« ネパール再会の旅 11 『かつてのオーナーと、そして新たな友達』 | トップページ | ネパール再会の旅 13 『女性スタッフたち、そしてクリシュナとも再会』 »

2010年4月15日 (木)

ネパール再会の旅 12 『ジャックとの別れ』

4月13日(水)晴れ
カトマンドゥ

 午前8時起床。今日は腹の調子もよくなり、9時ごろ、朝食はフレンチトーストにする。ジャックも一緒だ。毎朝一緒に食事をしていると、一人旅だということが信じられない。ゴビンダやスリラムも加わり、やがて話題は俺の結婚話へ。ネパールに女の子の友達が何人かいることを知っているゴビンダは、「そのうちの誰と、あなたは結婚したいですか?」と聞いてくるから、たまらん!ジャックは「10月にまたネパールへ来るから、その時に結婚しろよ。フランスからシャンパン10本持ってくるよ」と、からかう。皆して笑いが止まらない。

Img024

食事を終えても、いつも楽しく過ごしていました。左、ゴビンダと私、右、スリラムとジャック。

朝食後、明日のポカラ行きのバス・チケット(150ルピー)を予約し、トレッキングシューズを1750ルピーで買い、そしてシュラフを1日15ルピーでレンタルしてきた。シュラフは、ポカラで借りてもよかったのだが、帰りにチトワン国立公園へ行くつもりなので、もしかしたら、そこで必要かもと思い、ポカラで過ごす何日間分は無駄になるものの、ここから借りて行くことにした。これで、トレッキング準備はOKだ。
*トレッキングシューズは、以前は日本で愛用しているものを持参していましたが、カトマンドゥでも質の良いシューズを取り扱っている店があり、使用後には中古として売ることもできます。実質的には、新品の靴をレンタルしたようなものです。もちろん、レンタルできる店もあります。

ここネパールでは、明日4月14日はネパール暦の新年である。そこで、レセプションの女の子のウマが、新年のグリーティングカードをプレゼントしてくれた。俺だけでなくジャックにももちろんプレゼントしていた。知り合ってまだほんの3~4日なのに、ジャックと共に二人して「嬉しいネェ!」と喜んでいた。

そして、午後のバスでナガルコートへとミニ旅行するジャックとゴビンダをカンティパトまで見送る。ジャックはその後、帰国するので、これが最後だ。ほんのわずかな日々だったが、とても楽しかった。お互いの旅の安全を祈り、笑顔で握手を交わし、別れた。

|

« ネパール再会の旅 11 『かつてのオーナーと、そして新たな友達』 | トップページ | ネパール再会の旅 13 『女性スタッフたち、そしてクリシュナとも再会』 »

コメント

あら、この時、勢いで結婚なさればよかったのに。結婚は勢いですよ。あまり考えているとなかなかできないのかも。長い付き合いでも、あるときにエネルギーで決めた、となれば、後はなんとかなっちゃうのに。今からでも遅くはないですよ。
で、何のお話でしょうね。失礼しました。


hannaさんへ

一時は真剣に考えたこともありますが、でも結局は・・・。今回の旅でも、現地で少しは動いたのですが、なかなか面倒なことが多く、そうこうしているうちに帰国の日が・・・。結婚に関しては、甲斐性がない私です。
今ではもう誰とも縁がなくなっていますし、自分のまわりもネェ・・・!『あきらめた』というより『もう、その気はない』が本音です (^_^;;!

投稿: hanna | 2010年4月15日 (木) 23時49分

ネパール暦とは・・初めて知りましたが、
何をもって新年を4月14日と決めてあるのでしょうね。
国別の新年とその謂われを調べるとどのような結果になるのかな
・・突然にそんなことが頭に浮かびました。


Saas-Feeの風さんへ

日本にも旧暦があるように、ネパールにもそのような暦があるようです。信心深い国民ですから、お釈迦様の生誕と関連しているように思います。日本では確か4月8日が花祭り、つまりお釈迦様の誕生日と云われていますが、ネパールでは・・・?国によって言い伝えに、少し違いがあるのかな?

投稿: Saas-Feeの風 | 2010年4月16日 (金) 19時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ネパール再会の旅 11 『かつてのオーナーと、そして新たな友達』 | トップページ | ネパール再会の旅 13 『女性スタッフたち、そしてクリシュナとも再会』 »