« アンナプルナ周遊トレッキング その9 | トップページ | お疲れ? 猛獣編 »

2010年1月 5日 (火)

アンナプルナ周遊トレッキング その10

雪道を行く

4月24日(金)晴れ
マナン7:10(徒歩)8:55グンサン9:20(徒歩)11:15ヤクカルカ12:00(徒歩)13:10チュリラタール

 5時40分起床。後片付けするものが多く、またセーターを買ったため、荷物がもういっぱいである。朝食は、ララ・ヌードルスープにブラックコーヒーとする。

7時10分にスタートし、雪と氷、泥の道をそろ~りそろりと登り続ける。シューズはベタベタ。天気が良いので、やや汗ばむが、雪のため、腰を下ろせるところがない。ゆっくりゆっくり、滑って転んだりしないよう慎重に、呼吸を整えながら進み、グンサンへ。ここまで休みなく雪道を登り続けただけに、ミルクティー2杯飲んでエネルギー補給しながら休憩。

Img428

雪が降り積もったマナンの村と、周辺の山々。(パノラマ風にしました。)

Img429

しばらくはこんな道が続きました。そして雪が溶けだし、泥道に・・・。

ここからはほとんど平坦な道になる。また、雪も徐々になくなっていった。マナン近辺だけ降ったのか?まぁ、マイペースで行こう。

ヤクカルカにて昼食とする。待っている間、近くの水場で髪と顔を洗っていると、ちょうどフライドポテトができたようだ。

それにしても、今日マナンからトロンフェディまで行く人の多いこと!マナンとは標高差1300m位あるはずだ。他のトレッカーのガイドたちも話していたが、この高地で、それだけの高低差を1日で登るのは危険だ。エヴェレスト街道の時も、標高約4300mのディンボチェ村で2泊し、高度順応しようとしたものだ。何人かは明日、高山病で下るのではないか?現に、マナンのロッジでうるさかった連中の1人もトロンフェディから下って来ていた。彼は、ドゥムレへのバスの中から道行く村人の女性に、水をかけていた男だ。きっとネパールの神様が怒って、罰があたったのだろう。さらに、俺が「今日はチュリラタールまで」と言うと、「なぜだ?」と訊くイスラエル人トレッカーもいた。何もガイドブックなどのモデルコース通りに行くこともあるまい。まして一気に標高4700mまで行くなんて・・・。危険を承知で行く必要はない。俺は俺のペースを守って行く。

Img430

チュリラタールにずいぶん近づいてきました。この辺りでは、全く雪がありませんでした。

Img431

周辺の山は、雪化粧しています。アンナプルナⅢ(7555m)とガンガプルナ(7454m)。

昼食を終え、ゆるりと歩きだし、およそ1時間後にはチュリラタールへ。シーズン中しか開けないという2軒のロッジの1軒に泊まることにする。ほとんどドミトリーだけのロッジだ。天気が良いので、ベタベタに濡れたトレッキングシューズを天日に干す。そして高山病予防のために、再び昼食をとることにする。今度はエッグ・ヌードルスープだ。

食べ終えて、シューズを干してあるところでのんびり日向ぼっこしていると、やがていつもの見慣れた顔が次々とやって来た。まず、インドネシアのおじさん、そしてアメリカの3人グループ。マナンでは違うロッジに泊まっていたようだから、2日ぶりの顔合わせに皆、笑顔だ。もちろん彼らもここへ泊まる。やはりのんびり行くべきだ。しばらくして、またしても「Jin !」という声。ピサンのロッジで初めて会ったノルウェーの女の子たちもやって来て、お互いに笑顔であいさつ。彼女たちに聞かれて「俺だけじゃないよ。インドネシアのおじさんもアメリカ人グループもみんな、今日はここで泊まるよ」と話すと、彼女たちもここへ泊まることにした。ロッジの中で皆と話をする。ガイドたちが「マナンではどこに泊まった?」と尋ねる。「俺は”ヤクホテル&ロッジ”」と答えると「・・・!ああ、わかった!で、君たちは?」「俺たちは○○ゲストハウス」「俺たちは○○ホテル」「私たちは○○ロッジ」等々、皆それぞれ違うところに泊まっていたようだ。

