« ドイツの休日の普通の過ごし方!かな? | トップページ | Bergisch Gladbach 中心街を歩く »

2009年9月 1日 (火)

便利さとは・・・?

ホント、最近つくづく思います 。本当に便利になるのかな と思うことだらけ think

たとえば、TV tv 。再来年、アナログ放送からデジタル放送に完全移行。でも、これって従来のTVでは、「もう見られなくなりますよ wobbly!」ということで、そのぶん出費 yen を余儀なくされます。携帯電話 mobilephone もまたしかり。来年3月から、私が「今使用しているものは使えなくなる」、とのことで仕方なく買い換えました angry 。で、これまた出費 moneybag

おいおい、ただでさえ不況の世の中、壊れてもいないものを買い換えさせるのか pout ?どうにも納得がいきません bearing 。「もったいない」という日本語、決して他の国の言葉には訳せないこの言葉を世界中に広めているマータイ女史も、怒り angry に震えているのでは?

先週、洗濯機が壊れました。今では珍しいかもしれない二槽式の洗濯機です。たぶん15年ほど使っていたと思います。電化製品は水に弱いので、洗濯機はそれほど長持ちしないというのが、かつての常識でした。よくここまで故障せず、働いてくれたものです confident 。「ご苦労様でした。ありがとう。」と言って送り出し、新しい洗濯機が明日にも届きます。

もしかしたら、修理すれば、まだまだ働けたかもしれませんが、出張修理は来ていただくだけでも数千円。直していただけたとしても、いつまで持ちこたえられるか?それらを考えると、新たに買う方が結果的に安くつくだろう think

しかし、世界には電気も水道さえもない地域が今でもあります。その地域に住む人々は、洗濯機そのものさえ知らない、見たこともない人々がいるはずです。私たち日本人は、これでいいのだろうか?豊かさや便利さは、「もったいない」という精神に反し過ぎてはいないか think

私がかつて訪れたネパールには、日本では当然のごとく使い捨てられる百円ライターを、部品を外して新たに液体ガスを入れ、再び使うことができるようにしています recycle 。これを商売にしている人もいるのです。料金も格安でした。日本円で10円もしなかったはず。私は何度か利用しました。これだってガスさえ入れればまだ使えるのですから、「もったいない」という精神そのものだと思います confident

この夏、母のTV、私の携帯、そして洗濯機。思いがけない出費があいついで、このようなことを感じました。

民主党が政権交代を果たした今、日本経済をどのように立て直してくれるのか?他にも各方面に様々な問題があります。それらをどのようにするのか?国民の多くが期待している以上、生半可なことでは許されません。私も民主党に一票を投じた一人です。まずは、お手並み拝見、といったところでしょう  think

ただ「高速道路を段階的に無料にしていく」というマニフェストに対しては、私は大きな疑問を持っています。高速道路がある以上、半永久的に続く道路の維持・管理費はどこから捻出するのか?料金所やゲートの撤去費用も莫大な予算が必要でしょう。、週末ETC割引にあわせ新たにETCを装備した人も多いでしょう。それらすべてが「もったいない」ことになるのでは?私は「無料」にするのではなく、差し支えがない程度までに「値下げ」でいいと思うのですが・・・?!どう思われますか?

便利になることだけが、幸せなことではありません。科学や技術、文化の著しい進歩が、便利な世の中とも言い切れません。この地球上には、その日の暮らしでさえ精一杯の人々がたくさんいるのです。私たち日本人はもっともっと「もったいない」という精神を持たなければいけないのでは?と、自戒の念をこめて、本日のブログとさせていただきました。

|

« ドイツの休日の普通の過ごし方!かな? | トップページ | Bergisch Gladbach 中心街を歩く »

コメント

そのとおりですね。でも、私新しい便利なもの好きですけれど、修理すると高くつくというのはなんとも納得がいきません。私のところは掃除機の充電器が壊れました。これだけを変えたのですが、もしバッテリーと両方壊れていたら買い換えるのとほとんど違わないし直せないって言われてムッとしました。
高速道路に関しては無料化は不要だと思います。小さな国なのだからそんなに急がなくてもいいし、無料にすると一層渋滞はひどくなりそうな気がします。整備もきちんとしてくれないと事故が起きるしそのためにかかる費用はとっていいと思います。ただ道路管理に今まで天下りさんが、お金を自由にしていたシステムが問題だったのだから、私たちが本当に必要な道路か必要な費用かを見守っていくべきなのでしょう。
この変革は死者がたくさん出てやっと戦争が終わるみたいに、経済的犠牲者が多く出て、それでもおとなしい国民は何にも言うまいっていう自民党への不満が爆発、変化をもとめた結果だろうと思っています。


