« ネパール再会の旅 2 『1泊だけのシンガポールで』 | トップページ | ネパール再会の旅 4 『2年ぶりのカトマンドゥで』 »

2010年3月27日 (土)

ネパール再会の旅 3 『カトマンドゥへの機内にて』

4月10日(日)晴れ
シンガポール8:00(SQ414)11:55(現地時間;シンガポール時間14:10)
*ネパールは、日本との時差3時間15分です。

 午前5時起床。洗髪・洗顔を済ませ、出発用意。6時、ホテルのシャトルバスで空港へ。チェックイン、出国手続き(出国税S15ドル)。待合室を見ると、日本人らしき姿はほとんど見かけない。

8時、やはり定刻に出発。機内サービスは、まずおしぼり。朝食は、オムレツにポテト、マフィン、フルーツなど。スチュワーデスも笑顔を浮かべながら、よく動いている。今までに乗った飛行機(E航空やP航空など)では、考えられないほどだ。ドリンクは昨日に続き、ブラディマリーを飲む。うーん、美味しい。トランプやポストカード、ボールペンもいただいた。しかし、シンガポール航空は、日本発着便を除くほとんどすべてで、機内禁煙となっている。それが辛い。それも仕方がないか。

この便は途中ダッカ(バングラデシュ)に寄航する。乗客がかなり降りた。ふと進行方向右側を見ると『地球の歩き方』を読んでいる一人の女性がいる。間違いなく日本人だろう。隣席は空いている。この先、ヒマラヤが見えるのは右側なのだ。もしここから乗客がなく空いているままだったら、移動しようと思い、彼女に声かけてみた。するとあっさりOKの返事をもらい、しばらく話をしていた。

彼女は初めての海外で、一人で心細かったようだ。ネパールへも当然初めてで、色々話しているうちに意外な事実が判明した。彼女の友達がカトマンドゥに英語の勉強で留学しているというのだが、同じ話を俺のネパールの友人ゴビンダからの手紙で聞いたことがある。

「ネパールへ英語留学って珍しいけど、僕のネパール人の友人の手紙にも書いてあったよ。名古屋から来ている人と友達になったって。」
「えっ!その人も名古屋ですよ。」
「もしかしたら、同じ人かもしれないね」

彼女の友達と、俺のネパールの友達の友達が同一人物かもしれない、これですっかり話が盛り上がった。彼女の友達は空港まで迎えに来てくれるそうなのだが、もし何かの理由で迎えに行けなかった場合、彼女には『富士ゲストハウス』に行くように伝えてあるそうだ。とはいえ、初めてのネパールで彼女一人、もしそうなったとしたら不安でいっぱいだ。俺は『富士ゲストハウス』が、俺が泊まる予定の『マナスルゲストハウス』と道路を挟んだ反対側にあることを覚えている。彼女が持っている『地球の歩き方』で念のために確認してみると、間違いなかった。だから「もし友達が来ていなかったら、僕と一緒に行けばいいよ」と話すと、彼女も「その時はぜひお願いします」と答えた。

楽しく話していたところだったが、ダッカから彼女の隣席に乗客がやって来て、俺は自分の席へと戻らざるをえなかった。そして飛行機は、カトマンドゥへと向かって行った。

|

« ネパール再会の旅 2 『1泊だけのシンガポールで』 | トップページ | ネパール再会の旅 4 『2年ぶりのカトマンドゥで』 »

コメント

偶然が重なるってことがあるのですね。もっともめったに日本人が行かないところだからかもしれませんが。
でも、イタリアのアシジの教会で夫は「先生」って呼ばれてびっくりしたら、講座の生徒さんだったということがありましたし、層雲峡のリフトの乗り換えで、私は同じ学校の先生にパッタリなんてことも…。或るもんですね。


hannaさんへ

あれれ?この先の展開、読まれてる~!?(^_^;;
私は、高卒後の旅行中、長崎で小・中学時代の同級生と偶然バッタリ。学生時代はユースホステル利用が多かったせいか、九州や信州で出会った旅人と、今度は北海道で偶然会ったり、夏休みや春休みのたびに北海道へ行っては、二度も三度も再会した旅人もいました。その挙句、初めてネパールへ行ったときに、北海道で知り合った人と2人会いましたからねー。旅好きな人は『人をも旅する』ものなのです。ちなみに、私の大の二人の親友もまた、やはり旅先の九州で知り合い、大学の入学式当日に偶然再会し、現在に至っています。

投稿: hanna | 2010年3月27日 (土) 22時48分

テーマは「偶然・・」ですね。
ブログに書いていますが、チューリッヒのホテルで朝食を摂っていたら
2年前にスイスのハイキングツアーで一緒だったふた組のご夫婦とバッタリ!
ひと組は鎌倉から、もうひと組は所沢から・・。
驚きましたよ。


Saas-Feeの風さんへ

そうですねー!『偶然』と『再会』がテーマになるでしょうか、今回の旅日記は!もちろん、新たな『出会い』もたくさんありましたよ。
スイスで同じツアーに参加されていた方々と、再びスイスでバッタリ!これもスゴイですネー!皆さん、スイスに魅せられて何度も訪れているのでしょうね。↑のhannaさんへのコメレスにも書きましたが、若いころ北海道へ行く度に偶然再会した旅仲間たちが数人いましたが、Saas-Feeの風さんの体験は、それをグローバル化した再会劇ですネ!今年も行かれるのでしょうか?

投稿: Saas-Feeの風 | 2010年3月28日 (日) 21時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ネパール再会の旅 2 『1泊だけのシンガポールで』 | トップページ | ネパール再会の旅 4 『2年ぶりのカトマンドゥで』 »