« ネパール再会の旅 29 『ニール&トゥルシー』 | トップページ | ネパール再会の旅 30 『マルファでの1日』 »

2010年5月23日 (日)

木曽・奈良井宿

先週の日曜日、野麦峠祭りの後、まだ時間があったので、旧中山道の奈良井宿へ行くことにしました。野麦峠から薮原方面へ向かうと、来るときに「桜?」と思った木、ちょうど車を停めるスペースがあったので、降りて見ることにしました。

277

川沿いの道路脇に咲いていた桜。

278

八重桜でした。この時期に桜を見ることができて、ラッキー!です。

薮原から国道19号を北へ。道の駅『奈良井・木曽の大橋』に車を停めました。ここは、道の駅と言っても、お店などはありません。駐車場と、木曽の大橋、橋を渡ると寝そべりたくなるような広場とトイレがあるだけ。でも、ここに停めれば駐車料金を取られずに済みます。

道の駅から奈良井宿の街並へは、5分ほど。日曜日で混んでいるかと思いましたが、それほどでもありませんでした。それだけに、相変わらず静かで、のんびり散策するには絶好のところです。

279

昔の情緒を残した街並み。雰囲気ありますネ!

282

かつては『旅籠』と呼ばれた民宿。今も当時のまま。

280

造り酒屋に大きな杉玉が飾られていました。新酒ができたのでしょうか?

ふと、『マリヤ地蔵尊』という案内がありました。大宝寺というお寺ににあるようです。ちょっと行ってみることにしました。拝観料100円支払い、中へ入って『マリヤ地蔵尊』を見てみると・・・、首から上がありません。

281
マリヤ地蔵尊。昭和7年(1932年)に土に埋もれていたところを発見されたそうです。

お寺の由緒記によると、マリヤ地蔵尊は『キリシタン禁制の江戸時代、木曽路にも秘かにキリシタンを信仰する人がいた。仏教の子育地蔵になぞらえて作られた石像である。役人に発覚し、頭部も抱かれた子供も膝も破壊されて悲惨である。わずかに胸に十字架だけが残っている。・・・』とあります。

信仰の自由が許されている現代では、考えられないことですが、かつてはそのような時代だったのですネ。どんなお顔をされていたのか、きっと慈愛に満ちた優しいお顔だったのだろうと思います。

そして、またしても「桜?」。ここ奈良井宿にも桜が咲いていました。

283

やはり『八重桜』でした。満開です。

ここから、来た道を戻り駐車場へと向かいました。野麦峠をヘトヘトになりながら歩いた私たちですが、ここではのんびり1時間ほど散歩を楽しみました。

そして帰路は、妻籠宿や馬籠宿からのマイカー渋滞を予測し、国道19号を避け国道361号で権兵衛トンネルを越え、伊那 I.Cから高速で帰ることにしました。中津川から乗っても、伊那から乗っても料金は休日1000円で同じですからネ!

*おまけ

2833

2832

川沿いに咲いていた桜の木の下に、まだキレイな花がいくつか落ちていました。持ち帰って、ガラスの器に水を入れて飾りました。1週間たった今日も、まだ可憐に咲いています。

|

« ネパール再会の旅 29 『ニール&トゥルシー』 | トップページ | ネパール再会の旅 30 『マルファでの1日』 »

コメント

お花素敵ですね。妻籠や馬篭と同じように江戸時代にタイムスリップ。振り分け荷物を肩にすたすたと歩く旅人が見られそう。新酒のできを知らせる杉玉、立派なのが出ていますね。鳥追笠に三味線でも抱えて手甲脚絆に草鞋ばきで歩いても、由美かほるのように色っぽくはならないなあ。でも、歩いてみたい。


hannaさんへ

あの桜の花は落ちていたのですが、『このまま枯れていくのも可愛そう』と思って拾い、車の中では紙コップに水を少し入れて持ち帰りました。(ちょっと遠出のドライブの時は、いつでもお茶やコーヒーを飲めるように自宅からそれらと共に紙コップも持参しているのです。水は、食後に母が薬を飲むために持っていました。)
馬籠や妻籠も素敵なところですが、いかんせん観光客が多くて・・・!それに比べると、奈良井は本当に静かです。過去にも何度か訪れました。学生時代はこの奈良井宿から旧中山道を鳥居峠を越え、次の薮原宿まで歩いたこともあります。
機会あれば、ぜひ訪れてみてください。そちらからなら、塩尻 I.Cから国道19号を名古屋方面へ、または伊那 I.Cから権兵衛トンネルを経て奈良井方面へ行く道もあります。

投稿: hanna | 2010年5月23日 (日) 22時35分

へーっ お寺にマリア地蔵とはめずらしいですね~。
それにしても首が~ weep
ところでジンさん、戸隠し神社は行ったことありますか? 


ウンディーネさんへ

何となく名前に惹かれて立ち寄ってみました。片仮名の名前のお地蔵さんだったし、珍しいと思いますよ、私も。でも、悲しい過去があったのですネ。首がないと分かった時は、驚きました。
戸隠神社というと、天手力男命が天照大神様を天岩戸から出された後、その岩戸を放り投げたら信濃の国に落ちた、そこが戸隠神社でしたよね。残念ながら、行ったことはないのです。それよりも、分杭峠へ行ってみたいですワ!あの近くの村で、ヒマラヤの青いケシが咲くところもあるようですので、季節を見計らって行ってみようと考えています。

投稿: ウンディーネ | 2010年5月30日 (日) 15時53分

奈良井宿、いいですね~ おっしゃる通り、私達は妻籠、馬籠の方を訪ねたのですが、人がたくさん来てました。  地元に近いと 人が少ない所、つまり穴場がわかりますものね~
八重桜は 散ったあとの絨毯が 色が濃くて、大好きです~~


bellaさんへ

奈良井宿へは、少なくとも5回以上は訪れていると思いますが、いつ来ても静かなたたずまいです。ここは大きな声で騒ぎながら歩くと、ひんしゅくを買いそうなところです。妻籠や馬籠は、かなり観光化された感がありますが、それでも昔の風情があっていいところですネ。
まだキレイだったのに落ちていて、踏まれるのもかわいそうだし、つい持ち帰りました。我が家で10日ほど水の中で咲いていてくれました。

投稿: bella | 2010年6月 3日 (木) 08時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ネパール再会の旅 29 『ニール&トゥルシー』 | トップページ | ネパール再会の旅 30 『マルファでの1日』 »