« アンナプルナ周遊トレッキング その11 | トップページ | アンナプルナ周遊トレッキング その13 »

2010年1月 9日 (土)

アンナプルナ周遊トレッキング その12

トロンパス(トロン峠)を越えて

4月26日晴れ
トロンフェディ4:00(徒歩)7:40トロンパス(5416m)7:50(徒歩)11:15フェディ12:00(徒歩)14:00ムクチナート

早朝のトロンフェディで

 まだ夜が明けぬ午前3時。アメリカ人のグループが起きたようだ。ガイドたちからこの日は「3時起床4時出発」と聞いてはいたが、それはガイドがいるからこそ、その時間に出発可能なわけで、ガイドを雇わぬ俺が1人で真っ暗闇の中、歩いて行けるはずがない。そんなことをしたら、それこそ道を見失い、遭難しないとも限らない。ドゥムレのロッジでも”Missing”と書かれたビラを見ている。俺は4時半か5時に起き、6時には出発、10時までに越えるつもりで、もうひと眠りしようとした。しかし、眠ることができず、このままでは寝過ごしてしまいそうで、俺も起きることにした。

何故、今朝はこれほど早いか?峠は10時を過ぎると強風が吹きすさぶので8時までに越えるのがベストだからだそうだ。俺は、この時間に起きた以上、「先にスタートした人たちの懐中電灯の灯りと足跡を追って行くしかない」と考えていた。荷物をまとめていると、すぐ横で寝ていたノルウェーの女の子たちも起き出したようだ。ヘッドランプの灯りとかで、起こしてしまったのだろうか?

荷物をまとめ、ロッジ内のレストランへ行く。そこにはすでにたくさんのトレッカーが集まっていた。空いているテーブルはほとんどないほどだ。それでも1つだけ空いていた4人掛けのテーブルで、俺一人紅茶を飲みながら、買い置きしておいたビスケットで朝食にする。ふと見ると、ノルウェーの女の子たちも入って来た。空いているところを探しているようだ。俺と目が合い、俺が1人でいるのを見てすぐにやって来た。

「おはよう、ジン!ここ、いいかしら?」
「ええ、もちろん!」
「何飲んでるの?」
「紅茶だよ。向こうで注文できるよ」

彼女たちも紅茶を注文し、そして何か2人で相談している。すると、

「ジン、こんな真っ暗の中、どのようにして行くの?」
「ガイドを雇っているインドネシアのおじさんやアメリカ人の3人グループがいるだろ?彼らがスタートした後に、ゆっくりついて行くつもりだよ」
「やっぱり!私たちもそう思っていたの!」
「そうするしかないでしょう?!こんな真っ暗の中1人で行ったら、おそらく道を見失うよ!」
「ええ、私たちもそう思うわ!」

しかし彼女たちの表情は、まだ不安げな感じだ。お互い、ガイドを雇わぬトレッカー同士。彼女たちはまだ若いし、俺はかつての経験、そして先月の経験もある。彼女たちも、このことは、これまでの会話の中で知っている。そこで、

「もしよかったら、僕たち3人で一緒に行く?」
「・・・!ええ!!もちろんよ (^_^)!」
「じゃあ僕たち3人は、彼らがスタートした後に一緒に行こう!」

彼女たちは嬉しそうに答えた。そして2人顔を見合せながら、「よかった!これで安心ね!」とでも話していたのか、不安げな表情は、もうそこにはなかった。やはり彼女たちだけでは不安だったのだろう。俺という道連れを得て、本当に嬉しそうだった。そしてのんびりと朝の紅茶を味わっていた。

やがて、おじさんたちが出発するのか、荷物を背負って外へと出た。それでも俺は悠然と紅茶を飲んでいた。すると彼女たちが、

「ジン・・・、もうみんな外へ出たけど・・・」
「まあまあ、慌てることないよ。もし、今すぐに僕たちが外へ出てごらん。それは彼らに”僕たちも一緒に連れて行ってください”と言っているようなものでしょ?それは良くないよ。彼らはお金を払ってガイドを雇っているのだから。でも、僕たちはそうじゃない。だから、彼らが出発して10~15分してからスタートすればいいよ」
「確かにそうよネ。OK!あなたの言う通りにするワ!」

