« アンナプルナ周遊トレッキング その17 | トップページ | アンナプルナ周遊トレッキング その19 »

2010年1月20日 (水)

アンナプルナ周遊トレッキング その18

なつかしのマルファと美人姉妹

*まず、マルファ村の街並をご覧ください。まさに”白亜の村”と呼ぶにピッタリの村です。マルファは、このルート上ではカグベニと並び、トレッカーに人気のある村です。

Img470

Img472

Img468

Img476

建物はどこもかしこも、白で統一されています。異国情緒あふれる、素敵な村です。

 昼食は12時半ごろ、ガーリック・ヌードルスープにする。ロッジの末娘のトゥルシーが、「ゴホンゴホン」とひどく風邪をこじらせている。それなのに、けなげに一生懸命働いている。俺は彼女に、マナンのドクターから処方して頂いた風邪薬を「食後30分に飲みなさい」と分け与えた。しばらくしたあと、長女のニールが「この薬をくれたのは、あなたでしょ?ありがとう!ところでいつ、どれだけ飲めばいいの?」と尋ねてきた。トゥルシーには英語で説明したのだが、よく理解できていなかったようだ。あらためて、ニールに説明する。この薬を分けてあげたのが良かったのか、俺に対する彼女たちの印象は、すこぶる好いようだ。

Img474

末娘のトゥルシー。当時まだ12才でした。とても可愛い娘でした。

午後はロッジでのんびり過ごし、4時ごろ『おやつタイム』とする。ちょうどその時、馬に乗って村を散策している若い女性と目が合った。彼女はキャンプをしながらトレッキングしているアメリカ人グループのリサだった。彼女も俺に気がつき「ヘイ!ジン!」と言いながら馬から降りて、ロッジの中へやって来た。一緒にトレッキングしているアランとトムも続いて入って来た。彼らはジョモソムから馬に乗ってこの村までやって来て、再びジョモソムへ戻り、1泊した後ポカラへ飛行機で帰るそうだ。そうなると、今回のトレッキングでは、これが最後になってしまう。よくよく考えてみると、今回のトレッキングでも「ジン」と呼んでもらえるようになったのは、最初にリサが話しかけてくれたからではなかったか?彼らはキャンプ(テント泊)で歩いているから、同じロッジというわけにはいかなかったが、それでもほぼ同じ日程で歩いていて、ずいぶん親しく話したものだ。トロンパス越えで一緒だったメンバーは、もう先へ進んでいるだろうから、ここでまた、顔なじみの仲間に会えたのは嬉しかった。

おやつタイムのおやつは、アップルパイとブラックティー。アップルパイはニールが作ったらしい。なかなかおいしい。キッチンにお邪魔してみると、なんと、オープンが備わっているではないか!これには驚いた!!以前来た時、すでに電気は通っていたものの、まさかオープンがあるなんて!電力、足りるのかな?
そういえば、村には図書館もあったし、スビニールショップ(お土産屋)も何件かできて、指輪やネックレスなど色々なものが売られている。う~ん、山奥の村だと侮ることなかれ、ここマルファはなかなか先進的な村だ。7年半前に比べ、本当に大きくなり発展したものだ。しかし、再び村をうろつき、メインストリートを外れると街道沿いとは全く別の、質素な生活がそこにはあった。狭い路地に軒を連ね、まるでトンネルのようにまた迷路のごとく家々が建ち並ぶ。これも、もう一つのマルファの”顔”。

Img475

アップルパイと紅茶で『おやつタイム』です。まさか?! のおやつに (^_^) です。リサが撮ってくれました。

夕食はダルバートにする。40ルピーだ。ポカラへ近づくほど安くなるのだろう。このロッジは娘さんたちが中心になって働いている。3人いるのだが皆、美人ぞろいだ!村同様、素敵な女の子が多いのが目につく。夕食後、彼女たちとキッチンで話をしながら楽しく過ごし、8時15分、部屋へ戻る。

マルファ、ニール・ゲストハウスにて

|

« アンナプルナ周遊トレッキング その17 | トップページ | アンナプルナ周遊トレッキング その19 »

コメント

宮崎あおいちゃん似の可愛い娘さんですね。
この辺で採れる石は白いのでしょうね。ギリシャなんか並の石より大理石が安くって、家々は大理石で白かったですから。イギリスの湖水地方はどこもグレーの石なので暗い感じがしました。日本は木が多いので木造建築が発達した。自然の理にかなっているのではないでしょうか。ノルウエーも木が多く木造が多かったです。


hannaさんへ

宮崎あおいさん、女優さんですよね。でもお顔が・・・?ピンと来なくて、すみません (^_^;;!
石は元々白いのではなく、たぶん塗装したのだと思います。カグベニ村も石を削り積み上げた民家が多かったですが、このマルファ村も初めはそうだったのでは?と思います。
ノルウェーは行ったことがありませんが、フィンランドが『森と湖の国』と言われるほどですから、ノルウェーもきっと森林に恵まれた国なのでしょうね。そういえばフィンランドも木造建築が多かったような気がします。
ずいぶん前にTVで知ったことなのですが、ネパール山間部では、石を薄く平ぺったく削り、家屋に使う技法が伝統的に受け継がれているようです。

投稿: hanna | 2010年1月20日 (水) 23時44分

篤姫を演じた女優さん。アヒルとコマーシャルやっていた人。ご存じありませんか。


hannaさんへ

ハイ (^_^)/ 分かりました。「♪ネコとアヒルが力を合わせてみんなの幸せを~♪」のコマーシャルの女性ですネ!あのコマーシャル、癒されますよネ!大好きなコマーシャルです。でも、似てるかなー?

投稿: hanna | 2010年1月21日 (木) 17時35分

ご飯と 食べるなどの単語、わかりました (もちろん全然覚えられませんが・・) 今回もそうですが、食べ物については 旅では重要な単語ですね。   アップルパイ、こういうところでは 甘いし、大ご馳走だったでしょう。
町中の敷石は凸凹が激しいですが、それでも舗道が出来ていること自体、文化の入り口ですから、すごいことですね・・


bellaさんへ

ネパール語は必要に応じて実践し覚えました。bellaさんは、フランス語やイタリア語、スゴイじゃないですか!私の片言のネパール語やドイツ語、英語と違ってペラペラなのですから、もう尊敬します。
ここで食べたアップルパイは、ホント感激ものでした。電気さえ通っていない村が近くにあるのに、オープンがあったのですから!この辺りはタカリー族という少数民族の人々が暮らしていますが、昔から商売などにも長けていたそうです。村の景観も、ここでしか見られない独特のものでした。この街道沿いでは最も進んだ文化を持っている村だと思います。

投稿: bella | 2010年1月24日 (日) 20時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アンナプルナ周遊トレッキング その17 | トップページ | アンナプルナ周遊トレッキング その19 »