« ばあちゃんとシロ | トップページ | ゴビンダ君宅へ »

2009年9月27日 (日)

なつかしの、ストーン・ハウス・ロッジ

2月23日(日)

 午前6時に起床し、2泊一緒だった佐土原君、逸見君を見送る。1人になり、このままここへ留まるか否か迷った。シングル1泊、本来なら8ドルのところを3ドルで、と言ってくれたが、この国で1泊3ドルはやっぱりイタイ!100ルピー(2ドル強)まで下げてくれたが、やはり一度出て、他を探してみることにする。

午前8時にチェックアウトし、とりあえず、以前ずっと過ごしたストーン・ハウス・ロッジへチェックイン。聞けばなんと、シングル1泊50ルピーに値上がっている(”地球の歩き方”を読んだら、22ルピーだったのに・・・)。う~ん?!

初めて訪れた1984年に、ずいぶんお世話になったサキャさんのお店を訪ねたが、違う人がいた。一応サキャさんのことを尋ねてみたが「知らない」そうだ。近所もあちこち尋ね回ったが結局、彼の消息はつかめなかった。残念!

ニューロードのスーパーマーケット(ここは、デパートのようなところ)でアーミーナイフを見つけ、210ルピーで購入。同じレベルのものを日本で買えば1万円ぐらいはするかな?帰り際、何かチラシでも配っているようで1枚もらうと、小さな新聞紙の切れ端に何か留めてある。「何だ?」と思ってみてみると・・・「ウッソー!何考えとんじゃい?信じられん・・・!」。周囲の人々も笑っている。そこには驚いたことに避妊具(コ○ドーム)が・・・。何度も首をひねって、マーケットを後にした。 *ちなみに、このスーパーマーケットには、ネパール唯一のエスカレーターがあります。

そして昨日歩かなかったタルカリバザール(野菜市場)やGPO(中央郵便局)近辺をうろつき、あちこちのロッジ、ゲストハウスでシングルの料金と設備を聞いて回る。

Img038_2 

Img039

タルカリバザールの様子。以前はずいぶんここへ通いました。

Img040

ニューロードの東端付近にある歩道橋。この国では唯一?かも。それにしても、形がお国柄を表しています。

気がつくと、タメルに来ていた。一体何軒周ったか分からないが、再びマナスル・ゲストハウスの前へ来ていた。ストーン・ハウス・ロッジのあの設備で50ルピーなら、倍額払ってでもここの方が良いと考え、明日戻ることにする。

夜、マンダリン・レストランでたらふく食べ、ストーン・ハウス・ロッジの若い日本人客を誘って、路端のチャイ屋へ。こういうところでチャイを飲むと、カトマンドゥにいるんだって、強く感じる。

カトマンドゥ、ストーン・ハウス・ロッジにて

|

« ばあちゃんとシロ | トップページ | ゴビンダ君宅へ »

コメント

コンドームはエイズ撲滅で日本でも配られていましたがそれではないのですか。エイズはいまや世界的な問題だと思いますが。古い映画の一場面を見るようにオリエンタルな雰囲気ですね。バラック、地面に置かれた籠の中の商品。声まで聞こえてきそうな気がします。


hannaさんへ

このころは、エイズについて、ひところに比べてあまり騒がれなくなってたから、忘れていたのかもしれません。でも、よく考えればご指摘通りの理由で間違いないと思います。
写真の野菜市場は、1984年に自炊していたころ、いつも行っていたところです。雰囲気も全く変わっていませんでした。まさにカトマンドゥ市民の台所です。

投稿: hanna | 2009年9月27日 (日) 22時52分

こんにちは~
602個目ですね。
宿の高騰はさぞひっくりしたことでしょう。本に記載された倍額とは・・・7年経てば変わるのでしょうかね~
市場は各種野菜がてんこ盛りですね~輪島の朝市でしかこんなの見たことないです。
市場写真右下の白い物にテープみたいなのが付いているのは白菜!?でしょうかね?


青龍○段さんへ

はい、602個目のコメントになりますねー(^_^)!記事の数からすると、平均2つ強しかコメントいただいてないわけでして・・・(泣)。まあ、仕方がありません。過去の旅日記をもう一度おさらいしているだけですから。それでも、こうしてコメントしてくださる方がいるのは、やはりとても嬉しいことです。
ストーン・ハウスロッジの料金は、出発直前に本屋さんで最新版を見て22ルピーと知っていただけに、ショックでした。最新版と言いながら、情報が古かったのかな?
市場の写真、もう一度見てみましたが、白菜はなかったと思います。ナス、キャベツ、インゲン、キュウリ、カリフラワー・・・があります。かつてはここで野菜を買い、自炊しながら旅を続けたものです。
輪島の朝市、私も一度だけ行きました。高山の宮川の朝市も楽しいですよ。

投稿: 青龍○段 | 2009年9月29日 (火) 10時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ばあちゃんとシロ | トップページ | ゴビンダ君宅へ »