« ネパール再会の旅 13 『女性スタッフたち、そしてクリシュナとも再会』 | トップページ | 天下一!高遠城址公園の桜 »

2010年4月17日 (土)

高遠へドライブ

 先月、『天下一』といわれる信州・高遠の桜開花予想を見て、かねてから有給休暇を取っていた4月14日。前日夜、インターネットで調べると、見事に”満開”とあった。天気も幸い良さそうで、何年ぶりかで高遠へ花見に出かけて行った。母ももちろん連れて行った。

行きは高速ではなく、一般道を走ることにした。どうせなら、夜桜も楽しみたいので、あまり早く着いても時間を持て余すから、途中の景色を楽しむことにした。

自宅から名古屋I.C方面へと走り、グリーンロードから国道153号線。紅葉で有名な香嵐渓辺りの桜は、もう散り始めていた。ノンストップのままさらに東へ。かつて心霊スポットと云われた伊勢神トンネルを抜け、稲武町へ。道の駅・どんぐりの里で一休みした。

ここは、”どんぐりの湯”という日帰り温泉もあるが、まだ利用したことはない。店の中には地元で採れた野菜などがとても安く販売されている。ふと見ると、この季節ぜひてんぷらにして食べたい”こごみ”と”ふきのとう”が、驚くほど安かった。これはもう、買うしかない。

Cimg0130

ふきのとうは250円、こごみは200円でした。この翌日夜、すべてではありませんが、てんぷらで頂きました。残りは、和え物になるでしょう。

Cimg0129
道の駅から、見えました。桜が咲いています。

稲武を出発し、県境を越え長野県へと入る。ほとんど信号がなく交通量も少ないので、順調に走る。標高1000mを越える治部坂峠付近の気温は4℃と表示されていた。天気は良いものの、やや寒い日のようだ。国道153号線を飯田市近くまで来ると、あちらこちらに桃の花を見ることができる。道端には黄色や白の水仙も。路上駐車しては迷惑になるので、写真は撮れなかったが、その風景は以前から変わらず、目に焼き付いている。

飯田市を過ぎ、一路北上する。途中で国道を離れ、県道へ。もう1か所、立ち寄りたい道の駅があった。飯島町にある道の駅・花の里いいじまだ。以前ここで、アルストロメリアの花を摘んで買ったことがある。しかし今回はもう終わってしまってできなかった。それでも、地場の特産品を買い求めた。馬肉の燻製はお酒のお供に、桜漬け、それからいちご。「これで300円!?」と思うほどたくさん入っていた。そして、手作りのおこわ。”桜おこわ”は「花見弁当にピッタリ!」で、もうひとつ”山菜おこわ”と合わせて買って持って行くことにした。

Cimg0131
道の駅内に展示されていた武者人形。端午の節句が近いことを感じさせられました。

Cimg0133
人形だけをアップしてみました。凛凛しいですね。

Cimg0134

南アルプスの峰々。道の駅から眺められます。

Cimg0135

中央アルプス。さすがに近いです。

道の駅を出て5分ほど。やはり以前、偶然見つけた桜の名所、与田切公園へも立ち寄る。予想通り、満開の桜が私たちを待ち受けていた。地元の人以外、あまり知られていないのか、人も少なく隠れた穴場スポットだ。

Cimg0138

県道沿いに咲き誇る、満開の桜。

Cimg0141_2

駐車場から公園への道は、まるで ”桜のトンネル”。

Cimg0144

公園内の満開の桜。ちょうど見頃でした。

Cimg0137

アップにして撮ってみました。

園内には、介護施設から来られたのか、車いすに乗られたたくさんのお年寄りの方々と、ヘルパーさんが、春のひと時を満喫していた。私の母も、もうすぐ78才になりますが、まだ自分で歩いて見に来られるだけ、元気かな!

与田切公園を後にして一路、高遠へ向かう。駒ケ根I.Cへつながる道を、国道153号線へ。沢渡からは高遠への抜け道である県道を走る。そして、さほど渋滞することもなく、高遠城址公園へ到着した。

(つづく)

|

« ネパール再会の旅 13 『女性スタッフたち、そしてクリシュナとも再会』 | トップページ | 天下一!高遠城址公園の桜 »

コメント

夫は疎開農家で伊那北高校の出身です。伊那市の大萱というところ、インターチェンジの近くに家がありますが、甥たちが色々あって家は人手に渡ったかも知れません。義兄は事故で亡くなり、義姉も10年ほど前に亡くなり、その後あまり借金ばかりして返さないので夫が縁を切りました。それ以来6年ほど尋ねていません。でも、以前はよく訪ねたので、2度ほど桜も見ましたし江島屋敷にも行きました。懐かしいです。
桜がちょうど見ごろでいいですね。お母様喜ばれたでしょうね。でも、お疲れでしょう。


hannaさんへ

先月、どこへ花見に行こうかと書いた時のコメントに、ご主人様が伊那のご出身とおっしゃっていましたネ。インターの近くですと、みはらしファームや信州大学(農学部だったかな?)がある辺りでしょうか?
高遠の桜、明日にでも紹介します。絵島屋敷は時間的に行けなかったのですが、以前行ったことがあります。高遠の桜を見るのは、これで4回目ですから。
母も喜んでいましたが、さすがにやや疲れたようです。それにちょっと寒かったですし。でも、車の中でゆったりしていましたから、大丈夫でした。

投稿: hanna | 2010年4月17日 (土) 22時45分

高遠だったのですか。
一度も行ったことがありませんが、桜では知名度ナンバーワンですね。
雪を被ったアルプスと桜とを撮れることはうらやましいことです。
自動車を運転することが億劫になってきていますので
長時間ドライブではこたえます。
名古屋からは如何ほどの時間がかかるのでしょうか。


Saas-Feeの風さんへ

高遠の桜を初めて見に行ったのは、10年ほど前だったと思います。その時、あまりの見事さ・素晴らしさに惚れ惚れとしました。その時の帰り道に、与田切公園沿いを偶然走り、もう1か所、桜の名所を見つけたということです。
高遠までは名古屋から高速利用で、およそ2~3時間。ちなみに我が家までは、駒ケ根~春日井、勝川~大治南を高速利用で2時間半でした。(オット、我が家がどの辺りかバレそう・・・(^_^;; )
もし行かれるのなら、泊まりがけも良いかと思います。行きは高速ではなく、国道を走ると、のんびり景色を楽しむことができます。高遠や伊那近辺で泊まれば、馬刺しや鹿の肉が食べられるかも・・・?

投稿: Saas-Feeの風 | 2010年4月18日 (日) 20時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ネパール再会の旅 13 『女性スタッフたち、そしてクリシュナとも再会』 | トップページ | 天下一!高遠城址公園の桜 »