« シシカバブ風ハンバーグ | トップページ | ネパール再会の旅 8 『スワヤンブーナートへ』 »

2010年4月 4日 (日)

ネパール再会の旅 7 『2年ぶりにカトマンドゥの街を歩く』

4月11日(月)晴れ
カトマンドゥ

 午前8時起床。ぐっすり眠れた。ここまでのわずかな時差(3時間15分)による睡眠不足からであろうか。朝食は、ゲストハウスの離れにあるレストランの外テーブルでとる。しばらくするとジャックも朝食のために下りてきて、一緒に朝食を楽しむ。

昨夜彼が「パリからニューデリー、そして3日前にカトマンドゥへやって来た」と話していたのを思い出し、俺はあることを思いついた。ネパールへ飛行機で入国後1週間以内なら、ネパールに4ヵ所あるカジノのどこでもクーポンをもらうことができ、それで遊ぶことができると。もちろん証明に、パスポートと航空券を提示しなければならないが。この話をジャックに切り出すと、彼はこの特典を知らなかったようで、目を輝かせ「今夜にでもぜひ行ってみよう」と、話がまとまった。俺は10年ほど前に、同じカトマンドゥにあるホテル・ソルティ・オベロイでカジノを体験しているが、彼は全く初めてだという。そしてこの日夕方4時にゲストハウスで待ち合わせ、スワヤンブーナート寺院や、夕食を共にしてからカジノへ出かける約束をした。

朝食を終え、いったん部屋へと戻ろうとする。レセプションを見ると、若いネパール人女性がいた。どうやら、スタッフの一人のようだ。ハウスキーパーも、かつてとは違う女性が2人いる。彼女たちに「ナマステ」とあいさつする。さらに「タパイィライ カスト フヌ フンツァ ?(ご機嫌いかがですか?;元気?)」と尋ねると、彼女たちは一瞬、驚きながらも「ラムロー ツァ!(良いです;元気です)」と答えてくれた。俺はさらに彼女たちに尋ねた。階段沿いの壁に、宣伝のためか、アンジュさんがここでマッサージ業を営んでいる旨が書かれたチラシが貼られているのだが、当のアンジュさんがいない。彼女たちの話によると、現在遠くに出掛けているようで、いつ帰ってくるか分からないそうだ。アンジュさんのマッサージを楽しみにしていたのに・・・、残念!

10時ごろより街の方へ散歩に出る。アサン広場のあたりは、時間のせいかまだあまり賑わいはなかったが、他は至るところ相変わらずで懐かしい。アサンからインドラ・チョークは土産物屋をはじめ、たくさんの店が軒を連ね、人々の往来も多く活気に満ちあふれている。ネパールの人たちの生きるエネルギーを感じる。同じ人混みでも、日本とは完全に異質のもので、こちらはあえて言うならば『有機質』なのである。日本の人混みの中にいるとうんざりするが、こちらでは心地よいのである。日本人として日本に嫌気がさしているのだろうか。正直言って自分でもよく解からない。ただ、このカトマンドゥの雑踏が好きなことだけは確かである。

ダルバール広場で『瑞草油』『珍珠清涼油』を買う。それぞれ10ルピーに20ルピー。後で知ったのだが、薬局やスーパーで買えば、もっと安かった。再びアサンの方へ戻ると、ネパール暦のカレンダーを売り歩いている子供に声かけられた。「いくらなの?」と尋ねると「15ルピー」と答えた。しかし、多少ネパールの文字や数字が読める俺は『12ルピー』と書いてあるのを見逃さなかった。その子は俺が外国人だから、本当の値段は分からないと思って、少しだけふっかけたのだろう。俺はその子に「ここに12ルピーって書いてあるよ」と言うと、申し訳なさそうに「ごめんなさい。12ルピーでいいから買っておくれよ」と話した。まだネパールへ来たばかりで、買うのはまだ早いと思ったものの、このカレンダーは貴重だ。なぜならば、間もなくネパール暦の新年になるからだ。俺はその子供に12ルピー支払い、そのカレンダーを買った。

いったんゲストハウスへ戻り、シャワーを浴び洗濯をして、クリシュナ・モモ・レストランへ。昼食はチョウミン(ネパール風焼きそば)、14ルピーと安い。この店は2年前にもよく通った店で、オーナーも俺のことをよく覚えていてくれた。狭い路地の奥にひっそりとあるこの店の客は、ほとんど地元の人だけで、ツーリストが来ることは、まずない。それゆえに覚えていたのだろう。それにしても、ここのチョウミンはうまい。日本の焼きそばと少し異なるが、それでも充分になじめる味だ。テーブルにソイソースが置いてあるところなんて、気が利いてる。

|

« シシカバブ風ハンバーグ | トップページ | ネパール再会の旅 8 『スワヤンブーナートへ』 »

コメント

もう醤油は世界の調味料って感じですね。でも20年前カナダで「Do you need Kikoman ?」と聞かれた時は「は~?」って娘とぽかんとしました。サーモンステーキ一たらしのキッコマンはなかなか乙なものでした。でも、なんとそれヤマサでした。ムム。


hannaさんへ

このお店の焼きそばは、ちょっと薄味でしたので、醤油をかけるとちょうど良い感じなのですヨ!まさに日本人好みの味になります。おまけにとても安いし、行きつけの店になるのも当然なのですヨ!
醤油=キッコーマンとは!そして出てきた醤油がヤマサのものですか!笑ってしまいますネ!そういえば、インドのレストランのメニューに『Coffee』ではなく 『Nescafe』 とあったことを、思い出してしまいました。

投稿: hanna | 2010年4月 4日 (日) 22時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シシカバブ風ハンバーグ | トップページ | ネパール再会の旅 8 『スワヤンブーナートへ』 »