« ネパール再会の旅 43 『チトワン国立公園へ』 | トップページ | ネパール再会の旅 45 『ジャングルサファリって?!』 »

2010年6月23日 (水)

ネパール再会の旅 44 『タルー族の村で』

日も暮れようとする頃、このタライ平原に住むタルー族の村を訪問しに行った(これもガイドのカリキュラムの一つ)。民家は質素な造りで、窓がほとんどなく、中はずいぶん煙っている。この辺りはマラリアに侵されやすい土地で、蚊の侵入を防ぐために、そのような造りになるのである。突然の異邦人の来訪にも、快く迎えてくれた(と言うか、もうすっかり慣れている)村人たちに、ガイドのテジンドラ君に促されお礼に『レッソム・フィリリ』を歌うと、これがバカ受け!家の中を見せてくださった主人は大喜び、そばにいた子供たちは「日本人が『レッソム・フィリリ』を歌っているよ!」とでも言いながら大騒ぎ。その声を聞いた他の村の人々が集まり「私たちも聞きたいから、もう一度歌ってくれ」と、再度歌うハメに!今度は少し踊りながら歌った。歌い終わると、皆拍手して喜んでくれた。すっかり打ち解けて、一緒に写真を撮ったりもした。

Img111

タルーの人々の前で踊りながら『レッソム・フィリリ』を歌いました。(^_^;; ハズカシ

Img112

タルー族の人々。実際にはもっとたくさん集まっていました。

タルー族の村の訪問を終えると、ロッジの前の広場で『タルー・スティックダンス』の始まりだ。棒や羽根のついた太鼓を打ち鳴らし、勇壮に踊る。大きな音を立てるのは、野生の動物を近づけないための知恵らしい。初めは見ていただけなのだが、またまたガイドのテジンドラ君が俺に「一緒に踊ろう」と輪の中へ。最後は他のツーリストも輪の中に加わり、皆一緒になって踊る。これがけっこう疲れる。

Img113

太鼓を打ち鳴らす人、棒を持って踊る人、なかなか勇ましい踊りでした。

Img115

こちらは鼓によく似た太鼓で『タブラ』。

Img116

見物のツーリストの中では、真っ先に輪の中へ入って踊らされ(?)ました。

ロッジへ戻ると、もう8時30分だ。すると夕食が用意されていた。チキンステーキにライス、スープにコーラが振る舞われた。なかなかウマイ。ダンスで疲れた後だけに、夕食後9時15分には眠ることにした。

ソウラハ、チトワン・レストハウスにて 

|

« ネパール再会の旅 43 『チトワン国立公園へ』 | トップページ | ネパール再会の旅 45 『ジャングルサファリって?!』 »

コメント

一緒になって歌ったり踊ったり楽しそうですね。どこにもこうした戦いのダンスみたいなものはあるのですね。ニュージーランドのアボリジニ、マウリにもこんな感じのダンスがあって、ホームステイに行く男の子は皆覚えてきましたよ。


hannaさんへ

この夜は、歌って踊って汗だくになったのを覚えています。冷や汗も少しありますが・・・(笑)
今や絶滅危惧種にも指定されているベンガルタイガーが、この辺りには多く棲んでいたそうですから、虎を近づけないための知恵・工夫から生まれたダンスだったのでしょう。
かつてイギリスがインドを植民地支配していた頃、ネパールへも攻め入るつもりでしたが、虎を始めとする野生動物が多く潜むこのタライ平原が、自然の要塞となって、イギリスは攻めきることができなかったそうです。

投稿: hanna | 2010年6月24日 (木) 03時50分

ご無沙汰しておりました。
オフ会で広島に行き、その帰りに鞆の浦に寄ってきました。
オフ会で岐阜在住で昔ネパールを歩いたかたと一緒でしたよ。
以前からコメントを時々ですがいただいていたかたです。
もしかしたら慕辺未行さんとネパール談義で盛り上がるかもわかりません。
Saas-Feeの風よりも年長者です。


Saas-Feeの風さんへ

お帰りなさい!青龍○段さん達は皆で車で行かれたようですネ!どんなオフ会になったのやら、ブログ楽しみにしています。
その岐阜の方、紹介して頂けたらブログへ遊びに行ってみようと思います。Saas-Feeの風さんより年長者?でも、私のブログにコメントして頂いている方々は、ほとんどが私より年上ですし、たぶん『アラ還』以上の方の方が多いですから!ご年配の方々から教わることも多いです。それに岐阜は私の日帰りドライブ圏内ですので、情報交換なども期待ができます (^_^)!よろしくお願いします。m(u_u)m

投稿: Saas-Feeの風 | 2010年6月24日 (木) 16時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ネパール再会の旅 43 『チトワン国立公園へ』 | トップページ | ネパール再会の旅 45 『ジャングルサファリって?!』 »