彼らが外へ出て10分ほど経って、我々も精算をし、外へ出た。外へ出たものの、まだ暗闇の世界で、周りは何も見えない。そして、誰一人として出発していないようだ。未明の標高4700m、寒さに震えながら3人で身を寄せながら、時には「Which is cold ? Norway ? or here ?」と話しながら、誰かが出発するのを待っていた。5~6分ほどすると、暗闇に目が慣れてきて、多少は周りが見えるようになってきた。月明かりのせいもあるだろう。しかし、あまりの寒さに、俺は彼女たちに、「彼らでなくても、誰かが出発したら、僕たちもゆっくりスタートしよう」と話した。が、その矢先のこと・・・、

「Hey Jin ! You ready OK ? (ジン、準備OKか?)」
その声の主は・・・?そう!インドネシアのおじさんだ!!
「Yes. OK ! 」
「OK !? Let's go ! (OK!?じゃあ行こう!)」
おじさんがそう言うと、ガイドのパサンがそばに来て、
「ナマステ!ジン。ついて来なよ」と言う。
しかし俺だけがついて行くわけにはいかない。ノルウェーの女の子たちと約束した以上、俺には果たすべき義務がある。
「ちょっと待ってくれ!彼女たちも一緒にいいかい?」
「もちろんだよ。一緒においでよ」

パサンについて行くと、そこにはおじさんだけでなく、アメリカ人のグループも待っていた。お互いに「Good morning !」とあいさつしていると、パサンとアメリカ人グループのガイドのラジが何か相談している。2人は一列縦隊で並び歩く順番を話し合っていたようだ。その結果、先頭をパサン、次におじさんとしたのだが、おじさんはペースの速い俺に気を使い、2番目が俺、次におじさん、峠越えのこの日だけ雇ったおじさんのポーター。そしてノルウェーの女の子たち、ラジ、アメリカ人グループ、最後にアメリカ人グループの女の子がやはりこの日だけ雇ったポーターがつくことになった。

ところどころにガイドやポーターといった、峠越えの経験豊富な、頼れるネパール人を配置し、4組、総勢11名のパーティーでトロンパスを目指す。

(この日の旅日記、明日以降につづきます)

|

« アンナプルナ周遊トレッキング その11 | トップページ | アンナプルナ周遊トレッキング その13 »

コメント

親切ですね。ちゃんとまっていてくれたんだ。ガイドも雇い主以外がついてきても気にしないんですね。いいなあ、この雰囲気。嬉しいですね。


hannaさんへ

インドネシアのおじさんから声かけられた時の喜び、そして嬉しさ!今でも忘れられません。ノルウェーの女の子たちは「ジンがいなかったら、自分たちだけでこの峠を越えられなかった!」と話すし、私も「おじさんがいなかったら・・・?」と同感です。ガイドたちも、片言のネパール語を話す私に、いつも好意的でした。掛け値なしに、私を友達として見てくれていたようです (^_^) 。本当におおらかで人の良いガイドたちでした。もちろん、雇い主であるおじさんも、アメリカ人グループも、皆素晴らしい人たちでした。

投稿: hanna | 2010年1月 9日 (土) 23時37分

ひとりで行動することは危険でしょうね。
国内でも山歩きするときには二人連れでないと
危ない場所がありますからねえ。
11人になると安心でしょう。

それにしてもよく覚えておられるので感心しています。
メモにして残されているのでしょうか。


Saas-Feeの風さんへ

この時間のこの峠越え、さすがに1人では危険です。何しろ真っ暗でしたから。人数よりも、経験豊富なガイドが一緒だったこと、とても安心でした。私は国内の山でも、1人が多かったのですが、無謀といえば無謀でしょうか?あまり危険なところへは行きませんでしたが・・・。

休憩中、地図に日付と到着・出発時間を記入したり、それまでの出来事や食べた物などメモしたり、その日のロッジに到着した後も、時間を有効に使いメモしていました。写真を撮る度にも、場所や山の名前などを書きとめていました。トレッキング後、書き足らないことを書き加えたり、帰国後、ワープロで校正する際、覚えている限りのことを書き足しました。
旅先での日々は、日常とは違う特殊な日々ですので、写真だけでは表現できないことも、大切な思い出として残して置きたかったのです。

投稿: Saas-Feeの風 | 2010年1月10日 (日) 21時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アンナプルナ周遊トレッキング その11 | トップページ | アンナプルナ周遊トレッキング その13 »