« ミリクにて | トップページ | 「ホッ!」と癒される時 »

2009年11月28日 (土)

ネパール再入国

4月5日(日)
ミリク7:00(バス)9:50シリグリ12:00(オートリクシャ;三輪タクシー)13:00ラニガンジ(サイクルリクシャで国境越え)カカルビッタ15:20(夜行バス)

 午前6時起床。ひどく胃腸が痛み下痢をしている。3回ほどトイレへ駆け込む。ミリク~シリグリは3時間半ぐらいという。朝食もとらずに7時発のバスに乗る。腹は時々痛みもするが、何とか持ちこたえられそう。痛みに耐え抜き、9時50分にはシリグリに到着。ダージリンやミリクに比べ、とても暑い。ウールのシャツが邪魔なほど。
シリグリは鉄道の駅もあり、ゴビンダとアヌは貨物列車の前で写真を撮っている。ネパールでは列車はお目にかかれない(鉄道はまだ通っていない)からなぁ。2人はさらにマーケットへ買い物に、調子の悪い俺は荷物の留守番。

昼ごろ、オートリクシャ(三輪自動車のタクシー;懐かしい日本のダイハツ・ミゼットが使われています)でラニガンジへ。1時間ほどで到着。そしてインドから再びネパールへ。国境越えは、サイクルリクシャで行く。ゴビンダとアヌは、この国境をビザなどの手続きなしで行き来できるのだが、俺はそうはいかない。しかし、リクシャ引きのおっちゃん、俺のことを彼ら同様ネパール人と思っていたようで、イミグレーション(出入国管理事務所)を素通りしようとした。あわてて声をかけ、リクシャを止めさせ、イミグレーションへ。リクシャ引きのおっちゃん、ずいぶん驚いた顔で「日本人だったのか?」と言っていた。「オイオイ!どう見ても日本人の顔だろ」と言いたかった。何はともあれ無事、出国手続きを終え、再びサイクルリクシャに乗り国境を越える。
ネパール再入国で、20ドルで1ヵ月のビザを取得。これはネパール国内でビザの延長をするより、はるかに安い。バンクレシート(両替証明書)も必要ない。その分、こうしてダージリンへの旅を楽しめたわけだ。

Img386

サイクルリクシャに乗って国境を越えます。撮影場所は・・・、どちらの国だろう・・・?

カカルビッタに到着し、昼食を軽めにとり、15時20分発のナイトバスでカトマンドゥへと向かう。座席は運転席のすぐ横で、西陽が暑く、エンジン音もうるさい。当然リクライニングするわけもない。揺れもひどく、途中のラハンという村で食事休憩となったが、胃腸の具合が悪く、パンとジュースのみにする。

カカルビッタ~カトマンドゥ(夜行バス)内にて

|

« ミリクにて | トップページ | 「ホッ!」と癒される時 »

コメント

そうおっしゃいますが、こうしてみるとどこの国の人かわかりませんよ。日本人離れして見えます。「おれたちアジア人!」って感じでいいんじゃありませんか。でも、手続きは必要ですね。


hannaさんへ

えぇ~っ!どう見ても日本人ですよー (^_^;;!中国人や韓国人に間違われるのなら、まだ納得できますけど~!でも、たくさんのネパール人の人たちに囲まれて写真を撮ると、確かに違和感なく写っていたりします(笑)。日本人のルーツをたどると、モンゴルやチベットに行きつくでしょうし、チベットと国境を接するネパール人と間違われても、何ら不思議はないかも・・・?

投稿: hanna | 2009年11月28日 (土) 22時43分

長い間異国にいたのできっと顔つきも現地の方と同じになったのでしょう~(大笑)
それにしても異国の地で安上がりの技はいいですね~
2ヶ月ほど前にミゼットを街で見たのですが、あいにく原チャリに乗っていたので写真取れず・・残念


青龍○段さんへ

ヘヘッ (^_^;; !確かにそうかも・・・(笑) 。ネパール滞在2ヵ月目のビザ延長は、本当に高かったと記憶しています。「ウッソー !? 」と思うほど高いです。で、一度出国すると「チャラ(帰国したことと同じ扱い?)」になるのか、安かったです。
ミゼット、まだ活躍している姿を見たのですか!あのオート三輪の軽トラは、日本ではもう見られないと思っていましたが・・・。でも、高度成長期を代表する名車の一つには違いないですよネー!映画「Always 三丁目の夕日」にも出ていましたよねー。原チャリと言えば・・・、カブ!すっかり見なくなったけど、まだカブに乗ってる人、いるのかな~?

投稿: 青龍○段 | 2009年11月30日 (月) 12時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ミリクにて | トップページ | 「ホッ!」と癒される時 »