« この春、どこへお花見に・・・? | トップページ | どう詠む・・・? »

2010年3月21日 (日)

未来の大人たちへ贈る歌

3連休の中日、朝から強風が吹き、黄砂が舞っていました。道路情報では『高速道路は大渋滞』。大人しく、自宅での~んびり (^_^;;!

昨夜、ブログ更新した後、hannaさんのブログのこぶしの花の写真を見て、ふとある歌を思い出しました。タイトルが思い出せなかったのですが、数あるカセットテープの中から高石ともやさんのものを探し、やっとタイトルがわかりました。せっかくですから、YouTubeにないかと探したところ・・・、ありました (^_^)!

とりあえず、詩を読んでください。未来の大人たち、将来の日本を背負って立つ子どもたちのために、この詩に書いてあること、守らなければ!と思います。


私の子供たちへ ~父さんの子守唄~  
作詞・作曲、笠木透

生きている鳥たちが 生きて飛びまわる空を
あなたに残しておいてやれるだろうか 父さんは
目を閉じてごらんなさい 山が見えるでしょう
近づいてごらんなさい こぶしの花があるでしょう

生きている魚たちが 生きて泳ぎまわる川を
あなたに残しておいてやれるだろうか 父さんは
目を閉じてごらんなさい 野原が見えるでしょう
近づいてごらんなさい りんどうの花があるでしょう

生きている君たちが 生きて走りまわる土を
あなたに残しておいてやれるだろうか 父さんは
目を閉じてごらんなさい 山が見えるでしょう
近づいてごらんなさい こぶしの花があるでしょう

よろしければ、聴いてみてください。ほんの2分弱です。

http://www.youtube.com/watch?v=swl2_vCUHv4

|

« この春、どこへお花見に・・・? | トップページ | どう詠む・・・? »

コメント

同じ形で残すことは難しいかも知れないと思います。だからこそ、都会でも緑を残す方法を考えたり漁獲量を規制したり。
自分たちの欲望と、大きなスパンで見た自然保護との兼ね合いがとても難しいのではないでしょうか。
黄砂を浴びながら考えます。十億あまりの人口を抱えながら、じわじわと自国を砂漠化させている中国は、すべての地球への警鐘だと。


hannaさんへ

全く同じ形で…、というのはもちろん無理でしょう。時は後戻りできませんから。でも少しでも環境を良くしようとしているのも事実です。アスファルト道路だってビルだって、少しでも温暖化を抑えようと、日々開発し進歩しています。クロマグロの問題も、日本の食文化と言ってしまえば何も言えませんが、絶滅するほどの捕獲にならなければよいのでは?、と思います。
中国の黄砂の問題、ウイグルでは砂漠がどんどん広がり、砂漠近くの村に住む人々は「やがてここでは暮らせなくなるだろう」と、あるドキュメンタリー番組で言っていました。これらの声をどう考えているのでしょうね、中国政府は?それでなくても私は中国という国・国家が、あまりにも『ご都合主義』、『自国にとって都合のいいことは大々的に、悪いものは蓋をする』、そんな風にしか見えなくて、信用できません。

投稿: hanna | 2010年3月21日 (日) 22時59分

おはようございます~♪
 高石ともやさんの私の子供たちへ~父さんの子守唄
聞かせて戴きました。
 私たちの子供の頃と今とを比べても環境はあまりにも違いますね。
裸足で歩いたり走ったり
畦道を歩いたり
野の花を摘んで、口に含んだり
イナゴを採ってこんがり焼いて・・
小川での水遊び
近くの山で遊んだり
自然の中で育ちました。
四季も夫々に美しく
冬は冬らしく寒くて・・・
 今では考えられない時代を過ごしています。
現在は自然が壊されています。
それも私たち人間が作り出した事ですね。
 今、少しずつ考え直されてはいますが
1人1人の意識の問題ですね。
勿論、私もその一人です。
 省指で思いが全て書けませんが・・・


コスモスさんへ

私が子供の頃の昭和3~40年代と今とでも、あまりにも違い過ぎます。春先、田植え前の田んぼには蓮華の花が咲き乱れ、女の子だけでなく男の子も蓮華を摘んだりしていました。そばを流れる用水には、フナが泳ぎ、時には石亀がのんびりしていたり・・・。昆虫もたくさんいましたし、本当に自然豊かでした。今では宅地開発が進み、用水はなくなり、田んぼもどんどんなくなって、蓮華の花さえ見られない環境になってしまいました。モンシロチョウやバッタ、コオロギなども滅多に見ることがありません。蝉は相変わらず・・・ですが。

高石ともやさんと言えば、『街』という歌ご存知でしょうか?京都の街を歌った歌です。

投稿: コスモス | 2010年9月 8日 (水) 09時30分

 慕辺未行さん
残念ですが、私は子供の頃から
叙情歌が好きで
高石ともやさんの歌は知らないのですよ。

「街」が京都の街を歌った歌なら
音楽ソフトで探してみます。


コスモスさんへ

高石ともやさん、6~70年代に活躍されたフォーク歌手です。もっとも有名なのが『受験生ブルース』でしょうか (^_^)!
このブログ記事の『私の子供たちへ』のYouTubeのアドレスをクリック、すると右のほうに他の曲、もちろん『街』もあります。よろしければ、ご覧ください。

投稿: コスモス | 2010年9月 9日 (木) 16時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« この春、どこへお花見に・・・? | トップページ | どう詠む・・・? »