« アンナプルナ周遊トレッキング その20 | トップページ | アンナプルナ周遊トレッキング その21 »

2010年1月26日 (火)

Battle at Kruger (YouTubeより)

これは世界的に有名な動画です。TVなどでも紹介されたこともありますので、ご覧になられたことがある方もいらっしゃると思います。昨夜ふと思い出し、YouTubeの中から『水牛、ライオン、ワニ』で検索したら、アクセス数、コメント数が異常なほど多い動画がすぐに見つかりました。世界中ですでに5000万回近いアクセスがあるようです。

http://www.youtube.com/watch?v=LU8DDYz68kM

Krugerとは、南アフリカにある国立公園。ドイツの友人、エルマー&アンジュラ夫妻もかつて訪れたことがあります。

8分ほどの動画ですが、大自然に生きる野生動物たちの、厳しくもたくましい姿、そして最後は想像さえつかなかった感動的なドラマが待っていました。

この動画、皆様はどのような感想を抱きますか?

|

« アンナプルナ周遊トレッキング その20 | トップページ | アンナプルナ周遊トレッキング その21 »

コメント

この水牛の子どもははたして傷を負って生きられたのでしょうか。まあ、どうあれ、力を合わせればライオンといえども叶わないということですね。脚がはやい、体が大きいなど、なるべく食べられることのないような機能が備わっているのでしょうが、ライオンだって、食べなければ生きていけないわけだし、食うか食われるかの世界は大変です。狩りをするのは雌の集団ですが、これも力を合わせて挑んでいるわけですから、餌を逃して飢えなければならないし気の毒になります。


hannaさんへ

その後のことは、自然界の神のみぞ知るところでしょうが、自力で立ち上がったところを見ると、致命傷は負っていなかったと思いますし、そう願いたいです。
百獣の王・ライオンといえども、その数倍以上の水牛の群れには太刀打ち出来なかったのでしょうね。水牛の子供を捕まえたライオン、それを横取りしようとしたワニ、しかし結局はどちらもその水牛を仕留めるまでには行かず・・・何とか生き延びた水牛の子供。ここは弱肉強食の世界、生きるも死ぬも、食うか食われるかに同じ。捕らえられるのはもちろん、取り逃がした方も気の毒に思います。

投稿: hanna | 2010年1月26日 (火) 23時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アンナプルナ周遊トレッキング その20 | トップページ | アンナプルナ周遊トレッキング その21 »