« 百花繚乱!ブルーボネット! | トップページ | ネパール再会の旅 20 『カグベニへ』 »

2010年5月 3日 (月)

ネパール再会の旅 19 『ジョモソムへ』

4月16日(土)曇り時々晴れ
ポカラ10:10ごろ(Nepal Airway)10:30ごろジョモソム(徒歩)14:00カグベニ

 午前5時半起床。ジョモソムへ飛ぶ日だ。6時にタクシーに来てもらうように手配してあったのだが、15分過ぎても現れず、仕方がなく、流しのタクシーで飛行場へ向かう。6時半には着いたのだが、どうも天候がすぐれない。チェックイン・カウンターで訊ねると、「山間部の天気が悪く、フライトできるかどうかわからない」と言うではないか。第2便に予約されていることを確認し、天候の回復を祈り飛行場で待つことにする。

腹が減っていたので、道端のチャイ屋でチャイを飲みながらドーナツを食べ、ひたすら待つ。ただボーっとしていたり、ザックを枕に横になったり。2時間ほど経っただろうか、ほとんどが西洋系の年配の人たちだが、どうやらマウンテン・フライトの客のようだ。望みが出てきた。マウンテン・フライトの飛行機が飛び立つと、ジョモソム行きの第1便も客を乗せ離陸した。急いでチェックイン・カウンターへ行くと、ちょうど名前を呼ばれチェックイン。第1便がジョモソムから折り返しやって来て、いよいよ搭乗となる。

Img036

ポカラ飛行場。これから飛行機でジョモソムへ向かいます。

ジョモソムからやって来たネパール・エアウェイのツインオッター機は、そのわずか10分後の10時10分、ポカラ飛行場を離陸した。この飛行機は全く小さくて、定員は20人。小型のマイクロバスのようだ。もっとも、ネパールの国内線は、そのほとんどが山間部を飛ぶので、このような小さな飛行機でないと飛行できないのだろう。快晴ならば、マチャプチャレやアンナプルナ、ダウラギリといった山々が見られるのだが、あいにくの曇天。

しかし、こんな小さな飛行機にもスチュワーデスがいて、飴玉のサービスがある。それと、綿。なぜ綿を出すのかは、高度による気圧の変化で、耳鳴りなどを防ぐためであろう。大きな飛行機なら制御装置が備わっているのだろうが、こんな小さな飛行機では、綿を耳栓代わりにするのが最善策だ。

飛行機はゴラパニ峠上空からカリガンダキ川を遡るようにコースを取り、特徴のあるトゥクチェの村を見下ろすと、間もなくジョモソムだ。ポカラから歩くと1週間かかる道のりを、文明の利器はわずか20分で我々を運んでしまう。10時30分、美人のスチュワーデスに見送られ、ジョモソム飛行場へ降り立った。

|

« 百花繚乱!ブルーボネット! | トップページ | ネパール再会の旅 20 『カグベニへ』 »

コメント

無事飛行機でてよかった。私大きな飛行機でも、耳と鼻の間が詰まったようになり、しばらくは治りません。これは大変だ。
でも、グランドキャニオンは7人乗りでもOKだったんですが、三菱クラフトはいいとアメリカのパイロットが言ってました。だけど、あまりの小ささにドキドキしました。
もちろんフライトアテンダントなんていませんでした。20分くらいだものね。


hannaさんへ

もしこの日、全便欠航したら、この後の3日間はすでに予約で満席でしたし、どうなっていたか分かりません。こんな小さな飛行機ですが、ネパールへ行くたびに一度は乗っていましたから、もう『慣れっこ』でした。
当時、飴玉の機内サービスに驚きましたが、最近TV番組で、理由があることを知りました。でも何だったか忘れてしまいました (^_^;;!
さすが三菱ですネ!この地方にある三菱の工場では、小型航空機を造っています。世界に誇る日本の技術ですネ!

投稿: hanna | 2010年5月 3日 (月) 23時08分

飛行機も長い間乗っていない、船はもっと長い間乗っていない。
もっぱら活躍するのは原チャリ(プッ)
飛行機苦手なのですよね~搭乗時間までが長いので(笑)


青龍○段さんへ

私も飛行機は5年ほど乗ってませんヨ!船もそうですネ!私はもっぱらマイカーばかりで、バスや列車さえもめったに乗ったことがありません。
飛行機はチェックインしてから搭乗するまでが長いですよねー。特に国際線は、一人だとなかなか時間がつぶれません。免税店をぶらぶらするしか、何もすることがない・・・。

投稿: 青龍○段 | 2010年5月 4日 (火) 09時01分

飛行機に無事乗れて良かったですね
景色もお土産のうちなのに 曇りで残念でしたね
乗りなれて見える慕辺未行さんはそうでもないのですね
20分の飛行機の旅でしたね
私も長い事ヒコーキに乗っていません・・・ (^^;;


あま・コスモスさんへ

もし何日も足止めされるのなら、行きに歩いて行くつもりでした。飛行機で20分のところを1週間かかります。
この時は景色は見えなかったですが、天気が良ければ、雄大なヒマラヤが眺められます。1992年に訪れたときに、ヒマラヤの大自然を目の当たりにしました。今回の記事でも、写真を載せながら書き綴っていきます。
私も5年ほど、飛行機に乗ってないです (;_;) 。

投稿: あま・コスモス | 2010年5月 4日 (火) 11時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 百花繚乱!ブルーボネット! | トップページ | ネパール再会の旅 20 『カグベニへ』 »