午後、キッチンにお邪魔して暖をとる。厨房なので本当なら入らせてもらえないだろうが、先月のエヴェレスト街道での経験上、いつも平気でお邪魔させてもらっている。しばらくして、紅茶を注文しようとインドネシアのおじさんがキッチンに声かける。おじさん、俺がそこにいることに驚いて「ヘィ、ジン!ここにいてもいいのか?」と話す。「エェ、全然大丈夫ですヨ!」と答えると、おじさんもそこに居座ってしまった。おじさんと話をしながら過ごしていると、時々ロッジの女主人が「そこのヤカン、取ってくれない?」とか、「これをそっちに置いてくれる?」などと、平気な顔して客を使う。俺も悪い気はせず、「OK」と笑いながら手伝う。おじさんは大笑いだ!こちらが勝手にお邪魔しているわけだし、返ってこの方が親しみを感じる。これもコミュニケーションの一環だ。

それにしても、夕方は冷える。さすが4000m越えるだけある。夕食はダルバートとオムレツにする。味はやや落ちるも、やむを得ないか。7時半過ぎには体を休めた。

チュリラタール、チュリラタールロッジにて

|

« アンナプルナ周遊トレッキング その9 | トップページ | お疲れ? 猛獣編 »

コメント

事細かにメモを取っていらっしゃるんですね。私なんかどこで何を食べたかなんてよほど記憶に残っているもののほかは忘れてしまっています。夫はまだ細かいほうでメモしているようですが、私はすご~く大雑把な性格なんですよ。記録の確かさにいつも感心しています。


hannaさんへ

山登りの時もそうですが、陽が高く昇る前の朝、涼しいうちに歩き始め午後早めに行動を打ち切る、これが私の基本です。ですから、メモを取る時間はたっぷりあるのですヨ (^_^)!食事休憩のときも、1人の時は料理ができるまでの間、その日のそれまでのことをメモしていました。そういえば、エヴェレスト街道の時に、頻繁にメモを書いている私を見てエルマー達が、「ジン、トレッキングのことを本に書くのかい?」と尋ねたことがあります。私の場合、旅日記は「文章で綴る心のアルバム」ですから。旅の中の一瞬の1コマを切り取っただけの写真では、言葉までは残せない!皆と大爆笑したり、感動させられた言葉・・・、それらも大切な旅の思い出なのです。でも、今思えば、料理の写真をもっと撮っておけばよかったですね。

投稿: hanna | 2010年1月 5日 (火) 23時30分

熱と発心はよくなってから お出かけになったのでしょうね。 水をかけた男の人、ジャマミロですね・・(人を悪く言うのは気がひけますが・・)
TVで 7大陸の最高峰を無酸素でチャレンジしている若い男性の話、ご覧になりましたか~ ヴィデオで生ブログをしたり、今どきの若者でした。


bellaさんへ

いやいや、熱は特になかったのですが、咳がひどかったのです。でもかなり治まっていたと記憶しています。発疹もずいぶん良くなっていました。水をかけた男は、バスの中やマナンのロッジでは本当に傍若無人に振舞っていましたから、しんどそうに下って来た時は「それ見たことか」と思いましたヨ!
今回、そのTV番組は見逃してしまいましたが、このブログの右サイドバーにある「栗城史多氏」の番組でしたよね。以前に彼の登山の様子を扱ったTVを見ました。ダウラギリ登頂は成功したものの、エヴェレストは断念されたのですよね。「生きて帰らなければならない」と言って!彼はまだ20代と若いので、今後もチャンスはいくらでもあると思います。野口健氏とともに、日本の山岳界をリードしていく逸材だと思います。  

投稿: bella | 2010年1月 6日 (水) 20時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アンナプルナ周遊トレッキング その9 | トップページ | お疲れ? 猛獣編 »