« My Beautiful Nepal | トップページ | 写真で振り返る「エヴェレスト街道」 その2 »

2009年10月17日 (土)

写真で振り返る「エヴェレスト街道」 その1

 「1992 ネパール・カトマンドゥ日記」の続きを書くにあたり、その間の話「エヴェレスト街道を行く」の帰路も紹介したく、すでにブログに書いた話ではありますが、今回は目的地のカラ・パタールまで、より多くの写真を掲載し、さらにその後、トレッキングの帰り道、そしてカトマンドゥでの日々の旅日記を綴りたいと思います。
それではどうぞ、写真で振り返る「エヴェレスト街道」をご覧ください。ともにトレッキング、楽しみましょう (^_^)!

カトマンドゥからジリ村へと向かいます。ほとんどの人は、飛行機でルクラ村まで行きそこからトレッキングを楽しみますが、私はあえて長い距離を選びました。

Img151

3/5(木)、カトマンドゥからバスに揺られること延々11時間、やっとトレッキングの出発地・ジリ村に到着しました。意外に大きな村でした。

Img153

ジリ村の小学校で。子供たちに出会いました。校舎へも案内してくれたり、とても楽しいひと時を過ごしました。

Img155

ジリ村、サガルマータ・ロッジにて。ガイドのラジンとトレッキングの健闘を約束。そしてこの後、この日ばかりはビールで乾杯しました。

いよいよ、ヒマラヤ・トレッキングのスタートです。初日は、デウラリ村を目指します。

Img157

3/6(金)、ジリ村を出発し、シバラヤ村付近の登り道で。まだ初日、元気です。自然にガッツ・ポーズが出ます。

Img159

街道沿いには「ラリグラス(ネパールの国の花;赤いシャクナゲ)」が咲き誇っています。この道を、たくさんの荷物を背負った隊商たちも行きます。さしずめ、「ヒマラヤの貨物列車」のようです。彼らによって運ばれる物資が、山奥深いところで暮らす人々・山の民の生活の支えとなっています。

Img160

この日の目的地、デウラリ村に到着。標高はおよそ2700mです。

Img161

デウラリ峠にて。1日無事終えて「バンザーイ!」でも、気温が低く、肌寒かったです。

トレッキング2日目。この日は一気に1000mほど下り、再び同じぐらいの登りが待っています。

Img163

3/7(土)、デウラリ村のデウラリ・ロッジの若いご夫婦と。

Img165_2

行く先々で、目を楽しませ、心なごませてくれる、ラリグラスの花。

Img166

「きれいだなー!」とラリグラスを眺めていたら、通りかかった村人がラリグラスの枝を折って、「どうぞ」とプレゼントしてくれました。思わぬ出来事に感激!この花が、毎日数時間も歩く私をどれほど癒し、励ましてくれたことか!枯れるまでずっと持ち歩いていました。

Img168

時折、このようにヒマラヤを眺めながら、先へ先へとトレッキングは続きます。この日はセテ村まで歩きました。

|

« My Beautiful Nepal | トップページ | 写真で振り返る「エヴェレスト街道」 その2 »

コメント

素朴な人々素朴な暮らし。でも、観光客が増えるとだんだん変っていくのでしょうか。はるかにそびえるヒマラヤの山並みはさすがに迫力がありますね。


hannaさんへ

今から17年前のことですから、ずいぶん変わったことでしょう。去年だったか今年だったか、TVでドキュメンタリー番組を見て、ルクラ(カトマンドゥから飛行機で行くことができる村)より奥の村が、ヒマラヤの麓とは思えないほど発展している様子を見て驚きました。
ヒマラヤの写真、トレッキングが進むにつれ、もっと迫力が出てきます。楽しみにお待ちしてください。

投稿: hanna | 2009年10月17日 (土) 22時45分

おはようございます。
雲海がバッチリ見えますね~
何度見てもいいものです。
登っててまた1,000m降りるのは先人達が歩いた道そのものですね。
ラリグラスってデカイ花!のように見えますけど~デカイのですよね!?


青龍○段さんへ

7~8000m級が連なるヒマラヤを間近に眺めるためには、いくつもの峠を越えては下り、また越えて・・・の連続です。この険しい山道をポーターや隊商たちは、何度も何度も行き来しているのですから、すごいです。
ラリグラスはシャクナゲの仲間ですが、我々が目にするシャクナゲよりは大きいです。手の平ぐらいの大きさでしょう。

投稿: 青龍○段 | 2009年10月18日 (日) 05時32分

ご無沙汰しました。
最近は書いては休み、書いては休みのブログパターンに陥りました。
以前は毎日アップしていたのですが・・
これもトシのせいかなと思うばかりです。

ネパールに行っておられたのですか。
11時間もバス乗車とはきついですいねえ。
ヒマラヤを眺めながらのトレッキングとは羨ましいことです。

峠で「ばんざ~い」、気持ちが好かったことでしょうね。


Saas-Feeの風さんへ

Saas-Feeさんのブログへは、私はまだ新参者ですが、過去のブログで読んでみたいものもあります。カテゴリーに「スイス」とありましたから。ぜひ拝見させていただきたいと思っています。
今回のネパールの話は1992年のことです。もうずいぶん前の話ですが、今でも忘れられない記憶です。ネパールは鉄道がないので、バス移動がメインになります。国境付近の街へ向かうバスともなると、夜通し走り、16~7時間かかったこともありました。

投稿: Saas-Feeの風 | 2009年10月18日 (日) 09時34分

ジリ村とかデウラリ村とかって どの辺りにあるのだろ~?と思い  学校で使ってた地図で探したけど、載ってなかった・・・(;ω;)
今度 実家にある地図でみてみよeye

さっきインターネットニュースで 「エベレストにハエ出現」のニュース見ました。 温暖化がヤバイですね 頂上に18人しか居られないとか・・・ ジンさんが行ってた頃はもっともっと広かったですか? coldsweats02


ウンディーネさんへ

ネパールだけの地図とかガイドブックでないと、載ってないと思いますよ。本屋さんで立ち読みしながらでも見てください。
エヴェレストにハエ?あの高さまでハエが???カトマンドゥあたりなら、いますが、トレッキング中はどうだったかなー?
私はエヴェレストの頂上まで行ったわけではないので・・・(^_^; 。「1992 エヴェレスト街道を行く」に載せなかった写真、これからも紹介しますから、これからも気軽にコメントしてくださーい!楽しみに待ってますよー!(^_^)/

投稿: ウンディーネ | 2009年10月18日 (日) 16時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« My Beautiful Nepal | トップページ | 写真で振り返る「エヴェレスト街道」 その2 »