤンジーの父、リンジー・プーリー

家に帰って来てからのヤンジーは、ロッジの仕事のお手伝いに一生懸命だ。弟のチリやダワ、従妹のマヤは遊んでいる。前もそうだったのだが、ヤンジーは本当に働き者だ。しかも楽しそうに手伝っている。彼女にとっては、遊ぶことよりお手伝いの方が面白いのかもしれない。偶然ここへ世界中からやって来るトレッカーが宿泊し、食事などのお世話をしながら少し会話をする。それが楽しいのかもしれない。

Img166
お手伝い中のヤンジーを camera

ムスタンコーヒーを飲みながら夕食をいただく。夕食が終った後の片づけを済ませてから、ヤンジーは学校の宿題を始めた。そんなシーンも漏らさずに写真に撮っておく。他のトレッカーはもうベッドルームへと戻って行ったが、俺はもうしばらくそこにいた。しかし、朝が早く眠い今夜は、9時半には寝ることにする。

Img167

カリコーラから帰って来た3人の子供たちは、トレッカーがいなくなった後の食堂兼ダイニングで宿題を始めました。

ブプサ、ホテル・イエロートップにて

|

« ネパール再会の旅 59 『ヤンジーの自宅発見』 | トップページ | おしろい花は、おもしろい花? »

コメント

ああ、やっぱりすっかりお姉さんになりましたね。美人さんにもなって子供って1年2年ですっかり変るものですからね。会えてよかった。


hannaさんへ

私のこの拙いブログ、だらだらと意味もなく、自己満足だけの長いだけの旅日記、ずーっと読んで頂いている hannaさんだからこそ、よく覚えていらっしゃったのでしょうネ (^_^)!
その頃のヤンジーの年を考えると、最も成長する頃だったでしょうし、すっかり大人びていました。
東京在住の旅仲間、地元の旅仲間も皆揃って、『この子は確かに可愛い!』と言っていたことを思い出しました。
でも、可愛いだけでなく、素敵なお姉ちゃんになっていて、私も嬉しかったです。

投稿: hanna | 2010年7月24日 (土) 22時27分

普通のワンピース姿ですね。
一つ言葉を思い出しました。
ありがとうは、「ダンナバード」
でしたね。


matsubaraさんへ

これらの写真からですと、そう見えてしまいますネ!丈が長いので、下にズボンをはいているところまでは、写っていないのですが、彼女が着ていたものは、パンジャビスーツです。
(^o^)/ハイ!「ありがとう」は「ダンニャバード」です。

投稿: matsubara | 2010年7月25日 (日) 09時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ネパール再会の旅 59 『ヤンジーの自宅発見』 | トップページ | おしろい花は、おもしろい花? »