« Resam Firiri (レッソン フィリリ) | トップページ | 3人旅は・・・トラブルから始まった »

2009年11月19日 (木)

インドビザ取得

3月30日(月)

 午前9時起床。やや曇り気味。10時ごろ、インド大使館へトランジットビザ(短期滞在査証)の申請(215ルピー)をし、明日の午後4:45受け取り。その後、GPO(中央郵便局)へ。GPO付近のバザールにて、母への土産と自分の下着や靴下を買う。スーパーマッケットでウィスキーとハムの缶詰(79.5ルピー)、ワイワイヌードル(ネパールのインスタントラーメンの一つ)を買い、昼食はゲストハウスにてパンにハムを挟みサンドウィッチにする。デンマーク製のハムだが、ソフトでとてもウマイ!

午後はボーっと過ごし、本屋へ。日本のコミック本「かりあげくん(85ルピー)」と、アンナプルナ周遊トレッキングのための地図(65ルピー)を買う。地図は後で他店で見たら、同じものが50ルピーだった。T字路の左側の本屋で「喜多郎(シンセサイザー奏者)」のミュージックテープが1本90ルピーと安い。つい買ってしまう。

夕食は、クリシュナ・モモ・レストランでベジタブル・チョウミンとフライミート(焼き肉のような感じのもの;本当ならばカツ)で23ルピー。食後、チベッタン・クラフト・コレクション(土産物屋)へ立ち寄ると、土産物が安い安い。ここで、最後に大量にお土産を買おう。夜は、ブランデーのコーラ割りを飲みながら過ごす。

カトマンドゥ、マナスル・ゲストハウスにて

3月31日(火)

 なぜか昨夜はほとんど眠れず、朝を迎える。トレッキング後、極端に体を休めているくせに、ダルバートを腹いっぱい食べているせいか、腸の具合が今一つ。9時半ごろ朝食とし、チベッタン・クラフト・コレクションにて、ディーバッグ(140ルピー)、ウエストバッグ(75ルピー)、財布(60ルピー)を購入する。デザインはいずれも黒を基調とした、チベットっぽいというか、チベットならではのデザインだ。わずかだが15ルピーまけてくれた。

パブラムから「ダージリンへ行くなら、明日出発がベターだ。というのは、ダイレクトパスがあるからだ」という情報を入手。今日、インドビザが取得できるので、すぐさまバスのチケットの手配を頼む。
ダージリンへは、ゴビンダと彼の友達のアヌ・シュレスタ君も同行する。アヌはゴビンダからダージリンへ行く話を聞き、「自分も行きたい」と話したそうで、3人での旅となる。明日の午後4時発のナイトバス(夜行バス)でカトマンドゥを出発し、明後日は国境の街カカルビッタだ。エージェント名はバグマティ・トラベルで、ダージリンまで1人510ルピー(1500円ほど)。本来なら俺はツーリストプライス(外国人料金)で、やや割高になるのだが、彼らネパール人と同じ料金にしてくれた。

昼ごろ、シャワーを浴びヒゲを剃り、下着と靴下を洗濯。明日の荷造りをし、のんびりした後、インド大使館へビザを受け取りに行く。

夕食は、ラッキー・チベッタン・レストランでバフ・フライドライス(水牛の肉入りチャーハン、18ルピー)とベジタブル・ヌードルスープ(12ルピー)とする。夜、ウィスキーを飲み、昨日買ったワイワイヌードルをゲストハウスのキッチンボーイに作ってもらう。う~ん、うまいわ~!あ~ぁ、今夜はぐっすり眠れるかなぁ。

カトマンドゥ、マナスル・ゲストハウスにて

|

« Resam Firiri (レッソン フィリリ) | トップページ | 3人旅は・・・トラブルから始まった »

コメント

ワイワイヌードルというネーミングが日本的で、いかにも美味しそうですね。でも、なんでも美味しそうに聞こえます。
ネパールの動画見ました。古いものだけでなく、バンジージャンプなどもアトラクションにしなければならないところがつらいかな。


hannaさんへ

ワイワイヌードルは、ちょっとスパイシーな味でした。もっともポピュラーなララヌードルはチキン味のスープ。日本のインスタントラーメンと変わらないほど美味しかったです (^_^) 。
ネパールは、極端にいえば「観光だけが唯一の収入資源」と言っても過言ではないですから。地形柄、急流も多くラフティングは盛んです。私はやってませんが・・・。そしてもう一つ、隠れたネパールの魅力が「ジャングル・サファリ」です。南部、インド国境付近に広がるタライ平原。チトワン国立公園で楽しむことができます。ヒマラヤ観光だけがクローズアップされがちですが、ネパールの魅力は他にもたくさんあるのです。

投稿: hanna | 2009年11月20日 (金) 20時24分

ブランデーのコーラ割りですか~なんとももったいないことをって思います。久しく呑んでいないなぁ~ボーナスもらったらバーボンでも買うかな。
漫画は色々ありますが、やはり4コマが一番奥深いと思います~


青龍○段さんへ

安~い焼酎に慣れてしまった私には、ブランデーの味とアルコール度数が・・・(;_;) 。コーラで割らないと飲めないのですヨー!貧乏性が身についている私は、高級なお酒はもはや口に合わなくなってしまっています(笑)!4コマ漫画はシンプルで、それでいて笑える、何度読んでも面白いです。暇つぶしにはとても良かったですヨ!頭の中もリラックスできました。

投稿: 青龍○段 | 2009年11月21日 (土) 11時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Resam Firiri (レッソン フィリリ) | トップページ | 3人旅は・・・トラブルから始まった »