hannaさんへ

共感していただけて、とても嬉しく思います。私は若い頃家電業界で仕事をしていたのですが、そのころでさえ、修理するより買ったほうが安いような時代でした。商品価格の値下げ、それに伴う修理の減少。技術屋さんたちは、技術料という名目で、修理代を上げ、自己防衛するしかなかったのです。昔、使っていたワープロを修理に出したところ、部品代が90円、技術料が8000円ぐらいになっていました。店の店長と顔なじみだったこともあり、いくらか安くしてもらいましたが、技術料の高さには納得がいかないものでした。
高速道路問題、天下り官僚の問題、確かにおっしゃる通りですよネ。本当に必要な道路ならばともかく、採算見込みのない道路まで造るのは無駄なことですし。
私自身は、政界引退されましたが、小泉元首相の手腕、指導力に関しては、今でも「総理」にふさわしい人物だと思います。が、自民党という一つの政党で考えた場合、今の日本の現状を考えると、経済政策・雇用問題自体は間違いではなかったか?と思います。これほどの大差で民主党が政権を勝ち得た今後、これからが本当の意味での審判が下ります。国民が納得できる結果を出せるのか、怒りを買うことになるのか、政権交代を成し遂げたことに満足せず、いつでも国民が厳しい目で見ていることを、肝に銘じて日本をよくしてもらいたいものです。

投稿: hanna | 2009年9月 1日 (火) 23時19分

新しい物も古い物も好きでーすheart04
PCは古い方のは10年以上前のを、まだ自分で修理しながら使ってます。
新しい方のPCはパーツがドンドン増えて、先日モニターは大画面に変えました(凄く欲しかった!)
でも家具なんかは100年以上前のチェストも使ってま~す。
ご先祖様の手作り家具ですshine


ウンディーネさんへ

私も、古いものも新しいものも好きですが、残念ながら我が家には、それほど古いものは残っていません。今からちょうど50年前の伊勢湾台風で、かなり失ってしまったそうです。ただ、ちょっと変わったものはありますよ。私が海外で買ってきたものですが、ネパール・シェルパ族が使っていた古いポット、フィンランドで買ったトナカイの毛皮の敷物…。他には、小学生ぐらいの頃だったか、祖母から昔のお金(10銭札、硬貨)を頂き、今も大切に持っています。それぐらいかな?
100年ぐらい前のチェストなんて、いいですネ!長く使えるように、丈夫に作ってあるのでしょうね。まして、ご先祖様の手作りだなんて、それこそ大切にしなければ!あの世でご先祖様もお喜びでしょう。

投稿: ウンディーネ | 2009年9月 2日 (水) 01時00分

こんにちは~
9/1防災の日、震災経験者は特に何もせず、「のほほ~ん」と仕事していました~
さて我が家も先日、同様なことがありました。使用年数も同じくらいです、洗濯機を買い換えました。直してもまたいつどうなるか分からずということで・・・乾燥機付きのを買いました(買いに行ったのは嫁さんですけど)普段は天日干し、どうしても乾かない時だけ乾燥機を使うそうです。
携帯も買い換えしたいなぁ~カシオのG’zOneが欲しいのです~


青龍○段さんへ

防災の日、関東大震災が起こった日だそうですが、今の時代、我々には阪神大震災のほうが、ピンと来ます。そういえば、ドイツでエルマーと話しているときに彼が「Erdbeben」が何とか…、と言っていました。「Erdbeben???」 と言うと、「dsching , Kobe !」と言って、その意味が「地震」のことだと分ったことがあります。あの阪神大震災は、彼らにとっても衝撃的なニュースだったようです。あの地震の後、彼らは私に手紙を出し「大丈夫だったら、返事をくれ」と書いてありました。
それにしても、今の世の中、使えるものを使えなくしたり、壊れたら修理するより買い換える・・・、物を大切にしなさすぎるような気がします。

投稿: 青龍○段 | 2009年9月 3日 (木) 11時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ドイツの休日の普通の過ごし方!かな? | トップページ | Bergisch Gladbach 中心街を歩く »