« ネパール再会の旅 34 『タトパニへ』 | トップページ | ネパール再会の旅 36 『ビスタリ、ビスタリ、チトレまで』 »

2010年6月 3日 (木)

ネパール再会の旅 35 『タトパニ温泉にて』

4月24日(日)晴れのち曇り
タトパニ

 6時15分起床。今日は1日ここに滞在する予定なので、こんなに早く起きる必要はないのだが、夜が早い分、朝も早くなってしまう。アグニさん達はまだ寝ているようだ。朝食は、もう定番のオートポリジ。今日もニルギリが良く見える。脚にやや疲れを感じるが、虫に喰われた傷の痕はずいぶん治りかけている。

部屋でもう一休みし、9時半ごろ皆で温泉へ。ちなみにこの温泉は、混浴の露天風呂。だが間違ってもここは日本ではないので、当然のことながら水着もしくはその類のものを身に着けて入らなければならない。俺はこの温泉のためだけに、海パンを1着持って来ていたのだ。

それにしても、ヒマラヤの奥深い村で、2日続けての温泉はサイコー!この日も体を洗い、しっかりとこれまでの垢を落とす。そしてオーロンのTシャツを洗って干していると、後ろで妙な気配がする。織田さん達が笑いながら「○○さん、後ろ後ろ、危ないよ」と言っている。振り返ると、そこに野良牛が・・・。他のトレッカーたちも、この様子を面白そうに見ていた。俺も笑いながら野良牛を追っ払った。

やや熱めの温泉と、すぐそばを流れるカリガンダキ川を交互に入ると、まるでサウナに来ているような感じだ。温泉で思い切り汗を流し、氷河の雪解け水に浸かるのだから(つまりは冷水浴)、一気に汗が引くわけだ。が、川の流れは急なので、岩にしがみついていないと危ない。

Img489

タトパニ温泉です。これはこの2年前(92年)の時のものです。

昼食は、チキン・フライドライスとラッシー(ヨーグルトドリンク)。ここタトパニは他の村に比べれば、物価が高いから一体いくら使うことやら。午後は完全に5時過ぎまで寝てしまった。紅茶とケーキをおやつに食べ、夕食はエッグ・サンドイッチにラッシー。ファンタやムスタンコーヒーも飲んで8時過ぎには再び眠る。アグニさん達は、明日もここへ泊まるらしい。

タトパニ、ダウラギリロッジにて

|

« ネパール再会の旅 34 『タトパニへ』 | トップページ | ネパール再会の旅 36 『ビスタリ、ビスタリ、チトレまで』 »

コメント

気持よさそう。野良犬ならぬ野良牛ですか。迫力ありますね。でも闘牛の牛じゃないから角をためてかかってくることはないのでしょうね。
日本ならさしずめ秘湯とでもいわれそうなところですね。


hannaさんへ

写真はこの2年前のものですが、今回はポカラで知り合った織田さん、都築さん、アグニさんも一緒でとても楽しかったです (^_^)!文中には書いてないのですが、温泉と川との温冷水浴は、織田さんも歓声を上げながら一緒にやっていました。突然(?)現れた野良牛には驚きましたが、この国の野良牛たちは大人しいですから!宗教上『牛は殺生しない』国ですからね。牛ものんびりしています(笑)。
ここが日本でしたら、『秘境の秘湯』でしょうネ!でも、ネパールではとても有名な温泉地かも?何しろ『タトパニ=お湯』という意味の村ですから!

投稿: hanna | 2010年6月 3日 (木) 23時23分

ご無沙汰でした。
山の中の温泉は最高の贅沢ですね~しかもここは水が豊富にあるからいうこと無し。
一度こういう所に入りに行かねばと考えてはいるのですが・・・本沢温泉が国内最高値の露天風呂でしたかね~


青龍○段さんへ

ヒマラヤ・トレッキング中は、風呂どころかシャワーさえ浴びられないところもありましたから、この温泉はサイコー!ですヨ (^_^)!聞くところによると、麓の街ポカラからタトパニまでは、今やその日のうちに行くことができるそうです。
私もかつては山歩きの後、よく露天風呂へ立ち寄りました。御岳山から下山して濁河温泉、白山の後は大白川温泉、新穂高にある深山荘の露天風呂など・・・。どこも、登山後の疲れを癒すには、最高でした。

投稿: 青龍○段 | 2010年6月 4日 (金) 18時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ネパール再会の旅 34 『タトパニへ』 | トップページ | ネパール再会の旅 36 『ビスタリ、ビスタリ、チトレまで』 »