« トレッキング出発準備完了! | トップページ | 因幡の白ウサギ »

2009年10月 8日 (木)

神無月です

10月も早や1週間が過ぎました coldsweats01 。10月は「神無月」と言われますが、この由来ご存知でしょうか thinkウーン?
この時期になると、全国津々浦々の八百万(やおよろず)の神々はこぞって出雲へ行くのです coldsweats02ヘェーッ !。その地に根付いた土着の神様たちも皆、出雲におわします大国主命のもとへと出かけて行きます。さしずめ、神様たちの「全国集会」とでもいいましょうか sign02  それで、「神様がいない月」→「神無し月」→「神無月」となりました confidentナルホド 。

しかし、出雲では逆に10月を、「神有月」と呼んでいます coldsweats02ソウナノ ? 。このように呼ぶのは、出雲だけです。理由は、書かなくてもお解かりになられると思います bleah

以前にも書きましたが、「古事記」が大好きな私、この「神無月」・「神有月」にちなんで、かつて訪れた山陰地方への旅を紹介してみようと思います scissors 。とはいえ、長くはなりません。4話ほどで終わるんじゃないかな・・・?

今回の話は、「古事記」の中でも「おとぎ話」の世界ですので、子供のころ誰もが聞いたことがある懐かしい話も出てきます wink 。それらの話も書きながら、私の「神話への旅」を楽しんでくださったら、とても嬉しく思います happy01ワーイ ! 。

ということで、昨日まで書いていた「1992 ネパール・カトマンドゥ日記」は、しばらくお休みします。というか、続きは以前に書いた「1992 エヴェレスト街道を行く」につながっていますので confident !(左サイドバーの「カテゴリー」からジャンプできますよー!)
今回の「神話の旅」を書き終えましたら、「エヴェレスト街道を行く」の続きを書き綴りたいと思います。

これまで通り、どうかご愛顧ください。よろしくお願いします confident

|

« トレッキング出発準備完了! | トップページ | 因幡の白ウサギ »

コメント

大国主命と言えば、因幡の白ウサギ。ガマの穂って本当にやけど治るのかと子供のころは信じたものでした。でも、実際はどんなものだかわかっていなかったのですが、奇妙に生々しくって好きな物語でした。


hannaさんへ

「因幡の白ウサギ」の伝承地、訪ねていますので楽しみにしていてください。他にも「ヤマタノオロチ」や「黄泉の国」伝承地も訪れました。それらの場所を写真とともに紹介します。「ウミサチ・ヤマサチ」の話も好きなのですが、伝承地は九州・宮崎ですからねー。高校卒業後と大学1年を終えた後、九州を旅していますが、その頃はまだ、「古事記」にあまり関心がなかったもので・・・(笑)!でも、高千穂峡や鵜戸神宮は訪ねましたので、いつかこれらの「神話」の地を「古事記」の話とともに書いてみたいと思います。

投稿: hanna | 2009年10月 8日 (木) 23時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« トレッキング出発準備完了! | トップページ | 因幡の白ウサギ »