« フランス人とルームシェア | トップページ | ささやかなクリスマス飾り »

2009年12月 6日 (日)

イングリッドとも再会!

4月9日(木)

 午前8時20分起床。9時ごろ、アヌが来宿。ダージリンの旅の写真とネガの一部(アヌとゴビンダだけで撮ってあげたもの)を分けてあげた。ネガは半分以下になり、バラバラに。ネガの整理が大変だなぁ。トレッキング後に撮った写真も、自分が写っていないものは焼き増しせずにいたら、48枚も減っていた。それだけたくさん皆の写真を撮ってあげてたわけだ。

その後、イミグレーション・オフィスへ行き一番で並ぶ。パーミット(許可証)が24日で1704ルピー(滞在2カ月目のため)+200ルピー(アンナプルナ入域料)、ビザ延長14日で10ドルはイタイ!受け取りは夕方だ。

申請後、街をぶらつく。ネパール・フラッグ40ルピー、絞り模様のハデなズボンを150ルピーで買う。欲求不満がやたら散財につながっている。これじゃ1日5ドルなんて無理。写真代などを含めると1日20ドル以上は使っていないかなぁ。やはりガイド代が高かった。あれで300ドルぐらいは出費しているはず。これだけ余分にあれば・・・。60ドル分のスリもイタイ!他人のために400ドル(約52000円)以上は使ったことになるのか・・・。ウ~ン、反省点だな。

1時ごろ、街で突然「Jin(=dsching、ジン)」と声掛けられる。イングリッドだ。彼女はカラ・パタールまでエルマー・アンジュラと共にずっと同行した後、さらにゴーキョ・ピークへ行き、再びジリの村まで歩いたという。かなわないナ!のべ38日だもん。スゴイワ!後ほど会う約束をして、ゲストハウスへ戻りシャワーを浴びる。

ロードハウスカフェという喫茶店でイングリッドと待ち合わせ、ティータイム。「シェルパシチュー・ファミリー」、「ムスタンコーヒー・ブラザース」などと、思い出に笑い転げながら、楽しいひと時を過ごした。トレッキング中に撮った写真をプレゼントしたら、コーヒー代はご馳走してくれた。エルマーとアンジュラは今頃ドイツへ帰って過ごしているんだろうね。英語力の乏しい俺でも、少しは会話ができるんだ。

そしてカフェを出て、一緒にイミグレーションへ行く。パーミットを受け取り、イングリッドとはそこで別れた。

ゲストハウスへ戻り、黙って出てきた俺の日本の仲間たちへ、初めて手紙を書く。裏切り者の俺、でも結局、冷徹にも卑屈にもなれない。「どうしようもないな」と思いつつ、所在を知らせることにした。

夕食はヤク・レストランにて、ポーク・フライドライス(豚肉入りチャーハン)とエッグサラダ。サラダがとてもフレッシュでドレッシングがいい。明日は、ロイヤルネパール航空へ帰国便の予約でもしておこうか。アンナプルナ周遊へ出かけた後では、ビザの日数が限られているから(ネパールの滞在ビザは年間3ヵ月まで)、トレッキング前にしておかねば。

新情報として、3月よりムスタン王国(ネパール国内でありながら、特別に半独立自治が認められている;カグベニ以北、ローマンタン方面。ツーリストは入域禁止)が、入域可能になったらしい。多くの個人旅行者が、この情報に色めきたった。が、まだ旅行者の受け入れ態勢が整っておらず、ロッジもなければ食事を提供できるところもないという。そのため、行くのであればテントや食料すべて持参しなければならない。許可証も高く、カトマンドゥよりガイドと数人のポーターを雇って1週間で500ドル(ガイドらの雇用料は別)。これにさらに交通費・食費・テント、調理に必要なもののレンタル料などの実費が加わる。この国の物価を考えたら・・・、他のツーリストたちも言っていたが、グループならともかく、個人レベルの旅行者では、ちょっと行けそうにないなぁ。

カトマンドゥ、マナスル・ゲストハウスにて

|

« フランス人とルームシェア | トップページ | ささやかなクリスマス飾り »

コメント

あれれ確かにコメ書いたんだけど、どうしたのかな。
皆それぞれに何か思い残して長旅に出る。その思い切りがないと出ては来られないのでしょうから、仕方がないことですね。それもそれぞれの生き方でしょうから。そうして多くの人が旅の空で出会い、別れ小さなふれあいが国際理解にも役立つと思えば、意義のあることでしょう。
所で、昨日の私のコメはどうなったのかな。そのまま切ってしまったのかしら。送信決定せずに。


hannaさんへ

やっぱりスルーせずに読んでくれていたのですネー (^_^)!お風邪をひいていらっしゃったようなので、早めに休まれて、ついうっかり飛ばしたのかと思いました (^_^;;!
コメは、どこへ消えたのでしょうネェ~?「送信」押し忘れてたとか・・・?完全に「送信」される前にログアウトされたとか・・・?
この時の旅は、出発前に何かと複雑な事情もあり、ある意味では「逃避」だったのかもしれません。「この目でエヴェレストが見たい」という夢・大義名分で隠していましたが・・・。何人かの友人に、カトマンドゥの滞在先のゲストハウスの住所を書いて手紙を出したら、何通か返事が届いていました。

投稿: hanna | 2009年12月 8日 (火) 13時16分

書き終わったら送信押さずにさっさと寝ちゃったのかも知れませんね。ボケているから。済みませんでした。


hannaさんへ

ヘッ?!hannaさんが「ボケている」?!まさかぁ~、謙遜しすぎですヨー (^_^)!ボケてたら、PCいじれません!ブログなんて書けません。コメントやコメレスもできませんヨー!
母がかかりつけ医によく言われるそうですが、自分で「ボケた」という人は、全然ボケていないそうです。本当にボケていたら、「ボケた」という自覚すらないらしいです。
hannaさん、まだまだお若いですヨォ~ (^_^)!これからも若輩者の私の相手、してくださーい m(u_u)m!

投稿: hanna | 2009年12月 8日 (火) 23時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« フランス人とルームシェア | トップページ | ささやかなクリスマス飾り »