« ダージリンでの一日・・・? | トップページ | ネパール再入国 »

2009年11月26日 (木)

ミリクにて

4月4日(土)
ダージリン8:30(バス)12:00ミリク

 午前6時起床。昨朝同様ショール売りがやってくる。買おうかどうかさんざん迷ったが、紫色のそれほど派手でもないショールを1枚310インドルピー(1400円ほど)で買う。モーニングティーを頂き、朝食を終え、8時半ごろのバスに乗り、ミリクへ向かう。
山道を下り平野部へ。ちょうど昼ごろ、ミリクに到着。ここは湖がある保養地だ。

Img023_2

ミリク湖です。午後はここで遊びます。(写真は絵葉書です)

昼食の後、ミリク湖にて3人でボートに乗ったり、乗馬を楽しんだり、湖の周りの遊歩道を散歩したり。アヌは乗馬はお手の物のようで、1人で完璧に乗りこなしていた。天気は今一つさえないが、決して寒くはない。しかし、これで晴れていれば言うことのない”バカンス”なのだが・・・。

Img371

まず、ボートに乗ってみました。でも、まさかインド・ネパールの旅の途中で、ボート遊びをしようとは・・・!想像さえしませんでした。

Img368

漕ぎ手は交替で代わりました。とはいえ私が一番短かったと思います。後方の橋は、上(1枚目の写真)の絵葉書にも写っている橋です。

Img375

ボートの次は、乗馬にチャレンジ!左側の青い屋根の建物と、右後方の建物、絵葉書にも写っていますヨ (^_^)!解かりますかぁ?

Img377

私の場合は、乗馬というより「引き馬」です。「白馬に乗った王子」気取り(?)です(笑)!← もちろんジョークですヨー (^_^; ;!王子だなんて、めっそうもない・・・!
シャツの色・デザインが引き手の男のシャツと「かぶってる w(゚o゚)w (;´д`)トホホ… wobbly 」。

Img378

1人で完璧に乗りこなすアヌ。決まってますねー!これが「乗馬」ですよねー (^_^;; 。
絵葉書に写っている橋を右の方へ渡ると、遊歩道があります。そこで各々、楽しみました (^_^)!

Img384

遊歩道を散歩しました。

その後、ロッジにて俺だけ休憩する。どうもカカルビッタまでの長距離夜行バス以来、体の調子が悪い。夜7時ごろ、夕食へ出かける。あまり食欲がなくチョウミン(焼きそば)だけにする。どうやら、トレッキングや長距離移動の疲れがとれていないようだ。薬局でビタミン剤(20錠12インドルピー)を買った。そして8時半には就寝とする。

ミリク、ロッジング・イムニーズにて

Photo

Photo_2

この日の朝買ったショール、せっかくですので急遽、写メしました。どちらが表・裏かは?でも、なかなかシックなデザインと色でしょ・・・?今もほぼ”未使用”同然、大切にしています (^_^;; 。

|

« ダージリンでの一日・・・? | トップページ | ネパール再入国 »

コメント

きれいなところですね。
私カナダで本格乗馬にチャレンジしましたよ。50代でしたが。娘に付き合って。最後に残った馬なのでこれがひどい馬。年寄りで図々しい。一頭だけサボっていて牧童が叱ると駆け出す。最初から山道を駆け足です。途中で草を食べだす、走る。川を渡れば他の馬と違うところを渡る。一頭だけ信号に引っかかってドライバーに笑われた末、また走る。2時間の乗馬で1時間は駆け足。堅い西部劇みたいな鞍の上です。最後に泊まったのが木の茂みの中で枝に挟まれて私は降りられない。牧童に助け出してもらい、娘は大笑い。でも、私は2週間お尻が痛かったし、ややガニ股になりました。もうこりごりです。


hannaさんへ

日本で紹介されるインドのイメージとは、ずいぶん違うところだと思います。これもインドの一つの「隠れた魅力」かもしれません。
hannaさん、乗馬で何やら「苦い体験」がおありのようですネ!私は北海道を旅した時に「引き馬」に乗る程度しか経験はありませんでした。本当は映画「遥かなる山の呼び声」の高倉健さんのように、「カッコよく」乗りこなしたいのですが・・・(;_;) 。でも、私のブログを読んで、「かつての旅の思い出」を思い出し、このようにコメントして頂けると、とても楽しいです。hannaさんが、海外でどのような旅・経験をされたのか・・・今日のこのコメントのように、そのエピソードを少しでも知ることができたら、とても嬉しいです (^_^) 。
*hannaさんのこのコメント、私のブログへのコメント”700号”でーす (^_^)!しかも・・・、hannaさん自身からのコメントも、ちょうど300回目なのです\(^_^)/!(メールボックスに整理したら…分かりましたぁ!)
う~ん・・・、コメントの3/7がhannaさんから!それだけ「楽しんで頂いているんだぁ (^_^)!」と感謝し、これからもがんばって書き綴りまーす。 本当にいつもいつもありがとうございます。hannaさんが毎回コメントしてくださるからこそ、ブログを書き続ける活力になります (^_^)/!

投稿: hanna | 2009年11月26日 (木) 23時46分

ボートも乗馬も経験がないな~
海水浴で使うゴムボートくらいかな(笑)
馬の高さって視点が当然高くなるので気持ちよいのでしょうね~
まるで「暴れん坊将軍」・・・にはちと遠いですかね。


青龍○段さんへ

ヘッ w(・o ・)w!ホントに?私は、若かりし頃、北海道でカナディアン・カヌーで原生林の中の川を下ったり、引き馬とかやりましたヨ (^_^)!冬はノルディック・スキーで凍結した湖を縦断したり、原生林の林道を行ってみたり・・・。スノーモービルに引っ張ってもらってパラセーリングも体験しました。めちゃくちゃ楽しかったです (^_^)/!
でも、本当にインドで馬に乗るとは・・・!?我ながらビックリ!です。「暴れん坊将軍」には、確かに見えませんね~!

投稿: 青龍○段 | 2009年11月27日 (金) 13時16分

大きなボートですねえ。
ふたりでオールを持って漕ぐのですか。
日本の遊園地や池のボートはもっと小さいですよね。
ひとり漕ぎですから。

若い頃には何度も漕いだことがあります。
男どおしでのボートというのは経験ありませんけど・・(笑)


Saas-Feeの風さんへ

1人でオールを両手に持って漕ぐこともできると思いますが・・・、日本の遊園地などのボートと大きさはあまり変わらなかったですヨ (^_^;;!
私はあまりボートは乗っていませんが、よく考えたら中学のころに、いつも男同志で乗っていたような・・・(;_;)!Saas-Feeの風さんは、先日のブログの写真からしても、若いころずいぶん「もてた」でしょう?!羨ましい限りです (;_;)。私はいつも「振られっぱなし」でした(笑)。

投稿: Saas-Feeの風 | 2009年11月28日 (土) 23時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ダージリンでの一日・・・? | トップページ | ネパール再入国 »